パナソニック NR-E459PX の評価を徹底解説

作成日時: 2022-10-26 15:37:04

 パナソニック NR-E459PX を徹底評価

パナソニック NR-E459PX についてどういった面でメリットがあるのかをレビューしました。どういった点において優れた点やイマイチな点がある冷蔵庫か?どのくらい利便性が高いのかについてレビュー。

パナソニック NR-E459PXは、総庫内容量が450L、年間消費電力が263kWh、そして本体重量が94kgというスペックが特徴的な高性能な冷蔵庫です。ドアは5枚あり、閉め忘れ防止機能が装備されており、使い勝手がよく安心して使用することができます。冷蔵室容積は230L、野菜室容積は95L、パーシャル室やチルド室など充実の内容です。また、切り替え室容積が24L、冷凍室容積は84Lで、真ん中冷凍室も装備されています。自動製氷機能や急速製氷機能があり、氷がすぐに作れるため、パーティーや集まりなどで役立ちます。除菌機能や脱臭機能、そしてスマートフォン対応機能が装備されているため、清潔に保ちながら快適に使用することができます。節電モード対応機能も装備されており、低コストで長期間使用することができます。

おしゃれでシンプルなデザインと高機能で、家庭やオフィスなどの冷蔵庫として最適です。また、冷蔵庫の使い勝手がいいので日常生活に必要な食材や飲料などを保管するのに適しています。パナソニック NR-E459PXはおすすめの製品です。

パナソニック NR-E459PX のメリット

  • 年間消費電力はどちらかと言うと小さい

パナソニック NR-E459PX のデメリット

  • 本体重量は割と重い
  • 切り替え室容積はとても低い

パナソニック NR-E459PX の特徴

  • 閉め忘れ防止機能がある
  • パーシャル室がある
  • チルド室がある
  • 真ん中冷凍室に対応している
  • 自動製氷機能がある
  • 急速製氷機能がある
  • 除菌機能を搭載している
  • 脱臭機能を搭載している
  • スマートフォンと連携できる
  • 節電モードに対応している

パナソニック NR-E459PX についての特性や特長

パナソニック NR-E459PX
画像パナソニック NR-E459PX
総庫内容量450L
年間消費電力263kWh
本体サイズ横:1.83m、縦:69.9cm、厚さ:60cm
本体重量94kg
ドアの数5
閉め忘れ防止機能
冷蔵室容積230L
野菜室容積95L
パーシャル室
チルド室
切り替え室容積24L
冷凍室容積84L
真ん中冷凍室
自動製氷機能
急速製氷機能
除菌機能
脱臭機能
スマートフォン対応
節電モード対応

類似の冷蔵庫を探す

他の冷蔵庫と比較する

価格をチェック

パナソニック NR-E459PX の良さやデメリットを徹底的に評価する

冷却機能についての パナソニック NR-E459PX の詳細

冷蔵室容積について

大きい冷蔵室容積の冷蔵庫は多くの食材を保存する事ができるといった点で優れているかもしれません。沢山の食物を保存するようなときにオススメと言えるでしょう。

冷蔵室容積について「パナソニック NR-E459PX」は230Lです。この冷蔵庫の容積は同程度です。食品などをたくさん収納したい場合でも通常の場合なら「パナソニック NR-E459PX」でたぶん問題ないと思います。

普通に使う分にはあまり困らないものであるため、決定的に優秀とまでは言えません。

冷蔵室容積評価
パナソニック NR-E459PX230L54/100

野菜室容積について

野菜室容積が大きい冷蔵庫は多くの野菜を収納できる点においてよいと思います。大量の野菜を冷蔵する時にオススメといえそうです。

野菜室容積について「パナソニック NR-E459PX」は95Lです。この冷蔵庫の野菜室容積はどちらかといえば大きいと言えます。野菜を新鮮なままでしっかり保存したい人や野菜類をたっぷり置いておきたい人が便利に使用できる為、この商品は割と良いと言えそうです。野菜をたくさん収納するときに「パナソニック NR-E459PX」はわりと向いています。

野菜室容積という点でみたとき「パナソニック NR-E459PX」は実の所どちらかといえばよいです。従って野菜室容積という点で見る場合、この冷蔵庫は一つの候補です。普通に使う分には不満を感じない水準と思われますが、全体でみるともうワンランク上の冷蔵庫もあるため決め手になるほどではありません。

野菜室容積評価
パナソニック NR-E459PX95L61/100

パーシャル室について

微冷凍ができるので、自然な状態で新鮮に保存できるといった点でパーシャル室がある冷蔵庫はよい部類に入るかもしれません。水分のある食材を保存するのに向いています。

「パナソニック NR-E459PX」はパーシャル室がある冷蔵庫です。生鮮食品の鮮度を維持できる為、この冷蔵庫は優秀と言えるかもしれません。「パナソニック NR-E459PX」は肉類や魚類を鮮度高く保存するなら適しています。

