徹底レビュー: Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2 と Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H

2023-09-15 17:37:25

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
総合評価:

39.4/100

(総合順位: 2359/4190)

43.2/100

(総合順位: 1703/4190)

本体サイズ
16/100
16/100
本体重量
64/100
64/100
充電時間
42/100
42/100
バッテリー駆動時間
50/100
50/100

スペック

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
デザイン
ゴールドパープル
本体サイズ横:1.1m、縦:250mm、厚さ:233mm横:1.1m、縦:250mm、厚さ:233mm
本体重量1.9kg1.9kg
吸引性能
サイクロン方式対応
フィルター付属
HEPAフィルター -
フィルター丸洗い対応
ヘッド
ヘッドモーター機能
2in1対応
集じん処理
集じん容積0.3L -
ダストケース丸洗い対応
電源
充電時間210時間210時間
バッテリー駆動時間40時間40時間
コードレス対応
充電スタンド付属

類似の掃除機を探す

他の掃除機と比較

価格を見る

類似の掃除機を探す

他の掃除機と比較

価格を見る

比較レビュー

デザイン

本体サイズ

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hの本体サイズは横:1.1m、縦:250mm、厚さ:233mmとなっており、Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2の本体サイズは横:1.1m、縦:250mm、厚さ:233mmになります。Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2とDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hの本体サイズはよく似ております。そのためほとんど同等であると言えます。

本体サイズが小さい掃除機のメリットには、収納スペースが限られた場所でも簡単に保管できるという点が挙げられます。また、軽量かつ操作性が高く、狭いスペースや段差などの障害物を回避しやすいため、細かい箇所の掃除に便利です。さらに、小回りが利くため、動かしながら掃除を行う場合もスムーズに作業を進めることができます。

実際に利用する上での観点から見るとDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2もDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hも感覚上、極めて類似していると感じられるでしょう。Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2もDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hも全くと言っていいほど差は存在しません。商品選びにおいて、本体サイズの情報はあまり役に立ちません。

本体サイズ評価
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2
横:1.1m、縦:250mm、厚さ:233mm16/100
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
横:1.1m、縦:250mm、厚さ:233mm16/100

本体重量

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2の本体重量は1.9kgというデータとなっており、Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hの本体重量は1.9kgというデータと言えます。Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF HとDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2の本体重量に関していえば、差はまったく無いというデータになっています。

本体重量が軽い掃除機を選ぶべき理由本体重量が軽い掃除機は、身体に負担が少なく、持ち運びがしやすいという理由から、初めて掃除機を購入する人にもおすすめです。掃除機本体が軽いということは、家具の下やすき間の掃除など、手がとどきにくい箇所でもスムーズに掃除ができます。また、子育て中のママにも、掃除機を持ち上げるのが楽なので、掃除がラクになります。

実際の使用において考えると、Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF HもDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2も感覚上まったくと言っていいほど同じくらいに感じられるでしょう。他の角度から考慮するほうがいいことが分かるでしょう。

本体重量評価
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2
1.9kg64/100
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
1.9kg64/100

集じん処理

ダストケース丸洗い対応

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF HとDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2は、どちらもダストケース丸洗いに対応しているということができます。これらの掃除機には、ダストケース丸洗いに対応した機能が備わっています。この機能は、掃除機内部にたまった汚れをしっかりと除去することができます。

ダストケース丸洗いに対応している掃除機を使うことで、衛生的な掃除ができるだけでなく、ダストケース内部の汚れが蓄積されることによる、吸引力低下の問題も解決できます。下手な清掃方法でダストケースを掃除すると、内部の小さなパーツが外れてしまい、吸引力が低下することがありますが、丸洗い可能な掃除機は掃除のしやすさだけでなく、性能の長期的な維持にも役立ちます。

電源

充電時間

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2の充電時間は210時間というデータに対して、Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hの充電時間は210時間となっています。Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF HとDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2は殆ど差は存在しません。

充電時間が短い掃除機は、使い勝手のよさも特長のひとつです。充電に時間がかからないため、連続使用が可能で、大掃除の時や、ペットを飼っている家庭での使用などにも最適です。また、充電中に他の家事をこなすこともでき、忙しい現代人にはうれしい機能です。

