比較: Let's note SV8 CF-SV8RDCVS vs Let's note SV7 CF-SV7HM4VS

2023-06-03 12:40:07

Let's note SV8 CF-SV8RDCVSLet's note SV7 CF-SV7HM4VS
Let's note SV8 CF-SV8RDCVSLet's note SV7 CF-SV7HM4VS
Let's note SV8 CF-SV8RDCVSLet's note SV7 CF-SV7HM4VS
Let's note SV8 CF-SV8RDCVSLet's note SV7 CF-SV7HM4VS
総合評価:

51.5/100

(総合順位: 544/13829)

49.7/100

(総合順位: 643/13829)

バッテリー駆動時間
55/100
55/100
本体サイズ
31/100
31/100
本体重量
72/100
57/100
画面サイズ
58/100
58/100
画面解像度
58/100
58/100
CPU処理性能
39/100
35/100
RAM
37/100
37/100
ビデオメモリ
70/100
73/100
ストレージ容量
42/100
42/100

スペック

Let's note SV8 CF-SV8RDCVSLet's note SV7 CF-SV7HM4VS
Let's note SV8 CF-SV8RDCVSLet's note SV7 CF-SV7HM4VS
基本情報
OSWindows 10Windows 10
搭載されているOffice - Microsoft Office Home and Business 2019
バッテリー駆動時間14時間14時間
DVDドライブ -
デザイン
本体サイズ横:283.5mm、縦:203.8mm、厚さ:24.5mm横:283.5mm、縦:203.8mm、厚さ:24.5mm
本体重量919g999g
シルバーシルバー
画面
画面サイズ12.1インチ12.1インチ
画面解像度1920×12001920×1200
非光沢ディスプレイ搭載
CPU
CPU処理性能Core i5 8365U(1.6、4コア)Core i5 8250U(1.6、4コア)
CPUの型番Core i5 8365UCore i5 8250U
CPUの周波数1.61.6
CPUのコア数44
RAM
RAM8GB8GB
メモリーの規格LPDDR3LPDDR3
GPU
搭載しているグラフィックボードIntel UHD Graphics 620Intel UHD Graphics 620
ビデオメモリ4.13GB4.17GB
ストレージ
ストレージ容量256GB256GB
SSD対応
通信規格
無線LANIEEE802.11 a,b,g,n,acIEEE802.11 a,b,g,n,ac
有線LAN10,100,1000Mbps10,100,1000Mbps
外部連携機能
HDMI端子接続
USB3.1 Gen1接続
USB3.1 Gen2接続
Type-C接続
USB Power Delivery対応
便利機能
Webカメラ搭載
顔認証機能
環境光センサー

類似のモバイルPCを探す

他のモバイルPCと比較

価格を見る

類似のモバイルPCを探す

他のモバイルPCと比較

価格を見る

比較レビュー

基本情報

バッテリー駆動時間

Let's note SV8 CF-SV8RDCVSのバッテリー駆動時間は14時間で、Let's note SV7 CF-SV7HM4VSのバッテリー駆動時間は14時間というデータとなっています。バッテリー駆動時間に関してはどちらも極めてよく類似していると言うことができるでしょう。

バッテリー駆動時間が長いモバイルPCを利用することで、作業に多くの時間を使うことができるため、生産性が向上します。また、外出先で長時間使っても電池残量が多いため、重要なプレゼンテーションや商談などにおいても安心して利用することができます。加えて、長時間使ってもバッテリー切れの心配が少ないため、ストレスフリーで使うことができます。

バッテリー駆動時間に関してLet's note SV8 CF-SV8RDCVSもLet's note SV7 CF-SV7HM4VSも感覚的にいって殆ど同じと言うことができるでしょう。Let's note SV8 CF-SV8RDCVSもLet's note SV7 CF-SV7HM4VSも殆ど差はないというデータです。ほかの角度から考えたほうがよいといえます。

バッテリー駆動時間評価
Let's note SV8 CF-SV8RDCVS
14時間55/100
Let's note SV7 CF-SV7HM4VS
14時間55/100

ストレージ

ストレージ容量

Let's note SV8 CF-SV8RDCVSのストレージ容量は256GBになります。またLet's note SV7 CF-SV7HM4VSのストレージ容量は256GBになります。Let's note SV8 CF-SV8RDCVSのストレージ容量はLet's note SV7 CF-SV7HM4VSと比較して違いはほぼ存在していません。