チルド室について

チルド室がある冷蔵庫は食品を新鮮に保つことができる点においてよい部類に入るかもしれません。例えば長く保存すると心配な食材や、食べ終わるまで日にちがかかりそうな食品を保存するようなときにオススメです。

「パナソニック NR-E459PX」はチルド室がある冷蔵庫です。そのためドアの開閉で温度差が無いので、チルド商品の保存ができるという点で優秀です。凍るギリギリで食材を保存出来るので、色々な食材の鮮度を保ちたいと思っている人が使用したいときに「パナソニック NR-E459PX」は適しているといえるかもしれません。

切り替え室容積について

切り替え室容積が高い冷蔵庫はどちらの用途でも余裕を持って使用できるため、優れていそうです。料理が趣味の人が冷凍食品と冷蔵食品の量に応じて格納するスペースを切り替えて使用するのに適しています。

切り替え室容積について「パナソニック NR-E459PX」は24Lです。この冷蔵庫の容積はかなり低い冷蔵庫だと言えるでしょう。

切り替え室容積評価
パナソニック NR-E459PX24L13/100

便利機能に関する パナソニック NR-E459PX の詳細情報

節電モード対応について

節電モードに対応している冷蔵庫は電気代を抑えエコに使用できるため、優れた部類に入るといえるかもしれません。消費電力が低く、電気代を安くしたいようなときに向いています。

「パナソニック NR-E459PX」は節電モードに対応している冷蔵庫です。そのためこの冷蔵庫は使用状況にあわせて無駄な電力消費を抑制できる点で優秀といえるかもしれません。旅行、出張等が多く長期間冷蔵庫を使用しない人が節電するようなとき「パナソニック NR-E459PX」は向いています。

開閉ドアに関する パナソニック NR-E459PX の評価

閉め忘れ防止機能について

閉め忘れ防止機能がある冷蔵庫は閉め忘れによる冷気を逃さずに出来るため、省エネできるため、優れています。ドアの閉め忘れが無い為、無駄な電気代を節約するときにおすすめです。

「パナソニック NR-E459PX」は閉め忘れ防止機能がある冷蔵庫です。万が一の閉め忘れを防止できるので経済的に使用できる為、この冷蔵庫はよいと言えそうです。「パナソニック NR-E459PX」は締め忘れを防止したいような場合に向いています。

パナソニック NR-E459PX の冷凍機能について

冷凍室容積について

冷凍室容積が大きい冷蔵庫はたくさんの食品を冷凍保存することができる為、優れた部類に入るといえなくもありません。たとえば沢山の冷凍食品を収納したいような時に向いています。

「パナソニック NR-E459PX」の冷凍室容積は84Lです。この冷蔵庫の容積はほとんど同一と言えます。冷凍食材を大量に保存する時通常なら「パナソニック NR-E459PX」を選んでもおそらく十分かと思われます。

少しでもストレスを感じずに使いたい人には不十分であるかもしれないため、ワンランク上にした方が良さそうです。

冷凍室容積評価
パナソニック NR-E459PX84L52/100

真ん中冷凍室について

真ん中冷凍室に対応している冷蔵庫はかがまなくても取り出しができるといった点で優れた部類に入るといえなくもないでしょう。とくに楽な体勢で冷凍庫を使用したいなら適していると言えるでしょう。

「パナソニック NR-E459PX」は真ん中冷凍室に対応している冷蔵庫です。冷凍室を多用する人には、冷凍食品が取りやすくできる為、この冷蔵庫は優れてます。各部屋に温度の影響が出ないように配置する断熱壁が少なく済むので、庫内容量も広く確保するような場合に「パナソニック NR-E459PX」はオススメです。

自動製氷機能について

氷を作る手間を省くことができる点において自動製氷機能がある冷蔵庫は優秀と言えるでしょう。勝手に生成してくれるため、必要な時に氷を使用するような時にオススメです。

「パナソニック NR-E459PX」は自動製氷機能がある冷蔵庫です。そのため氷がなくなりそうな時に自動で製氷できるという点で優れていそうです。自ら氷を作る必要がない上に、ストックが減ると自動で製氷したいような場合に「パナソニック NR-E459PX」はおすすめです。

