IODATA EX-LDC162ABM のメリットとデメリットを解説

作成日時: 2023-03-16 16:26:05

 IODATA EX-LDC162ABM を徹底評価

IODATA EX-LDC162ABM にはどのような面で良い点や悪い点があるモニターか?どういうメリット/デメリットがあるのかについて解説。どういう点においてメリットやデメリットがあるモニターなのかについて詳細評価します。

IODATA EX-LDC162ABMは、15.6インチの画面サイズを持ち、本体重量は軽量の700gです。また、チルト機能があり、角度を調整することができます。消費電力は10Wと、省エネ性に優れています。

画面はAHVAのタイプで、画素ピッチは0.179mmです。応答速度は5msで、最高リフレッシュレートは60.3Hzです。フリッカーフリー対応であり、目に優しい画面で使用することができます。輝度は300cd/㎡で、明るさがあります。

視野角は上下左右共に178°であり、広い範囲から見ることができます。また、ノングレア画面であり、余計な光の反射を抑え、見やすさが向上しています。ブルーライト軽減機能もあり、長時間使用しても目の疲れを減らすことができます。

接続方法は、Type-C、HDMI、miniHDMI、USBが全て対応しており、様々なデバイスと接続が可能です。音声出力端子も備えており、音声機能も充実しています。HDCPにも対応しており、安心してコンテンツを楽しむことができます。

以上の性能を踏まえ、IODATA EX-LDC162ABMは、スリムで軽量なモニターとして非常に優れた製品と言えます。様々な場面でその性能を発揮し、快適な使用ができることは間違いありません。このモニターを強くお勧めいたします。

IODATA EX-LDC162ABM のメリット

  • 本体重量は並外れて軽い
  • とても小さい本体サイズ
  • 非常に小さい消費電力
  • 並外れて小さい画素ピッチ

IODATA EX-LDC162ABM のデメリット

  • 非常に小さい画面サイズ
  • 画面解像度はどちらかといえば低い
  • 最高リフレッシュレートは非常に低い
  • 静的コントラスト比はやや低い
  • 動的コントラスト比はかなり低い

IODATA EX-LDC162ABM の特徴

  • チルト機能を搭載している
  • フリッカーフリーに対応している
  • 画面がノングレアとなっている
  • ブルーライト軽減機能を搭載している
  • HDCPに対応している
  • Type-Cで接続できる
  • HDMIで接続できる
  • miniHDMIで接続できる
  • USBで接続できる
  • 音声出力端子を搭載している

表で IODATA EX-LDC162ABM について特色や特性を確認する

IODATA EX-LDC162ABM
画像IODATA EX-LDC162ABM
本体重量700g
本体サイズ横:355mm、縦:224mm、厚さ:14mm
チルト機能
消費電力10W
画面の種類AHVA
画面サイズ15.6インチ
画面解像度1920×1080
アスペクト比16:9
画素ピッチ0.179mm
応答速度5ms
最高リフレッシュレート60.3Hz
フリッカーフリー対応
静的コントラスト比1000:1
動的コントラスト比59200:1
輝度300cd/㎡
上下の視野角178°
左右の視野角178°
ノングレア画面
ブルーライト軽減機能
HDCP対応
Type-C接続
HDMI接続
miniHDMI接続
USB接続
音声出力端子

類似のモニターを探す

他のモニターと比較する

価格をチェック

特徴や特色を IODATA EX-LDC162ABM をレビューしてみた

デザインを詳しく評価してみた

本体重量について

本体重量が軽いモニターは設置場所を選ばず、移動が楽にできるという点で優れています。設置が楽なので、自分の好きな場所に配置したいような時にお勧めだと思います。

「IODATA EX-LDC162ABM」の本体重量は700gです。このモニターの重量はとても軽い部類に入るモニターと言えるでしょう。持ち運びが容易な為、力が無い方が持ち運びできる点でこの商品はすごくよいです。女性でも簡単に設置したいなら「IODATA EX-LDC162ABM」はお勧めといえそうです。

実際のところの「IODATA EX-LDC162ABM」は本体重量という点で凄く優秀です。従ってこのモニターはかなりおすすめです。これ以上軽い重量のモニターを選んでもあまり意味がないでしょう。

