炊きたて ご泡火炊き JPI-G100 と 炊きたて JPK-H100 を徹底解説。違いや差を比べてみた

作成日時: 2021年05月20日 17時29分14秒、更新日時: 2021年10月19日 20時07分34秒

炊きたて ご泡火炊き JPI-G100炊きたて JPK-H100
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100炊きたて JPK-H100

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」ならどちらの炊飯器が優れているか、詳しく比較し検証!「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」のどちらを選んだ方がいいか悩んでいる人にオススメします。

炊きたて ご泡火炊き JPI-G100炊きたて JPK-H100
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100炊きたて JPK-H100
総合評価:
本体サイズrating-image3.6
横:302mm、縦:252mm、厚さ:211mm
rating-image2.3
横:380mm、縦:270mm、厚さ:205mm
本体重量rating-image2.5
5.4kg
rating-image2.6
5.3kg
内釜厚rating-image2.6
3mm
rating-image1.4
2mm
最大消費電力rating-image1.7
1200W
rating-image2.0
1100W
炊飯量rating-image2.1
5.5合
rating-image2.1
5.5合
1回の炊飯で使用する消費電力rating-image2.2
171Wh
rating-image2.2
170Wh
最長保温可能時間rating-image2.3
24時間
rating-image2.3
24時間
1時間保温で使用する消費電力rating-image2.3
17.2Wh
rating-image1.8
18.6Wh

炊きたて JPK-H100 と比較して 炊きたて ご泡火炊き JPI-G100 を選ぶメリット

炊きたて ご泡火炊き JPI-G100 と比較して 炊きたて JPK-H100 を選ぶメリット

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」を徹底比較する

調理機能について「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」を比較

煮込み料理製作機能について

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も「炊きたて JPK-H100」も煮込み料理を作れる炊飯器です。そのため誰でも簡単に美味しい煮込み料理を作ることができる点で秀でています。どちらも自炊習慣を定着させたい場合、炊飯器で一品作ることができるのは重宝するでしょう。煮込み料理は手間ひまのかかるイメージがあり、美味しいけれど挑戦するのに勇気がいるかもしれません。実際、火を入れすぎて硬くなったり煮崩れしたり、あるいは早すぎて具材に味が通らないなど、煮込み料理の細かな調整は慣れるまでは大変です。しかし、炊飯器の煮込み料理モードを利用すれば、とても簡単に煮込み料理を作ることができます。もちろん、火加減や時間で失敗することもありません。簡単に美味しく煮込み料理を作ることができるため、楽しく続けられる自炊をするのにおすすめです。

炊飯性能について「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」を比較

炊飯量について

炊飯量について比較すると「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は5.5合であるのに対して「炊きたて JPK-H100」は5.5合です。「炊きたて JPK-H100」の炊飯量は「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」とほとんど差がゼロでしょう。

実用上の違いはありません。ほかの観点で比較することをおすすめします。

炊飯量評価
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100
5.5合42/100
炊きたて JPK-H100
5.5合42/100

1回の炊飯で使用する消費電力について

1回の炊飯で使用する消費電力量を比べると「炊きたて JPK-H100」は170Whで「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は171Whです。「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も「炊きたて JPK-H100」も消費電力についてほぼ同じです。

別の角度を見て選択することをおすすめします。

1回の炊飯で使用する消費電力評価
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100
171Wh43/100
炊きたて JPK-H100
170Wh44/100

最長保温可能時間について

最長保温可能時間について「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」を比べると「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は24時間で「炊きたて JPK-H100」は24時間です。「炊きたて JPK-H100」の時間は「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と差はほとんどありません。

ほかの視点で比較したほうが良さそうです。

最長保温可能時間評価
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100
24時間46/100
炊きたて JPK-H100
24時間46/100

1時間保温で使用する消費電力について

1時間保温する時の消費電力量について「炊きたて JPK-H100」と「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」を比べると「炊きたて JPK-H100」は18.6Whで「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は17.2Whです。1.4Whの差があります。「炊きたて JPK-H100」と比較して「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」はとても小さいです。

