ハイセンス 65U7FG (2021) と ハイセンス 65E6G (2021) を比べてどっちが優れている?注目度から公平に評価しています

作成日時: 2021-10-26 20:28:00、更新日時: 2021-10-28 16:37:18

ハイセンス 65U7FG (2021)ハイセンス 65E6G (2021)
ハイセンス 65U7FG (2021)ハイセンス 65E6G (2021)
ハイセンス 65U7FG (2021)ハイセンス 65E6G (2021)
ハイセンス 65U7FG (2021)ハイセンス 65E6G (2021)
ハイセンス 65U7FG (2021)ハイセンス 65E6G (2021)
総合評価:
本体サイズrating-image1
横:1.45m、縦:90.3cm、厚さ:294mm
rating-image1
横:1.45m、縦:89.6cm、厚さ:291mm
本体重量rating-image1.2
19.1kg
rating-image1.5
16.7kg
画面サイズrating-image4.6
65インチ
rating-image4.6
65インチ
画面解像度rating-image3.4
3840×2160
rating-image3.4
3840×2160
画素密度rating-image2.0
67ppi
rating-image2.0
67ppi
使用時消費電力rating-image1.6
202W
rating-image1.7
190W
待機消費電力rating-image1
0.5W
rating-image1
0.5W
エネルギー効率rating-image3.9
rating-image4.9

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

「ハイセンス 65E6G (2021)」より「ハイセンス 65U7FG (2021)」を選ぶべき2つの理由

  • 画面分割できる
  • SeeQVaultに対応している

「ハイセンス 65U7FG (2021)」より「ハイセンス 65E6G (2021)」を選ぶべき1つの理由

  • エネルギー効率はかなり高い
    97.9点(72位) vs 78.6点(447位)

「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」の特色・特性についての詳細

「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」のデザインについて

本体サイズについて

手軽に持ち運んで使用できる点でサイズが小さいテレビはよいと言えるかもしれません。例えばリビング以外、寝室や子供部屋など各部屋でテレビを視聴するような時にオススメと言えそうです。

サイズについて「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」を比較すると「ハイセンス 65E6G (2021)」は横:1.45m、縦:89.6cm、厚さ:291mmで「ハイセンス 65U7FG (2021)」は横:1.45m、縦:90.3cm、厚さ:294mmです。「ハイセンス 65E6G (2021)」と「ハイセンス 65U7FG (2021)」はほとんど同程度です。体感上の差はゼロです。

ほかの視点で見ることをおすすめします。

本体サイズ評価
ハイセンス 65U7FG (2021)
横:1.45m、縦:90.3cm、厚さ:294mm10/100
ハイセンス 65E6G (2021)
横:1.45m、縦:89.6cm、厚さ:291mm11/100

本体重量について

重量が軽いテレビは手軽に持ち運んで使うことができるので、優秀といえるかもしれません。引っ越しや模様替えをするときに適しているといえるかもしれません。

重量を「ハイセンス 65E6G (2021)」と「ハイセンス 65U7FG (2021)」を比較すると「ハイセンス 65U7FG (2021)」は19.1kgであるのに対して「ハイセンス 65E6G (2021)」は16.7kgです。「ハイセンス 65E6G (2021)」と「ハイセンス 65U7FG (2021)」は少しの違いがあります。重量について「ハイセンス 65U7FG (2021)」と比べて「ハイセンス 65E6G (2021)」はわずかに軽いです。「ハイセンス 65E6G (2021)」は容易に設置場所を変更できる点で「ハイセンス 65U7FG (2021)」よりも多少良いと思います。しかしテレビ台に置いて設置する他、壁掛けや天井から吊るして設置するのによっぽど使い込むようなヘビーユーザーでないとわからないくらいの差だと言えるでしょう。

あえて決めるなら「ハイセンス 65U7FG (2021)」より「ハイセンス 65E6G (2021)」を選ぶ方がいいですが通常の利用において体感差はほとんど感じません。

本体重量評価
ハイセンス 65U7FG (2021)
19.1kg24/100
ハイセンス 65E6G (2021)
16.7kg29/100

画面サイズについて

画面サイズが大きいテレビは大画面で迫力ある映像が見る事ができる為、優秀な部類に入ると思います。映画館のような迫力のある大画面で映像を鑑賞する時にお勧めです。

画面サイズを比べると「ハイセンス 65E6G (2021)」は65インチで「ハイセンス 65U7FG (2021)」は65インチです。ほとんど違いはないです。体感上の違いは無いかと思います。