ストレージ容量が大きいモバイルPCのメリットは、多くのデータを安心して保存できることです。大容量のデータや高画質の動画なども快適に使用することができます。また、容量が大きければ大きいほど、作業の効率も上がります。ストレージ容量が大きいモバイルPCは、多くの方におすすめです。

実際にはLet's note SV7 CF-SV7HM4VSもLet's note SV8 CF-SV8RDCVSも相当よく類似しています。ストレージ容量の情報を検討しても、商品を選択する上でほとんど意味がないと言えます。

ストレージ容量評価
Let's note SV8 CF-SV8RDCVS
256GB42/100
Let's note SV7 CF-SV7HM4VS
256GB42/100

SSD対応

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSとLet's note SV8 CF-SV8RDCVSはSSDに対応していると言うことができます。これらのモバイルPCは、持ち運びに便利なだけでなく、SSDに対応していることで高速なデータ処理が可能です。そのため、ビジネスシーンなどでの使用には特におすすめです。

SSDに対応しているモバイルPCは、トレンドに敏感なユーザーにとって注目すべき存在です。SSDは省電力であり、発熱も少ないため、ユーザーは長時間使用しても心配せずに済みます。さらに、SSDは薄いデザインに最適であり、モバイルPCを選ぶ際の大きなポイントとなっています。これによって、ユーザーはスタイリッシュな外観と高性能の両方を手に入れることができます。

外部連携機能

HDMI端子接続

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSとLet's note SV8 CF-SV8RDCVSはどちらもHDMI端子で接続できるモバイルPCと言うことができます。HDMI端子が搭載されたこれらのモバイルPCは、高画質・高音質な視聴体験を提供します。大型テレビやプロジェクターなどに簡単に接続できるため、家庭内やオフィスでの利用に最適です。

HDMI端子で接続できるモバイルPCの画質向上HDMI端子で接続できるモバイルPCは、ディスプレイの解像度が高い場合にも、高品質な映像を再生することができます。また、音声伝送にも対応しているため、外部スピーカーやオーディオシステムとの接続により、迫力のある音を体感することができます。

USB3.1 Gen1接続

両方ともUSB3.1 Gen1で接続できるモバイルPCとなります。これらのモバイルPCは、USB3.1 Gen1で接続可能なので、高速かつスムーズなデータ転送が可能です。また、これにより、外付けHDDやフラッシュメモリなど様々な周辺機器を利用することができます。

USB3.1 Gen1で接続できるモバイルPCのメリットについて考えてみましょう。まず第一に、高速で安定したファイル転送が可能です。これにより、大容量のデータ移動やバックアップがスムーズに行えます。また、周辺機器に接続することで、外部ディスプレイやプリンターなどを利用できる点も大きな利点です。さらに、USB3.1 Gen1は従来の規格に比べて省電力であるため、バッテリーの持ちもよくなります。

USB3.1 Gen2接続

Let's note SV8 CF-SV8RDCVSもLet's note SV7 CF-SV7HM4VSもUSB3.1 Gen2で接続できるということができます。USB3.1 Gen2に対応したこれらのモバイルPCは、高速なデータ転送を実現することができます。処理速度が速くなることで、作業効率が格段に上がるため、ビジネスシーンでも活躍することができます。

USB3.1 Gen2で接続できるモバイルPCのメリットは、高速データ転送だけではありません。USB Type-Cポートの普及も大きなポイントとなっています。従来のUSBポートに比べ、挿し込み方向に関係なく挿せることが特徴であり、挿し間違いによる不便さも解消されます。また、USB-Cポートには、DisplayPort(ディスプレイポート)にも対応するため、外部ディスプレイとの接続も簡単に行えます。さらに、軽量で小型なため、持ち運びにも便利です。

Type-C接続

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSとLet's note SV8 CF-SV8RDCVSは両方ともType-Cで接続できるモバイルPCであると言えるでしょう。Type-Cによる接続が可能なこれらのモバイルPCは、USB規格の最新版であるため、高速性や信頼性が非常に高いです。加えて、同規格を採用する周辺機器が多数存在するため、多彩な利用方法が可能です。

Type-Cで接続できるモバイルPCのメリットは、大きく分けて3つあります。1つ目は、充電が簡単・高速にできることです。2つ目は、軽量化・コンパクト化が進む現在、狭いスペースでもスムーズに接続できるという点です。3つ目は、機器同士の接続がスムーズに進み、ストレスなく作業ができるということです。

