徹底比較: 東芝 ZABOON AW-8DH3(W) と 東芝 ZABOON AW-8DH2

2023-06-03 03:02:39

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)東芝 ZABOON AW-8DH2
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)東芝 ZABOON AW-8DH2
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)東芝 ZABOON AW-8DH2
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)東芝 ZABOON AW-8DH2
総合評価:

54.3/100

(総合順位: 2135/2508)

54.3/100

(総合順位: 1502/2508)

本体サイズ
56/100
56/100
本体重量
58/100
58/100
66/100
66/100
防水パンサイズ
66/100
66/100
洗濯容量
66/100
66/100
使用水量
47/100
47/100
洗濯所要時間
50/100
50/100
洗濯時の騒音レベル
74/100
74/100
洗濯時の電力量
45/100
45/100
洗濯時の消費電力
14/100
14/100

スペック

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)東芝 ZABOON AW-8DH2
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)東芝 ZABOON AW-8DH2
デザイン
本体サイズ横:98cm、縦:60cm、厚さ:56.9cm横:98cm、縦:60cm、厚さ:56.9cm
上開き対応
本体重量41kg41kg
グランホワイトグランホワイト
55.5cm55.5cm
基本情報
防水パンサイズ51cm51cm
洗濯機能
洗濯容量8kg8kg
使用水量99L99L
洗濯所要時間39分39分
洗濯時の騒音レベル37dB37dB
洗濯時の電力量82Wh82Wh
洗濯時の消費電力600W600W
撹拌方式対応
乾燥機能
インバーター搭載
便利機能
予約タイマー機能
カビ取り機能
ほぐし脱水機能
風呂水ポンプ対応
自動おそうじ機能

類似の洗濯機を探す

他の洗濯機と比較

価格を見る

類似の洗濯機を探す

他の洗濯機と比較

価格を見る

比較レビュー

乾燥機能

インバーター搭載

東芝 ZABOON AW-8DH2と東芝 ZABOON AW-8DH3(W)はどちらもインバーターを搭載している洗濯機となっています。これらの洗濯機は、インバーターを搭載していることが特徴的です。この機能により、消費電力が大幅に削減され、環境にもやさしい洗濯ができます。また、洗濯物にやさしく、静かに動作するため、快適な生活を送ることができます。

洗濯機で求められるのは、洗浄力や衣類の負担を考えた上での省エネ効果です。インバーターを搭載している洗濯機には、その両方の要素が兼ね備わっています。回転数を調整することで洗浄力が担保され、かつ負担の少ない洗い方ができるため、洗濯結果もバランスよく良好です。

洗濯機能

洗濯容量

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)の洗濯容量は8kgというデータである一方東芝 ZABOON AW-8DH2は8kgというデータになっています。東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も東芝 ZABOON AW-8DH2も全くといっていいほど同じような感じであると言えるでしょう。

洗濯容量が大きい洗濯機のメリットは何でしょうか。まず、大量の衣類を一度に洗えるという点が挙げられます。家族が多い場合や、定期的に布団を洗濯する必要がある場合など、大容量の洗濯機はとても便利です。また、洗濯回数を減らすことができるため、節水・節電にもつながります。さらに、洗濯槽が大きいため、洗剤や柔軟剤の使用量を控えることができ、経済的な面でも優れています。

実用的な視点から判断すると、東芝 ZABOON AW-8DH2も東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も感覚上、ほとんど同一であると言うことができます。東芝 ZABOON AW-8DH2も東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も差は全く感じることは無いです。別の視点で比較することを提案します。

洗濯容量評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
8kg66/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
8kg66/100

使用水量

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)の使用水量は99Lであるのに対して東芝 ZABOON AW-8DH2の使用水量は99Lです。使用水量においては東芝 ZABOON AW-8DH2と東芝 ZABOON AW-8DH3(W)のほとんど同じくらいにあると考えられ、違いは全く無いと言っていいほどありません。

使用水量が少ない洗濯機を使用する場合、夏場の節水対策にも役立つ点があります。特に、熱帯夜が続く時期には、水道使用量が急増することが予想されるため、洗濯機の使用量を減らすことが必要不可欠となります。水使用量が少ない洗濯機を利用することで、暑い季節にも快適な生活を送ることができます。

体感上の点で考えると東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も東芝 ZABOON AW-8DH2もほとんど同じレベルに感じられると言えるかもしれません。選択において、使用水量の情報はほぼ役に立ちません。

使用水量評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
99L47/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
99L47/100

