Let's note SV7 CF-SV72DDQR 徹底評価

2023-06-03 12:03:12

総合評価

51/100

(総合順位: 1653/13829)

評価項目点数
バッテリー駆動時間
38/100
本体サイズ
31/100
本体重量
54/100
画面サイズ
58/100
画面解像度
58/100
CPU処理性能
33/100
RAM
37/100
ビデオメモリ
73/100
ストレージ容量
74/100
総合評価51/100

評価レビュー

CPU

CPU処理性能

Let's note SV7 CF-SV72DDQRに関して、CPU処理性能はCore i5 8250U(1.6、4コア)です。これはCPU処理性能がそこそこ低いレベルなモバイルPCということが分かります。レビューワーによるCPU処理性能についての評価点数は100点満点中33.8点というデータになっています。

CPU処理性能が高いモバイルPCの最大のメリットは、高速かつ正確な処理を可能にすることです。時間がかかる処理や膨大なデータ処理もストレスなく行うことができます。また、処理性能が高いと省エネ機能も進化し、バッテリー持続時間が長くなったり、省エネモードでの使用もスムーズになりました。

実用上の観点から考えると、Let's note SV7 CF-SV72DDQRは体感上、割とイマイチなレベルにあると思います。ただし決定的とまでは必ずしも判断できない点は気を付けるべきであることが分かるでしょう。

CPU処理性能評価
Let's note SV7 CF-SV72DDQRCore i5 8250U(1.6、4コア)33/100

便利機能

Webカメラ搭載

Let's note SV7 CF-SV72DDQRはWebカメラがついていると言うことができます。このモバイルPCにはWebカメラが装着されています。このWebカメラには、ビデオ通話やオンラインミーティングをするための最適な映像・音声設定が施されています。ハイクオリティでクリアな通信を実現します。

WebカメラがついているモバイルPCは、ビデオ通話をはじめとした様々な用途に活用できます。例えば、同僚や家族とのリモートワークやオンライン飲み会、遠距離恋愛のビデオ通話などのプライベートな用途にも役立ちます。さらに、学校や研究所でのオンライン授業や研修、ライブ配信にも利用できるため、教育現場でも注目を集めています。

顔認証機能

Let's note SV7 CF-SV72DDQRは顔認証機能を搭載しているモバイルPCと言えます。このモバイルPCは、顔認証機能を搭載しており、セキュリティー面で高い評価を得ています。加えて、顔認証によるログインが簡単で便利なため、ユーザーのストレスを軽減することができます。このモバイルPCは、セキュリティー性能の高さに加え、顔認証機能によって便利さも兼ね備えた優れた性能を持っています。

顔認証機能を搭載しているモバイルPCの一番のメリットは、セキュリティ性が向上することです。これは、パスワードの代わりに自分の顔を認証のために使用できるため、盗難や第三者によるアクセスを抑制できます。また、手を洗ったり、手袋を着用しているときでも、簡単にアクセスできます。

環境光センサー

Let's note SV7 CF-SV72DDQRは環境光センサーを搭載していると言えるでしょう。このモバイルPCは、環境光センサーを搭載しているため、使用環境に応じて画面の明るさを自動で調整できます。これにより、目の疲れを軽減し、より快適な操作が可能となっています。

環境光センサーを搭載しているモバイルPCは、長時間の作業や視聴にもオススメです。環境によって画面の明るさが自動調整されるため、目の負担を軽減し、疲れにくい作業環境を提供してくれます。また、画面の色味や質感も変化するため、より快適な視聴体験を実現できます。画面表示にこだわる方には、必見の機能と言えます。

外部連携機能

HDMI端子接続

Let's note SV7 CF-SV72DDQRはHDMI端子で接続できると言えるでしょう。当社のレビューメディアで取り上げたこのモバイルPCは、HDMI端子で接続することが可能です。この機能により、大画面での映像視聴やプレゼンテーションの際にも大変便利で、おすすめの一台となっています。このモバイルPCは、HDMI端子で接続可能なため、大画面での映像視聴やプレゼンテーションに適しています。操作性についても高い評価があり、多くのユーザーから支持を受けていることが特徴です。このモバイルPCは、HDMI端子で接続できることができ、ディスプレイやプロジェクターを利用して、大画面映像を楽しむことができます。また、操作性に優れており、ビジネスユースにもおすすめの一台です。

HDMI端子で接続できるモバイルPCには、画面を拡張することができるメリットがあります。これによりPCの作業領域が広くなり、効率的な作業が可能になります。また、大画面で映像を楽しむこともできるため、娯楽の場にも利用できるでしょう。さらに、HDMI端子で接続できるモバイルPCは、通常のPCと同様に、デバイスを接続することができます。例えば、プリンターやマウスを接続し、より便利な操作をすることができます。HDMI端子搭載のモバイルPCは、作業や娯楽において、大いに利用価値があると言えます。