他の視点で見ることをおすすめします。

画面サイズ評価
ハイセンス 65U7FG (2021)
65インチ92/100
ハイセンス 65E6G (2021)
65インチ92/100

「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」の画面の美しさについての比較詳細

画面解像度について

高い画面解像度のテレビは番組や録画を鮮やかに、細かい部分まで視聴できる為優秀です。たとえばより高画質の映像メディアを視聴したいようなときに向いています。

画面解像度について「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」を比較すると「ハイセンス 65U7FG (2021)」は3840×2160に対して「ハイセンス 65E6G (2021)」は3840×2160です。「ハイセンス 65E6G (2021)」と「ハイセンス 65U7FG (2021)」はほぼ同じくらいです。感じられるほどの違いは無いでしょう。

ほかの観点で比べるほうがよさそうです。

画面解像度評価
ハイセンス 65U7FG (2021)
3840×216067/100
ハイセンス 65E6G (2021)
3840×216067/100

画素密度について

高い画面の画素密度のテレビは鮮明な画質の映像を表示できるので、優秀です。より高画質の動画を視聴したいようなときに適しています。

画面の画素密度を「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」を比較すると「ハイセンス 65E6G (2021)」は67ppiであり「ハイセンス 65U7FG (2021)」は67ppiです。「ハイセンス 65E6G (2021)」も「ハイセンス 65U7FG (2021)」もほとんど同程度の画素密度です。実用的な違いは無いと思われます。

他の観点から比べたほうが良いでしょう。

画素密度評価
ハイセンス 65U7FG (2021)
67ppi39/100
ハイセンス 65E6G (2021)
67ppi39/100

4K対応について

4Kに対応しているテレビは4Kオリジナル番組の視聴ができるため優れていると思います。とくに4K企画の映像を忠実に再生する場合、向いていると思います。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」も4Kに対応しているテレビです。そのため「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」も画面が大きくなっても鮮明に視聴できるといった点で秀でていると思います。どちらも高画質の4K放送を変換せずに視聴するときにお勧めと言えるでしょう。

外部拡張機能に関する「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」の比較詳細

スマートスピーカー連携について

声で操作する対話型の音声操作もできる点においてスマートスピーカーと連携できるテレビは優秀です。例えばスマートスピーカーと連携してチャンネルを声で変更する場合に向いています。

「ハイセンス 65E6G (2021)」も「ハイセンス 65U7FG (2021)」もスマートスピーカーと連携できるテレビです。そのため声で操作したり、音声を高音質で再生できる点で「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」も優れていると言えそうです。リモコンを使うことなくテレビを操作する場合どちらも適していると思います。

Wi-Fiについて

テレビでインターネットに接続できる点でWi-Fiに対応しているテレビはよいかと思います。テレビ番組だけでなくネット動画などを大画面で視聴するような場合にお勧めです。

「ハイセンス 65E6G (2021)」も「ハイセンス 65U7FG (2021)」もWi-Fiに対応しているテレビです。そのためどちらもテレビでYouTubeなど動画サービスを視聴することできるという点でよいといえそうです。ユーチューブなどの動画をそのまま視聴したいような場合にどちらもお勧めです。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」の画面の見やすさについて

ゲームモードについて

ゲームモードを搭載しているテレビはコントローラーなどの入力が素早く反映できるといった点で優れているといえなくもないでしょう。とくに画像の画質を下げ表示速度を上げてゲームをするときにおすすめだと思います。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」もゲームモードを搭載しているテレビです。そのためゲームを高画質で楽しむことができる点において「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」も優れているかと思います。「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」も動きの早い描写をスムーズに視聴するのにオススメだと思います。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」の電源に関する徹底比較

使用時消費電力について

毎月の電気代を節約しながら視聴できるので、小さい使用中の消費電力のテレビは優れているといえそうです。利用時間の長いユーザーでも電気代を軽減したいときに向いています。

使用中の消費電力を比較すると「ハイセンス 65E6G (2021)」は190Wで「ハイセンス 65U7FG (2021)」は202Wです。差はわずかしかありません。「ハイセンス 65U7FG (2021)」より「ハイセンス 65E6G (2021)」の方がわずかに小さい消費電力です。省エネで電気代を節約することができる為「ハイセンス 65U7FG (2021)」より「ハイセンス 65E6G (2021)」の方が多少良いでしょう。しかし消費電力を抑えながら視聴するのによっぽど使い込まないとわからないくらいの差だと思います。

