ハイセンス 50A65H と ハイセンス 50A6H の性能・機能を評価

作成日時: 2022-11-28 15:29:46

ハイセンス 50A65Hハイセンス 50A6H
ハイセンス 50A65Hハイセンス 50A6H

「ハイセンス 50A65H」と「ハイセンス 50A6H」はどっちを選んだほうがいいのでしょうか?違いを評価・検証。選ぶならどちらがおすすめなのかについてわかりやすく比較します。

ハイセンス 50A65Hハイセンス 50A6H
ハイセンス 50A65Hハイセンス 50A6H
総合評価:

48.7/100

(総合: 5187位)

42.6/100

(総合: 4554位)

本体サイズ
35/100
35/100
本体重量
51/100
51/100
画面サイズ
61/100
61/100
画面解像度
67/100
67/100
画素密度
70/100
70/100
使用時消費電力
46/100
46/100
待機消費電力
8/100
8/100

ハイセンス 50A65Hとハイセンス 50A6Hはともに、50インチ液晶パネルを採用した日本のテレビです。どちらのテレビも、重量は9.8kgで、2.1が最適な視聴距離です。両方のテレビにゲームモードがあり、外付けHDDに対応しています。また、使用時の消費電力は両方とも130Wで、待機時の消費電力は0.5Wです。

ただし、ハイセンス 50A65Hは、画素密度が88ppiであり、HDR10/HDR/HLG方式にも対応しています。加えて、提携しているコンテンツ配信サービスの選択肢にRakuten TV/Paravi/U-NEXT/dTV/Hulu/Netflix/YouTubeがあるという利点もあります。そして、スマートスピーカーとの連携も可能です。

一方、ハイセンス 50A6Hは、4K/HDR/HLG方式に対応しており、様々なチューナー数を備えています。しかし、画素密度88ppiという点は、少し低いです。また、提携しているコンテンツ配信サービスはハイセンス 50A65Hと同じものが利用できますが、スマートスピーカーとの連携機能はありません。

総合的に見て、どちらのテレビも高品質なものであることがわかります。 ハイセンス 50A65Hは画素密度が高くHDRにも対応しているため、より鮮明で明るい映像が楽しめます。また、提携しているコンテンツ配信サービスが多く、スマートスピーカーとの連携も可能なため、便利です。一方、ハイセンス 50A6Hは、様々なチューナー数を備えていますが、画素密度は少し低く、スマートスピーカーとの連携ができないため、不便さがあります。

ハイセンス 50A65Hを強くお勧めします。これは、優れた映像の品質と、多数の提携コンテンツサービス、スマートスピーカーとの連携機能のためです。購入の際には、このテレビが視聴者にとっての理想的なものであることを感じることができます。

ハイセンス 50A6H と比較して ハイセンス 50A65H を選ぶメリット

  • スマートスピーカー連携

ハイセンス 50A65H と比較して ハイセンス 50A6H を選ぶメリット

  • 4K対応

「ハイセンス 50A65H」と「ハイセンス 50A6H」に関する詳細

ハイセンス 50A65Hハイセンス 50A6H
画像ハイセンス 50A65Hハイセンス 50A6H
本体サイズ横:1.12m、縦:70.9cm、厚さ:225mm横:1.12m、縦:70.9cm、厚さ:225mm
本体重量9.8kg9.8kg
画面サイズ50インチ50インチ
最適な視聴距離2.12.1
ゲームモード
画面パネルの種類液晶液晶
画面解像度3840×21603840×2160
画素密度88ppi88ppi
4K対応 -
HDR対応
HDR10対応
HLG方式
チューナー数 - 110°CSデジタル×2,BSデジタル×2,地デジ×2,110°CS 4K×1/BS 4K×1
内蔵HDD容量 - 0KB
外付けHDD対応
使用時消費電力130W130W
待機消費電力0.5W0.5W
提携しているコンテンツ配信サービスRakuten TV,Paravi,U-NEXT,dTV,Hulu,Netflix/YouTubeRakuten TV,Paravi,U-NEXT,dTV,Hulu,Netflix/YouTube
スマートスピーカー連携 -
Wi-Fi対応
接続端子DTCP-IP,1×有線LANポート,1×光デジタル音声出力端子,2×USB端子,ARC対応/3×HDMI端子/ヘッドホン出力端子1×有線LANポート,1×光デジタル音声出力端子,2×USB端子,ARC対応/3×HDMI端子/ヘッドホン出力端子
4Kチューナー数1つ1つ
地上デジチューナー数2つ2つ

