JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR の性能・機能レビュー

作成日時: 2022-11-28 22:07:52

 JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR を徹底評価

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR はどれくらい利便性が高いのでしょうか。よく注目される観点はもちろん細部の情報まで徹底レビュー。類似のモニターと比較して JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR はどの程度良いのかについて評価します。

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

52.1/100

(総合: 6593位)

評価項目点数
本体重量
35/100
本体サイズ
36/100
消費電力
44/100
画面サイズ
56/100
画面解像度
90/100
画素ピッチ
87/100
応答速度
51/100
最高リフレッシュレート
18/100
静的コントラスト比
30/100
輝度
40/100
上下の視野角
67/100
左右の視野角
67/100
総合評価52.1/100

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDRは、IPS画面を採用した32インチのモニターです。本体の重量は9.4kgで、チルト機能やVESAマウントに対応しています。消費電力は60Wでエコな仕様となっています。このモニターは、画素ピッチが0.185mm、応答速度が5ms、最高リフレッシュレートが60Hzであり、フリッカーフリー対応しています。輝度が300cd/㎡と高く、上下、左右の視野角が178°と広いため、広い画面を見ているときも、光の角度の変化があまりありません。また、ノングレア画面とブルーライト軽減機能の採用により、目の負担を軽減することができます。さらに、HDRに対応しており、色彩表現も充実しています。DisplayPort接続、HDMI1.4接続、HDMI2.0接続にも対応しています。PIP機能やPBP機能も持ち合わせており、同時に複数の画面を表示することができます。

このモニターは、大画面ながらも目に優しい仕様であり、エコな省電力モードまで備えています。また、HDRにも対応しており、映像の臨場感がより高まります。さらに、PIP、PBP機能を持つことにより、生産性もあがります。そのため、仕事やゲームにおいても、幅広い用途に対応することができます。JAPANNEXT JN-IPS3201UHDRを非常におすすめします。

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR のメリット

  • とても高い画面解像度
  • 画素ピッチはトップレベルに位置づけられるほど小さい

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR のデメリット

  • とても低い最高リフレッシュレート
  • どちらかといえば低い静的コントラスト比

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR の特徴

  • チルト機能を搭載している
  • フリッカーフリーに対応している
  • HDRに対応している
  • 画面がノングレアとなっている
  • ブルーライト軽減機能を搭載している
  • VESAマウントに対応している
  • DisplayPortで接続できる
  • HDMI1.4で接続できる
  • HDMI2.0で接続できる
  • PIP機能を搭載している
  • PBP機能を搭載している

表で JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR 関して詳細一覧を確認する

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR
画像JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR
本体重量9.4kg
本体サイズ横:73.1cm、縦:51.3cm、厚さ:207mm
チルト機能
消費電力60W
画面の種類IPS
画面サイズ32インチ
画面解像度3840×2160
アスペクト比16:9
画素ピッチ0.185mm
応答速度5ms
最高リフレッシュレート60Hz
フリッカーフリー対応
静的コントラスト比1000:1
HDR対応
輝度300cd/㎡
上下の視野角178°
左右の視野角178°
ノングレア画面
ブルーライト軽減機能
VESAマウント
DisplayPort接続
HDMI1.4接続
HDMI2.0接続
PIP機能
PBP機能

類似のモニターを探す

他のモニターと比較する

価格をチェック

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR の特色と特性についての徹底評価

便利機能についての JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR の徹底評価

PIP機能について

PIP機能を搭載しているモニターは画面の映像を分割して表示できる為優れた部類に入るかもしれません。とくに1つのモニターの端に小さな小窓を表示したい時に向いています。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はPIP機能を搭載しているモニターです。ワイプ表示ができる点でこのモニターは良いと言えそうです。「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は動画を再生しながら別の作業をしたいなら向いています。

PBP機能について

複数の機器の映像を分割して表示できるという点でPBP機能を搭載しているモニターは秀でています。とくにプログラミングをする際に、より多くのプログラムを画面に表示する場合に適しています。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はPBP機能を搭載しているモニターです。画面を分割して表示できるので、このモニターは優秀と言えるでしょう。複数の機器の映像を分割して表示するなら「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はお勧めだと思います。

画面の明るさを詳しく評価

輝度について

高い輝度のモニターは明るい室内でも、遠くの位置から画面の文字やアイコンをしっかり視認できるので優秀と言えるでしょう。例えばより明るく使いたい人が使用するとき、オススメです。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」の輝度は300cd/㎡です。標準的なモニターよりこのモニターの輝度はほとんど同じくらいでしょう。画面の表示内容をはっきりと確認する時通常の場合であれば「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」を選んでもおそらく十分と思います。

輝度という観点で見たとき「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は実のところまあまあといったレベルです。普通に使う分にはあまり困らないものであるため、特段という程でもありません。少しでもストレスを感じずに使いたい人やヘビーユーザーにとっては不十分である可能性が高く、もう一つ上を考えた方がいいでしょう。