実際の使用を想定すると、Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF HもDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2も感覚的にいって相当似ていると感じられるでしょう。充電時間の情報を評価しても商品選びにおいて全くといっていいほど意味がないといえるでしょう。ほかの角度から見ていく必要性がありそうとなります。

充電時間評価
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2
210時間42/100
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
210時間42/100

バッテリー駆動時間

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2とDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hのバッテリー駆動時間について比べるとDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2は40時間というデータであるのに対しDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hは40時間というデータです。バッテリー駆動時間の点ではDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2とDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hの違いはほぼ存在しません。そのため非常によく類似しています。

バッテリー駆動時間が長い掃除機のメリットは、充電時間を気にすることなく長時間使用できることです。また、コンセントが近くになくても掃除ができるため、自由度が高く便利です。さらに、騒音を気にせずに掃除をすることができるため、夜間の掃除にも最適です。

実用上の意味合いで言えばDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2もDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hもまったくと言えるほど同程度にあると考えることができます。Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2もDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hも体感上の違いは全くといってしまえるほど見られません。バッテリー駆動時間の情報を比べてもほぼ参考にならないと思います。

バッテリー駆動時間評価
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2
40時間50/100
Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF H
40時間50/100

コードレス対応

両方ともコードレスに対応している掃除機と言うことができるでしょう。近年では、コードレスの掃除機がますます普及しています。これらの掃除機は、電源ケーブルを気にすることなく、自由自在に掃除を行うことができます。

コードレスに対応している掃除機は、持ち運びが楽なため、部屋の中や車の中など、綺麗にしたい場所がある際に非常に便利です。また、コードレスであることから、電気代を抑えることができ、経済的な点でも優れています。更に、ヘッドの形状が一般の掃除機よりコンパクトであるため、細かい箇所や狭いスペースでも楽に掃除できます。

充電スタンド付属

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF HもDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2も充電スタンドが付属しているということができます。これらの掃除機には充電スタンドが付属しており、充電が容易に行えます。また、スタンドは機器を安定した状態で保持し、保管することができます。

充電スタンドが付属している掃除機の利点は、バッテリーが長持ちすることです。充電スタンドに置くことで、掃除機を常に準備できるため、使用するまでに時間がかかることがありません。バッテリーが減り始めたら、すぐに充電スタンドに戻せば、バッテリーに負担をかけずに掃除作業を続けることができます。

吸引性能

サイクロン方式対応

どちらもサイクロン方式に対応していると言うことができます。これらの掃除機は、サイクロン方式に対応しており、ホコリや汚れを効率的に取り除くことができます。また、サイクロン方式は、フィルターの交換が必要ないため、メンテナンスが容易です。

サイクロン方式に対応している掃除機のメリットは、パワフルな吸引力と高いクリーニング効率です。空気を高速回転させて外側に遠心力を働かせるため、粉じんやホコリなどの微細なゴミまでもしっかりとキャッチできます。また、フィルターの詰まりによる吸引力低下も少なく、手入れの手間も軽減されます。

フィルター付属

Dyson Digital Slim Fluffy SV18 FF EX2とDyson Digital Slim Fluffy SV18 FF Hは両方ともフィルターがついているということができます。これらの掃除機にはフィルターがついているため、掃除時に吸い込んだホコリや花粉をしっかりと捕捉してくれます。特にアレルギー症状のある方にとっては、大変有効な機能と言えるでしょう。フィルターがついていない掃除機と比較すると、清潔な空気を取り込むことができ、健康面でも安心して使用できるという点が魅力です。

フィルターがついている掃除機を使っていると、清潔に保つことができます。フィルターがあれば、軽い汚れでも簡単に取り除くことができるため、掃除機を清潔に保つことができます。また、フィルターを取り外して洗うことで、継続的に清潔な状態を保つことができます。

フィルター丸洗い対応

両方ともフィルター丸洗いに対応している掃除機となります。これらの掃除機はフィルター丸洗いに対応しており、掃除の際にも清潔さが保たれています。掃除のプロセスが簡単になっているため、ご家庭で使用する際も手軽にお掃除が行えます。

フィルター丸洗いに対応している掃除機は、環境に配慮した商品であるというメリットがあります。使い捨てのフィルターを使用すると、その使用済みのフィルターはゴミとして処分されることになりますが、フィルターが丸洗いできる掃除機を使用することで、フィルターの使用回数が増え、ゴミの排出量を削減することができます。

価格をチェックする

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。