洗濯所要時間

洗濯所要時間において比べた場合、東芝 ZABOON AW-8DH3(W)は39分というデータであるのに対し東芝 ZABOON AW-8DH2は39分となっています。東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2の間には洗濯所要時間の差はごく僅かしか見られません。

洗濯所要時間が短い洗濯機を利用することで、生活の質が向上するという点が挙げられます。家事をスムーズに行うことができるため、心身ともに疲れを取れることができます。また、洗濯機を起動させた後に別の家事や趣味等を行うことも可能であり、自分自身の時間を有効に使えることができます。さらに、忙しい毎日の中でも、清潔な状態を保つことができるため、家族の健康面にも影響を与えることは重要なポイントとなります。

実際の使用において考えると、洗濯所要時間という側面について東芝 ZABOON AW-8DH2も東芝 ZABOON AW-8DH3(W)もまったく違いは存在していません。他の視点から判断することを推奨します。

洗濯所要時間評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
39分50/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
39分50/100

洗濯時の騒音レベル

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)の洗濯時の騒音レベルは37dBとなっているのに対して、東芝 ZABOON AW-8DH2の洗濯時の騒音レベルは37dBです。東芝 ZABOON AW-8DH3(W)の洗濯時の騒音レベルは東芝 ZABOON AW-8DH2と比較して非常によく似ています。

洗濯時の騒音レベルが低い洗濯機のメリットは、まずは音に敏感な方にとってはとても魅力的なものとなるでしょう。特に夜間や早朝に洗濯機を使う場合には、静かに使えることで家族の睡眠を妨げることもなく、ストレスフリーに洗濯ができます。また、騒音レベルが低い洗濯機は、近隣住民や隣人に迷惑をかけることも少ないため、地域のトラブルを回避することもできます。

この比較情報から明らかなように、東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も東芝 ZABOON AW-8DH2も感覚的に言って、極めて似ていると感じとれるかもしれません。東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も東芝 ZABOON AW-8DH2もほとんど違いは存在していません。決定を下すうえで、洗濯時の騒音レベルの情報はまったくと言えるほど意味がありません。

洗濯時の騒音レベル評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
37dB74/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
37dB74/100

洗濯時の電力量

洗濯時の電力量に関して東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2で比べてみると東芝 ZABOON AW-8DH3(W)は82Whというデータである一方、東芝 ZABOON AW-8DH2は82Whというデータとなっています。東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2はほぼ同等の洗濯時の電力量であるといえるでしょう。

洗濯時の電力量が小さい洗濯機は、多くの人々に利用されています。その理由は、環境への配慮や経済面でのメリットを考慮するからです。また、設置する場所に限りがある場合でも、省スペースな製品が多数販売されているため、選択肢が広がっています。

実際的な視点から判断すると、東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も東芝 ZABOON AW-8DH2も全くといっていいほど同一といえるでしょう。判断する上で、洗濯時の電力量の情報はあまり参考にならないでしょう。

洗濯時の電力量評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
82Wh45/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
82Wh45/100

洗濯時の消費電力

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)の洗濯時の消費電力は600Wとなっており、東芝 ZABOON AW-8DH2は600Wというデータになっています。洗濯時の消費電力においては、東芝 ZABOON AW-8DH2と東芝 ZABOON AW-8DH3(W)はほとんど同等と言えるでしょう。

洗濯時の消費電力が小さい洗濯機のメリットには、まず省エネ性が挙げられます。エネルギー効率の高い洗濯機を選ぶことで、長期的には電気代を節約することができます。また、環境にも配慮した消費行動をとることができる点もポイントです。さらに、洗濯時の消費電力が小さい洗濯機は、電力不足や停電の際にも優れた選択肢となります。

体感的な点で考えると東芝 ZABOON AW-8DH2も東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も極めて類似しています。他の角度から考慮することを提案します。

洗濯時の消費電力評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
600W14/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
600W14/100

撹拌方式対応

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2はアジテーター方式の水洗いに対応している洗濯機となっています。アジテーター方式の水洗いに対応しているこれらの洗濯機は、衣類を効率的に洗えます。この方法は、浸透よりも機械的な力を使って洗浄するので、頑固な汚れも除去できます。

アジテーター方式の水洗いに対応している洗濯機は、他の洗濯機に比べて洗濯物の洗浄力が高く、繊維に残った汚れもしっかり落とすことができます。また、アジテーターの性質上、洗濯物を混ぜ合わせるため、染みが残らず、均一に仕上がるのも魅力的です。この方式に対応している洗濯機は、様々な機能が備わっており、暮らしに必要な洗濯作業を最適化することができます。

