シャープ PLAINLY RE-WF263 と シャープ RE-S1100 (2022) を比較。みんなが着目する観点ごとに詳しく解説しました!

作成日時: 2022-06-26 15:21:21

シャープ PLAINLY RE-WF263シャープ RE-S1100 (2022)
シャープ PLAINLY RE-WF263シャープ RE-S1100 (2022)

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF263」をくらべた時の違いを評価・比較。どう評価の違いがあるのか?詳細な部分の情報も含めて詳しく比較。

シャープ PLAINLY RE-WF263シャープ RE-S1100 (2022)
シャープ PLAINLY RE-WF263シャープ RE-S1100 (2022)
シャープ PLAINLY RE-WF263シャープ RE-S1100 (2022)
総合評価:
本体サイズrating-image1.2
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm
rating-image1.2
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm
本体重量rating-image1.9
18kg
rating-image1.9
18kg
レンジの最大出力rating-image4.7
1000W
rating-image4.7
1000W
オーブンの最高温度rating-image2.5
250℃
rating-image2.5
250℃
オーブンの最低温度rating-image1
110℃
rating-image1
110℃
自動メニュー数rating-image3.0
107
rating-image1.4
32

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

シャープ PLAINLY RE-WF263は、本体重量が18kgとやや重めですが、ピッタリ設置対応が左右どちらにもできるため、キッチンに合わせた設置が可能です。レンジの最大出力は1000Wで、グリルやトースト機能、さらにはオーブン機能も備えています。オーブンの最高温度は250℃、最低温度は110℃で、2段オーブン調理にも対応している点は高評価です。特に、スチーム加熱機能を使うときの水のセット方式が角皿式であるため、食材と調理器具を選ばず、手軽にスチーム調理ができる点はおすすめです。フラットテーブル方式を採用しており、お手入れも簡単です。待機時消費電力がゼロなのも、エコな面で評価できます。また、自動お手入れ機能や脱臭機能も搭載されており、衛生的で使い勝手がよい点も高評価です。色はホワイトかブラックから選ぶことができます。庫内容量は26Lで、十分な容量です。

シャープ RE-S1100 (2022)は、色はホワイトであり、本体重量が18kgです。ピッタリ設置対応が左右どちらにもできるため、キッチンのレイアウトに合わせた設置が可能です。レンジ最大出力は1000Wで、グリルやトースト機能、オーブン機能も搭載しています。オーブンの最高温度は250℃、最低温度は110℃です。パン発酵機能やスチーム加熱機能も備え、スチームを使うときの水のセット方式が角皿式である点は高評価です。フラットテーブル方式を採用しており、お手入れも簡単です。待機時消費電力がゼロである点はエコな面で評価できます。色はホワイトのみであり、庫内容量は不明です。

シャープ PLAINLY RE-WF263とシャープ RE-S1100 (2022)を比較すると、前者はブラックも選べる点があり、スチーム加熱機能を使う際の水のセット方式が角皿式である点が特におすすめ。また、自動お手入れ機能や脱臭機能も搭載されており、衛生的で使い勝手がよい点も高評価です。一方、後者は庫内容量が不明ですが、スチーム加熱機能を使う際の水のセット方式が角皿式であり、フラットテーブル方式を採用しているためお手入れが簡単です。どちらもレンジ最大出力は1000Wであるため、機能面において大差はありません。ただ、シャープ PLAINLY RE-WF263がブラックも選択可能な点、自動お手入れ機能や脱臭機能がある点が多くの人にとっては魅力的であると考えられます。

総合して、シャープ PLAINLY RE-WF263は、多機能性や使い勝手の良さ、スチーム加熱機能の角皿式セット方式など、多くの点で高評価です。以下、おすすめ度を5段階評価で示します。おすすめ度:★★★★★。

シャープ RE-S1100 (2022)については、庫内容量が不明な点が残りますが、スチーム加熱機能の水のセット方式が角皿式である点やフラットテーブル方式でお手入れが簡単である点など、一定の魅力があります。おすすめ度:★★★★。

特色や特性を「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」を徹底的にくらべる

オーブン機能についての評価比較

オーブン機能について

オーブン機能を搭載している電子レンジは高温で様々な調理ができるという点で良いでしょう。ローストチキンやビザ、クッキーなどオーブンで焼く調理をしたい人が使用したいような時に向いているといえるかもしれません。

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF263」もオーブン機能を搭載している電子レンジです。そのためどちらもオーブンを使った料理を作ることができるという点で優れているといえなくもないでしょう。本格的な手作りピザを調理するような場合どちらも向いています。

オーブンの最高温度について

予熱に必要な時間が短くなり、素早く表面を焼き上げたり、野菜の水分の蒸発を抑えた調理ができるという点で高いオーブンの最高温度の電子レンジは優秀と言えるでしょう。最高温度が高いほうが予熱に必要な時間が短くなるので、例えば、食品の素早く表面を焼き上げたり、パンなどを250度で処理するような時にオススメです。

「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」をオーブンの最高温度について比較すると「シャープ RE-S1100 (2022)」は250℃で「シャープ PLAINLY RE-WF263」は250℃です。「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もほぼ同程度の温度です。実用的な差は無いと思います。

