ハイセンス HR-D15F と ハイセンス HR-D16F の評価を比較

作成日時: 2022-03-20 22:24:26

ハイセンス HR-D15Fハイセンス HR-D16F
ハイセンス HR-D15Fハイセンス HR-D16F

「ハイセンス HR-D16F」と「ハイセンス HR-D15F」について違いや差を評価/解説。どちらを選ぶべきなのかについて比較しています。どちらの冷蔵庫を選んだらいいのか迷っている人はぜひ見てみてください!

ハイセンス HR-D15Fハイセンス HR-D16F
ハイセンス HR-D15Fハイセンス HR-D16F
総合評価:
総庫内容量rating-image1
162L
rating-image1
162L
年間消費電力rating-image2.5
306kWh
rating-image2.5
306kWh
本体重量rating-image4.2
41kg
rating-image4.2
41kg
冷蔵室容積rating-image1
113L
rating-image1
113L
冷凍室容積rating-image1
49L
rating-image1
49L

ハイセンス HR-D15Fとハイセンス HR-D16Fは、どちらも冷却方式が間冷式で、総庫内容量が162Lあります。年間消費電力はともに306kWh、本体重量は41kgとなっており、耐熱トップテーブルも両方に装備されています。しかし、ハイセンス HR-D15Fはドアの数が2つであり、閉め忘れ防止機能も備えています。また、冷蔵室容積は113Lで冷凍室容積は49Lとなっています。一方、ハイセンス HR-D16Fはドアの数や閉め忘れ防止機能はなく、冷蔵室容積が113L、冷凍室容積が49Lであることがわかります。

ハイセンス HR-D15Fには閉め忘れ防止機能があり、便利な点がある一方、ハイセンス HR-D16Fはコンパクトで置き場所に困らないという点があります。どちらの製品も冷蔵室容積や冷凍室容積は同じで、動作に必要な年間消費電力も同等です。重量も同じであり、耐熱トップテーブルについても同様です。しかし、ドアの数が異なるので利用途上によっては選択が異なってくるでしょう。

総合的に考えた場合、ハイセンス HR-D15Fの閉め忘れ防止機能とドアの数がメリットとして挙げられ、さらに冷凍室が広めである点も魅力的です。ただし、家のサイズや置き場所によってはハイセンス HR-D16Fのコンパクトさが重視される場合もあるでしょう。

このため、利用者のニーズに合わせて選択することが大切であり、それぞれの製品の特徴を十分に把握した上で判断することが望ましいといえます。

ハイセンス HR-D16F と比較して ハイセンス HR-D15F を選ぶメリット

  • 閉め忘れ防止機能

ハイセンス HR-D15F と比較して ハイセンス HR-D16F を選ぶメリット

    -

「ハイセンス HR-D15F」と「ハイセンス HR-D16F」を徹底比較する

冷凍機能について「ハイセンス HR-D15F」と「ハイセンス HR-D16F」を比較

冷凍室容積について

冷凍室容積が大きい冷蔵庫は作り置きやまとめ買いが大量にできる点で使い勝手が良いです。例えば食料品のまとめ買いをするような場合で重宝します。

冷凍室容積についてハイセンス HR-D15Fとハイセンス HR-D16Fを比較するとハイセンス HR-D15Fは49Lでハイセンス HR-D16Fは49Lです。ハイセンス HR-D15Fもハイセンス HR-D16Fもほとんど同じくらいの容積です。他の観点を見て選んだほうが良さそうです。

冷凍室容積評価
ハイセンス HR-D15F
49L18/100
ハイセンス HR-D16F
49L18/100

基本情報について「ハイセンス HR-D15F」と「ハイセンス HR-D16F」を比較

総庫内容量について

総庫内容量が大きい冷蔵庫は大量にまとめ買いをした時でも全部収納できる点で秀でています。例えば多くのものを保存することができるので、大家族や、しばしば買い物に行くことが難しいお年寄りなどが使用するといったようなケースにおすすめです。

総庫内容量を比べるとハイセンス HR-D15Fは162Lに対してハイセンス HR-D16Fは162Lです。ハイセンス HR-D16Fもハイセンス HR-D15Fも同じくらいです。他の角度から見ることをおすすめします。

総庫内容量評価
ハイセンス HR-D15F
162L13/100
ハイセンス HR-D16F
162L13/100

年間消費電力について

年間消費電力が小さい冷蔵庫は年間で電気代を節約できる点で秀でています。特に電気代を節約して使用するといったようなケースにおススメです。

年間消費電力について比べるとハイセンス HR-D15Fは306kWhであるのに対してハイセンス HR-D16Fは306kWhです。ハイセンス HR-D15Fもハイセンス HR-D16Fも消費電力はほとんど違いがゼロです。他の視点から比較するほうが良いでしょう。

年間消費電力評価
ハイセンス HR-D15F
306kWh50/100
ハイセンス HR-D16F
306kWh50/100

製品デザインについて「ハイセンス HR-D15F」と「ハイセンス HR-D16F」を比較

本体重量について

本体重量が軽い冷蔵庫は引っ越しや移動が容易にできる点で使い勝手が良いです。特に大掃除の際に移動して掃除するようなときに最適です。

本体重量についてハイセンス HR-D15Fとハイセンス HR-D16Fを比較するとハイセンス HR-D15Fは41kgでハイセンス HR-D16Fは41kgです。ハイセンス HR-D16Fもハイセンス HR-D15Fもほとんど同じと言えるでしょう。ほかの角度で比べることをおすすめします。

本体重量評価
ハイセンス HR-D15F
41kg84/100
ハイセンス HR-D16F
41kg84/100

耐熱トップテーブルについて

耐熱仕様となっている冷蔵庫は上部に電子レンジやトースターを設置できる点で優れています。例えば電子レンジを冷蔵庫の上に設置するようなケースに適しています。

ハイセンス HR-D16Fもハイセンス HR-D15Fも耐熱仕様となっている冷蔵庫です。

冷却機能について「ハイセンス HR-D15F」と「ハイセンス HR-D16F」を比較

冷蔵室容積について

冷蔵室容積が大きい冷蔵庫は生鮮食品をたくさん収納できる点で秀でています。特に生鮮食品などをたくさん収納するといったようなケースで重宝します。

冷蔵室容積についてハイセンス HR-D16Fとハイセンス HR-D15Fを比較するとハイセンス HR-D16Fは113Lでハイセンス HR-D15Fは113Lです。ハイセンス HR-D16Fもハイセンス HR-D15Fも違いがほとんどゼロと言えます。別の角度で見ることをおすすめします。

冷蔵室容積評価
ハイセンス HR-D15F
113L15/100
ハイセンス HR-D16F
113L15/100

「ハイセンス HR-D15F」と「ハイセンス HR-D16F」の違いを表で比較する

ハイセンス HR-D15Fハイセンス HR-D16F
ハイセンス HR-D15Fハイセンス HR-D16F
基本情報
冷却方式間冷式間冷式
総庫内容量162L162L
年間消費電力306kWh306kWh
製品デザイン
本体サイズ横:1.28m、縦:58.6cm、厚さ:48.1cm -
本体重量41kg41kg
耐熱トップテーブル
開閉ドア
ドアの数22
閉め忘れ防止機能 -
冷却機能
冷蔵室容積113L113L
冷凍機能
冷凍室容積49L49L

類似の冷蔵庫を探す

他の冷蔵庫と比較する

価格をチェック

類似の冷蔵庫を探す

他の冷蔵庫と比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。