急速製氷機能について

急速製氷機能がある冷蔵庫は氷を素早く作ることができるという点で秀でています。特に必要な時に高速で製氷したい時にオススメです。

「パナソニック NR-E459PX」は急速製氷機能がある冷蔵庫です。そのためこの冷蔵庫は氷が必要な時に大量に製造できる点において秀でていると言えそうです。「パナソニック NR-E459PX」は今すぐ氷が必要なときに比較的短時間で急速に製氷したいような場合にオススメといえそうです。

パナソニック NR-E459PX の基本情報について

総庫内容量について

総庫内容量が大きい冷蔵庫は食材を買いだめをしても余裕で収納できる為、優れていると言えるでしょう。たとえば沢山の食品を収納したい時におすすめだと思います。

「パナソニック NR-E459PX」の総庫内容量は450Lです。平均的な冷蔵庫と比較するとこの冷蔵庫の容積はわりと大きい冷蔵庫だと言えるでしょう。大家族やまとめ買いができるため、この商品はどちらかといえば秀でていそうです。新しく食材を入れても庫内の温度の上昇を抑制でき、たくさんの食材をまとめ買いする人が使用するときに「パナソニック NR-E459PX」はどちらかと言うとオススメといえそうです。

実際のところの「パナソニック NR-E459PX」は総庫内容量という観点から見た時どちらかと言うと秀でているでしょう。そのため総庫内容量という観点で選ぶならこの冷蔵庫は比較的おすすめです。普通に使う分には十分ですが、もう少し大きい容積の冷蔵庫もあるため最高レベルとまでは言えません。

総庫内容量評価
パナソニック NR-E459PX450L66/100

年間消費電力について

年間消費電力が小さい冷蔵庫は電気代を節約し経済的に使用できる点において優秀です。電力消費量に細かく気を配る人が使用する時に適しています。

「パナソニック NR-E459PX」の年間消費電力は263kWhです。平均と比較してこの冷蔵庫の消費電力は割と小さい冷蔵庫です。冷蔵庫にかかる消費電力を抑えるため電気料金の節約ができるので、この商品はどちらかといえば良いです。「パナソニック NR-E459PX」は電気代を確実に節約するような場合にややおすすめだと思います。

実際の所年間消費電力についての「パナソニック NR-E459PX」の使用感は割と秀でた部類に入るでしょう。従って年間消費電力で見る場合においてこの冷蔵庫は候補の一つになります。普通に使う分には問題ないと言えますが、こだわりがある人は一つ上を検討してもいいのかもしれません。

年間消費電力評価
パナソニック NR-E459PX263kWh75/100

衛生機能に関する詳細情報

除菌機能について

除菌機能を搭載している冷蔵庫は菌・ウイルスなどを抑制できるため、優秀な部類に入るかと思います。特に庫内に浮遊している菌だけでなく冷蔵庫の壁に付着している菌まで除菌したいなら向いています。

「パナソニック NR-E459PX」は除菌機能を搭載している冷蔵庫です。食品についた雑菌を除菌できる為この冷蔵庫は優れてます。特別な事をしなくても除菌出来るので、食中毒を出来るだけ防ぎたいという人が使用する時「パナソニック NR-E459PX」はオススメだと思います。

脱臭機能について

脱臭機能を搭載している冷蔵庫は様々な匂いを脱臭でき匂い移りを抑制できるといった点で優秀な部類に入るでしょう。脱臭をしたりするようなときにお勧めです。

「パナソニック NR-E459PX」は脱臭機能を搭載している冷蔵庫です。匂いを防いで清潔に使用することができる為この冷蔵庫は良いです。保管に伴うにおいを除去するときに「パナソニック NR-E459PX」はオススメです。

製品デザインについての詳細

本体サイズについて

小さい本体サイズの冷蔵庫は一人暮らしの方が狭いスペースに設置して使用できる点において優れていると言えるでしょう。コンパクトでどこにでも設置する時、おすすめだと思います。

「パナソニック NR-E459PX」の本体サイズは横:1.83m、縦:69.9cm、厚さ:60cmです。この冷蔵庫の本体サイズは大きい冷蔵庫だと言えるでしょう。

本体サイズという観点から選ぶ場合においてこの冷蔵庫はほとんど選ばない方がいいです。

本体サイズ評価
パナソニック NR-E459PX横:1.83m、縦:69.9cm、厚さ:60cm37/100

本体重量について

頻繁に転居をするビジネスマンが楽に引っ越しできるので、本体重量が軽い冷蔵庫は優れた部類に入るといえなくもありません。特に上階などに持ち運びをするときにお勧めです。

本体重量について「パナソニック NR-E459PX」は94kgです。標準と比べるとこの冷蔵庫の重量はどちらかと言うと重い部類に分けられる冷蔵庫と言えます。

本体重量評価
パナソニック NR-E459PX94kg33/100

パナソニック NR-E459PX の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。