日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y にするべき?徹底レビューしました!

作成日時: 2020-06-16 14:15:55、更新日時: 2021-10-19 19:41:18

 日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y を徹底評価

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Yは、重さ13.5キログラムの赤色で、電源周波数は50Hz/60Hzで、縦開きドアがあります。庫内容量は22リットルで、待機時消費電力はゼロです。また、自動お手入れ機能と脱臭機能がついています。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Yのレンジの最大出力は1000Wで、フラットテーブル方式が採用されています。オーブン機能もあり、最高温度が250℃、最低温度が100℃です。グリル機能も搭載しており、ノンフライ機能、トースト機能、パン発酵機能、スチーム加熱機能もあります。スチームを使う場合は、水のセット方式はタンク式です。コンベクション式加熱にも対応しています。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Yは、マルチな機能を備えた高性能なレンジです。フラットテーブル方式により、調理スペースが広く、食材の置き換えも容易です。自動お手入れ機能や脱臭機能もあり、使い勝手も親切になっています。

オーブン機能についても、温度調節が可能で、最高温度250℃と十分な性能を備えています。グリル機能も搭載しており、多彩な調理が可能です。また、ノンフライ機能やトースト機能など、健康に配慮した調理メニューも用意されています。さらに、パン発酵機能やスチーム加熱機能など、バリエーション豊かな機能も備わっています。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Yは、タンク式のスチームを使用するなど、より効率的で高機能化されています。経済的でありながら、多様な機能を持つので、調理を効率的かつ快適にすることができます。

総じて、高性能で使い勝手の良い日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Yは、家庭での調理を快適にするためにおすすめできます。ぜひ、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y を選ぶべき13つの理由

  • レンジの最大出力はかなり大きい
    (521位/1419製品)
  • ドアが縦開きになっている
  • 待機時に電力を消費しない
  • 自動お手入れ機能で庫内の汚れを落とせる
  • 脱臭機能を搭載している
  • フラットテーブル式で温められる
  • オーブン機能を搭載している
  • グリル機能を搭載している
  • 熱風循環によって食材が元々持っている油で揚げた様な状態にできるノンフライ機能を搭載している
  • トーストを焼ける
  • 電子レンジ発酵を使ってパン作りができる
  • スチーム方式による加熱に対応している
  • コンベクション方式による加熱に対応している

よく注目される点から 日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y を評価する

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y の基本情報について評価

本体サイズについて

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」のサイズは横:295mm、高さ:213mm、奥行:323mmです。一般的電子レンジよりこれは比較的小さいです。電気代を節約するのに通常のケースであれば「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」を選んでもおそらく問題に感じることはないだと言えるでしょう。普通に使う分には比較的問題を感じにくいくらいのモノですが、決定的とは言えません。ヘビーユーザーにとっては機能不足の可能性があるので、もう一つ上の電子レンジにした方がいいかもしれません。

本体サイズ評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y横:295mm、高さ:213mm、奥行:323mm50/100

本体重量について

重さについて見てみると「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は13.5kgです。これは普通の電子レンジと比較してやや軽いと言えるでしょう。通常利用であれば比較的問題を感じにくいという程度のため「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」が決定的とまでは言えないでしょう。全くストレスを感じたくない人やこだわりが強い人にとっては不十分である可能性があるので、一つ上の検討をお勧めします。

本体重量評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y13.5kg59/100

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y のレンジ性能について評価

レンジの最大出力について

レンジの最大出力を確認すると「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は1000Wです。普通の電子レンジと比べ、この電子レンジの出力は比較的大きい部類に入ると言えるでしょう。短時間で温めることができる点でこの商品は秀でていると言えます。時短料理や沢山の料理を加熱したい場合に「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はとてもオススメです。そのため「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」を選ぶ上で大きな判断材料の一つとなると思います。これよりも出力の大きい電子レンジを選んでもほとんど意味がないでしょう。

レンジの最大出力評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y1000W94/100

フラットテーブル方式について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はフラットテーブル式で温められる電子レンジです。そのためシンプルな構造のため掃除しやすく、スペースを広く使用できる上、ムラなく温めることができる点で秀でています。大きなものを調理するなら「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は適しています。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y のオーブン機能について評価

オーブン機能について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はオーブン機能を搭載している電子レンジです。

オーブンの最高温度について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」のオーブンの最高温度は250℃です。一般的電子レンジと比較すると、この電子レンジの最高温度は同じくらいと言えます。通常利用であれば比較的問題を感じにくいという程度であるため、決定的におすすめできるとは言えません。ヘビーユーザーは不満を感じるかもしれないので、一つ上を見てみた方がいいかもしれません。

