日立 R-HWC49T と AQUA AQR-46N の機能レビュー

作成日時: 2023-01-26 16:00:18

日立 R-HWC49TAQUA AQR-46N
日立 R-HWC49TAQUA AQR-46N

「日立 R-HWC49T」と「AQUA AQR-46N」はどちらが優れているのでしょうか。どちらを選ぶべきなのかをレビューしています。どちらの冷蔵庫にすべきなのかを選ぶことに慣れていない人でも分かるように評価しました。

日立 R-HWC49TAQUA AQR-46N
日立 R-HWC49TAQUA AQR-46N
総合評価:

50.7/100

(総合: 1398位)

51.8/100

(総合: 1306位)

総庫内容量
74/100
67/100
年間消費電力
67/100
69/100
本体サイズ
35/100
34/100
本体重量
25/100
31/100

日立 R-HWC49Tは、総庫内容量が485L、年間消費電力が276kWh、本体重量が102kgで、ドアの数が6つです。また、フレンチドアにも対応しており、閉め忘れ防止機能やパーシャル室、チルド室などの機能も備えています。中央には冷凍室があり、自動製氷機能や急速製氷機能、脱臭機能、ラップなし機能、スマートフォン対応、節電モード対応といった機能が揃っています。

AQUA AQR-46Nは、冷却方式が間冷式で総庫内容量が458L、年間消費電力が273kWh、本体重量が96kg、ドアの数が4つです。冷蔵室の容積は239L、野菜室の容積は67Lで、真ん中野菜室やチルド室、真ん中冷凍室も備えています。真ん中冷凍室には急速冷凍機能が搭載され、除菌機能や脱臭機能、節電モード対応もしています。

日立 R-HWC49Tは、総庫内容量がAQUA AQR-46Nよりも大きく、年間消費電力も若干高いですが、フレンチドアにも対応しているため、使いやすさが高いです。また、細かな機能が豊富にそろっており、自動製氷機能やスマートフォン対応、節電モード対応などは便利で実用的です。

一方、AQUA AQR-46Nは、総庫内容量がある程度小さく、ドアの数も少ないため、収納力はやや劣るかもしれません。ただし、除菌機能や脱臭機能、節電モード対応といった機能が搭載されており、使い勝手は良いと言えます。

総合的に考えると、日立 R-HWC49Tは収納力や機能性が高く、使い勝手が良いため、オススメできます。AQUA AQR-46Nも使い勝手が良いため、収納力を重視する場合はこちらを選ぶのも良いかもしれません。

「AQUA AQR-46N」より「日立 R-HWC49T」を選ぶべき理由

  • フレンチドア方式を採用している
  • パーシャル室がある
  • 自動製氷機能がある
  • 急速製氷機能がある
  • ラップなし機能を搭載している
  • スマートフォンと連携できる

「日立 R-HWC49T」より「AQUA AQR-46N」を選ぶべき理由

  • 真ん中野菜室に対応している
  • 急速冷凍機能がある
  • 除菌機能を搭載している

「日立 R-HWC49T」と「AQUA AQR-46N」を表で特色・特性をくらべる

日立 R-HWC49TAQUA AQR-46N
画像日立 R-HWC49TAQUA AQR-46N
冷却方式 - 間冷式
総庫内容量485L458L
年間消費電力276kWh273kWh
本体サイズ横:1.84m、縦:65.1cm、厚さ:65cm横:1.84m、縦:71cm、厚さ:60cm
本体重量102kg96kg
ドアの数64
フレンチドア対応 -
閉め忘れ防止機能
冷蔵室容積 - 239L
野菜室容積 - 67L
真ん中野菜室 -
パーシャル室 -
チルド室
冷凍室容積 - 152L
真ん中冷凍室
自動製氷機能 -
急速製氷機能 -
急速冷凍機能 -
除菌機能 -
脱臭機能
ラップなし機能 -
スマートフォン対応 -
節電モード対応

類似の冷蔵庫を探す

他の冷蔵庫と比較する

価格をチェック

類似の冷蔵庫を探す

他の冷蔵庫と比較する

価格をチェック

「日立 R-HWC49T」と「AQUA AQR-46N」の特色・特性についての比較詳細

「日立 R-HWC49T」と「AQUA AQR-46N」の便利機能の比較詳細について

節電モード対応について

時々に応じて電力を節約できる為、節電モードに対応している冷蔵庫は優れてます。無駄な電力を減らして電気代を抑制する時にお勧めです。

AQUA AQR-46Nも日立 R-HWC49Tも節電モードに対応している冷蔵庫です。省エネを意識して利用できるので、どちらもよいかと思います。各室の温度. 食品保存への影響が少ない範囲で冷却を弱めて保存するようなとき日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nも適しています。

開閉ドアについて詳細に比較評価してみた

閉め忘れ防止機能について

ドアを閉め忘れる事が無いので、余計な電気代を節約できるという点で閉め忘れ防止機能がある冷蔵庫はよいかと思います。電力の無駄遣いをすることなく保管するときにおすすめといえるかもしれません。

日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nも閉め忘れ防止機能がある冷蔵庫です。食材が痛むことを回避できるため日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nも優れていそうです。どちらもコンプレッサーの故障を防ぎトラブルを防止したいようなときにオススメです。

冷却機能についての比較

チルド室について

魚や肉など調理するまでの間、新鮮度を保つことができるという点でチルド室がある冷蔵庫は優秀です。食品をより新鮮に保ちたい人が使用するときにおすすめといえるかもしれません。

