象印 極め炊き NP-ZH10 の性能を評価を解説

作成日時: 2020-07-30 14:28:21、更新日時: 2021-10-20 17:28:27

 象印 極め炊き NP-ZH10 を徹底評価

象印 極め炊き NP-ZH10は、本体重量が6kgであり、内釜厚が1.7mm、色はダークブラウンとなっています。最大消費電力は1240Wで、1回の炊飯で使用する消費電力は144Whになります。また、蒸気レス対応で、最長保温可能時間は30時間です。1時間保温で使用する消費電力は15.5Whとなっています。

食感炊き、早炊き、エコ炊き、炊き込みごはん機能、おかゆ機能、無洗米モード、玄米モード、雑穀米モード、麦ごはんモード搭載しており、クリーニング機能と内ふた丸洗い対応もあります。このように、多機能かつ便利な炊飯器です。

さらに、食感炊きに対応しているため、お米が美味しい仕上がりになります。早炊きにも対応しているため、忙しい時でもスピーディーに炊飯ができます。エコ炊きにも対応しており、電気代の節約もできます。

また、炊き込みごはん機能やおかゆ機能もあるため、さまざまな炊飯ができます。さらに、無洗米モードや玄米モード、雑穀米モード、麦ごはんモードも搭載しており、お好みに合わせた炊飯が可能です。

さらに、クリーニング機能や内ふた丸洗い対応など、清潔に保つこともできます。このように、機能性も優れています。

総合的に考えると、象印 極め炊き NP-ZH10は、多機能かつ便利な炊飯器であり、豊富な機能が魅力的です。また、食感炊きにも対応しており、美味しいお米が炊けます。さらに、エコ炊きもできるため、電気代の節約にもなります。この炊飯器をおすすめします。

メリット

    -

デメリット

  • 内釜の厚みは非常に薄い
  • 最大消費電力は比較的大きい

特徴

  • 蒸気レスに対応している
  • 食感炊きに対応している
  • 早炊きに対応している
  • エコ炊きに対応している
  • 炊き込みごはんを作れる
  • おかゆを作れる
  • 無洗米モードを搭載している
  • 玄米モードを搭載している
  • 雑穀米モードを搭載している
  • 麦ごはんモードを搭載している
  • クリーニング機能を搭載している
  • 内ふたを丸洗いできる

よく注目される点から 象印 極め炊き NP-ZH10 を評価する

象印 極め炊き NP-ZH10 の基本情報について評価

本体サイズについて

サイズについて「象印 極め炊き NP-ZH10」は横:390mm、縦:255mm、厚さ:215mmです。一般的炊飯器と、この炊飯器のサイズは同じくらいです。一人暮らしのアパートのキッチンなど狭いスペースで使用するのに通常のケースであれば「象印 極め炊き NP-ZH10」でもおそらく問題に感じることはないです。通常利用であればあまり困らないものであるため「象印 極め炊き NP-ZH10」が特別に優秀とは言えないでしょう。ヘビーユーザーには物足りなさを感じるかもしれないため、もう一つ上の炊飯器にした方がいいのかもしれません。

本体サイズ評価
象印 極め炊き NP-ZH10横:390mm、縦:255mm、厚さ:215mm45/100

本体重量について

重量について「象印 極め炊き NP-ZH10」は6kgです。これは標準的な炊飯器とほぼ同じと言えるでしょう。出し入れや上げ下ろしに力が必要な点でこの商品はどちらかといと良いとは言えないでしょう。キッチンをスッキリさせておくため、使わないときは棚の上などに片づけておくような人が使用するのに「象印 極め炊き NP-ZH10」はやや不向きです。重量で見る場合「象印 極め炊き NP-ZH10」は選択肢に入らないでしょう。

本体重量評価
象印 極め炊き NP-ZH106kg41/100

内釜厚について

「象印 極め炊き NP-ZH10」の内釜の厚みは1.7mmです。普通の炊飯器より、この炊飯器の厚みはとても薄い部類に入る炊飯器です。またこの商品は熱が均一に伝わらない点で良くありません。炊き上がりの状態を均等にするのに「象印 極め炊き NP-ZH10」は全くおすすめ出来ません。内釜の厚みにこだわりが無い人でも日常で使っていて不満を感じることがあるでしょう。そのためワンランク上を見てみた方がいいでしょう。