USB Power Delivery対応

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSもLet's note SV8 CF-SV8RDCVSもUSB Power Deliveryに対応しているモバイルPCです。USB Power Deliveryに対応しているこれらのモバイルPCは、急速充電に対応しています。急いで外出する必要がある際に、わずかな充電時間でも十分な充電を行うことができます。また、スマートフォンやタブレットなどUSB-C接続が可能な機器を多数持ち歩く人にとっては、充電器の持ち運びが減らせるため、大変便利です。

パターン3: USB Power Deliveryに対応しているモバイルPCのメリットは、外出先でも安心して利用できることです。例えば、カフェなどで作業をしている場合、コンセントが使えない場合がありますが、USB Power Deliveryに対応しているモバイルPCならば、バッテリーを気にせずに作業を行うことができます。また、優れた省エネ設計を採用していることが多く、長時間のバッテリー駆動や低発熱が実現されています。

CPU

CPU処理性能

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSのCPU処理性能はCore i5 8250U(1.6、4コア)に対してLet's note SV8 CF-SV8RDCVSのCPU処理性能はCore i5 8365U(1.6、4コア)というデータであると言えます。これらの比較情報からわかるようにLet's note SV7 CF-SV7HM4VSはLet's note SV8 CF-SV8RDCVSよりもCPU処理性能が微妙に低いことが分かります。Let's note SV7 CF-SV7HM4VSとLet's note SV8 CF-SV8RDCVSは比較的小さい差が存在しています。CPU処理性能が高いモバイルPCを利用することで、大量のデータを素早く処理できるため、時間的な余裕が生まれます。

CPU処理性能が高いモバイルPCのもう一つのメリットは、長時間バッテリー駆動時間を実現できる点です。高性能なCPUは省電力技術を採用しており、より長いバッテリー駆動時間を実現することができます。ユーザーは、長時間の外出先での作業や旅行先での娯楽を楽しむことができ、非常に便利です。

CPU処理性能という点に関して実際的には、違いはごくわずかしか存在しません。Let's note SV8 CF-SV8RDCVSのCPU処理性能のほうがLet's note SV7 CF-SV7HM4VSのCPU処理性能に比べて体感的に、ちょっと優れていると言うことができそうです。選択において、CPU処理性能の情報は意味がありません。他の角度から考慮する必要性がありそうということが分かるでしょう。

CPU処理性能評価
Let's note SV8 CF-SV8RDCVS
Core i5 8365U(1.6、4コア)39/100
Let's note SV7 CF-SV7HM4VS
Core i5 8250U(1.6、4コア)35/100

便利機能

Webカメラ搭載

Let's note SV8 CF-SV8RDCVSもLet's note SV7 CF-SV7HM4VSもWebカメラがついているモバイルPCとなっています。パソコンを選ぶ際に、Webカメラがついているかどうかは重要なポイントの一つです。これらのモバイルPCには、多くの場合、Webカメラが搭載されており、ビジネスやプライベートでのコミュニケーションにも便利です。

WebカメラがついているモバイルPCを利用することで、複数の用途に役立てることができます。例えば、オンラインショッピングの際に、商品の画像を撮影して確認することができます。また、動画サイトやSNSなど、様々なコンテンツを楽しむ際にも必要な機能です。さらに、オンライン学習やリモートワークなど、ウェブ上でさまざまな行動を行う際にもWebカメラは欠かせません。

顔認証機能

どちらも顔認証機能を搭載しているモバイルPCとなります。顔認証機能が装備されたこれらのモバイルPCは、プライバシーの観点からも優れた選択肢となっています。ユーザーはパスワード入力時の盗聴や、不正ログインのリスクを回避できます。

顔認証機能を搭載しているモバイルPCの導入効果について顔認証機能を搭載しているモバイルPCは、企業における情報漏洩対策に優れています。万一、紛失や盗難があっても、顔認証によりすぐにログアウトを行うことができるため、大切な企業情報を保護することができます。また、導入により作業効率が高まり、生産性が向上することも期待できます。

環境光センサー

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSもLet's note SV8 CF-SV8RDCVSも環境光センサーを搭載していると言うことができます。これらのモバイルPCは、環境光センサーを搭載しているため、光量の明るさに合わせて画面の明るさを自動調整することができます。この機能により、スクリーンを見る時の目の疲れを軽減し、快適な作業や閲覧をサポートしています。