類似のテレビを探す

他のテレビと比較する

価格をチェック

類似のテレビを探す

他のテレビと比較する

価格をチェック

「ハイセンス 50A65H」と「ハイセンス 50A6H」の特色と特性についての評価比較

「ハイセンス 50A65H」と「ハイセンス 50A6H」の機能性について

4Kチューナー数について

複数の4k放送を視聴したり録画できるという点で多い4Kチューナー数のテレビは優秀です。4Kの番組を視聴しながら録画したいときにオススメと言えるでしょう。

4Kチューナー数評価
ハイセンス 50A65H
1つ - /100
ハイセンス 50A6H
1つ - /100

地上デジチューナー数について

地上デジタル放送を同時に視聴、録画できるという点で地上デジチューナー数が多いテレビはよいです。沢山の番組を同時録画したいときに向いています。

地上デジチューナー数評価
ハイセンス 50A65H
2つ - /100
ハイセンス 50A6H
2つ - /100

「ハイセンス 50A65H」と「ハイセンス 50A6H」の外部拡張機能に関する評価詳細について

「ハイセンス 50A65H」と「ハイセンス 50A6H」のデザインについて

本体サイズについて

小型であるため置き場所を選ばず使用できる点で本体サイズが小さいテレビは優秀な部類に入るかもしれません。狭い場所でも設置するようなときにオススメです。

ハイセンス 50A6Hとハイセンス 50A65Hの本体サイズを比べるとハイセンス 50A65Hは横:1.12m、縦:70.9cm、厚さ:225mmでハイセンス 50A6Hは横:1.12m、縦:70.9cm、厚さ:225mmです。ハイセンス 50A65Hもハイセンス 50A6Hも同程度のサイズです。感じられるほどの違いはゼロと思われます。

ほかの観点で比べたほうがよさそうです。

本体サイズ評価
ハイセンス 50A65H
横:1.12m、縦:70.9cm、厚さ:225mm35/100
ハイセンス 50A6H
横:1.12m、縦:70.9cm、厚さ:225mm35/100

本体重量について

本体重量が軽いテレビは持ち運び、アウトドアで使用できる為優れているといえなくもないでしょう。重量を苦にすることなくラクラク移動するのにオススメといえるかもしれません。

ハイセンス 50A6Hとハイセンス 50A65Hを本体重量を比較するとハイセンス 50A6Hは9.8kgであるのに対してハイセンス 50A65Hは9.8kgです。ハイセンス 50A6Hもハイセンス 50A65Hも同じくらいの重量です。感覚的にわかるほどの違いは無いと思われます。

別の角度から比較する方がいいでしょう。

本体重量評価
ハイセンス 50A65H
9.8kg51/100
ハイセンス 50A6H
9.8kg51/100

画面サイズについて

画面サイズが大きいテレビは文字が見やすく、一画面内で表示できる情報量を増加できるといった点で優れているかもしれません。特に迫力ある映像を見たりしたいような場合に向いていると言えるかもしれません。

ハイセンス 50A6Hとハイセンス 50A65Hの画面サイズを比べるとハイセンス 50A6Hは50インチに対してハイセンス 50A65Hは50インチです。ハイセンス 50A65Hもハイセンス 50A6Hも同じくらいのサイズです。体感上の差はゼロかと思います。

ほかの角度で選んだ方が良いでしょう。

画面サイズ評価
ハイセンス 50A65H
50インチ61/100
ハイセンス 50A6H
50インチ61/100

画面の見やすさについて詳細に比べる

ゲームモードについて

ゲームの複雑な動きもクリアに見る事ができる為、ゲームモードを搭載しているテレビは優秀と言えるかもしれません。特にゲームに適した画面でプレイする場合お勧めです。

ハイセンス 50A65Hもハイセンス 50A6Hもゲームモードを搭載しているテレビです。そのため目に優しくゲームをプレイできる点においてどちらも優れていると言えそうです。高画質のゲームをプレイする時ハイセンス 50A65Hもハイセンス 50A6Hも適しています。

電源について

使用時消費電力について

消費電力を抑制できる為、使用時消費電力が小さいテレビは優秀と言えるでしょう。特に消費電力を抑制したい人がするときに向いています。

使用時消費電力を比べるとハイセンス 50A65Hは130Wでハイセンス 50A6Hは130Wです。使用時消費電力という点においてハイセンス 50A6Hもハイセンス 50A65Hもほぼ同程度です。実用上の違いは無いと思われます。