内釜厚評価
象印 極め炊き NP-ZH101.7mm18/100

最大消費電力について

「象印 極め炊き NP-ZH10」の最大消費電力は1240Wです。これは平均的な炊飯器と比べて比較的大きい部類に分けられる炊飯器と言えます。最大消費電力という点から選ぶつもりなら「象印 極め炊き NP-ZH10」は選択肢に入ってこないでしょう。

最大消費電力評価
象印 極め炊き NP-ZH101240W31/100

象印 極め炊き NP-ZH10 の炊飯機能について評価

食感炊き対応について

「象印 極め炊き NP-ZH10」は食感炊きに対応している炊飯器です。そのため火力や加圧時間などを調節することで、単なる固めややわらかめを選択するだけでなく、シャッキリ、もちもちなど、様々な食感をワンタッチで実現することができる点で秀でています。家族によって炊き上がりの好みが異なることもあるでしょう。自分だけが食べる時はかために、お祖母さんの分も炊く時はやわらかくもっちりと仕上げることができるため、炊き上がりの好みが異なる家族で使用するのにおすすめです。またご飯を使った料理には、それぞれ適した炊き上がりがあります。寿司飯にするならやや固め、ドリアにするならやわらかめといった炊き上がりの固さ、あるいはご飯として食べるならもちもち、チャーハンにするならシャッキリと、といった具合です。従って本格料理に挑戦したい方にもおススメです。ボタン一つで簡単に炊きわけをすることができるため、食事の場面に合わせて最も美味しい炊き分けをするなら「象印 極め炊き NP-ZH10」は適しています。

早炊き対応について

「象印 極め炊き NP-ZH10」は早炊きに対応している炊飯器です。そのため食事の直前に炊飯してもすぐに炊き上がるという点で優れています。毎食炊き立てを食べたい人には強くおすすめできます。一般的に炊飯には時間がかかるため、おかずの調理を始める前にご飯だけ炊飯開始している必要があります。しかし早炊き機能を利用すれば、一般的な炊飯よりもずっと早くご飯を炊き上げることができます。そのため、他のおかずを作り始めるタイミングで一緒に炊飯を開始すれば、炊きあがりと同時に食事を始めることも可能です。毎食炊き立てを食べたいけれど事前に準備しておくのが面倒といった人にオススメで、時間を有効活用するなら「象印 極め炊き NP-ZH10」はおすすめです。

エコ炊き対応について

「象印 極め炊き NP-ZH10」はエコ炊きに対応している炊飯器です。そのため炊飯器が自動で電気を節約してくれるという点で使い勝手が良いです。電気代を気にするご家庭や、環境に優しい生活をしたい方におすすめです。使い方は簡単で、メニューからエコ炊きモードを選択するだけで、炊飯器が自動的に節電してくれます。炊飯器は高熱を発する電化製品で毎日使うモノのため、想定以上に電気代がかかってしまうことがあります。毎日の生活の中で上手に節電するなら「象印 極め炊き NP-ZH10」は向いています。

炊き込みごはん機能について

「象印 極め炊き NP-ZH10」は炊き込みごはんを作れる炊飯器です。そのため簡単に美味しい炊き込みご飯を作ることができる点で使い勝手が良いです。普段から炊き込みご飯を炊き慣れているという人でもない限り、炊き込みご飯を上手に作るのは思った以上に大変です。具材が入る分炊き上がりの食感が変わってしまったり、調味料の影響で焦げ付いてしまったりといったことが考えられます。このような失敗のリスクを軽減するのに「象印 極め炊き NP-ZH10」は適しています。

おかゆ機能について

「象印 極め炊き NP-ZH10」はおかゆを作れる炊飯器です。そのため誰でも失敗せずおかゆを作ることができる点で使い勝手が良いです。普段はおかゆを炊かない人にもおすすめです。おかゆは日本人にとって馴染み深い食べ物であり、誰でも簡単に作れそうな気がします。しかし実際には水加減を間違えてしまったり、全体的には水っぽいのに芯が残ってしまったり、あるいは焦がしてしまったりと、失敗しやすい料理でもあるのです。その点炊飯器におかゆ機能がついていれば、窯に書かれた線まで水を入れ、炊飯ボタンを押すだけで誰でも簡単に美味しいおかゆを作ることができます。手間なく簡単におかゆを用意するのに「象印 極め炊き NP-ZH10」は適しています。