デザイン

本体サイズ

東芝 ZABOON AW-8DH2の本体サイズは横:98cm、縦:60cm、厚さ:56.9cmというデータに対し、東芝 ZABOON AW-8DH3(W)は横:98cm、縦:60cm、厚さ:56.9cmになります。東芝 ZABOON AW-8DH2と東芝 ZABOON AW-8DH3(W)は本体サイズについて相当似ています。

本体サイズが小さい洗濯機は、軽量かつコンパクトなので、移動が簡単です。洗濯物を干す場所が異なる時や、引っ越しの際にも、重い洗濯機を運ばなくて済むのは大きなメリットです。また、狭いスペースに置くことで、洗剤の投入口やドラムの開け閉めがスムーズに行える場合があります。

本体サイズについて東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も東芝 ZABOON AW-8DH2も全くといっていいほど同水準に感じられるとなりそうです。東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も東芝 ZABOON AW-8DH2もまったくといえる程度の違いしか感覚的にいって存在しません。意思決定において、本体サイズの情報はあまり役に立ちません。他の点から選ぶ方が良さそうということが分かります。

本体サイズ評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
横:98cm、縦:60cm、厚さ:56.9cm56/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
横:98cm、縦:60cm、厚さ:56.9cm56/100

上開き対応

東芝 ZABOON AW-8DH2も東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も上開き方式に対応しているということができます。上開き方式に対応しているこれらの洗濯機は、家庭用だけでなく、多くのビジネスにも重要な役割を果たしています。実際に、多忙な都市部のアパートメントでは、広いスペースと時間の制約により、上開き方式が必須とされています。

上開き方式に対応している洗濯機のメリットは、開閉する部分が上にあるため、腰を痛める心配が少ないことです。また、洗濯物を入れる際に蓋が開いたままになってしまわないため、洗濯槽内の水の量も安定し、洗い上がりもより綺麗になります。他にも、洗濯槽内の空間を有効に活用できるため、多くの洗濯物も一度に洗濯できるという利点があります。

本体重量

東芝 ZABOON AW-8DH2の本体重量は41kgというデータである一方、東芝 ZABOON AW-8DH3(W)は41kgというデータです。東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2の違いはまったく存在しないと言ってしまえる程なくほぼ同じレベルと思います。

本体重量という点で実用上には東芝 ZABOON AW-8DH2も東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も全く違いは見られません。本体重量の情報を評価しても、役に立ちません。

本体重量評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
41kg58/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
41kg58/100

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)の幅は55.5cmであるのに対して東芝 ZABOON AW-8DH2は55.5cmになります。幅について東芝 ZABOON AW-8DH2と東芝 ZABOON AW-8DH3(W)のまったくと言っていいほど同水準であると言え、違いはすこしだけしか存在していません。

幅が小さい洗濯機のメリットについて述べます。第一に、洗濯物がきれいに洗えるということです。小型の洗濯機でも、例えばスピン数が速く、しっかりと汚れを落としてくれるものも多くあります。また、洗濯槽が小さいことで、しっかりと落ち着かせた洗剤も効果的に使えることが魅力的です。第二に、使い勝手が良いという点が挙げられます。操作パネルも直感的にわかりやすく設計されているものが多く、使い勝手が良いと評価されています。また、機能によっては、ドラム式の小型洗濯機もあります。第三に、小型で可愛らしい外観が魅力的です。洗濯機は家電製品の一つですが、小型で可愛らしいデザインのものがあることで、室内に置いたときにインテリアの一部としても楽しめます。

幅の観点から実際に活用する場面を考えると、東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も東芝 ZABOON AW-8DH2も差はほぼ存在していません。東芝 ZABOON AW-8DH3(W)も東芝 ZABOON AW-8DH2も非常によく似ていると思います。他の側面から評価したほうが良さそうと言うことができます。

評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
55.5cm66/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
55.5cm66/100

便利機能

予約タイマー機能

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2は、予約タイマーが付いていると言うことができます。予約タイマー機能が付いているこれらの洗濯機は、ユーザーの生活をずっと楽にしてくれます。例えば、仕事で忙しい日でも、朝に洗濯機をセットしておけば、夜帰ってきた時には洗濯が終わっているので、すぐに洗濯物を干すことができます。非常に便利な機能です。

2.予約タイマーが付いている洗濯機には、節水・節電効果もあります。一定の時間に洗濯を行うことができるため、無駄な水や電気の使用を抑えることができます。また、エコモードを選ぶことで、さらにエコな洗濯ができます。環境に優しい洗濯を行いたい方にとって、予約タイマー付きの洗濯機はおすすめです。