本体重量評価
IODATA EX-LDC162ABM700g97/100

本体サイズについて

本体サイズが小さいモニターは外出先でもPC作業ができるという点で優れています。一人暮らしの小さな部屋でスペースをとらずに使用したいときに適しています。

「IODATA EX-LDC162ABM」の本体サイズは横:355mm、縦:224mm、厚さ:14mmです。一般的なモニターよりこのモニターの本体サイズは極めて小さいと言えるモニターでしょう。コンパクトなため置き場所を選ばず設置できるので、この商品はとても優れていそうです。「IODATA EX-LDC162ABM」は収納をコンパクトにしたいようなときにかなりお勧めだと思います。

実の所の「IODATA EX-LDC162ABM」は本体サイズという点で極めて優れています。そのためこのモニターはかなりおすすめでしょう。これ以上小さいサイズのモニターでも「IODATA EX-LDC162ABM」との違いをほとんど体感出来ないと思います。

本体サイズ評価
IODATA EX-LDC162ABM横:355mm、縦:224mm、厚さ:14mm99/100

チルト機能について

チルト機能を搭載しているモニターは散ると機能により容赦の好みの位置に調節できるという点で良いです。モニターの角度を素早く調整したいときにオススメと思います。

「IODATA EX-LDC162ABM」はチルト機能を搭載しているモニターです。モニタの首を上下に見やすい角度に調整できるのでこのモニターは優れていると言えそうです。「IODATA EX-LDC162ABM」は身長に合わせて適切な角度に調整したい時にオススメだと思います。

消費電力について

小さい消費電力のモニターは消費電力を抑え電気代を抑えることができるという点でよいかもしれません。消費電力を抑えて省エネで使用するような時、おすすめだと思います。

消費電力について「IODATA EX-LDC162ABM」は10Wです。これは平均と比べるとかなり小さい部類の消費電力でしょう。またこの商品は省エネとコスト削減ができるという点で優れていると言えるかもしれません。「IODATA EX-LDC162ABM」は長時間の作業や遠くへ持ち運びする時にかなり適しています。

消費電力という視点でみたとき実際の所「IODATA EX-LDC162ABM」はトップレベルに位置づけられるほど優れています。従ってこのモニターはかなり有力な候補の一つに挙がります。消費電力という観点でこれよりも小さいモニターを選んでもほぼ意味がないと思われます。

消費電力評価
IODATA EX-LDC162ABM10W97/100

IODATA EX-LDC162ABM の画面の滑らかさに関する評価

応答速度について

応答遅延によるストレスを軽減できる点において速い応答速度のモニターは優秀です。特に応答遅延を解消したい人が使用するような時に適していると言えるかもしれません。

応答速度について「IODATA EX-LDC162ABM」は5msです。標準的なモニターと比べるとこのモニターの速度はほぼ同程度と言えるでしょう。モニターの残像感が減り、ゲームをプレイしたい場合について通常であれば「IODATA EX-LDC162ABM」でもたぶん問題ないかと思います。

応答速度についての使用感はそこそこといったレベルです。通常利用であればさほど困らないものの、このモニターが決定的に優れているとは言えないでしょう。

応答速度評価
IODATA EX-LDC162ABM5ms51/100

最高リフレッシュレートについて

滑らかな描画で映像を視聴できるという点で高い最高リフレッシュレートのモニターはよいといえなくもないでしょう。画面上の動きをよりスムーズにしたい人が使用する場合おすすめといえるかもしれません。

「IODATA EX-LDC162ABM」の最高リフレッシュレートは60.3Hzです。これは極めて低い方に入る最高リフレッシュレートでしょう。

最高リフレッシュレートにほとんど関心がない人でも利用していてストレスを感じることがありそうです。従ってもうワンランク上を見てみた方がいいでしょう。

最高リフレッシュレート評価
IODATA EX-LDC162ABM60.3Hz19/100

フリッカーフリー対応について

画面のチラツキを防止できる点でフリッカーフリーに対応しているモニターは優秀です。パソコンで作業をする際に目の疲れの原因とされるブルーライト(青色光)を低減する時にお勧めだと思います。

「IODATA EX-LDC162ABM」はフリッカーフリーに対応しているモニターです。目の疲労を軽減できるといった点でこのモニターは優秀といえるかもしれません。画面のちらつきを感じず視聴するような場合に「IODATA EX-LDC162ABM」はおすすめだと思います。

画面の発色についての IODATA EX-LDC162ABM の情報詳細

静的コントラスト比について

画像をきれいな状態で見れることができる為、高い静的コントラスト比のモニターは優れているでしょう。くっきりとメリハリのある画質で視聴したいときにオススメと言えるかもしれません。

