ユニテク Visole LCH2418S のメリットとデメリットを徹底解説

作成日時: 2023-05-12 22:23:25

 ユニテク Visole LCH2418S を徹底評価

ユニテク Visole LCH2418S についてどういった面で優れた点やイマイチな点があるかについてレビュー。どのような良い点/悪い点があるテレビなのか?情報の重要度から評価しました。

メリット

  • 本体サイズがかなり小さい
  • とても軽い本体重量
  • 非常に小さい使用時消費電力

デメリット

  • 画面サイズは凄く小さい
  • かなり低い画面解像度
  • 非常に大きい待機消費電力
  • 非常に低いエネルギー効率

特徴

  • 外付けHDDで録画できる

特色と特性について ユニテク Visole LCH2418S を徹底的に評価

電源について

使用時消費電力について

電気代があまりかからずに使用できるので、小さい使用時消費電力のテレビは優秀です。たとえばより少ない電力で試聴する事ができるので効果的な節電を実現するときにおすすめだと思います。

使用時消費電力について「ユニテク Visole LCH2418S」は45Wです。これは普通と比較してとても小さい部類に入る消費電力と言えるでしょう。電気代を節約できるのでこの商品は優れていそうです。省エネで電気代の節約したいような場合に「ユニテク Visole LCH2418S」はかなりおすすめです。

使用時消費電力に関する使用感はかなり優秀といえるかもしれません。従ってこのテレビを選ぶ上で大きな判断材料となります。使用時消費電力という視点でこれ以上小さいテレビでもほぼ意味がないでしょう。

使用時消費電力評価
ユニテク Visole LCH2418S45W84/100

待機消費電力について

待機消費電力が小さいテレビはこの待機消費電力は待機中にマイコンの動作などを可能にするためのものであるが、テレビ未使用時にテレビのプラグを電源コンセントから引き抜かないでも、待機時間中の消費電力を節約し電気代を低減できるため優れているといえそうです。待機している際の電力消費量を抑制する場合に適していると思います。

「ユニテク Visole LCH2418S」の待機消費電力は0.5Wです。これは標準的なモノとくらべて並外れて大きいと言えます。

待機消費電力評価
ユニテク Visole LCH2418S0.5W8/100

エネルギー効率について

エネルギー効率が高いテレビは電気代をかけずに視聴できる点で秀でた部類に入るといえそうです。少ない電気使用量で映写するのに適しているといえるかもしれません。

エネルギー効率について「ユニテク Visole LCH2418S」は123です。普通のモノとくらべてこのテレビのエネルギー効率はすごく低いテレビだと言えるでしょう。

デザインをレビュー

本体サイズについて

小さい本体サイズのテレビは設置場所が狭くても設置できる為、優れていると言えるでしょう。特に持ち運びして色んな場所に持っていったりしたいような時にオススメだと思います。

「ユニテク Visole LCH2418S」の本体サイズは横:55.06cm、縦:361mm、厚さ:159.2mmです。これは凄く小さい方に入るテレビと言えます。自室や車内など限られた空間で視聴できる為この商品はとても優秀です。「ユニテク Visole LCH2418S」は狭い空間で視聴したいときに適しているといえるかもしれません。

実際の所本体サイズという視点に関する「ユニテク Visole LCH2418S」の使用感は上位レベルに位置づけられるほど優秀な部類に入るでしょう。

本体サイズ評価
ユニテク Visole LCH2418S横:55.06cm、縦:361mm、厚さ:159.2mm81/100

本体重量について

重量を苦にすることなくラクラク移動できるので、軽い本体重量のテレビは優秀と言えるでしょう。壁掛け用で見たりするようなときに適しているといえそうです。

「ユニテク Visole LCH2418S」の本体重量は2.5kgです。普通とくらべてこのテレビの重量はとても軽いテレビだと言えるでしょう。持ち運びができるので、この商品は極めて優秀といえそうです。「ユニテク Visole LCH2418S」は重量を苦にすることなく楽に移動したい時にかなり適しているといえそうです。

実際の所本体重量という視点から見たときの「ユニテク Visole LCH2418S」の使用感は極めて優れていると言えるかもしれません。そのためこのテレビにする上で大きな理由となります。これよりも軽い重量のテレビでもほとんど「ユニテク Visole LCH2418S」との違いを体感出来ないと思います。

本体重量評価
ユニテク Visole LCH2418S2.5kg93/100

画面サイズについて

画面サイズが大きいテレビは画素数・解像度が高いため映像が見やすく、速い動きの映像でも目が疲れにくくできる為、優秀です。例えば迫力のある映像を楽しみたい人が使用する場合に適しているといえそうです。

画面サイズについて「ユニテク Visole LCH2418S」は24インチです。これは一般的なモノとくらべると非常に小さい方に入るテレビです。

画面サイズに興味が無くても日常で利用していてストレスを感じるかもしれません。従ってもう一つ上にすることをおすすめします。

画面サイズ評価
ユニテク Visole LCH2418S24インチ19/100

ユニテク Visole LCH2418S の録画機能について

外付けHDD対応について

「ユニテク Visole LCH2418S」は外付けHDDで録画できるテレビです。

ユニテク Visole LCH2418S の画面の美しさについて徹底評価する

画面解像度について

より鮮やかでクリアな映像を視聴することができるため、画面解像度が高いテレビは優れてます。高解像度な映像を表示するような場合にお勧めといえるかもしれません。

「ユニテク Visole LCH2418S」の画面解像度は1366×768です。このテレビの解像度は凄く低いと言えるテレビでしょう。

画面解像度に関心が無くてもストレスを感じるかもしれないため一つ上にした方が良さそうです。

画面解像度評価
ユニテク Visole LCH2418S1366×76810/100

画素密度について

画素密度が高いテレビは綿密な映像を試聴できるので優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。きめの細かい鮮明な映像を楽しみたい人が使用するような時にお勧めです。

画素密度について「ユニテク Visole LCH2418S」は65ppiです。これはどちらかといえば低い部類に分けられる画素密度と言えます。

画素密度評価
ユニテク Visole LCH2418S65ppi36/100

表で ユニテク Visole LCH2418S に関する情報概要をみる

ユニテク Visole LCH2418S
画像ユニテク Visole LCH2418S
本体サイズ横:55.06cm、縦:361mm、厚さ:159.2mm
本体重量2.5kg
画面サイズ24インチ
最適な視聴距離1.1
画面パネルの種類液晶
画面解像度1366×768
画素密度65ppi
外付けHDD対応
使用時消費電力45W
待機消費電力0.5W
接続端子1×有線LANポート,1×光デジタル音声出力端子,2×USB端子,ARC対応/2×HDMI端子/ヘッドホン出力端子

類似のテレビを探す

他のテレビと比較する

価格をチェック

ユニテク Visole LCH2418S の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。