輝度評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR300cd/㎡40/100

画面の視認性に関する詳細

上下の視野角について

視線の高さが変わっても変わらず表示できる点で上下の視野角が広いモニターは秀でているかと思います。立っていても座っていても画面を確認出来るので、作業中に立ったり座ったりする事が多い人が使用したいような時に向いています。

上下の視野角について「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は178°です。これは広い方に入る視野角です。座っていても立っていてもブレない映像を視聴できる為この商品は比較的よいと言えるかもしれません。どの角度からでも綺麗に視認したいなら「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は割とお勧めです。

そのため上下の視野角という点つもりならこのモニターは一つの候補でしょう。普通に使う分には問題ないですが、全体でみるとワンランク上のモニターのモニターもあるため決定的といえるほどではありません。

上下の視野角評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR178°67/100

左右の視野角について

広い左右の視野角のモニターはデュアルモニター環境など斜めからモニターを見る場合でも見やすく使用できるので優れているかもしれません。モニターが多少左右にずれていれる中での使用でも見やすく使用したいような場合に適しています。

左右の視野角について「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は178°です。これは標準的なモノとくらべるとどちらかといえば広いほうのモニターでしょう。またこの商品はこの角度が広ければ広いほど、さまざまな方向からモニターを視聴できるという点でどちらかと言うと秀でた部類に入るといえなくもないでしょう。デュアルモニター環境など斜めからモニターを見る場合でも画面を見やすくする時「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はやや適しています。

実際のところ左右の視野角に関する実際の使用感は割と秀でています。普通に使う分には十分と思われますが、全体でみるともう一つ上のモニターもあるためすごく優れているというわけではありません。

左右の視野角評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR178°67/100

ノングレア画面について

長時間モニターを眺めても目が疲れにくくする事ができるので、画面がノングレアとなっているモニターは優秀です。特にディスプレイ装置などの表示面に光を拡散する処理・加工を施し、外光の写り込み現象を抑止したいときに適しています。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は画面がノングレアとなっているモニターです。反射を気にせずに使用できる点においてこのモニターはよいです。光の反射による影響を軽減したい人が使用するとき「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はおすすめだと思います。

ブルーライト軽減機能について

普通のモニターと違い目が悪くならずに仕事できる点でブルーライト軽減機能を搭載しているモニターは秀でているといえなくもありません。とくに眼精疲労から目を保護する時、適しています。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はブルーライト軽減機能を搭載しているモニターです。そのためこのモニターは目の負担を軽減できるといった点でよいです。「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は眼精疲労や肩こりだけでなく、浴びすぎによる睡眠の質の低下や体調不良を低減したいような場合にオススメです。

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR の画質を徹底的に評価

画面解像度について

きめ細やかな映像を実現できるといった点で高い画面解像度のモニターは優秀です。とくに高精細な映像を視聴したいような場合に向いています。

画面解像度について「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は3840×2160です。このモニターの画面解像度は並外れて高いほうに入るモニターと言えるでしょう。より鮮明で綺麗な画像で使用できる為この商品は良いです。細かな部分まできれいに表示したいなら「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はかなりおすすめです。

画面解像度という点でみたとき「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は実際の所とても優れているでしょう。従ってこのモニターにする大きな理由となるでしょう。画面解像度という点でこれより高いモニターでも「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」との違いをほとんど感じられないと思われます。

画面解像度評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR3840×216090/100

画素ピッチについて

画素ピッチが小さいモニターはピッチがきめ細かく鮮やかに映写できるので優れています。画面をクリアに表示したいような時にオススメと言えるでしょう。

画素ピッチについて「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は0.185mmです。このモニターの画素ピッチはかなり小さい部類のモニターでしょう。4Kや8Kなどの精密な画像表示ができる為、この商品は非常に秀でていると言えるかもしれません。文字や画像をより精細に表現するとき「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はとてもオススメです。

画素ピッチという観点に関する実際の「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は上位レベルに位置づけられるほど優れた部類に入るでしょう。従ってこのモニターはかなりおすすめです。画素ピッチという観点でこれ以上小さいモニターでもほとんど意味がないと思います。

画素ピッチ評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR0.185mm87/100

基本情報に関する徹底評価について

画面サイズについて

見やすいため情報を正確に把握できるといった点で画面サイズが大きいモニターは秀でた部類に入ると言えそうです。画面が見やすく情報を正確に把握したいときに適しています。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」の画面サイズは32インチです。これはほとんど同程度だと言えるでしょう。複数人で映画を鑑賞したい場合について通常であれば「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」でおそらく大丈夫かと思います。

画面サイズについての実際の使用感はそこそこです。少しでもストレスを感じずに使いたい人やこだわりが強い人にとっては不十分であるかもしれないため、一つ上にすることをおすすめします。

画面サイズ評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR32インチ56/100

対応規格について

VESAマウントについて

壁掛けにする事ができる為、VESAマウントに対応しているモニターは優れているかもしれません。コンパクトなので、デュアルディスプレイでの作業をするのにおすすめだと思います。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はVESAマウントに対応しているモニターです。そのため壁、アームスタンドに規格に沿って取付けできる点において良いでしょう。「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は壁掛けなどに使用したいようなときに適しています。