静的コントラスト比について「IODATA EX-LDC162ABM」は1000:1です。普通のものとくらべてこのモニターの静的コントラスト比は割と低いと言えるモニターでしょう。

静的コントラスト比という点から選ぶ場合、このモニターはあまり選ばない方がいいでしょう。

静的コントラスト比評価
IODATA EX-LDC162ABM1000:130/100

動的コントラスト比について

動的コントラスト比が高いモニターは動きのある映像も遅れず再現できる為、優れているといえそうです。高画質コンテンツを堪能したいならおすすめだと思います。

動的コントラスト比について「IODATA EX-LDC162ABM」は59200:1です。これは並外れて低いほうの動的コントラスト比です。

動的コントラスト比評価
IODATA EX-LDC162ABM59200:110/100

画質の徹底評価について

画面解像度について

高い画面解像度のモニターはたくさんの画素で映像を描写することになるので、細かな部分まできれいに表示することができる為、優れているといえなくもありません。一度に多くの情報を表示するような時お勧めだと思います。

画面解像度について「IODATA EX-LDC162ABM」は1920×1080です。これは平均的なモニターと比較すると割と低い部類の解像度でしょう。

画面解像度という観点で見るつもりならこのモニターはあまり選択肢に入らないです。

画面解像度評価
IODATA EX-LDC162ABM1920×108030/100

画素ピッチについて

画素ピッチが小さいモニターはより繊細できれいな画面を利用できる点で秀でているといえなくもありません。たとえばよりきめ細やかで綺麗な画面を利用したいなら向いています。

画素ピッチについて「IODATA EX-LDC162ABM」は0.179mmです。これは普通のモニターと比較するとかなり小さいほうに入る画素ピッチと言えます。映像の細部まで綺麗に再生できる為、この商品は極めて良いといえるかもしれません。文字や画像をより精細に表現するとき「IODATA EX-LDC162ABM」はとてもオススメです。

画素ピッチという観点に関する実際の「IODATA EX-LDC162ABM」は上位レベルに位置づけられるほど優れた部類に入るでしょう。従ってこのモニターはかなりおすすめです。画素ピッチという観点でこれ以上小さいモニターでもほとんど意味がないと思います。

画素ピッチ評価
IODATA EX-LDC162ABM0.179mm90/100

画面の明るさに関する評価

輝度について

高い輝度のモニターは画面をよりはっきり見ることができるため優れていると言えそうです。とくにより明るい画面で視聴したい人が使用する場合に適していると思います。

「IODATA EX-LDC162ABM」の輝度は300cd/㎡です。これは一般的なモノとくらべてほとんど同程度だと言えるでしょう。より綺麗な画面を利用するとき「IODATA EX-LDC162ABM」を選んでも通常の場合ならたぶん問題ないと思います。

輝度という観点で見たとき「IODATA EX-LDC162ABM」は実のところまあまあといったレベルです。普通に使う分にはさほど困らないものであるため、このモニターが特段とは言えないでしょう。

輝度評価
IODATA EX-LDC162ABM300cd/㎡40/100

IODATA EX-LDC162ABM の画面の視認性に関する徹底評価

上下の視野角について

真正面から位置がどれだけずれても明るさや色が変わらずに視聴できる為、上下の視野角が広いモニターは優れた部類に入るといえなくもないでしょう。上下斜めからでも問題なくはっきりとモニターを確認したいときに向いているといえるかもしれません。

「IODATA EX-LDC162ABM」の上下の視野角は178°です。このモニターの上下の視野角は比較的広いです。大木範囲が表示でき作業効率があがりスムーズに作業できるといった点でこの商品は割と秀でた部類に入ると言えそうです。「IODATA EX-LDC162ABM」は目線の高さが違う人同士で視聴したいときにどちらかと言うと適しています。

実際のところ上下の視野角という視点から見たときの実際の使用感はやや良い部類に入るでしょう。そのため上下の視野角という点つもりならこのモニターは一つの候補でしょう。通常利用であれば問題ないと言えますが、全体ではもうワンランク上のモニターのモニターもあるためすごく優れているというわけではありません。

上下の視野角評価
IODATA EX-LDC162ABM178°67/100

左右の視野角について

左右の視野角が広いモニターは広ければ広いほど、左右方向からモニターを視聴できる点で秀でているといえるかもしれません。左右に広く確実に映像を再現する時おすすめだと思います。

