日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A の性能・機能レビュー

作成日時: 2022-08-01 17:36:29

 日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A を徹底評価

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8Aは、15.5kgの本体重量があり、ホワイト/ブラックの色で、50Hz/60Hzの電源周波数を持っています。さらに、縦開きドアや31Lの庫内容量、待機時消費電力がゼロであるという特徴を備えています。自動お手入れ機能や脱臭機能も備わっており、使い勝手が良いのが特徴です。

レンジの最大出力は1000Wあり、2品同時あたためが可能なのもポイントです。また、フラットテーブル方式であるため、庫内を有効に使うことができます。さらに、オーブン機能やグリル機能、ノンフライ機能、パン発酵機能、スチーム加熱機能を備えています。オーブンの最高温度は250℃、最低温度は100℃ということです。

スチームを使うときの水のセット方式はタンク式で、水を入れることで簡単にスチーム加熱ができます。また、自動お手入れ機能や脱臭機能が付いているため、清潔に使うことができます。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8Aは、幅広い機能を備えた優れた商品です。特に、スチーム加熱機能やパン発酵機能など、レンジとしては珍しい機能が揃っているため、料理をする上でのアイディアが広がります。ただし、31Lという容量は大きめで、場所をとるため、小さなキッチンには向いていないかもしれません。しかし、多機能で使い勝手がよく、忙しい生活においても大変便利なので、おすすめの商品です。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A についての詳細一覧

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A
画像日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A
本体サイズ横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mm
本体重量15.5kg
ホワイト/ブラック
電源周波数50Hz/60Hz
縦開きドア
庫内容量31L
待機時消費電力ゼロ
自動お手入れ機能
脱臭機能
レンジの最大出力1000W
2品同時あたため機能
フラットテーブル方式
オーブン機能
オーブンの最高温度250℃
オーブンの最低温度100℃
グリル機能
ノンフライ機能
パン発酵機能
スチーム加熱機能
スチームを使うときの水のセット方式タンク式
自動メニュー数116
対応レシピ数142

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A の特徴・特色に関する詳細

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A のオーブン機能に関する詳細評価について

オーブン機能について

オーブン機能を搭載している電子レンジはオーブン機能を利用できる為優れているかもしれません。幅広いジャンルの料理を作りたい人が使用するならおすすめといえそうです。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はオーブン機能を搭載している電子レンジです。1台で色々な調理方法が使えて、省スペースを実現できるため、この電子レンジは優れているといえなくもないでしょう。「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は時間の掛かる料理するような場合にオススメと思います。

オーブンの最高温度について

高いオーブンの最高温度の電子レンジはさまざまな調理に対応できるため優れた部類に入ると言えるでしょう。高火力で一気に焼き上げて調理するのにお勧めだと思います。

オーブンの最高温度について「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は250℃です。この電子レンジのオーブンの最高温度はほぼ同一と言えるでしょう。余熱時間の短縮ができたり、料理の幅が広がり時短調理をする時「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」で通常のケースであればおそらく十分と思います。

実際の「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はオーブンの最高温度という点からみたとき中程度と言った感じです。通常利用であればさほど困らないくらいであるため、特別とまでは言えないでしょう。

オーブンの最高温度評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A250℃50/100

オーブンの最低温度について

低いオーブンの最低温度の電子レンジは低温調理でローストビーフやヨーグルト、甘酒などを作ることができるので優れた部類に入ると思います。焼き目を作りたくない料理をする時に適していると言えるかもしれません。

オーブンの最低温度について「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は100℃です。これは普通のモノと比較するとほどよく低いオーブンの最低温度と言えます。低温調理やパンの発酵ができるので、この商品は比較的秀でているといえなくもありません。ローストビーフなどの低温調理をする時「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は向いていると思います。

オーブンの最低温度という点からみたときの「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」の使用感はどちらかといえば秀でているでしょう。そのためオーブンの最低温度という点で選ぶならこの電子レンジは一つの候補です。通常利用であれば不満を感じない水準ですが、こだわりが強い人はもう一つ上を考えてみてもいいのかもしれません。