画面の滑らかさに関する JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR の詳細

応答速度について

速い応答速度のモニターはいち早く画面の更新が行われるので遅延なく作業ができる点において優れた部類に入るといえなくもありません。特に応答遅延を解消したい人が使用するような時に適していると言えるかもしれません。

応答速度について「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は5msです。標準と比べてこのモニターの応答速度はほぼ同一だと言えるでしょう。動きの速い映像を遅れず表示するとき、通常の場合であれば「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」でもおそらく大丈夫です。

応答速度という観点についての実際の使用感は中程度なレベルです。玄人にとっては不十分であるかもしれないため、もうワンランク上のモニターを見てみた方がいいのかもしれません。

応答速度評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR5ms51/100

最高リフレッシュレートについて

高い最高リフレッシュレートのモニターは残像が残りにくいのでゲームを動的なゲームを快適にプレイできる点で秀でてます。画面のチラツキを抑えて使用したいような時にお勧めだと思います。

最高リフレッシュレートについて「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は60Hzです。このモニターのリフレッシュレートは極めて低いモニターと言えます。

最高リフレッシュレートにほとんど関心がない人でも使っていてストレスを感じる可能性があるためもう一つ上を検討をお勧めします。

最高リフレッシュレート評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR60Hz18/100

フリッカーフリー対応について

フリッカーフリーに対応しているモニターは画面のちらつきを抑えることができるといった点で秀でた部類に入ると言えるかもしれません。とくに画面のちらつきがないので長時間の作業をするときに向いているといえそうです。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はフリッカーフリーに対応しているモニターです。画面のチラつきを減らし目の負担を軽減できるので、このモニターは優れているといえそうです。画面のちらつきを感じず視聴するような場合に「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はおすすめだと思います。

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR のデザインについての情報詳細

本体重量について

本体重量が軽いモニターは設置場所を選ばず、移動が楽にできるという点で優れています。設置が楽なので、自分の好きな場所に配置したいような時にお勧めだと思います。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」の本体重量は9.4kgです。標準とくらべてこのモニターの重量はどちらかと言うと重い部類に分けられるモニターです。

本体重量で見るつもりならこのモニターはあまり選択肢に入らないです。

本体重量評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR9.4kg35/100

本体サイズについて

本体サイズが小さいモニターは外出先でもPC作業ができるという点で優れています。一人暮らしの小さな部屋でスペースをとらずに使用したいときに適しています。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」の本体サイズは横:73.1cm、縦:51.3cm、厚さ:207mmです。これは一般的なモノと比較するとどちらかと言うと大きい本体サイズと言えるでしょう。

本体サイズという観点つもりならこのモニターはあまり選択肢に入れない方がいいです。

本体サイズ評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR横:73.1cm、縦:51.3cm、厚さ:207mm36/100

チルト機能について

チルト機能を搭載しているモニターは散ると機能により容赦の好みの位置に調節できるという点で良いです。モニターの角度を素早く調整したいときにオススメと思います。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はチルト機能を搭載しているモニターです。そのためモニターを上下に動かして最適な角度に調整できるといった点で優れていると言えそうです。低い机や高い机に置いてあった時でも上下に調整し見やすく使用したいような時に「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はお勧めです。

消費電力について

省エネを意識して使用できる点において消費電力が小さいモニターは秀でています。消費電力を抑えて省エネで使用するような時、おすすめだと思います。

消費電力について「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は60Wです。これはほぼ同じくらいです。モニターを増やしても電気代が大きく増えないので、電気代をなるべく節約したいと思っている人が使用したい場合でも「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」で通常の場合ならたぶん大丈夫です。

実の所の「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は消費電力という観点から見たときまあまあと言ったレベルです。

消費電力評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR60W44/100

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR の画面の発色について詳細評価してみた

静的コントラスト比について

静的コントラスト比が高いモニターは白と黒の色を鮮明にして映画などを綺麗な画質で再生できる為、優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。くっきりとメリハリのある画質で視聴したいときにオススメと言えるかもしれません。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」の静的コントラスト比は1000:1です。これは普通のモニターと比較して低い部類に分けられるモニターと言えます。

静的コントラスト比という観点で見るならこのモニターはあまり選択肢に入らないです。

静的コントラスト比評価
JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR1000:130/100

HDR対応について

HDRに対応しているモニターは明るい場所はより明るく、暗い場所は暗く表現できるようになるため、リアルでメリハリのある映像を堪能できる点で優れた部類に入ると言えるでしょう。例えば色彩豊かな画像を再生する場合に適していると言えるでしょう。

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はHDRに対応しているモニターです。鮮明かつリアルで高画質な映像を再生できるのでこのモニターは優れていると思います。明暗をはっきり表示できるので、リアルでメリハリのある映像を堪能するのに「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」は適していると言えそうです。

外部連携の詳細評価

DisplayPort接続について

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はDisplayPortで接続できるモニターです。

HDMI1.4接続について

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はHDMI1.4で接続できるモニターです。

HDMI2.0接続について

「JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR」はHDMI2.0で接続できるモニターです。

JAPANNEXT JN-IPS3201UHDR の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。