左右の視野角について「IODATA EX-LDC162ABM」は178°です。これは比較的広いと言えるモニターでしょう。またこの商品はふと横の方から見たときも綺麗に見ることができる点で比較的秀でてます。家に帰って1人で大画面での動画を見たいことをしたいような時に「IODATA EX-LDC162ABM」はどちらかといえば適しているといえそうです。

左右の視野角という点に関する実際の「IODATA EX-LDC162ABM」はどちらかと言うと秀でた部類に入るでしょう。通常利用であれば問題ないですが、もう少し広い視野角のモニターもあるため非常に優れているとまでは言えません。

左右の視野角評価
IODATA EX-LDC162ABM178°67/100

ノングレア画面について

長時間モニターを眺めても目が疲れにくくする事ができるので、画面がノングレアとなっているモニターは優秀です。長時間使用による目の負担を軽減したい人が使用したいときに適しています。

「IODATA EX-LDC162ABM」は画面がノングレアとなっているモニターです。外光の写り込み現象を抑止できるといった点でこのモニターはよい部類に入るかと思います。液晶モニター画面に自分の顔や室内の照明などの映り込みを防ぎながら利用するようなとき「IODATA EX-LDC162ABM」は適しているといえるかもしれません。

ブルーライト軽減機能について

ブルーライト軽減機能を搭載しているモニターは目に負担をかけず長時間作業ができる為優秀といえるかもしれません。目の疲れを軽減し、長時間使用するようなときに向いているといえるかもしれません。

「IODATA EX-LDC162ABM」はブルーライト軽減機能を搭載しているモニターです。そのためこのモニターは目の負担を軽減できるといった点でよいです。眼が疲れやすい青色成分を低減できるので、例えば、長時間使用時の眼の疲れを抑止する時に「IODATA EX-LDC162ABM」はお勧めと言えそうです。

対応規格に関する IODATA EX-LDC162ABM の情報詳細について

HDCP対応について

HDCPに対応しているモニターは著作権保護されたコンテンツの影像を劣化なく再生できる為優秀です。たとえばコンテンツが無劣化でコピーされるのを防止するときに適しています。

「IODATA EX-LDC162ABM」はHDCPに対応しているモニターです。Blu-rayやDVDなど著作権保護がついた作品などを表示できるのでこのモニターはよいかと思います。「IODATA EX-LDC162ABM」は映像再生機器と、ディスプレイなどの表示機器の間で、やりとりされるデジタル信号を暗号化し、不正にコピーされるのを防止したい時にオススメです。

IODATA EX-LDC162ABM の基本情報について詳しく評価

画面サイズについて

見やすいため情報を正確に把握できるといった点で画面サイズが大きいモニターは秀でた部類に入ると言えそうです。たとえば同時に使えるソフトを増やして使用する場合に適しています。

「IODATA EX-LDC162ABM」の画面サイズは15.6インチです。このモニターの画面サイズはとても小さい部類のモニターです。

画面サイズ評価
IODATA EX-LDC162ABM15.6インチ0/100

外部連携を詳細に評価してみた

Type-C接続について

「IODATA EX-LDC162ABM」はType-Cで接続できるモニターです。

HDMI接続について

HDMIで接続できるモニターは劣化しにくいデジタル信号を採用しているため、ハイクオリティな映像と音声を体感できる点において優秀です。高速で容量が多いデータをやりとりするような時オススメと思います。

「IODATA EX-LDC162ABM」はHDMIで接続できるモニターです。デジタル画像、音声を劣化させる事なく再生できるのでこのモニターは秀でた部類に入るといえそうです。配線をスッキリするようなとき「IODATA EX-LDC162ABM」は適していると言えそうです。

miniHDMI接続について

「IODATA EX-LDC162ABM」はminiHDMIで接続できるモニターです。

USB接続について

「IODATA EX-LDC162ABM」はUSBで接続できるモニターです。

音声出力端子の搭載について

音声出力端子を搭載しているモニターは別機材を準備する手間やスキルがなくともオンライン上のやりとりを手軽に開始したりできるので、優秀です。モニター周辺にスピーカーやそのコードを置かずに済むため、デスクのスペースを広く使用するときに向いています。

「IODATA EX-LDC162ABM」は音声出力端子を搭載しているモニターです。外部のスピーカーと接続できる点においてこのモニターは優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。モニターにスピーカーやヘッドホンを繋いで使用するようなときに「IODATA EX-LDC162ABM」はお勧めと言えそうです。

IODATA EX-LDC162ABM の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。