IODATA EX-LDC161DBM の性能・機能を評価

作成日時: 2021-04-11 19:24:49、更新日時: 2021-10-20 19:46:53

 IODATA EX-LDC161DBM を徹底評価

IODATA EX-LDC161DBM にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 情報の重要度が高いものから網羅的に解説。利便性の高さについても詳しく解説しています。

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

44.9/100

(総合: 1359位)

項目得点
本体重量
97/100
本体サイズ
99/100
消費電力
97/100
画面解像度
30/100
画素ピッチ
90/100
応答速度
60/100
最高リフレッシュレート
19/100
静的コントラスト比
24/100
動的コントラスト比
8/100
輝度
16/100
上下の視野角
28/100
左右の視野角
10/100
総合評価44.9/100

IODATA EX-LDC161DBMは、本体の重量が730gで、チルト機能を搭載しており、消費電力は9.2Wとなります。画面の種類はADSで、画面サイズは15.6インチです。アスペクト比は16:9、画素ピッチは0.179mmとなり、応答速度は4msとなっています。また、最高リフレッシュレートは60.3Hzであり、輝度は250cd/㎡です。上下の視野角は170°、左右の視野角も同じく170°となっています。ノングレア画面を採用し、ブルーライト軽減機能も搭載しています。また、HDCP対応、Type-C接続、HDMI接続、miniHDMI接続、USB接続、音声出力端子、スピーカー内蔵という豊富な機能を備えています。

このIODATA EX-LDC161DBMは、画面が大きく視野角が広いため、作業中にもスムーズに画面を見ることができます。また、USB接続をはじめ、多彩な接続機能が搭載されているため、周辺機器を接続することが容易で、作業の効率化にもつながります。更に、ブルーライト軽減機能により長時間の使用でも目の疲れを軽減できます。

一方で、最高リフレッシュレートが60.3Hzとやや低く、ゲームなどで使用する際には注意が必要です。また、価格がそれなりに高めであることも注意点の一つです。

総合的に、IODATA EX-LDC161DBMは、豊富な機能と高画質で、作業において非常に便利なモニターであると評価できます。

メリット

  • 重量は非常に軽い
  • サイズはかなり小さい
  • 消費電力はとても小さい
  • 画素ピッチはかなり小さい

デメリット

  • 画面サイズは非常に小さ
  • 画面解像度は比較的低い
  • 最高リフレッシュレートはとても低い
  • 静的コントラスト比は低い
  • 動的コントラスト比はかなり低い
  • 輝度はとても低い
  • 上下の視野角は比較的狭い
  • 左右の視野角はとても狭い

特徴

  • 画面の傾きを調整できる
  • 画面がノングレアとなっている
  • ブルーライト軽減機能を搭載している
  • HDCPに対応している
  • Type-Cで接続できる
  • HDMIで接続できる
  • miniHDMIで接続できる
  • USBで接続できる
  • 音声出力端子がある
  • スピーカーを内蔵している

よく注目される点から IODATA EX-LDC161DBM を評価する

IODATA EX-LDC161DBM の便利機能について評価

スピーカー内蔵について

「IODATA EX-LDC161DBM」はスピーカーを内蔵しているモニターです。

IODATA EX-LDC161DBM の基本情報について評価

画面サイズについて

画面サイズについて「IODATA EX-LDC161DBM」は15.6インチです。これは標準的なモニターよりもとても小さい画面です。またこの商品は多くの情報量を表示できない点で良くないと言えます。複数のウィンドウを表示することで作業効率を上げたり、YouTube等で臨場感のある映画や音楽ライブを視聴するなら「IODATA EX-LDC161DBM」はかなり不向きです。画面サイズに興味が無くても不満を感じるでしょう。従って一つ上を考えた方がいいかもしれません。

画面サイズ評価
IODATA EX-LDC161DBM15.6インチ0/100

IODATA EX-LDC161DBM の画面の滑らかさについて評価

応答速度について

「IODATA EX-LDC161DBM」の画面の応答速度は4msです。普通のモニターよりこのモニターの速度はやや速いと言えます。動きの激しい動画やゲームでも残像が起こりにくい点でこの商品は多少優れていると言えます。スポーツ観戦やアクションゲームなどをするときに「IODATA EX-LDC161DBM」はややオススメです。そのため画面の応答速度という観点から選ぶなら「IODATA EX-LDC161DBM」は候補の一つに上げられるでしょう。通常利用であれば問題ないですが、玄人はワンランク上を考えてみてもいいかもしれません。