オーブンの最低温度評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A100℃67/100

グリル機能について

グリル機能を搭載している電子レンジはヒーターで上下から表面を直接炙って使用できる点で優れた部類に入るといえなくもありません。料理を作ることを楽しみにしている人が楽しく料理をする時、向いているといえそうです。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はグリル機能を搭載している電子レンジです。そのためこの電子レンジはチキンや魚などをおいしく調理できる点において秀でてます。「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は魚、肉などのグリル調理をする場合にお勧めです。

ノンフライ機能について

ノンフライ機能を搭載している電子レンジは揚げ物をカリッとした食感に調理できる点で秀でていると言えるかもしれません。油を使わずに調理ができるので、ダイエット中の人が使用したいならおすすめです。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はノンフライ機能を搭載している電子レンジです。揚げ物調理後の片付けを簡単にできるという点でこの電子レンジはよいと言えるかもしれません。油が少ないため胃もたれしない、ヘルシー、口当たりを軽くしたいような時に「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はオススメだと思います。

パン発酵機能について

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はパン発酵機能を搭載している電子レンジです。

スチーム加熱機能について

蒸し物をふっくらと調理できるため、スチーム加熱機能を搭載している電子レンジは優れていると言えるかもしれません。とくに食材の水分を残したまま余分な脂を落とし、ヘルシーな調理をしたい時に適していると言えるかもしれません。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はスチーム加熱機能を搭載している電子レンジです。野菜の素材を活かすことができるのでこの電子レンジは秀でているといえなくもありません。「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は冷えて固くなったパンをふんわりと温め直ししたいような場合に適しています。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A の基本情報に関する詳細評価について

本体サイズについて

本体サイズが小さい電子レンジは狭いスペースに設置ができる点で優れています。場所をとらずに設置するときにおすすめです。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」の本体サイズは横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mmです。これはとても大きい部類に入る本体サイズです。

本体サイズ評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mm4/100

本体重量について

本体重量が軽い電子レンジはキャンプやアウトドアに持ち運んで、ポータブル電源と共に使用できるため、優れていると言えそうです。設置場所に困らず、持ち運びするような場合、お勧めです。

本体重量について「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は15.5kgです。これは標準的な電子レンジと比較してほぼ同じくらいでしょう。持ち運びし好きな場所で加熱するのに通常であれば「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」を選んでもたぶん大丈夫と思います。

本体重量という観点で見たとき「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は実のところまあまあな感じです。通常利用であればそれなりに使えるもののため、すごくよいとは言えないでしょう。少しでもストレスを感じずに使いたい人にとっては不十分である可能性が高く、もう一つ上の電子レンジを考えた方が良さそうです。

本体重量評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A15.5kg48/100

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A のレンジ性能について

レンジの最大出力について

レンジの最大出力が大きい電子レンジはより短時間で温めることができる点で良いと言えるかもしれません。予熱に必要な時間が短くなり、素早く表面を焼き上げたり、野菜の水分の蒸発を抑えた調理をするようなとき、お勧めと言えるでしょう。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」のレンジの最大出力は1000Wです。これはもの凄く大きいレンジの最大出力と言えます。調理済みの食材を短時間で温めることができるという点でこの商品は非常に優秀です。「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は一気に加熱し効率的に調理するならとてもおすすめです。

実の所の「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はレンジの最大出力という観点からみたときもの凄く優れていると言えるかもしれません。従ってこの電子レンジにする大きな判断材料の一つになります。

レンジの最大出力評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A1000W94/100

2品同時あたため機能について

それぞれ最適な状態に温めることができる為、2品同時あたため機能を搭載している電子レンジは優秀です。ご飯とおかずなど、温め時間の違う料理を同時に温めたい人が使用したいときに適していると言えそうです。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は2品同時あたため機能を搭載している電子レンジです。忙しい時でも2品をムラなく同時にあたためできるという点でこの電子レンジは秀でているかと思います。センサーを通して、2品ともむらなくそれぞれを最適な状態に温めるために使用するような場合「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は適しています。

フラットテーブル方式について

フラットテーブル方式を採用している電子レンジは大きめのの容器を入れて調理したり、汚れたら掃除しやすいつくりなので簡単に掃除できるという点で優れていそうです。ターンテーブルが無く、手入れが楽になるので手間なく使用したいような場合におすすめです。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はフラットテーブル方式を採用している電子レンジです。ターンテーブルが無いので簡単に掃除できるのでこの電子レンジは優秀です。「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は大皿料理を温めムラなく加熱するときにお勧めです。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A の設置方法の評価詳細