環境光センサーを搭載しているモバイルPCのメリットは、使用者にとって操作性が向上することです。画面の明るさを手動で調節する手間が省けるため、ストレスなく快適に使用することができます。

デザイン

本体サイズ

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSとLet's note SV8 CF-SV8RDCVSで本体サイズにおいて比べると、Let's note SV8 CF-SV8RDCVSは横:283.5mm、縦:203.8mm、厚さ:24.5mmというデータである一方、Let's note SV7 CF-SV7HM4VSは横:283.5mm、縦:203.8mm、厚さ:24.5mmとなります。本体サイズに関してLet's note SV7 CF-SV7HM4VSとLet's note SV8 CF-SV8RDCVSの全くといえるほど同じような感じということがわかり、差は全く見られません。

モバイルPCの中でも、本体サイズが小さい製品はとても軽量であることが多いです。そのため、お手持ちのバッグやカバンに手軽に収納でき、負担を最小限に抑えた移動ができます。また、リュックサックや旅行用のバッグの中でも簡単に収納することができ、旅行や出張の必需品となることでしょう。

本体サイズにおいてLet's note SV7 CF-SV7HM4VSもLet's note SV8 CF-SV8RDCVSも感覚的にいって相当類似していると感じとれるとなるでしょう。商品選びにおいて、本体サイズの情報はあまり役に立たないと思います。

本体サイズ評価
Let's note SV8 CF-SV8RDCVS
横:283.5mm、縦:203.8mm、厚さ:24.5mm31/100
Let's note SV7 CF-SV7HM4VS
横:283.5mm、縦:203.8mm、厚さ:24.5mm31/100

本体重量

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSの本体重量は999gである一方、Let's note SV8 CF-SV8RDCVSは919gというデータです。Let's note SV8 CF-SV8RDCVSとLet's note SV7 CF-SV7HM4VSの差は80gもありそれらの違いは比較的顕著といえるでしょう。Let's note SV7 CF-SV7HM4VSの方がLet's note SV8 CF-SV8RDCVSの本体重量と比べるとやや下回っています。本体重量が軽いモバイルPCのメリットは、持ち運びが楽になることです。

本体重量が軽いモバイルPCのメリットを紹介します。まずは、持ち運びが容易であることです。重いパソコンを持ち運ぶと、怪我や体調不良の原因になることがありますが、軽量な本体であれば、負担を軽減することができます。二つ目のメリットとして、使用場所を選ばないことが挙げられます。軽量な本体であれば、どこでも利用することができるため、時間や場所にとらわれることなく、自由な利用が可能です。最後に、バッテリーの持ちがよくなるため、長時間利用することができるという点があります。これは、作業効率の向上にもつながり、重要なメリットの一つです。

この比較情報で明白なように本体重量においてLet's note SV8 CF-SV8RDCVSはLet's note SV7 CF-SV7HM4VSよりも上回っていると感じるでしょう。ただし、確定的なくらいの差はありません。

本体重量評価
Let's note SV8 CF-SV8RDCVS
919g72/100
Let's note SV7 CF-SV7HM4VS
999g57/100

GPU

ビデオメモリ

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSのビデオメモリは4.17GBというデータであると言えます。それに対してLet's note SV8 CF-SV8RDCVSのビデオメモリは4.13GBというデータであると言えます。ビデオメモリという観点においてはよく似ております。したがって全くと言っていいほど同じレベルと考えることができます。

ビデオメモリが大きいモバイルPCの利点として、ビジネスマンに最適な作業環境を提供することが挙げられます。例えば、大容量のデータや複数のアプリケーションを同時に使用する場合でも、快適にオンラインでの会議などを行うことができます。また、クリエイティブな作業をする方にとっても、高速で効率的な作業環境を提供してくれることができます。

ビデオメモリに関してLet's note SV8 CF-SV8RDCVSもLet's note SV7 CF-SV7HM4VSも極めてよく類似していると言うことができます。ビデオメモリの情報をみても、選択においてあまり参考になりません。別の角度から比較する必要性がありそうと言えます。

ビデオメモリ評価
Let's note SV8 CF-SV8RDCVS
4.13GB70/100
Let's note SV7 CF-SV7HM4VS
4.17GB73/100