強いて言えば「ハイセンス 65E6G (2021)」の方が良いですが大多数の人にとって体感できるほどの差はほとんどありません。

使用時消費電力評価
ハイセンス 65U7FG (2021)
202W31/100
ハイセンス 65E6G (2021)
190W33/100

待機消費電力について

待機時消費電力が小さいテレビは省エネで電気代を節約することができるといった点で秀でているかもしれません。たとえば待機電力が気になる利用者が節電する場合におすすめです。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」を待機時消費電力を比較すると「ハイセンス 65E6G (2021)」は0.5Wであり「ハイセンス 65U7FG (2021)」は0.5Wです。「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」はほぼ同一です。体感的な違いはゼロかと思います。

別の観点から決めた方が良さそうです。

待機消費電力評価
ハイセンス 65U7FG (2021)
0.5W8/100
ハイセンス 65E6G (2021)
0.5W8/100

エネルギー効率について

エネルギー効率が高いテレビは省エネにより温暖化問題などの環境問題に寄与できるという点でよい部類に入るかもしれません。電気代を節約したい人が使用するような時にお勧めだと思います。

「ハイセンス 65E6G (2021)」と「ハイセンス 65U7FG (2021)」のエネルギー効率を比べると「ハイセンス 65U7FG (2021)」は204で「ハイセンス 65E6G (2021)」は266です。「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」は比較的差があります。「ハイセンス 65U7FG (2021)」のエネルギー効率と比較して「ハイセンス 65E6G (2021)」は比較的高いです。消費電力を抑えることができるといった点で「ハイセンス 65U7FG (2021)」より「ハイセンス 65E6G (2021)」の方がどちらかと言うと秀でているでしょう。「ハイセンス 65E6G (2021)」は「ハイセンス 65U7FG (2021)」より消費電力を節約しながら視聴する場合にどちらかといえばお勧めといえそうです。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」より「ハイセンス 65E6G (2021)」が良いと言えます。ただ決定的に優れているとまでは言えないでしょう。

録画機能についての比較評価

外付けHDD対応について

外付けHDDで録画できるテレビは最大録画容量を後から変更することができるため、優れた部類に入るといえるかもしれません。内臓HDDの容量が一杯になっても、外付けで容量を足すことをしたい時に適しています。

「ハイセンス 65E6G (2021)」も「ハイセンス 65U7FG (2021)」も外付けHDDで録画できるテレビです。そのため多くの番組を録画保存できるという点でどちらも良いでしょう。テレビ番組を大量に録画する場合に「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」もおすすめです。

画面の明るさに関する評価比較について

HDRについて

明暗の差をダイナミックに描写できる為、HDRに対応しているテレビは優れていると言えそうです。例えばリアリティーのある高画質な映像を視聴したいような場合に向いていると言えるでしょう。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」もHDRに対応しているテレビです。暗い所と明るい所を同時にはっきりと再生できる為「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」も優れているといえなくもありません。「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」も従来より広いダイナミックレンジによって白飛びや黒つぶれを防ぐ事ができるので、スポーツや屋外の映像などを視聴する場合におすすめです。

HDR10対応について

HDR10に対応しているテレビは色彩や明暗が繊細で明るい場所でも画像を綺麗に視聴できるため、優れていそうです。映像をHDRで映せるので高画質な映像をテレビで視聴するときにお勧めといえるかもしれません。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」もHDR10に対応しているテレビです。そのため「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」も明暗の差がはっきりとしたダイナミックな映像を視聴できるといった点で秀でた部類に入るかと思います。ダイナミックな明暗差のある映像を視聴する場合、どちらも向いていると言えるかもしれません。

HLG方式採用可否について

高輝度がアップし、ハイコントラストな映像でより綺麗な画像を見ることができる点においてHLG方式に対応しているテレビは優秀です。とくに高画質や、4kなどでの視聴する時適しています。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」もHLG方式に対応しているテレビです。繊細かつ、細かな部分までハッキリと描写できるという点で「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」も優れた部類に入るといえなくもないでしょう。「ハイセンス 65U7FG (2021)」も「ハイセンス 65E6G (2021)」もHDR映像をディスプレイに配信したいようなときに適しています。