実際の利用を考えると「炊きたて JPK-H100」と比較して「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は非常に秀でているでしょう。「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」に決めるための一つの重要な決め手となるでしょう。

1時間保温で使用する消費電力評価
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100
17.2Wh46/100
炊きたて JPK-H100
18.6Wh36/100

炊飯機能について「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」を比較

遠赤外線炊飯機能について

「炊きたて JPK-H100」も「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も遠赤外線で炊ける炊飯器です。そのため熱を奥深く浸透させることができる点で優れています。どちらもご飯をよりふっくらとみずみずしく炊飯するのに適しています。

早炊き対応について

「炊きたて JPK-H100」も「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も早炊きに対応している炊飯器です。そのため食事の直前に炊飯してもすぐに炊き上がるという点で秀でています。どちらも毎食炊き立てを食べたい人には強くおすすめできます。一般的に炊飯には時間がかかるため、おかずの調理を始める前にご飯だけ炊飯開始している必要があります。しかし早炊き機能を利用すれば、一般的な炊飯よりもずっと早くご飯を炊き上げることができます。そのため、他のおかずを作り始めるタイミングで一緒に炊飯を開始すれば、炊きあがりと同時に食事を始めることも可能です。毎食炊き立てを食べたいけれど事前に準備しておくのが面倒といった人にオススメで、時間を有効活用するのに適しています。

少量炊き対応について

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も「炊きたて JPK-H100」も少量炊きに対応している炊飯器です。そのため一食分だけ炊く場合でも美味しく仕上がる点で優れています。どちらも一般的な炊飯器で少しの量で炊こうとすると水加減がうまくいかなかったり加熱ムラが生じてしまい、また米がおどらないため内釜の底に貼りついてべたっとした仕上がりになります。その点少量炊きに対応している炊飯器であれば短時間で水分を飛ばすように炊き上げるプログラムが組み込まれているため、少ない量を炊飯する場合でもそれなりの美味しさで炊き上げることができます。毎回その食事で食べきる量だけ炊飯するのに向いています。

炊き込みごはん機能について

「炊きたて JPK-H100」も「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も炊き込みごはんを作れる炊飯器です。そのため簡単に美味しい炊き込みご飯を作ることができる点で使い勝手が良いです。どちらも普段から炊き込みご飯を炊き慣れているという人でもない限り、炊き込みご飯を上手に作るのは思った以上に大変です。具材が入る分炊き上がりの食感が変わってしまったり、調味料の影響で焦げ付いてしまったりといったことが考えられます。このような失敗のリスクを軽減するのにおすすめです。

おかゆ機能について

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も「炊きたて JPK-H100」もおかゆを作れる炊飯器です。そのため誰でも失敗せずおかゆを作ることができる点で秀でています。どちらも普段はおかゆを炊かない人にもおすすめです。おかゆは日本人にとって馴染み深い食べ物であり、誰でも簡単に作れそうな気がします。しかし実際には水加減を間違えてしまったり、全体的には水っぽいのに芯が残ってしまったり、あるいは焦がしてしまったりと、失敗しやすい料理でもあるのです。その点炊飯器におかゆ機能がついていれば、窯に書かれた線まで水を入れ、炊飯ボタンを押すだけで誰でも簡単に美味しいおかゆを作ることができます。手間なく簡単におかゆを用意するのに適しています。

おこげ機能について

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も「炊きたて JPK-H100」もおこげを作れる炊飯器です。そのため炊飯器でもおこげを作ることができる点で使い勝手が良いです。どちらも一般的な炊飯器の場合、端まで均等に炊き上げることができるため、うまくおこげを作ることが出来ません。しかし、おこげ機能のついた炊飯器であれば、手間をかけずにおこげを作ることができます。手軽にご飯を炊きつつ、おこげも一緒に楽しむことができるため、おいしいお米をそれ以上においしくするのに適しています。