USB3.1 Gen2接続

Let's note SV7 CF-SV72DDQRはUSB3.1 Gen2で接続できると言えます。このモバイルPCは、高速なデータ転送が可能なUSB3.1 Gen2に対応しています。ファイルのやり取りやバックアップ、スマートデバイスの充電など、多様な用途に幅広く使えます。また、USB3.1 Gen2は従来のUSB3.0よりも速く、さらに安定した通信ができるため、利便性が向上します。

USB3.1 Gen2で接続できるモバイルPCのメリットについてご紹介いたします。まずは、USB Type-Cコネクタは、搭載スペースの小さなモバイルPCでも簡単に採用が可能です。また、USB Type-Cコネクタは、最大5Aの電力を供給することができるため、急速充電にも対応しています。さらに、USB3.1 Gen2は、バスパワーで最大5V/900mAまでの電力供給が可能であり、ポータブルHDDやスマートフォンの充電バッテリなどの給電にも対応しています。このように、USB3.1 Gen2で接続できるモバイルPCは、機能的かつ便利な製品として注目されています。

Type-C接続

Let's note SV7 CF-SV72DDQRはType-Cで接続できるモバイルPCとなっています。Type-Cで接続できるこのモバイルPCは、周辺機器との接続にストレスを感じることがありません。また、高速データ転送にも対応しており、作業の効率を向上させます。

Type-Cで接続できるモバイルPCのメリットType-Cで接続できるモバイルPCのもう一つの魅力は、様々な周辺機器との互換性が高いことです。多くのスマートフォンや周辺機器に採用されているため、同じケーブルやアダプターを共用できるため、持ち運びが楽になります。また、Type-Cポートが広まっていることにより、ポートの詰まりがなくなり、スッキリとしたデザインが実現できる点も見逃せません。

USB Power Delivery対応

Let's note SV7 CF-SV72DDQRはUSB Power Deliveryに対応しているモバイルPCとなります。USB Power Deliveryへの対応により、このモバイルPCは急速充電が可能となっています。更に、過剰な充電リスクを低減するため、適切な電圧と電流が自動的に設定される仕組みがあります。充電器を必要としない場合もあるため、荷物の軽量化にも貢献できます。

USB Power Deliveryに対応しているモバイルPCのメリットとして、持ち運びの手軽さが挙げられます。充電器を別に用意せずに本体と一緒に持ち運べるため、荷物が減って便利です。また、USB-Cポートは多機能で汎用性が高く、本体自体も軽量コンパクトなものが多いため、ビジネスシーンや移動中の作業などで重宝されます。

RAM

RAM

RAMに関して、Let's note SV7 CF-SV72DDQRは8GBとなっています。Kuraberu.com[クラベル]におけるRAMにおけるスコア評価は100点中37点というデータになっています。これは全モバイルPCの中でも微妙なレベルにあると言うことができるでしょう。通常のモバイルPCと比べるとこのモバイルPCのRAMが比較的小さいと言うことができるモバイルPCです。

RAMが大きいモバイルPCは、グラフィックス系の作業にも強いです。例えば、高解像度の映像編集や3Dグラフィックスの制作、ゲームなど様々な分野で利用することができます。特にゲームをする場合には、ヌルヌルとした滑らかな動きが楽しめます。

実際に使用する場合、RAMに関して、Let's note SV7 CF-SV72DDQRはそこそこ低いレベルにあるモバイルPCであるということが分かるでしょう。しかし、確定的とまでは必ずしも言い切ることができない点には注意が必要であるということがわかるでしょう。

RAM評価
Let's note SV7 CF-SV72DDQR8GB37/100

画面

画面サイズ

画面サイズに関して、Let's note SV7 CF-SV72DDQRは12.1インチとなります。レビューワーによる画面サイズに関する得点評価は100点中58点であると言えます。これは中程度のレベルと言った感じということができます。当社が最近テストしたこのモバイルPCには、大きい画面サイズが装備されていました。そのため、画面をより広く使用することができ、視認性に優れています。

画面サイズが大きいモバイルPCには多くの利点があります。一番のメリットは、大きい画面があるため、グラフィックデザインや動画編集といったクリエイティブな作業において、より正確かつ高品質な作業が可能となります。また、大きい画面で映画やゲームを楽しむことができます。さらに、大きい画面は、より見やすく、目の疲れを軽減するため、長時間の作業にも最適です。

これらの評価から明白にわかるように、画面サイズの点でLet's note SV7 CF-SV72DDQRは標準と比べて類似しています。商品を選択する上で、画面サイズの情報はあまり役に立ちません。