無洗米モード搭載について

「象印 極め炊き NP-ZH10」は無洗米モードを搭載している炊飯器です。そのため無洗米でもふっくらと炊くことができる失敗なく楽しむことができる点で優れています。無洗米は通常のお米より吸水しにくいので仕上がりが硬くなりがちですが、無洗米モードでは給水時間を通常よりも長くとって十分に吸水させてから炊飯をスタートします。また無洗米は洗わずに炊くためお米の表面に澱粉が付いているため焦げたり吹きこぼれたりしやすいですが、このモードを使うと通常より低い温度で長時間かけて炊飯するため通常の白米と同じようなおいしさで炊き上げることができます。忙しい毎日の中で上手に時短するのに「象印 極め炊き NP-ZH10」は向いています。

玄米モード搭載について

「象印 極め炊き NP-ZH10」は玄米モードを搭載している炊飯器です。そのため玄米を簡単にふっくらと美味しく炊き上げることができる点で使い勝手が良いです。玄米を炊きなれていない方や、過去に玄米を炊いてみて美味しくなかったという経験がある方には、ぜひ使ってみてほしい機能です。玄米は精米してある白米とは違い、繊維質が多く硬いため、通常のモードで炊くとパサパサした仕上がりとなってしまいます。そんな炊き上がりの玄米だけを食べて「玄米は美味しくない」と敬遠してしまうのは大変もったいないことです。玄米モードのある炊飯器であれば、難しい調整は必要なく、炊飯器が自動で美味しく炊き上げてくれます。玄米は白米に比べ多くの栄養素を含んでいると言われており、健康を気にする人の食事には理想的なご飯ともいえます。手軽に健康的な食卓を実現するのに「象印 極め炊き NP-ZH10」は適しています。

雑穀米モード搭載について

「象印 極め炊き NP-ZH10」は雑穀米モードを搭載している炊飯器です。そのため失敗なく美味しい雑穀ご飯を作ることができる点で秀でています。雑穀米の炊飯に慣れておらず、不安を抱えている人にはぜひお勧めしたいです。白米の炊飯は、お米を美味しく炊くことだけを考えていれば良いのですが、雑穀米は違います。お米以外の穀物が複数種類含まれるため、それに適した方法で炊き上げないと、炊き上がりのムラや違和感が生じてしまいます。その調整を自分でするのはなかなか難しいところですが、雑穀米モードのある炊飯器であれば自動で調整可能です。雑穀ご飯は、白米だけではとることの難しい様々な栄養素を含んでいます。簡単に栄養満点の雑穀米を炊飯するのに「象印 極め炊き NP-ZH10」は向いています。

麦ごはんモード搭載について

「象印 極め炊き NP-ZH10」は麦ごはんモードを搭載している炊飯器です。そのため慣れない人には難しい麦ご飯の炊飯を指一本でできるという点で使い勝手が良いです。麦ご飯にチャレンジしたいけれど、炊き方が難しそうでチャレンジできていないという人には、ぜひ麦ご飯モード搭載の炊飯器で麦ご飯を楽しんでいただきたいです。麦ご飯は白米とは異なる食感や味わいを楽しむことができ、毎日のご飯にメリハリをつけることができます。麦と米では適した炊き方が異なるなど、自分で調整するには少し難しいこともあります。その点手軽に麦ご飯を試してみることができるため、麦ご飯デビューするのに「象印 極め炊き NP-ZH10」はおすすめです。

象印 極め炊き NP-ZH10 の便利機能について評価

クリーニング機能について

「象印 極め炊き NP-ZH10」はクリーニング機能を搭載している炊飯器です。そのため手間なく炊飯器のメンテナンスを続けることができる点で使い勝手が良いです。実は、炊飯器はいくつもの細かなパーツからなっています。これらのパーツは炊飯を繰り返す中で水蒸気やお米の粘り成分などで徐々に汚れていきます。理想的には定期的にパーツに分けて丁寧に掃除することができれば良いのですが、これはなかなか手間です。その点、炊飯器自体にクリーニング機能のある炊飯器であれば、使う人が掃除する手間をかけずとも、炊飯器のクリーニングモードで常に綺麗な状態を維持することができます。炊飯器が綺麗であれば、ご飯もより美味しく炊くことができます。いつでも綺麗な炊飯器でご飯を炊きたいという願いを簡単に実現するなら「象印 極め炊き NP-ZH10」はオススメです。