おこわ機能について

「炊きたて JPK-H100」も「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」もおこわを作れる炊飯器です。そのため難しい調整なく簡単におこわを作ることができる点で使い勝手が良いです。どちらもおこわ用に特別なお鍋や器具を用意したくない方にもおすすめです。白米や炊き込みご飯と違い、もち米で作るおこわは細かな調整が難しいと感じる方も多いようです。浸水時間や水の量、蒸らし時間など細かい調整が必要なことに加え、上手に炊き上げないとおこわ独特のモチモチ感がうまく出せないということもあります。その点、メニューから選ぶだけで美味しいおこわができるのは嬉しいところです。慣れない人でも簡単に美味しくおこわを作ることができるため、買うのとは一味違ったオリジナルおこわを炊飯するのにオススメです。

無洗米モード搭載について

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も「炊きたて JPK-H100」も無洗米モードを搭載している炊飯器です。そのため無洗米でもふっくらと炊くことができる失敗なく楽しむことができる点で優れています。どちらも無洗米は通常のお米より吸水しにくいので仕上がりが硬くなりがちですが、無洗米モードでは給水時間を通常よりも長くとって十分に吸水させてから炊飯をスタートします。また無洗米は洗わずに炊くためお米の表面に澱粉が付いているため焦げたり吹きこぼれたりしやすいですが、このモードを使うと通常より低い温度で長時間かけて炊飯するため通常の白米と同じようなおいしさで炊き上げることができます。忙しい毎日の中で上手に時短するのにおすすめです。

玄米モード搭載について

「炊きたて JPK-H100」も「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も玄米モードを搭載している炊飯器です。そのため玄米を簡単にふっくらと美味しく炊き上げることができる点で秀でています。どちらも玄米を炊きなれていない方や、過去に玄米を炊いてみて美味しくなかったという経験がある方には、ぜひ使ってみてほしい機能です。玄米は精米してある白米とは違い、繊維質が多く硬いため、通常のモードで炊くとパサパサした仕上がりとなってしまいます。そんな炊き上がりの玄米だけを食べて「玄米は美味しくない」と敬遠してしまうのは大変もったいないことです。玄米モードのある炊飯器であれば、難しい調整は必要なく、炊飯器が自動で美味しく炊き上げてくれます。玄米は白米に比べ多くの栄養素を含んでいると言われており、健康を気にする人の食事には理想的なご飯ともいえます。手軽に健康的な食卓を実現するのに適しています。

雑穀米モード搭載について

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も「炊きたて JPK-H100」も雑穀米モードを搭載している炊飯器です。そのため失敗なく美味しい雑穀ご飯を作ることができる点で秀でています。どちらも雑穀米の炊飯に慣れておらず、不安を抱えている人にはぜひお勧めしたいです。白米の炊飯は、お米を美味しく炊くことだけを考えていれば良いのですが、雑穀米は違います。お米以外の穀物が複数種類含まれるため、それに適した方法で炊き上げないと、炊き上がりのムラや違和感が生じてしまいます。その調整を自分でするのはなかなか難しいところですが、雑穀米モードのある炊飯器であれば自動で調整可能です。雑穀ご飯は、白米だけではとることの難しい様々な栄養素を含んでいます。簡単に栄養満点の雑穀米を炊飯するのに向いています。

麦ごはんモード搭載について

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も「炊きたて JPK-H100」も麦ごはんモードを搭載している炊飯器です。そのため慣れない人には難しい麦ご飯の炊飯を指一本でできるという点で優れています。どちらも麦ご飯にチャレンジしたいけれど、炊き方が難しそうでチャレンジできていないという人には、ぜひ麦ご飯モード搭載の炊飯器で麦ご飯を楽しんでいただきたいです。麦ご飯は白米とは異なる食感や味わいを楽しむことができ、毎日のご飯にメリハリをつけることができます。麦と米では適した炊き方が異なるなど、自分で調整するには少し難しいこともあります。その点手軽に麦ご飯を試してみることができるため、麦ご飯デビューするのに向いています。