「ハイセンス 65U7FG (2021)」と「ハイセンス 65E6G (2021)」を表で特色や特性を比べる

ハイセンス 65U7FG (2021)ハイセンス 65E6G (2021)
ハイセンス 65U7FG (2021)ハイセンス 65E6G (2021)
デザイン
本体サイズ横:1.45m、縦:90.3cm、厚さ:294mm横:1.45m、縦:89.6cm、厚さ:291mm
本体重量19.1kg16.7kg
画面サイズ65インチ65インチ
画面の見やすさ
最適な視聴距離2.72.7
ゲームモード
画面分割機能 -
画面の美しさ
画面パネルの種類液晶液晶
画面解像度3840×21603840×2160
画素密度67ppi67ppi
4K対応
画面の明るさ
光源方式直下型直下型
HDR対応
HDR10対応
HLG方式
録画機能
チューナー数110°CSデジタル×3,BSデジタル×3,地デジ×3,110°CS 4K×1/BS 4K×1110°CSデジタル×2,BSデジタル×2,地デジ×2,110°CS 4K×1/BS 4K×1
外付けHDD対応
SeeQVault対応 -
電源
使用時消費電力202W190W
待機消費電力0.5W0.5W
エンタメ機能
提携しているコンテンツ配信サービスRakuten TV,Paravi,U-NEXT,TSUTAYA TV,ひかりTV4K,ひかりTV,dTV,Hulu,Netflix/YouTubeRakuten TV,Paravi,U-NEXT,TSUTAYA TV,dTV,Hulu,Netflix/YouTube
外部拡張機能
スマートスピーカー連携
Wi-Fi対応
接続端子DTCP-IP,1×有線LANポート,1×光デジタル音声出力端子,2×USB端子,ARC対応/4×HDMI端子/ヘッドホン出力端子DTCP-IP,1×有線LANポート,1×光デジタル音声出力端子,2×USB端子,ARC対応/3×HDMI端子/ヘッドホン出力端子
機能性
4Kチューナー数1つ -
地上デジチューナー数 - 2つ

類似のテレビを探す

他のテレビと比較する

価格をチェック

類似のテレビを探す

他のテレビと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ハイセンス 65U7FG (2021) の関連記事
ハイセンス 65E6G (2021) の関連記事

ハイセンス 65U7FG (2021) と評価が同程度のテレビを探す

本体サイズ:横:95.6cm、縦:60.7cm、厚さ:247mm, 本体重量:9.7kg, 画面サイズ:42インチ, 画素密度:104ppi, 使用時消費電力:165W, 待機消費電力:0.5W, 画面解像度:3840×2160, 内蔵HDD容量:0KB, 4Kチューナー数:2つ, 地上デジチューナー数:2つ

本体重量:29.5kg, 画面サイズ:55インチ, 画素密度:80ppi, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 内蔵HDD容量:0KB, 4Kチューナー数:2つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:1.43m、縦:88.2cm、厚さ:264mm, 本体重量:32kg, 画面サイズ:65インチ, 画素密度:135ppi, 使用時消費電力:391W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:7680×4320, 4Kチューナー数:2つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:96.2cm、縦:61.7cm、厚さ:194mm, 本体重量:9.2kg, 画面サイズ:43インチ, 画素密度:102ppi, 使用時消費電力:130W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:1.5倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 内蔵HDD容量:0KB, 4Kチューナー数:1つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:1.12m、縦:67.5cm、厚さ:291mm, 本体重量:17.3kg, 画面サイズ:50インチ, 画素密度:88ppi, 使用時消費電力:220W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 4Kチューナー数:1つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:1.29m、縦:82.1cm、厚さ:294mm, 本体重量:14.7kg, 画面サイズ:58インチ, 画素密度:75ppi, 使用時消費電力:200W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:1.5倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 内蔵HDD容量:0KB, 4Kチューナー数:1つ

本体サイズ:横:1.45m、縦:86.3cm、厚さ:291mm, 本体重量:30kg, 画面サイズ:65インチ, 画素密度:67ppi, 使用時消費電力:280W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 4Kチューナー数:1つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:1.45m、縦:90.3cm、厚さ:309mm, 本体重量:26.5kg, 画面サイズ:65インチ, 画素密度:67ppi, 使用時消費電力:421W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 4Kチューナー数:1つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:45.1cm、縦:301mm、厚さ:35mm, 本体重量:2.2kg, 画面サイズ:19インチ, 画素密度:53ppi, 使用時消費電力:27W, バッテリー駆動時間:1.5時間, 4Kチューナー数:0つ