内ふた丸洗い対応について

「象印 極め炊き NP-ZH10」は内ふたを丸洗いできる炊飯器です。

象印 極め炊き NP-ZH10 の炊飯性能について評価

炊飯量について

炊飯量について「象印 極め炊き NP-ZH10」は5.5合です。これは平均的な炊飯器と同程度と言えます。またこの商品は熱対流が弱くなりがちでコメがおどりにくくなるため米本来の味が引き出しづらく、また一度にまとまった量のお米を炊けない点でどちらかといと良いとは言えません。家族が多い場合やまとめて炊いておいて小分けに保存したいなら「象印 極め炊き NP-ZH10」はあまりオススメではありません。炊飯量で見る場合において「象印 極め炊き NP-ZH10」はほとんど選ばない方がいいでしょう。

炊飯量評価
象印 極め炊き NP-ZH105.5合42/100

1回の炊飯で使用する消費電力について

「象印 極め炊き NP-ZH10」の1回の炊飯で使用する消費電力量は144Whです。一般的炊飯器と比較してこの炊飯器の消費電力はやや小さい炊飯器と言えます。そのため「象印 極め炊き NP-ZH10」はかなり有力な候補の一つになるでしょう。これよりも小さい消費電力の炊飯器でもほとんど「象印 極め炊き NP-ZH10」との差を体感出来ないと思われます。

1回の炊飯で使用する消費電力評価
象印 極め炊き NP-ZH10144Wh62/100

蒸気レス対応について

「象印 極め炊き NP-ZH10」は蒸気レスに対応している炊飯器です。そのため炊飯器から出る蒸気カットできる点で使い勝手が良いです。炊飯器から出る蒸気は高温となるため、うっかり触れると火傷のリスクもあります。そのため小さなお子さんや高齢者のいる家庭においては安全性という面でおすすめです。また蒸気レスに対応していない炊飯器の上部に棚や他の家電がある場合、蒸気の熱や水分により変質したり、ひどい場合には腐ってしまうリスクもあります。蒸気レスに対応していればこのようなリスクを低減できるため、置き場所を比較的自由に選ぶことができます。様々なリスクを避けて安全に利用するなら「象印 極め炊き NP-ZH10」はおすすめです。

最長保温可能時間について

最長保温可能時間について「象印 極め炊き NP-ZH10」は30時間です。これは普通の炊飯器よりもやや長い部類に入る炊飯器です。そのため最長保温可能時間という観点で見る場合において「象印 極め炊き NP-ZH10」は候補の一つに挙がるでしょう。普通に使う分には十分と言えますが、もう少し長い時間の炊飯器もあるため最高レベルとは言えないでしょう。

最長保温可能時間評価
象印 極め炊き NP-ZH1030時間63/100

1時間保温で使用する消費電力について

1時間保温する時の消費電力量について「象印 極め炊き NP-ZH10」は15.5Whです。一般的炊飯器よりも、この炊飯器の消費電力は比較的小さい方の炊飯器です。そのため1時間保温する時の消費電力量という点場合において「象印 極め炊き NP-ZH10」は比較的おすすめでしょう。普通に使う分には問題ないと言えますが、もう少し小さい消費電力の炊飯器もあるため非常に優れているとまでは言えません。

1時間保温で使用する消費電力評価
象印 極め炊き NP-ZH1015.5Wh60/100

象印 極め炊き NP-ZH10 の詳細情報

象印 極め炊き NP-ZH10
画像象印 極め炊き NP-ZH10
本体サイズ横:390mm、縦:255mm、厚さ:215mm
本体重量6kg
内釜厚1.7mm
ダークブラウン
最大消費電力1240W
炊飯量5.5合
1回の炊飯で使用する消費電力144Wh
蒸気レス対応
最長保温可能時間30時間
1時間保温で使用する消費電力15.5Wh
食感炊き対応
早炊き対応
エコ炊き対応
炊き込みごはん機能
おかゆ機能
無洗米モード搭載
玄米モード搭載
雑穀米モード搭載
麦ごはんモード搭載
クリーニング機能
内ふた丸洗い対応

類似の炊飯器を探す

他の炊飯器と比較する

価格をチェック

象印 極め炊き NP-ZH10 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。