基本情報について「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」を比較

本体サイズについて

サイズを比べると「炊きたて JPK-H100」は横:380mm、縦:270mm、厚さ:205mmで「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は横:302mm、縦:252mm、厚さ:211mmです。「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は「炊きたて JPK-H100」に比べてやや小さいです。

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は置き場所を選ばない点で「炊きたて JPK-H100」よりも良いです。一人暮らしのアパートのキッチンなど狭いスペースで使用するのに「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は比較的向いています。実際に使うことを想定したとき「炊きたて JPK-H100」と「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」の実用上の差はどちらかといえば大きいです。「炊きたて JPK-H100」より「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」がいいですが、決め手になるくらいの違いはないでしょう。

本体サイズ評価
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100
横:302mm、縦:252mm、厚さ:211mm71/100
炊きたて JPK-H100
横:380mm、縦:270mm、厚さ:205mm46/100

本体重量について

重量を「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」を比べると「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は5.4kgであるのに対して「炊きたて JPK-H100」は5.3kgです。「炊きたて JPK-H100」の重さは「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」よりわずかに軽いです。

「炊きたて JPK-H100」は簡単に出し入れや上げ下ろしができる点で「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」よりも多少良いといえなくもありません。キッチンをスッキリさせておくため、使わないときは棚の上などに片づけておくような人が使用する場合でもほとんどのケースで実感できない違いだと言えるでしょう。数値的には「炊きたて JPK-H100」の方が軽いですが体感できるほどの差はほとんどありません。

本体重量評価
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100
5.4kg50/100
炊きたて JPK-H100
5.3kg52/100

内釜厚について

内釜の厚みを比べると「炊きたて JPK-H100」は2mmであるのに対して「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は3mmです。1mmの差があります。「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は「炊きたて JPK-H100」に比べて比較的厚みが厚いです。

熱を均等に伝えることができるという点で「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」の方が良いです。炊き上がりの状態を均等にするのに「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」はやや適しています。実際の利用を想定したとき「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は「炊きたて JPK-H100」より比較的良いです。「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」の方が良いと言えるでしょう。一方ですごく優れているというわけではありません。

内釜厚評価
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100
3mm51/100
炊きたて JPK-H100
2mm27/100

土鍋採用可否について

「炊きたて JPK-H100」も「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も土鍋で炊ける炊飯器です。そのため蓄熱性が高く、土鍋泡によって沸騰時に細かく均一な泡を発生させることができるためムラなく熱を伝えることができる点で使い勝手が良いです。どちらもベチョッとしたご飯になりにくく、ふっくらとハリのあるご飯を炊飯するのに適しています。

最大消費電力について

最大消費電力を比べると「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」は1200Wで「炊きたて JPK-H100」は1100Wです。「炊きたて JPK-H100」の消費電力は「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」に比べてわずかに小さいです。

あえて選ぶなら「炊きたて JPK-H100」の方が「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」より良いですが通常利用において体感差はほぼ感じないでしょう。

最大消費電力評価
炊きたて ご泡火炊き JPI-G100
1200W34/100
炊きたて JPK-H100
1100W40/100

便利機能について「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」を比較

クリーニング機能について

「炊きたて JPK-H100」も「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」もクリーニング機能を搭載している炊飯器です。そのため手間なく炊飯器のメンテナンスを続けることができる点で秀でています。どちらも実は、炊飯器はいくつもの細かなパーツからなっています。これらのパーツは炊飯を繰り返す中で水蒸気やお米の粘り成分などで徐々に汚れていきます。理想的には定期的にパーツに分けて丁寧に掃除することができれば良いのですが、これはなかなか手間です。その点、炊飯器自体にクリーニング機能のある炊飯器であれば、使う人が掃除する手間をかけずとも、炊飯器のクリーニングモードで常に綺麗な状態を維持することができます。炊飯器が綺麗であれば、ご飯もより美味しく炊くことができます。いつでも綺麗な炊飯器でご飯を炊きたいという願いを簡単に実現するのにおすすめです。