応答速度評価
IODATA EX-LDC161DBM4ms60/100

最高リフレッシュレートについて

最高リフレッシュレートについて「IODATA EX-LDC161DBM」は60.3Hzです。これは標準的なモニターと比較してかなり低い部類に分けられるモニターと言えるでしょう。またこの商品はチラつきが発生しやすく、動きがカクついてしまう点で良くないと言えます。ゲーミングモニターとして利用したり、目の疲労感を軽減するのに「IODATA EX-LDC161DBM」は非常に不向きです。最高リフレッシュレートにあまり興味がない人でも普通に利用していてストレスを感じるでしょう。そのためもうワンランク上のモニターを検討した方が良さそうです。

最高リフレッシュレート評価
IODATA EX-LDC161DBM60.3Hz19/100

IODATA EX-LDC161DBM の画面の視認性について評価

上下の視野角について

上下の視野角について「IODATA EX-LDC161DBM」は170°です。これは標準的なモニターよりもどちらかといえば狭い視野角です。画面を見る位置を上下にずらすと視認性が低くなる点でこの商品はあまりよくありません。机に持っていったり寝転がって作業したり画面から離れて映画鑑賞するなど、モニタを見る際の上下位置を変更するような人が使用するなら「IODATA EX-LDC161DBM」はあまりオススメではありません。上下の視野角という点で見るなら「IODATA EX-LDC161DBM」は選択肢に入れない方がいいです。

上下の視野角評価
IODATA EX-LDC161DBM170°28/100

左右の視野角について

左右の視野角について「IODATA EX-LDC161DBM」は170°です。これは平均的なモニターよりもとても狭い視野角だと言えるでしょう。横から画面をのぞき込む際、画面が見づらい点でこの商品はよいとは言えません。ゲームやテレビ視聴、PCの操作方法を教えるときなど1つの画面を複数人で見たりしたいときに「IODATA EX-LDC161DBM」はとても不向きです。左右の視野角にほとんどこだわりがなくても普通に使っていて不満を感じる可能性があります。そのためもう一つ上のモニターを見てみた方がいいでしょう。

左右の視野角評価
IODATA EX-LDC161DBM170°10/100

ノングレア画面について

「IODATA EX-LDC161DBM」は画面がノングレアとなっているモニターです。

ブルーライト軽減機能について

「IODATA EX-LDC161DBM」はブルーライト軽減機能を搭載しているモニターです。そのため体内のリズムを整え、目の疲れを軽減する事ができる点で秀でています。体内時計への影響を減らし生活のリズムを安定化したり、安眠するなら「IODATA EX-LDC161DBM」は向いています。

IODATA EX-LDC161DBM の対応規格について評価

HDCP対応について

「IODATA EX-LDC161DBM」はHDCPに対応しているモニターです。

IODATA EX-LDC161DBM の画面の発色について評価

静的コントラスト比について

静的コントラスト比について「IODATA EX-LDC161DBM」は800:1です。これは普通のモニターと比較してどちらかといえば低いと言えるコントラスト比です。くっきりとした黒の表示が苦手であり、緩やかな濃淡表現のある映像をはっきりと表示できない点でこの商品はどちらかといえば良いとは言えないでしょう。暗めの映画や屋外で取った動画を見たり、画像・動画編集などといった色の境目がはっきりとした識別する必要があるような作業をしたい場合に「IODATA EX-LDC161DBM」は多少不向きです。静的コントラスト比という観点なら「IODATA EX-LDC161DBM」は選択肢に入れない方がいいです。

静的コントラスト比評価
IODATA EX-LDC161DBM800:124/100

動的コントラスト比について

「IODATA EX-LDC161DBM」の動的コントラスト比は33600:1です。これは一般的モニターと比べてとても低いと言えるコントラスト比です。またこの商品は映し出す映像に応じてたコントラストの調整能力が低く、動画やゲーム表示などでメリハリ感を高めるのが苦手な点で良いとは言えません。F1のレース映像など動きの激しい動画を見たりやアクションゲームなどをプレイするのに「IODATA EX-LDC161DBM」はほとんどおすすめ出来ません。動的コントラスト比にこだわりがなくても普通に利用していてストレスを感じる可能性があるためもうワンランク上を見てみた方が良さそうです。

動的コントラスト比評価
IODATA EX-LDC161DBM33600:18/100

IODATA EX-LDC161DBM のデザインについて評価

本体重量について

「IODATA EX-LDC161DBM」の重量は730gです。これは普通のモニターと比べてとても軽い部類に入る重量です。設置や移動が楽にできる点でこの商品は優れているでしょう。寝室に持ち運んで寝ながら動画視聴したり、壁掛け用モニターとして使用したいときに「IODATA EX-LDC161DBM」はとてもオススメです。従って「IODATA EX-LDC161DBM」はかなりおすすめです。これより軽い重量のモニターでもほとんど意味がないと思われます。