画面

画面サイズ

Let's note SV8 CF-SV8RDCVSの画面サイズは12.1インチに対しLet's note SV7 CF-SV7HM4VSの画面サイズは12.1インチというデータになっています。Let's note SV7 CF-SV7HM4VSとLet's note SV8 CF-SV8RDCVSの全くと言えるほど同等にあるといえ、類似しています。

大きい画面サイズを持つモバイルPCは、コンパクトで携帯性が高いものも多くあります。このため、大きな画面で作業することができるが、持ち運びにも便利なメリットがあります。さらに、大きい画面サイズによって、グループワークやプレゼンテーションも行いやすいため、ビジネスでの利用においても有効です。

画面サイズに関してLet's note SV8 CF-SV8RDCVSもLet's note SV7 CF-SV7HM4VSも体感上似ています。画面サイズの情報を考慮しても判断する上でまったくと言えるほど役に立ちません。

画面サイズ評価
Let's note SV8 CF-SV8RDCVS
12.1インチ58/100
Let's note SV7 CF-SV7HM4VS
12.1インチ58/100

画面解像度

画面解像度の観点で比較してみるとLet's note SV7 CF-SV7HM4VSは1920×1200というデータであるのに対してLet's note SV8 CF-SV8RDCVSは1920×1200となっています。Let's note SV7 CF-SV7HM4VSとLet's note SV8 CF-SV8RDCVSの差はまったく無いといっていいほど見られません。

画面解像度が高いモバイルPCのメリットは多岐にわたります。まず、高解像度であることにより、画面上の文字や画像などがクリアに表示されるため、目の疲れを軽減することができます。また、細かなディテールまで見えるので、グラフィックデザインや映像制作などの作業に適していると言えます。さらに、ハイビジョンや4K解像度に対応しているモデルもあり、映画や動画、ゲームなどを楽しむ際にも臨場感溢れる映像を体験できます。

画面解像度の点で言えば、Let's note SV7 CF-SV7HM4VSもLet's note SV8 CF-SV8RDCVSも全くと言っていいほど違いは存在しません。画面解像度の情報をみても商品を決めるうえでまったくと言えるほど参考にならないといえます。別の角度から決めることを是非提案します。

画面解像度評価
Let's note SV8 CF-SV8RDCVS
1920×120058/100
Let's note SV7 CF-SV7HM4VS
1920×120058/100

非光沢ディスプレイ搭載

Let's note SV7 CF-SV7HM4VSもLet's note SV8 CF-SV8RDCVSも非光沢タイプの画面を搭載しているモバイルPCです。これらのモバイルPCは、非光沢タイプの画面を搭載しており、長時間使用しても目が疲れにくく、快適な作業環境を提供します。また、光沢タイプに比べ、見やすさが向上するため、作業効率も上がります。

非光沢タイプの画面を搭載しているモバイルPCには、多くのメリットがあります。まず、光沢タイプに比べて画面に映る映像が、自然な色合いで鮮明に見えるため、映像コンテンツの視聴に最適です。また、屋外での使用も視野に入れられます。さらに、画面の反射が少ないため、目の疲れを抑えることができます。

RAM

RAM

RAMの観点においてLet's note SV8 CF-SV8RDCVSとLet's note SV7 CF-SV7HM4VSで対比すると、Let's note SV8 CF-SV8RDCVSは8GBというデータに対し、Let's note SV7 CF-SV7HM4VSは8GBというデータです。どちらもよく似ているRAMとなっています。

RAMが大きいモバイルPCのメリットRAMが大きいモバイルPCは、さまざまな利用シーンで活躍することができます。例えば、作業効率を高めるために複数のアプリケーションを同時に使用する場合や、大容量のファイルを処理する場合において、RAMが大きいモバイルPCを選ぶことでスムーズな作業が可能となります。また、メモリの容量が大きければ、電源を切ってもデータの保存が可能になります。

RAMにおいてLet's note SV7 CF-SV7HM4VSもLet's note SV8 CF-SV8RDCVSも体感的に言って、非常によく類似しています。Let's note SV7 CF-SV7HM4VSもLet's note SV8 CF-SV8RDCVSも違いはまったく存在していません。商品を選択する上で、RAMの情報は参考になりません。

RAM評価
Let's note SV8 CF-SV8RDCVS
8GB37/100
Let's note SV7 CF-SV7HM4VS
8GB37/100

価格をチェックする

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。