内ふた丸洗い対応について

「炊きたて JPK-H100」も「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」も内ふたを丸洗いできる炊飯器です。

「炊きたて ご泡火炊き JPI-G100」と「炊きたて JPK-H100」の違いを表で比較する

炊きたて ご泡火炊き JPI-G100炊きたて JPK-H100
画像炊きたて ご泡火炊き JPI-G100炊きたて JPK-H100
本体サイズ横:302mm、縦:252mm、厚さ:211mm横:380mm、縦:270mm、厚さ:205mm
本体重量5.4kg5.3kg
内釜厚3mm2mm
土鍋
エクリュホワイト/ミネラルブラックブラック
最大消費電力1200W1100W
炊飯量5.5合5.5合
1回の炊飯で使用する消費電力171Wh170Wh
最長保温可能時間24時間24時間
1時間保温で使用する消費電力17.2Wh18.6Wh
遠赤外線炊飯機能
早炊き対応
少量炊き対応
炊き込みごはん機能
おかゆ機能
おこげ機能
おこわ機能
無洗米モード搭載
玄米モード搭載
雑穀米モード搭載
麦ごはんモード搭載
煮込み料理製作機能
クリーニング機能
内ふた丸洗い対応

類似の炊飯器を探す

他の炊飯器と比較する

価格をチェック

類似の炊飯器を探す

他の炊飯器と比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

炊きたて ご泡火炊き JPI-G100 の関連記事
炊きたて JPK-H100 の関連記事

炊きたて ご泡火炊き JPI-G100 と評価が同程度の炊飯器を探す

本体サイズ:横:365mm、縦:292mm、厚さ:267mm, 本体重量:7.8kg, 内釜厚:2.4mm, 最大消費電力:1400W, 炊飯量:10合, 最長保温可能時間:24時間

本体サイズ:横:352mm、縦:271mm、厚さ:236mm, 本体重量:6.7kg, 内釜厚:2.4mm, 最大消費電力:1210W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:154Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:13.7Wh

本体サイズ:横:378mm、縦:297mm、厚さ:269mm, 本体重量:7.9kg, 内釜厚:2.4mm, 最大消費電力:1400W, 炊飯量:10合, 1回の炊飯で使用する消費電力:216Wh, 最長保温可能時間:24時間

本体サイズ:横:351mm、縦:290mm、厚さ:220mm, 本体重量:7.4kg, 内釜厚:5mm, 最大消費電力:1080W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:159Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:16.6Wh

本体サイズ:横:350mm、縦:275mm、厚さ:235mm, 本体重量:8.5kg, 内釜厚:2.2mm, 最大消費電力:1240W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:154Wh, 最長保温可能時間:40時間, 1時間保温で使用する消費電力:16.4Wh

本体サイズ:横:375mm、縦:310mm、厚さ:265mm, 本体重量:10kg, 内釜厚:2.2mm, 最大消費電力:1370W, 炊飯量:10合, 1回の炊飯で使用する消費電力:184Wh, 最長保温可能時間:40時間, 1時間保温で使用する消費電力:21.8Wh

本体サイズ:横:329mm、縦:275mm、厚さ:242mm, 本体重量:6.5kg, 内釜厚:3mm, 最大消費電力:1350W, 炊飯量:10合, 1回の炊飯で使用する消費電力:237Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:22.8Wh

本体サイズ:横:302mm、縦:248mm、厚さ:234mm, 本体重量:6kg, 最大消費電力:1400W, 炊飯量:5.5合, 最長保温可能時間:40時間

本体サイズ:横:240mm、縦:200mm、厚さ:170mm, 本体重量:1.7kg, 最大消費電力:250W, 炊飯量:1.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:250Wh, 最長保温可能時間:3時間