オーブンの最高温度評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y250℃50/100

オーブンの最低温度について

オーブンの最低温度を確認すると「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は100℃です。これは標準的な電子レンジと比べて最低温度がやや低いです。そのためオーブンの最低温度という点で選ぶなら「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は候補の一つに挙げられるでしょう。普通に使う分には不満を感じない水準と言えますが、もう少し最低温度の低い電子レンジもあるため決め手になるほどではありません。

オーブンの最低温度評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y100℃67/100

グリル機能について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はグリル機能を搭載している電子レンジです。

ノンフライ機能について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は熱風循環によって食材が元々持っている油で揚げた様な状態にできるノンフライ機能を搭載している電子レンジです。

トースト機能について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はトーストを焼ける電子レンジです。

パン発酵機能について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は電子レンジ発酵を使ってパン作りができる電子レンジです。

スチーム加熱機能について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はスチーム方式による加熱に対応している電子レンジです。そのため水蒸気によって温めたり蒸すことができる点で使い勝手が良いです。蒸し料理を作ったり、水分を逃さないように加熱するなら「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はオススメです。

コンベクション式加熱について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はコンベクション方式による加熱に対応している電子レンジです。そのため熱風をムラなく当てることで食材に対して均等に熱を通す事ができる点で使い勝手が良いです。焼きむらが出来にくい仕上がりしたり、ノンフライ調理するなら「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はオススメです。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y の設置方法について評価

縦開きドアについて

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はドアが縦開きになっている電子レンジです。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y の製品機能について評価

庫内容量について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」の内部の広さは22Lです。これは標準的な電子レンジよりどちらかといえば狭い電子レンジと言えるでしょう。内部の広さで選ぶなら「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は選択肢にあまり入らないでしょう。

庫内容量評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y22L35/100

待機時消費電力ゼロについて

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は待機時に電力を消費しない電子レンジです。

自動お手入れ機能について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は自動お手入れ機能で庫内の汚れを落とせる電子レンジです。そのため汚れを浮き上がらせることで庫内のヨゴレを落としやすくできる点で優れています。掃除の手間を大きく削減するなら「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はオススメです。

脱臭機能について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は脱臭機能を搭載している電子レンジです。そのため臭いの原因となる油などを焼き切ることで脱臭することができる点で使い勝手が良いです。臭いがキツい食べ物を調理したり、料理への匂い移りを防止するなら「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は適しています。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y の便利機能について評価

自動メニュー数について

自動調理可能なメニュー数を確認すると「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は90です。この電子レンジのメニュー数は標準的な電子レンジよりやや多いです。普通に使う分にはあまり困らないものの、特別とまでは言えないでしょう。全くストレスを感じたくない人や玄人は物足りなさを感じる可能性があるので、もうワンランク上の検討をお勧めします。

自動メニュー数評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y9054/100

対応レシピ数について

掲載されているレシピ数について確認すると「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は117です。一般的電子レンジと比べると、この電子レンジのレシピ数はほとんど同じくらいだと言えるでしょう。掲載されているレシピ数という点で選ぶなら「日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y」はほぼ選択肢に入れない方がいいです。

対応レシピ数評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y11741/100

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y の詳細情報

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y
画像日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y
本体サイズ横:295mm、高さ:213mm、奥行:323mm
本体重量13.5kg
レッド
電源周波数50Hz/60Hz
縦開きドア
庫内容量22L
待機時消費電力ゼロ
自動お手入れ機能
脱臭機能
レンジの最大出力1000W
フラットテーブル方式
オーブン機能
オーブンの最高温度250℃
オーブンの最低温度100℃
グリル機能
ノンフライ機能
トースト機能
パン発酵機能
スチーム加熱機能
スチームを使うときの水のセット方式タンク式
コンベクション式加熱
自動メニュー数90
対応レシピ数117

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

ヘルシーシェフ MRO-S7Yのあたためもオーブン調理もテーブルプレート1枚でできるについて

テーブルプレートを庫内から外さず連続使用できる。さらにテーブルプレートを庫内から外す必要がないことで、置き場所を取らずに使用することに適している。

ヘルシーシェフ MRO-S7Yのお手入れや操作もラクラクについて

庫内から落ちた水滴や食品くずがたまっても、外して洗うことができる点で優れていて、庫内側面・背面に汚れを落としやすいシリコン系塗装を採用、天面にはヒーターが露出せずフラットで拭きやすく、給水タンクやつゆ受けを外して洗える上にお手入れコースを設けることで楽にお手入れするのに向いている。

ヘルシーシェフ MRO-S7Yの冷凍食品をパリッと仕上げるについて

水分が適度に保たれ食感の良い調理ができる点で優れている。レンジとオーブンを併用した加熱で、市販の冷凍食品をパリッと調理したり、家庭で冷凍した食品を調理するのに向いている。