画面サイズ評価
Let's note SV7 CF-SV72DDQR12.1インチ58/100

画面解像度

画面解像度に関して、Let's note SV7 CF-SV72DDQRは1920×1200になります。これはそこそこの水準なレベルと言えるモバイルPCです。すべてのモバイルPCの中でも画面解像度におけるスコアはそこそこの水準なレベルのモバイルPCであり、Kuraberu.com[クラベル]上のスコア評価は100点満点中58点というデータです。このモバイルPCは、非常に高い画面解像度を持っています。そのため、映像が鮮明で、文字もきれいに見えます。また、グラフィック関連の作業にも向いているため、クリエイティブな仕事をされる方にもおすすめです。

画面解像度が高いモバイルPCは、画像が綺麗に表示されるため、画像を扱う仕事をしている人には非常に重宝されます。特に、写真家やグラフィックデザイナー、動画編集者などは、高い解像度を必要とする場合が多いため、このようなモバイルPCが必要不可欠といえます。

これらの評価情報から明白に分かるように画面解像度についてLet's note SV7 CF-SV72DDQRは典型的なモバイルPCと全くといえるほど同じに感じとれるとなるでしょう。意思決定において、画面解像度の情報は意味がないと言えます。

画面解像度評価
Let's note SV7 CF-SV72DDQR1920×120058/100

非光沢ディスプレイ搭載

Let's note SV7 CF-SV72DDQRは非光沢タイプの画面を搭載していると言えます。非光沢タイプの画面を搭載しているこのモバイルPCは、直射日光の下でも画面の明るさが十分なレベルで保たれるため、屋外での作業にも最適です。また、画面に映り込みが起こりにくいため、マルチタスクを行う際にも作業効率を高めることができます。

非光沢タイプの画面を搭載しているモバイルPCのメリットとして、色の表現に優れる点が挙げられます。光沢タイプの画面だと画面反射によって色が歪むことがありますが、非光沢タイプの画面にはその欠点がなく、より鮮やかで正確な色の表現を実現できます。また、画面が暗い場所でも見やすいため、映画や音楽鑑賞などにも最適です。

ストレージ

ストレージ容量

Let's note SV7 CF-SV72DDQRに関して、ストレージ容量は1000GBとなっています。通常のモバイルPCよりストレージ容量は比較的大きいモバイルPCと言えるでしょう。全モバイルPCの中でもそれなりに高いグレードに位置づけられます。100点中74点をストレージ容量につけています。このモバイルPCは大きいストレージ容量を持っています。これは、大量のデータを保存する必要のあるユーザーにとって非常に便利です。また、ストレージ容量が大きいため、デバイスの高速性能を維持することができます。

ストレージ容量が大きいモバイルPCを使うことで、バックアップの頻度を減らすことができるため安心感があります。例えば、外出先で作成した重要な資料を保存し、容量に余裕があるPCに帰宅後にバックアップすることで、紛失やトラブルが起きた場合でもデータを復旧することができます。また、ストレージ容量が大きいPCは長期間利用できますので、無駄な買い替えの負担も軽減できるでしょう。

ストレージ容量についてLet's note SV7 CF-SV72DDQRは通常のモバイルPCと比較するとまあまあ高いレベルであると感じると思います。しかし、決定的とまでは必ずしも言い切ることができないため気を付ける必要があると言えるでしょう。

ストレージ容量評価
Let's note SV7 CF-SV72DDQR1000GB74/100

基本情報

バッテリー駆動時間

Let's note SV7 CF-SV72DDQRのバッテリー駆動時間について11時間というデータとなっています。専門家による評価では100点満点中38.3点というデータになっています。それなりにバッテリー駆動時間が短いモバイルPCと言えます。

バッテリー駆動時間が長いモバイルPCは、長時間の作業が必要なユーザーにとっては、欠かせない優れた機能です。たとえば、出張先やオフィス外で、会議やプレゼンの際に充電器を利用することなく、長時間の作業を継続できます。さらに、長時間のバッテリー駆動が可能なことで、生産性が向上する点も魅力的です。

バッテリー駆動時間について実際の使用を想定するとLet's note SV7 CF-SV72DDQRはそこそこ低い水準といえます。このモバイルPCはバッテリー駆動時間が重要な場合あまり良くない選択と言えそうです。そうでなくともこのモバイルPCは選択肢から外れると言えるでしょう。