ほかの観点で決めることをおすすめします。

使用時消費電力評価
ハイセンス 50A65H
130W46/100
ハイセンス 50A6H
130W46/100

待機消費電力について

電気の無駄遣いしないで使用できるため、小さい待機消費電力のテレビは優れてます。省電力により節電したい人が使用したいときにお勧めだと思います。

待機消費電力をハイセンス 50A6Hとハイセンス 50A65Hを比べるとハイセンス 50A6Hは0.5Wでありハイセンス 50A65Hは0.5Wです。ほとんど違いはありません。感覚的にわかるほどの違いは無いでしょう。

ほかの観点を見て比べるほうがいいでしょう。

待機消費電力評価
ハイセンス 50A65H
0.5W8/100
ハイセンス 50A6H
0.5W8/100

画面の美しさの徹底比較について

画面解像度について

高解像になると4K、8Kテレビがあり、より解像度が高く大型の画面に近づいても粗さが目立たず画面の縦×横の画素数などが多いほどリアルで高精細な映像を映し出すことができるという点で高い画面解像度のテレビは優れた部類に入るといえなくもないでしょう。例えばクリアできめ細かい映像を視聴したい人が使用するときに適しています。

画面解像度を比較するとハイセンス 50A65Hは3840×2160であるのに対してハイセンス 50A6Hは3840×2160です。ハイセンス 50A6Hもハイセンス 50A65Hも解像度はほとんど同じくらいでしょう。体感的な差はゼロかと思われます。

別の視点を見て比較したほうが良いでしょう。

画面解像度評価
ハイセンス 50A65H
3840×216067/100
ハイセンス 50A6H
3840×216067/100

画素密度について

高画質のビデオをそのまま綺麗に表示できるので、高い画素密度のテレビは優れていると思います。画素が高密度なディスプレイは、例えば、高画質で鮮明な美しい映像を享受したい時にオススメです。

画素密度を比較するとハイセンス 50A65Hは88ppiでハイセンス 50A6Hは88ppiです。ほとんど違いは無いです。実用上の違いはゼロかと思います。

ほかの視点から選ぶ方がいいでしょう。

画素密度評価
ハイセンス 50A65H
88ppi70/100
ハイセンス 50A6H
88ppi70/100

「ハイセンス 50A65H」と「ハイセンス 50A6H」の録画機能に関する徹底評価

外付けHDD対応について

ハイセンス 50A65Hもハイセンス 50A6Hも外付けHDDで録画できるテレビです。

「ハイセンス 50A65H」と「ハイセンス 50A6H」の画面の明るさの評価比較

HDRについて

より綺麗で迫力のある映像を視聴できる為、HDRに対応しているテレビは優秀な部類に入るでしょう。例えば4K画質と合わさることで最上級の映像を体験するときに向いています。

ハイセンス 50A6Hもハイセンス 50A65HもHDRに対応しているテレビです。そのため白飛びや黒潰れなどのない鮮明な映像を実現できる点でどちらも優れた部類に入ると思います。どちらもドキュメンタリーや自然風景の動画で影や太陽光など自然の光をリアルに表現するような場合に向いています。

HDR10対応について

HDR10に対応しているテレビは4K画像をより美しく再生できるため優れた部類に入るといえなくもないでしょう。明るさと暗さの差を1024階調で表現したメリハリのついたきめ細かい映像を視聴したいようなときにオススメです。

ハイセンス 50A65Hもハイセンス 50A6HもHDR10に対応しているテレビです。一般的なHDR10コンテンツは1,000~4,000cd/m2のピーク輝度でマスタリングできるため、どちらも良いといえるかもしれません。ハイセンス 50A65Hもハイセンス 50A6Hも目まぐるしく変わる映像のシーンやフレーム毎に明暗を動的に変えることが可能で、暗い映像はより暗く、明るい映像はより明るく表現したいなら向いています。

HLG方式採用可否について

4K対応している番組を綺麗な画像で視聴できる点においてHLG方式に対応しているテレビはよいといえるかもしれません。テレビ放送や動画配信系のコンテンツをよく見る人がHDR規格で動画を視聴したい時に適しているといえそうです。

ハイセンス 50A6Hもハイセンス 50A65HもHLG方式に対応しているテレビです。そのためどちらも明るい色彩で高画質に利用できるといった点で秀でているといえなくもないでしょう。どちらもHDR非対応の映像機器と互換性を持たせたりしたいときに適しています。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。