ヘルシーシェフ MRO-S7Yの過熱水蒸気を使ったノンフライ・油を使わないいため物ができますについて

油を使用せずヘルシーな料理ができる。また油を使わずに調理できるので、摂取カロリーを抑えたい人が使用することに適している。

ヘルシーシェフ MRO-S7Yの食品の重さにあわせてオートで調理について

食品の重さを設定しなくても自動で量に合う調理ができ、加えて食品の分量の設定をしないで調理することに優れている。

ヘルシーシェフ MRO-S7Yのお手入れらくらくについて

ヒーターが露出していないフラットな天面で楽にお手入れできる。またスチームの力で汚れが落ちやすく手早く手入れするのに向いている。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y と評価が同程度の電子レンジを探す

シャープ ヘルシオ AX-X10

本体重量:25kg, 本体サイズ:横:395mm、高さ:240mm、奥行:305mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:62, 対応レシピ数:43

シャープ ヘルシオ AX-XA10

本体重量:25kg, 本体サイズ:横:395mm、高さ:240mm、奥行:305mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:382, 対応レシピ数:338

東芝 石窯オーブン ER-R6

本体重量:13kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:173mm、奥行:320mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:70, 対応レシピ数:121

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8Y

本体重量:15.5kg, 本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mm, 庫内容量:31L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:109, 対応レシピ数:135

日立 ヘルシーシェフ MRO-W1Y

本体重量:18kg, 本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:322mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:242, 対応レシピ数:287

日立 MRO-F6Y (2020)

本体重量:12.7kg, 本体サイズ:横:295mm、高さ:213mm、奥行:323mm, 庫内容量:22L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:75, 対応レシピ数:106

シャープ PLAINLY RE-WF231

本体重量:16kg, 本体サイズ:横:374mm、高さ:180mm、奥行:310mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:56, 対応レシピ数:52

東芝 石窯ドーム ER-VD70

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:94, 対応レシピ数:119

東芝 石窯ドーム ER-VD80

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:99, 対応レシピ数:137

3つ星 ビストロ NE-BS805

本体重量:19.4kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:235mm、奥行:309mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:80℃, 自動メニュー数:99, 対応レシピ数:196

アイリスオーヤマ MO-F1805

本体重量:15kg, 本体サイズ:横:280mm、高さ:180mm、奥行:292mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:500W, オーブンの最高温度:200℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:11

パナソニック NE-FS300 (2020)

本体重量:12.6kg, 本体サイズ:横:299mm、高さ:199mm、奥行:350mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:5, 対応レシピ数:27

もっと見る ▼

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y

56.7-本体重量:13.5kg, 本体サイズ:横:295mm、高さ:213mm、奥行:323mm, 庫内容量:22L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:90, 対応レシピ数:117

日立 ヘルシーシェフ MRO-VS7

52.5本体重量:14kg, 本体サイズ:横:295mm、高さ:220mm、奥行:316mm, 庫内容量:22L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:92, 対応レシピ数:125

日立 ヘルシーシェフ MRO-VS8

52.0本体重量:16.5kg, 本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mm, 庫内容量:31L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:120, 対応レシピ数:156

日立 ヘルシーシェフ MRO-W1X

59.3本体重量:18kg, 本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:322mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:224, 対応レシピ数:275

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8X

51.2本体重量:15.5kg, 本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mm, 庫内容量:31L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:104, 対応レシピ数:130

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7X

51.5本体重量:14kg, 本体サイズ:横:295mm、高さ:220mm、奥行:316mm, 庫内容量:22L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:84, 対応レシピ数:111

日立 ヘルシーシェフ MRO-VW1

59.6本体重量:17.5kg, 本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:322mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:207, 対応レシピ数:286

日立 ヘルシーシェフ MRO-W10X

59.3本体重量:18kg, 本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:322mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:224, 対応レシピ数:275

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y

50.7-本体サイズ:横:295mm、高さ:213mm、奥行:323mm

日立 ヘルシーシェフ MRO-VS7

58.0本体サイズ:横:295mm、高さ:220mm、奥行:316mm

日立 ヘルシーシェフ MRO-VS8

19.8本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mm

日立 ヘルシーシェフ MRO-W1X

29.8本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:322mm

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8X

19.8本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mm

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7X

58.0本体サイズ:横:295mm、高さ:220mm、奥行:316mm

日立 ヘルシーシェフ MRO-VW1

29.8本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:322mm

日立 ヘルシーシェフ MRO-W10X

29.8本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:322mm

電子レンジランキング

カテゴリ一覧

人気電子レンジ

関連人気記事

新着情報