バッテリー駆動時間評価
Let's note SV7 CF-SV72DDQR11時間38/100

デザイン

本体サイズ

本体サイズについて、Let's note SV7 CF-SV72DDQRは横:283.5mm、縦:203.8mm、厚さ:24.5mmとなっています。典型的なモバイルPCと比較するとこれは低い水準にあるモバイルPCでしょう。弊サイトにおける独自評価では100点中31.5点を本体サイズにつけています。これは全モバイルPCの中で比較的下位グレードと考えることができます。

本体サイズが小さいモバイルPCのメリットは、持ち運びが便利であることです。薄型・軽量化が進んでいる現在、通勤や外出時に気軽に使用することができます。また、狭いスペースでも使用しやすく、場所を選ばない利便性もあります。

本体サイズについて体感上の観点から言えばLet's note SV7 CF-SV72DDQRはそこそこ下位グレードといえます。しかし、確定的とまでは必ずしも言えない点には注意が必要であると言うことができるでしょう。

本体サイズ評価
Let's note SV7 CF-SV72DDQR横:283.5mm、縦:203.8mm、厚さ:24.5mm31/100

本体重量

本体重量についてLet's note SV7 CF-SV72DDQRは1.02kgとなります。まあまあな感じと考えられるかもしれません。本体重量においてすべてのモバイルPCの中でまあまあのレベルにあります。軽い本体重量は、このモバイルPCの魅力の一つです。平均的な重さよりも軽く、軽量化技術が進化した結果だと考えられます。重さが軽いことにより、モバイルユーザーにとっては大変便利で、移動中でもストレスを感じずに使用できます。

本体重量が軽いモバイルPCのメリットは、移動が多い人にとって重宝する点が挙げられます。特にビジネスマンや学生にとって、重たいパソコンを持ち歩くことは大変な負担であり、軽いモバイルPCはその負担を軽減してくれます。また、デスクワーク以外にも、移動中や外出先での仕事にも対応できるため、柔軟な働き方を実現することができます。

実際の使用を想定すると本体重量においてLet's note SV7 CF-SV72DDQRは平均的なモバイルPCと相当類似していると感じとれるでしょう。決定を下す際に、本体重量の情報は意味がないと思います。

本体重量評価
Let's note SV7 CF-SV72DDQR1.02kg54/100

GPU

ビデオメモリ

ビデオメモリについてLet's note SV7 CF-SV72DDQRは4.17GBとなります。これは普及しているモバイルPCよりビデオメモリが比較的大きいと言えそうです。100点中73.5点をビデオメモリにつけています。これは全モバイルPCの中でもそれなりに高いレベルにあると考えられます。このモバイルPCの大きいビデオメモリは、高度なグラフィック処理においてその真価を発揮します。ユーザーは映画やビデオを高画質で快適に視聴でき、驚きの臨場感を感じることができます。

ビデオメモリが大きいモバイルPCのメリットビデオメモリが大きいモバイルPCには、高品質の映像をスムーズに再生できるメリットがあります。特に、グラフィックカードや3Dアプリケーションを使用する場合に、ビデオメモリが大きいモバイルPCは必要不可欠な要素となります。また、ビデオメモリが大きいことにより、複数のアプリケーションを同時に利用しても、処理速度が遅くなることがありません。ビデオメモリが大きいモバイルPCは、ビジネスやエンターテインメントなどの様々な用途において、高いパフォーマンスを発揮します。

実際に利用することを考えるとLet's note SV7 CF-SV72DDQRは基本的なモバイルPCと比較すると凄いと感じるでしょう。したがってこのモバイルPCが選択肢に挙がる重要なポイントの一つになるでしょう。ビデオメモリを基準に考えることがより的確な決定につながると言えます。

ビデオメモリ評価
Let's note SV7 CF-SV72DDQR4.17GB73/100

スペック

Let's note SV7 CF-SV72DDQR
画像Let's note SV7 CF-SV72DDQR
OSWindows 10
搭載されているOfficeMicrosoft Office Home and Business 2016
バッテリー駆動時間11時間
本体サイズ横:283.5mm、縦:203.8mm、厚さ:24.5mm
本体重量1.02kg
シルバー
画面サイズ12.1インチ
画面解像度1920×1200
非光沢ディスプレイ搭載
CPU処理性能Core i5 8250U(1.6、4コア)
CPUの型番Core i5 8250U
CPUの周波数1.6
CPUのコア数4
RAM8GB
メモリーの規格LPDDR3
搭載しているグラフィックボードIntel UHD Graphics 620
ビデオメモリ4.17GB
ストレージ容量1000GB
無線LANIEEE802.11 a,b,g,n,ac
有線LAN10,100,1000Mbps
HDMI端子接続
USB3.1 Gen2接続
Type-C接続
USB Power Delivery対応
Webカメラ搭載
顔認証機能
環境光センサー

Let's note SV7 CF-SV72DDQR の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。