本体重量評価
IODATA EX-LDC161DBM730g97/100

本体サイズについて

「IODATA EX-LDC161DBM」のサイズは横:355mm、縦:224mm、厚さ:14mmです。一般的モニターと比べて、このモニターのサイズは非常に小さいだと言えるでしょう。設置スペースを大きく取らない点でこの商品はとても良いです。狭いテーブルへの設置や複数枚並べて使用するときに「IODATA EX-LDC161DBM」は非常に適しています。そのため「IODATA EX-LDC161DBM」にする大きな判断材料となると思います。これより小さいサイズのモニターを選んでもほとんど「IODATA EX-LDC161DBM」との差を感じられないと思います。

本体サイズ評価
IODATA EX-LDC161DBM横:355mm、縦:224mm、厚さ:14mm99/100

チルト機能について

「IODATA EX-LDC161DBM」は画面の傾きを調整できるモニターです。

消費電力について

消費電力について「IODATA EX-LDC161DBM」は9.2Wです。これは平均的なモニターと比べてとても小さい方のモニターと言えるでしょう。そのため「IODATA EX-LDC161DBM」はかなり有力な候補の一つに上げられるでしょう。消費電力の小ささという点ではこれ以上を求めてもほぼ意味がないでしょう。

消費電力評価
IODATA EX-LDC161DBM9.2W97/100

IODATA EX-LDC161DBM の画面の明るさについて評価

輝度について

輝度について「IODATA EX-LDC161DBM」は250cd/㎡です。これは標準的なモニターと比べてかなり低いと言えるでしょう。またこの商品は明るい部屋では画面を快適に見る事ができず、暗めのシーンがあるような動画の視認性は悪い点でよくないと言えます。強い日差しが入ってくるような部屋での使用やサスペンスやホラー映画を視聴したいときに「IODATA EX-LDC161DBM」は全くおすすめではありません。輝度にあまり興味がない人でも利用していて不満を感じるかもしれないためワンランク上を検討をお勧めします。

輝度評価
IODATA EX-LDC161DBM250cd/㎡16/100

IODATA EX-LDC161DBM の外部連携について評価

Type-C接続について

「IODATA EX-LDC161DBM」はType-Cで接続できるモニターです。

HDMI接続について

「IODATA EX-LDC161DBM」はHDMIで接続できるモニターです。

miniHDMI接続について

「IODATA EX-LDC161DBM」はminiHDMIで接続できるモニターです。

USB接続について

「IODATA EX-LDC161DBM」はUSBで接続できるモニターです。

音声出力端子の搭載について

「IODATA EX-LDC161DBM」は音声出力端子があるモニターです。

IODATA EX-LDC161DBM の画質について評価

画面解像度について

画面解像度について「IODATA EX-LDC161DBM」は1920×1080です。これは普通のモニターと比べて比較的低いです。またこの商品は高解像度の映像や画像を劣化させて表示してしまう点でどちらかといえば良いとは言えません。写真加工で細かい部分を修整したり、4Kや8Kなどの映像を表示するなら「IODATA EX-LDC161DBM」はあまりオススメではありません。画面解像度という点なら「IODATA EX-LDC161DBM」はあまり選択肢に入れない方がいいです。

画面解像度評価
IODATA EX-LDC161DBM1920×108030/100

画素ピッチについて

「IODATA EX-LDC161DBM」の画素ピッチは0.179mmです。これは平均的なモニターと比べて非常に小さいと言えるでしょう。またこの商品は精密な画像表示ができる点で優れています。4Kや8Kなどの写真や映像を表示したいなら「IODATA EX-LDC161DBM」はかなり適しています。そのため「IODATA EX-LDC161DBM」にする上で大きな判断材料の一つになるでしょう。これより小さい画素ピッチのモニターを選んでもあまり意味がないと思われます。

画素ピッチ評価
IODATA EX-LDC161DBM0.179mm90/100

IODATA EX-LDC161DBM の詳細情報

IODATA EX-LDC161DBM
画像IODATA EX-LDC161DBM
本体重量730g
本体サイズ横:355mm、縦:224mm、厚さ:14mm
チルト機能
消費電力9.2W
画面の種類ADS
画面サイズ15.6インチ
画面解像度1920×1080
アスペクト比16:9
画素ピッチ0.179mm
応答速度4ms
最高リフレッシュレート60.3Hz
静的コントラスト比800:1
動的コントラスト比33600:1
輝度250cd/㎡
上下の視野角170°
左右の視野角170°
ノングレア画面
ブルーライト軽減機能
HDCP対応
Type-C接続
HDMI接続
miniHDMI接続
USB接続
音声出力端子
スピーカー内蔵

類似のモニターを探す

他のモニターと比較する

価格をチェック

IODATA EX-LDC161DBM の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。