カビ取り機能

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2は、カビ取り機能を搭載している洗濯機となります。湿気の多い季節や、洗濯機を使う頻度が少ない場合には、洗濯槽内にカビが繁殖してしまうことがあります。しかし、これらの洗濯機にはカビ取り機能が搭載されており、カビを取り除くことができます。カビに悩まされない快適な洗濯を望まれる方には、ぜひ利用していただきたいです。

カビ取り機能を搭載している洗濯機は、経済性にも優れています。普通の洗濯機では、カビを取り除くためには、洗浄剤や専用のクリーナーを購入する必要がありますが、カビ取り機能を搭載した洗濯機であれば、それらのコストを節約することができます。また、カビ取り機能がある洗濯機は、洗濯槽の清潔を保つため、故障率も低く、長期的に見れば修理や買い替えのコストも抑えることができます。

ほぐし脱水機能

東芝 ZABOON AW-8DH2も東芝 ZABOON AW-8DH3(W)もほぐし脱水機能を搭載していると言えるでしょう。これらの洗濯機には、ほぐし脱水機能という、効率的な洗濯をサポートする機能が搭載されています。この機能により、洗濯物を回転させ、余分な水分を取り除くことができるため、すばやく乾かすことができます。

ほぐし脱水機能を搭載している洗濯機には、様々なメリットがあります。まず、ほぐし脱水機能によって洗濯物がよりしっかりと洗われ、汚れやにおいを取り除くことができます。また、乾燥機能を使う場合にも、しっかりと水を切ることができるため、乾燥時間を短縮することができます。さらに、ほぐし脱水機能がある洗濯機は、脱水時の振動が少ないため、静かな使用が可能です。

風呂水ポンプ対応

東芝 ZABOON AW-8DH2と東芝 ZABOON AW-8DH3(W)は両方とも風呂水ポンプに対応している洗濯機となっています。風呂水ポンプという特別な機能を持ったこれらの洗濯機は、節水とエコな洗濯に貢献できます。また、多機能性があるため、衣類の種類に合わせた洗浄を実現できます。また、設置スペースも取らないため、都市部でも使いやすいでしょう。

風呂水ポンプに対応している洗濯機は、洗濯物に優しいという点も特徴です。風呂水は、お湯が含まれているため、一般的な水よりも洗剤の汚れ落とし効果が高く、また洗濯物に優しいとされています。そのため、風呂水で洗濯することで、摩擦によるダメージを受けにくいため、長く使用することができます。

自動おそうじ機能

東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2は、両方とも自動おそうじ機能が付いていると言うことができるでしょう。これらの洗濯機には、自動おそうじ機能が付いているため、いつでも清潔な状態を維持することができます。特に、衣類やタオル、子どものおむつなど、汚れが気になるものを洗うときには重宝します。自宅で簡単におそうじできるので、清潔さを保つ習慣にもなります。

自動おそうじ機能が付いている洗濯機は、衛生的な洗濯を実現するための必須要件と言えます。一般的に洗濯物と一緒に洗濯槽内にカビや雑菌が繁殖してしまいますが、自動おそうじ機能があれば、それらを自動的に除去することができます。長期的に考えると、家族の健康面にも影響してくるので、この機能がついている洗濯機を選ぶことはとても重要です。

基本情報

防水パンサイズ

防水パンサイズにおいて東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2を比べた場合、東芝 ZABOON AW-8DH2は51cmであるのに対して、東芝 ZABOON AW-8DH3(W)は51cmになります。東芝 ZABOON AW-8DH3(W)と東芝 ZABOON AW-8DH2の違いはほぼ存在していません。

防水パンサイズが小さい洗濯機には、多くのメリットがあります。例えば、省スペースでコンパクトなサイズなため、小さな部屋やアパートでも設置可能です。また、小さい家庭や単身者でも快適に利用でき、ランニングコストも抑えられます。さらに、修理が必要な場合でも、小さいサイズのため、修理費用が安く済ませることができます。

この比較で明白なように東芝 ZABOON AW-8DH2も東芝 ZABOON AW-8DH3(W)もほぼ同水準であると考えられます。意思決定において、防水パンサイズの情報は全くといっていいほど参考にならないと言えます。

防水パンサイズ評価
東芝 ZABOON AW-8DH3(W)
51cm66/100
東芝 ZABOON AW-8DH2
51cm66/100

価格をチェックする

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。