本体サイズ:横:145mm、縦:98mm、厚さ:42mm, 本体重量:302g, 画面サイズ:4インチ, バッテリー駆動時間:23時間, 4Kチューナー数:0つ

本体サイズ:横:102mm、縦:60mm、厚さ:14mm, 本体重量:120g, 画面サイズ:2.8インチ, 内蔵HDD容量:0KB, バッテリー駆動時間:3時間

本体サイズ:横:116mm、縦:76mm、厚さ:13mm, 本体重量:140g, 画面サイズ:3.5インチ, バッテリー駆動時間:4.5時間

ハイセンス 65U7FG (2021) の関連記事
ハイセンス 65E6G (2021) の関連記事

ハイセンス 65E6G (2021) と評価が同程度のテレビを探す

本体サイズ:横:96.3cm、縦:61.4cm、厚さ:196mm, 本体重量:7kg, 画面サイズ:43インチ, 画素密度:102ppi, 使用時消費電力:120W, 待機消費電力:0.5W, 画面解像度:3840×2160, 4Kチューナー数:1つ, 地上デジチューナー数:2つ

本体重量:14.7kg, 画面サイズ:50インチ, 画素密度:88ppi, 使用時消費電力:170W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 内蔵HDD容量:0KB, 4Kチューナー数:3つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:1.68m、縦:1.04m、厚さ:41cm, 本体重量:33.8kg, 画面サイズ:75インチ, 画素密度:58ppi, 使用時消費電力:377W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:240倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 4Kチューナー数:3つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:97.2cm、縦:63.2cm、厚さ:286mm, 本体重量:10.5kg, 画面サイズ:43インチ, 画素密度:102ppi, 使用時消費電力:118W, 待機消費電力:0.5W, 画面解像度:3840×2160, 4Kチューナー数:3つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:1.08m、縦:64.9cm、厚さ:279mm, 本体重量:20.5kg, 画面サイズ:48インチ, 画素密度:91ppi, 使用時消費電力:313W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 4Kチューナー数:2つ, 地上デジチューナー数:9つ

本体重量:28.5kg, 画面サイズ:65インチ, 画素密度:67ppi, 使用時消費電力:294W, 待機消費電力:0.5W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 内蔵HDD容量:0KB, 4Kチューナー数:3つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:90.3cm、縦:56.8cm、厚さ:207mm, 本体重量:5.5kg, 画面サイズ:40インチ, 画素密度:55ppi, 使用時消費電力:75W, 待機消費電力:0.5W, 画面解像度:1920×1080, 4Kチューナー数:0つ, 地上デジチューナー数:2つ

本体サイズ:横:96.3cm、縦:61.4cm、厚さ:196mm, 本体重量:7kg, 画面サイズ:43インチ, 画素密度:102ppi, 使用時消費電力:120W, 待機消費電力:0.5W, 画面解像度:3840×2160, 内蔵HDD容量:0KB, 4Kチューナー数:1つ, 地上デジチューナー数:2つ

本体サイズ:横:1.23m、縦:77.7cm、厚さ:348mm, 本体重量:19.5kg, 画面サイズ:55インチ, 画素密度:80ppi, 使用時消費電力:355W, 待機消費電力:0.3W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 内蔵HDD容量:0KB, 4Kチューナー数:2つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:1.23m、縦:79.2cm、厚さ:350mm, 本体重量:23.5kg, 画面サイズ:55インチ, 画素密度:80ppi, 使用時消費電力:421W, 待機消費電力:0.3W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 内蔵HDD容量:0KB, 4Kチューナー数:2つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:1.45m、縦:90.1cm、厚さ:348mm, 本体重量:22kg, 画面サイズ:65インチ, 画素密度:67ppi, 使用時消費電力:466W, 待機消費電力:0.3W, 倍速再生レベル:120倍速相当, 画面解像度:3840×2160, 4Kチューナー数:2つ, 地上デジチューナー数:3つ

本体サイズ:横:95.6cm、縦:60.7cm、厚さ:247mm, 本体重量:9.9kg, 画面サイズ:42インチ, 画素密度:104ppi, 使用時消費電力:165W, 待機消費電力:1W, 画面解像度:3840×2160, 4Kチューナー数:2つ, 地上デジチューナー数:3つ

テレビランキング

カテゴリ一覧

人気テレビ

関連人気記事

新着情報