縦開きドアについて

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はドアが縦開きになっている電子レンジです。

便利機能を詳しく評価

自動メニュー数について

自動メニュー数について「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は116です。これはどちらかといえば多いほうの自動メニュー数でしょう。

自動メニュー数という点における「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は実の所どちらかといえば秀でていると言えるかもしれません。普通に使う分には不満を感じない水準ですが、もう少し多い自動メニュー数の電子レンジもあるためすごく優れているというわけではありません。

自動メニュー数評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A11662/100

対応レシピ数について

豊富なレシピに対応して調理できるため、多い対応レシピ数の電子レンジは優れているといえそうです。幅広く、いろんなお料理を調理する時におすすめと思います。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」の対応レシピ数は142です。これはほぼ同程度と言えます。例えば、レシピの選別に迷っているときでも、レシピ数が多いので最適な調理を選択するとき「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」で通常なら多分問題はないと思われます。

対応レシピ数という点についての実際「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は中程度といった感じです。通常利用であればあまり困らないもののため、この電子レンジが特段とまでは言えないでしょう。玄人には物足りなさを感じる可能性があり、もう一つ上を検討をお勧めします。

対応レシピ数評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A14247/100

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A の製品機能の徹底評価

庫内容量について

一度にたくさん温めたりお弁当など大きなものを温めることができるため、大きい庫内容量の電子レンジは優れた部類に入ると言えるかもしれません。大皿ごと温められたりと、家族で使用したいような場合にお勧めと思います。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」の庫内容量は31Lです。普通の電子レンジとくらべてこの電子レンジの庫内は割と大きいと言える電子レンジです。多くの食材を調理できる点でこの商品は割とよいといえなくもないでしょう。大きな容器で温めをするような時「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は比較的向いていると言えるかもしれません。

庫内容量という観点における実際のところ「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はどちらかと言うとよい部類に入るでしょう。従って庫内容量という観点で選ぶ場合においてこの電子レンジは比較的おすすめです。普通に使う分には不満を感じない水準ですが、全体ではワンランク上の電子レンジの電子レンジもあるため最高レベルとは言えないでしょう。

庫内容量評価
日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A31L63/100

待機時消費電力ゼロについて

消費電力の節約ができるため、待機時消費電力ゼロに対応している電子レンジは優れた部類に入るかと思います。温め後や使っていない時の消費電力が極めて少ないので電気代を抑えたりする場合適しています。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は待機時消費電力ゼロに対応している電子レンジです。電気代を節約することができる点においてこの電子レンジは良い部類に入ると言えそうです。「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は待機電力を節約したいような時におすすめと言えるかもしれません。

自動お手入れ機能について

手入れする手間を省き楽に使用できるといった点で自動お手入れ機能を搭載している電子レンジは秀でています。自動で高温のスチームを使ってニオイや汚れを落としやすくして庫内をきれいにしたいような時におすすめだと思います。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は自動お手入れ機能を搭載している電子レンジです。そのためこの電子レンジは庫内に水蒸気を充満させて汚れを浮かせることで、こびりついた汚れを拭きとりやすくすることができるという点でよいといえるかもしれません。手入れする手間を省き快適に使用するような場合「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」はお勧めといえるかもしれません。

脱臭機能について

脱臭機能を搭載している電子レンジはレンジの庫内を清潔にして使用できるため、優れていそうです。レンジ内に嫌な匂いが付きにくい為、快適に使用したい時に適していると言えるでしょう。

「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は脱臭機能を搭載している電子レンジです。そのため庫内の嫌な匂いを抑制できる点において優れているといえるかもしれません。「日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A」は脱臭をしたりしたい時にオススメです。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A を選ぶべき12つの理由

  • 上位レベルに位置づけられるほど大きいレンジの最大出力
    (549位/1420製品)
  • ドアが縦開きになっている
  • 待機時消費電力ゼロに対応している
  • 自動お手入れ機能を搭載している
  • 脱臭機能を搭載している
  • 2品同時あたため機能を搭載している
  • フラットテーブル方式を採用している
  • オーブン機能を搭載している
  • グリル機能を搭載している
  • ノンフライ機能を搭載している
  • パン発酵機能を搭載している
  • スチーム加熱機能を搭載している

日立 ヘルシーシェフ MRO-S8A の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。