ユニテク Visole LCH4018S のメリットとデメリットを解説

作成日時: 2023-04-30 22:19:52

 ユニテク Visole LCH4018S を徹底評価

ユニテク Visole LCH4018S にはどのような点において優れた点やイマイチな点があるのでしょうか?どういう優れた点やイマイチな点があるテレビなのかを詳細レビューしました! ユニテク Visole LCH4018S にした方がいいのかについて選ぶことに慣れてない人でもわかるように評価しました。

ユニテク Visole LCH4018S のメリット

  • ほどよく軽い本体重量

ユニテク Visole LCH4018S のデメリット

  • 画面解像度はかなり低い
  • 比較的低い画素密度
  • 非常に大きい待機消費電力
  • エネルギー効率はかなり低い

ユニテク Visole LCH4018S の特徴

  • 外付けHDDで録画できる

特性や特色を ユニテク Visole LCH4018S を詳細に評価

ユニテク Visole LCH4018S のデザインについての情報詳細

本体サイズについて

小さい本体サイズのテレビは設置場所が狭くても設置できる為、優れていると言えるでしょう。持ち運びしやすいため、リュック等に入れて外で使用したいときに適していると言えるかもしれません。

「ユニテク Visole LCH4018S」の本体サイズは横:90.86cm、縦:55.4cm、厚さ:204.5mmです。このテレビのサイズはほぼ同じと言えるでしょう。狭い空間で視聴する場合「ユニテク Visole LCH4018S」を選んでも通常の場合であればおそらく十分かと思われます。

本体サイズに関する実際「ユニテク Visole LCH4018S」は使用感はまあまあと言ったレベルです。少しでも快適に使いたい人やヘビーユーザーには不十分であるかもしれないため、一つ上を検討した方が良さそうです。

本体サイズ評価
ユニテク Visole LCH4018S横:90.86cm、縦:55.4cm、厚さ:204.5mm54/100

本体重量について

本体重量が軽いテレビは設置場所の変更を行う際、力の無い方でも移動させてる事ができるといった点でよいといえなくもありません。たとえば引っ越しなどの際に簡単に移動するとき、適していると言えるかもしれません。

「ユニテク Visole LCH4018S」の本体重量は5kgです。標準的なテレビと比べるとこのテレビの重量はほどよく軽いテレビと言えるでしょう。重量を苦にすることなく軽々移動できるので、この商品はややよい部類に入るかと思います。「ユニテク Visole LCH4018S」は持ち運びや、設置を自ら行いたい人が使用する時にどちらかといえばオススメといえそうです。

本体重量に関する実際の「ユニテク Visole LCH4018S」は使用感はどちらかといえばよい部類に入るでしょう。従って本体重量という点で見るつもりならこのテレビは比較的おすすめでしょう。普通に使う分には十分と言えますが、こだわりを追及してもうワンランク上を検討してもいいでしょう。

本体重量評価
ユニテク Visole LCH4018S5kg76/100

画面サイズについて

画面サイズが大きいテレビは画素数・解像度が高いため映像が見やすく、速い動きの映像でも目が疲れにくくできる為、優秀です。例えば迫力のある映像を楽しみたい人が使用する場合に適しているといえそうです。

画面サイズについて「ユニテク Visole LCH4018S」は40インチです。これは普通のものよりもほとんど同程度と言えます。映画を大画面で見たい人にするとき、通常であれば「ユニテク Visole LCH4018S」を選んでもたぶん問題ないかと思われます。

通常利用であれば使えるものの特別とまでは言えません。

画面サイズ評価
ユニテク Visole LCH4018S40インチ42/100

ユニテク Visole LCH4018S の画面の美しさについて徹底評価する

画面解像度について

映像をより綺麗に視聴できる為、高い画面解像度のテレビは優秀な部類に入るといえなくもありません。より高画質の映像を視聴するようなときお勧めだと思います。

画面解像度について「ユニテク Visole LCH4018S」は1920×1080です。一般的なモノよりもこのテレビの画面解像度はとても低いでしょう。

画面解像度にほとんどこだわりがなくても日常で利用していて不満を感じるでしょう。そのため一つ上にした方が良さそうです。

画面解像度評価
ユニテク Visole LCH4018S1920×108018/100

画素密度について

高画質な映像を綺麗に再生できるという点で高い画素密度のテレビは優れた部類に入るといえなくもありません。例えばきめ細かな高画質映像を実現したいときにお勧めです。

「ユニテク Visole LCH4018S」の画素密度は55ppiです。これはどちらかといえば低い部類に分けられる画素密度と言えます。

画素密度評価
ユニテク Visole LCH4018S55ppi21/100

ユニテク Visole LCH4018S の電源の徹底評価

使用時消費電力について

消費電力のうちの大きな部分の省電力が可能であり、エネルギー効率の規制に合格しやすく電力代も節約できる点で小さい使用時消費電力のテレビは優れています。たとえばより少ない電力で試聴する事ができるので効果的な節電を実現するときにおすすめだと思います。

「ユニテク Visole LCH4018S」の使用時消費電力は74Wです。これはやや小さい使用時消費電力と言えます。消費電力を抑え電気代を節約できるのでこの商品は比較的良いです。「ユニテク Visole LCH4018S」は省エネによる節電を実現したい人が使用する場合にどちらかといえば向いていると言えるかもしれません。

使用時消費電力という視点で見たときの使用感はどちらかと言うと秀でていると言えそうです。そのため使用時消費電力という観点つもりならこのテレビは一つの候補です。普通に使う分には十分と言えますが、こだわりを追及してもう一つ上のテレビを見てみてもいいでしょう。

使用時消費電力評価
ユニテク Visole LCH4018S74W66/100

待機消費電力について

待機消費電力が小さいテレビはこの待機消費電力は待機中にマイコンの動作などを可能にするためのものであるが、テレビ未使用時にテレビのプラグを電源コンセントから引き抜かないでも、待機時間中の消費電力を節約し電気代を低減できるため優れているといえそうです。例えばコンセントを差したままだと消費されてしまう電力を少なくするような時におすすめと言えるでしょう。

「ユニテク Visole LCH4018S」の待機消費電力は0.5Wです。このテレビの消費電力は非常に大きい部類のテレビだと言えるでしょう。

待機消費電力評価
ユニテク Visole LCH4018S0.5W8/100

エネルギー効率について

高いエネルギー効率のテレビはテレビを視聴時の電力を節電できる点で優れていると言えるかもしれません。少ない電気使用量で映写するのに適しているといえるかもしれません。

「ユニテク Visole LCH4018S」のエネルギー効率は115です。普通のモノとくらべてこのテレビのエネルギー効率はすごく低いテレビだと言えるでしょう。

録画機能について

外付けHDD対応について

「ユニテク Visole LCH4018S」は外付けHDDで録画できるテレビです。

ユニテク Visole LCH4018S についての情報一覧

ユニテク Visole LCH4018S
画像ユニテク Visole LCH4018S
本体サイズ横:90.86cm、縦:55.4cm、厚さ:204.5mm
本体重量5kg
画面サイズ40インチ
最適な視聴距離1.7
画面パネルの種類液晶
画面解像度1920×1080
画素密度55ppi
外付けHDD対応
使用時消費電力74W
待機消費電力0.5W
接続端子1×有線LANポート,1×光デジタル音声出力端子,2×USB端子,ARC対応/2×HDMI端子/ヘッドホン出力端子

類似のテレビを探す

他のテレビと比較する

価格をチェック

ユニテク Visole LCH4018S の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。