日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nもチルド室がある冷蔵庫です。そのためドアの開け閉めをしても温度差が生じないので、チルド保存ができる点において日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nも優れていると言えそうです。日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nも食材を冷凍される寸前まで冷やした状態で保存をするような場合にオススメです。

「日立 R-HWC49T」と「AQUA AQR-46N」の冷凍機能についての徹底評価

真ん中冷凍室について

真ん中冷凍室に対応している冷蔵庫は外部から冷凍庫への温度の影響が出にくくすることで冷凍効率上げることが出来ると共に、冷凍食品の保存の多い家庭では、冷凍食品ので仕入れが容易にできる点において優れていると言えそうです。特に冷凍食品を良く利用するならおすすめと言えそうです。

AQUA AQR-46Nも日立 R-HWC49Tも真ん中冷凍室に対応している冷蔵庫です。断熱壁を削減でき庫内を広くできるため日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nも良いです。どちらも製氷室と冷凍庫が同じ温度帯を1箇所に集めることができ、冷却効果が向上したいときにお勧めと言えそうです。

衛生機能について

脱臭機能について

冷蔵庫内に発生する臭いを取り除くことができるという点で脱臭機能を搭載している冷蔵庫は優秀です。冷蔵庫内の臭いを防止したい時に適していると言えそうです。

AQUA AQR-46Nも日立 R-HWC49Tも脱臭機能を搭載している冷蔵庫です。嫌な臭いを抑制できるため日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nも秀でていそうです。冷蔵庫の臭いが気になる人が使用したいような場合に日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nも向いていると思います。

基本情報に関する「日立 R-HWC49T」と「AQUA AQR-46N」の詳細比較について

総庫内容量について

たくさんの食材の保存ができるので普段の食材のほかによく使う食材のストックや、作り置きを保存できる点で総庫内容量が大きい冷蔵庫はよいです。特に沢山の食材を保存するようなときに適しています。

日立 R-HWC49TとAQUA AQR-46Nの総庫内容量について比較すると日立 R-HWC49Tは485Lであるのに対してAQUA AQR-46Nは458Lです。総庫内容量という点で見るとAQUA AQR-46Nと比べて日立 R-HWC49Tは比較的大きい容積です。日立 R-HWC49Tは買い置きや作り置きしたものをたくさん保存できる点においてAQUA AQR-46Nよりも割とよいといえなくもありません。日立 R-HWC49TはAQUA AQR-46Nよりたくさんの食材が入るので、大家族の家で使用したいようなときに比較的お勧めです。

実際に使う場面で日立 R-HWC49TとAQUA AQR-46Nは実用において多少大きい違いがあります。AQUA AQR-46Nより日立 R-HWC49Tがいいと言えるでしょう。一方で非常に優れているとまでは言えません。

総庫内容量評価
日立 R-HWC49T
485L74/100
AQUA AQR-46N
458L67/100

年間消費電力について

無駄な電気代を抑えて使用できる為、年間消費電力が小さい冷蔵庫は優秀といえそうです。冷蔵庫使用による電気代を節約するなら向いていると言えるかもしれません。

年間消費電力を日立 R-HWC49TとAQUA AQR-46Nを比較するとAQUA AQR-46Nは273kWhに対して日立 R-HWC49Tは276kWhです。AQUA AQR-46Nの消費電力は日立 R-HWC49Tと差はほぼ無いと言えるでしょう。体感的な違いは無いかと思われます。

ほかの視点から決めることをおすすめします。

年間消費電力評価
日立 R-HWC49T
276kWh67/100
AQUA AQR-46N
273kWh69/100

製品デザインについて詳細にくらべる

本体サイズについて

小さい本体サイズの冷蔵庫は一人暮らしの方がコストパフォーマンス良く使用できるという点で良いと言えそうです。狭いスペースに設置するような時向いているといえるかもしれません。

日立 R-HWC49TとAQUA AQR-46Nを本体サイズについて比較すると日立 R-HWC49Tは横:1.84m、縦:65.1cm、厚さ:65cmでありAQUA AQR-46Nは横:1.84m、縦:71cm、厚さ:60cmです。日立 R-HWC49TもAQUA AQR-46Nもほとんど同程度です。感じられるほどの差はゼロかと思われます。

ほかの角度から見ることをおすすめします。

本体サイズ評価
日立 R-HWC49T
横:1.84m、縦:65.1cm、厚さ:65cm35/100
AQUA AQR-46N
横:1.84m、縦:71cm、厚さ:60cm34/100

本体重量について

引っ越しや掃除の際に通常の冷蔵庫より労力を使わず移動できる点において本体重量が軽い冷蔵庫は優秀と言えるかもしれません。持ち運びしやすく移動したい時に適しています。

本体重量を比べるとAQUA AQR-46Nは96kgであるのに対して日立 R-HWC49Tは102kgです。違いはごくわずかしかありません。AQUA AQR-46Nは日立 R-HWC49Tよりわずかに重量が軽いです。業者に頼まなくても自分で簡単に移動できるため、AQUA AQR-46Nの方が多少はよいかもしれません。とはいえ簡単に移動をするのにどちらを選ぶにせよ大したことはないくらいの違いだと思われます。

本体重量評価
日立 R-HWC49T
102kg25/100
AQUA AQR-46N
96kg31/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。