本体サイズ:横:302mm、縦:248mm、厚さ:234mm, 本体重量:6kg, 最大消費電力:1400W, 炊飯量:5.5合, 最長保温可能時間:24時間

本体サイズ:横:325mm、縦:261mm、厚さ:220mm, 本体重量:6.6kg, 内釜厚:5mm, 最大消費電力:1075W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:146Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:18.1Wh

本体サイズ:横:302mm、縦:252mm、厚さ:211mm, 本体重量:5.4kg, 内釜厚:3mm, 最大消費電力:1200W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:169Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:17.7Wh

炊きたて ご泡火炊き JPI-G100 の関連記事
炊きたて JPK-H100 の関連記事

炊きたて JPK-H100 と評価が同程度の炊飯器を探す

本体サイズ:横:354mm、縦:260mm、厚さ:211mm, 本体重量:3.8kg, 内釜厚:1.5mm, 最大消費電力:1200W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:154Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:17.4Wh

本体サイズ:横:351mm、縦:290mm、厚さ:220mm, 本体重量:7.4kg, 内釜厚:5mm, 最大消費電力:1080W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:159Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:16.6Wh

本体サイズ:横:375mm、縦:255mm、厚さ:205mm, 本体重量:4kg, 内釜厚:1.7mm, 最大消費電力:1105W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:156Wh, 最長保温可能時間:30時間, 1時間保温で使用する消費電力:15Wh

本体サイズ:横:40.5cm、縦:280mm、厚さ:245mm, 本体重量:5kg, 内釜厚:1.7mm, 最大消費電力:1295W, 炊飯量:10合, 1回の炊飯で使用する消費電力:215Wh, 最長保温可能時間:30時間, 1時間保温で使用する消費電力:20.1Wh

本体サイズ:横:390mm、縦:255mm、厚さ:215mm, 本体重量:6kg, 内釜厚:1.7mm, 最大消費電力:1240W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:144Wh, 最長保温可能時間:30時間, 1時間保温で使用する消費電力:15.5Wh

本体サイズ:横:42cm、縦:280mm、厚さ:255mm, 本体重量:7kg, 内釜厚:1.7mm, 最大消費電力:1370W, 炊飯量:10合, 1回の炊飯で使用する消費電力:190Wh, 最長保温可能時間:30時間, 1時間保温で使用する消費電力:20.8Wh

本体サイズ:横:375mm、縦:255mm、厚さ:205mm, 本体重量:4kg, 最大消費電力:1105W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:156Wh, 最長保温可能時間:30時間, 1時間保温で使用する消費電力:15Wh

本体サイズ:横:40.5cm、縦:280mm、厚さ:245mm, 本体重量:5kg, 最大消費電力:1295W, 炊飯量:10合, 1回の炊飯で使用する消費電力:215Wh, 最長保温可能時間:30時間, 1時間保温で使用する消費電力:20.1Wh

本体サイズ:横:308mm、縦:251mm、厚さ:202mm, 本体重量:4.2kg, 内釜厚:2mm, 最大消費電力:700W, 炊飯量:3.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:117Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:13.9Wh

本体サイズ:横:230mm、縦:205mm、厚さ:195mm, 本体重量:1.93kg, 最大消費電力:400W, 炊飯量:4合, 1回の炊飯で使用する消費電力:385Wh, 最長保温可能時間:12時間, 1時間保温で使用する消費電力:6Wh

本体サイズ:横:364mm、縦:258mm、厚さ:227mm, 本体重量:5.3kg, 最大消費電力:1400W, 炊飯量:5.5合, 1回の炊飯で使用する消費電力:183Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:19.8Wh

本体サイズ:横:41.4cm、縦:301mm、厚さ:245mm, 本体重量:6.8kg, 最大消費電力:1400W, 炊飯量:10合, 1回の炊飯で使用する消費電力:274Wh, 最長保温可能時間:24時間, 1時間保温で使用する消費電力:25Wh

炊飯器ランキング

カテゴリ一覧

人気炊飯器

関連人気記事

新着情報