ほかの視点から比較することをおすすめします。

オーブンの最高温度評価
シャープ PLAINLY RE-WF263
250℃50/100
シャープ RE-S1100 (2022)
250℃50/100

オーブンの最低温度について

オーブンの最低温度が低い電子レンジは熱によって形が崩れやすいロールパンなど形を保って加熱できるため、優れています。低温で調理をするこができるのでパンなどを焼いたり、お肉のうま味を逃がさずに料理する時に向いていると言えるかもしれません。

オーブンの最低温度を「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」を比較すると「シャープ PLAINLY RE-WF263」は110℃であり「シャープ RE-S1100 (2022)」は110℃です。「シャープ RE-S1100 (2022)」の温度は「シャープ PLAINLY RE-WF263」と同じくらいでしょう。実用的な差は無いでしょう。

オーブンの最低温度評価
シャープ PLAINLY RE-WF263
110℃10/100
シャープ RE-S1100 (2022)
110℃10/100

グリル機能について

グリルを使う料理を作ることができる点においてグリル機能を搭載している電子レンジは良いです。とくに魚を焼いたりするような場合に向いています。

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF263」もグリル機能を搭載している電子レンジです。焼き魚などを調理できる点で「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」も優れています。どちらも料理に美味しそうな焼き色をつけて調理するときにオススメと言えるでしょう。

トースト機能について

「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もトースト機能を搭載している電子レンジです。

パン発酵機能について

「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もパン発酵機能を搭載している電子レンジです。

スチーム加熱機能について

スチーム加熱機能を搭載している電子レンジは簡単にスチーム加熱料理を作ることができるといった点で優れていそうです。とくにスチーム機能によりふっくら調理したいようなときに向いています。

「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もスチーム加熱機能を搭載している電子レンジです。高温のスチームによりヘルシーに調理できる為、どちらも良いといえなくもないでしょう。「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もスチーム方式にて調理したいような時に適しているといえるかもしれません。

基本情報についての詳細比較

本体サイズについて

本体サイズが小さい電子レンジは設置場所の幅が選択できるので、優れているといえなくもないでしょう。狭い厨房などに設置する場合オススメだと思います。

本体サイズについて「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」を比較すると「シャープ RE-S1100 (2022)」は横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mmで「シャープ PLAINLY RE-WF263」は横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mmです。「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」はほとんど同一です。体感できるほどの差は無いと思います。

別の視点で比べるほうが良いでしょう。

本体サイズ評価
シャープ PLAINLY RE-WF263
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm23/100
シャープ RE-S1100 (2022)
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm23/100

本体重量について

持ち運びが容易なため、思い立った時に簡単にカスタマイズできるので、軽い本体重量の電子レンジは優秀です。場所の移動などで持ち運びをしたいならお勧めです。

本体重量を比べると「シャープ PLAINLY RE-WF263」は18kgに対して「シャープ RE-S1100 (2022)」は18kgです。「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」も違いがほぼゼロと言えます。実用上の差はゼロでしょう。

別の角度から選んだ方がよさそうです。

本体重量評価
シャープ PLAINLY RE-WF263
18kg38/100
シャープ RE-S1100 (2022)
18kg38/100

「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」の便利機能について

自動メニュー数について

「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」の自動メニュー数について比較すると「シャープ PLAINLY RE-WF263」は107で「シャープ RE-S1100 (2022)」は32です。「シャープ RE-S1100 (2022)」の自動メニュー数より「シャープ PLAINLY RE-WF263」の方が非常に多いです。

実際に使うことを想定したとき「シャープ RE-S1100 (2022)」と比べて「シャープ PLAINLY RE-WF263」はかなり秀でています。「シャープ PLAINLY RE-WF263」を選ぶ一つの重要な理由となると思います。

自動メニュー数評価
シャープ PLAINLY RE-WF263
10759/100
シャープ RE-S1100 (2022)
3228/100

レンジ性能について

レンジの最大出力について

予熱に必要な時間が短くなり、素早く表面を焼き上げたり、野菜の水分の蒸発を抑えた調理をできる点でレンジの最大出力が大きい電子レンジは優れているといえそうです。温め時間を短縮したいようなときに向いています。

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF263」のレンジの最大出力を比べると「シャープ PLAINLY RE-WF263」は1000Wに対して「シャープ RE-S1100 (2022)」は1000Wです。ほぼ違いはありません。体感的な差は無いかと思われます。

ほかの角度で比較した方がいいでしょう。

レンジの最大出力評価
シャープ PLAINLY RE-WF263
1000W94/100
シャープ RE-S1100 (2022)
1000W94/100

フラットテーブル方式について

フラットテーブル方式を採用している電子レンジは回転皿がない分、大きめの容器を入れることができるため優れているかもしれません。とくに大きめの容器を入れることができ、内部が汚れても簡単に拭き取って使用したいなら向いていると言えそうです。

「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もフラットテーブル方式を採用している電子レンジです。そのためどちらも中にターンテーブルがなく、庫内全体にマイクロ波を拡散して温めできる点で優れた部類に入るでしょう。電子レンジの庫内を最大限に使えるので、ムラなく温めたりしたい時にどちらも適しています。

「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」の製品機能に関する評価比較について

待機時消費電力ゼロについて

電気代の節約ができるため、待機時消費電力ゼロに対応している電子レンジは優れた部類に入るといえなくもありません。たとえば使用しない時には消費電力がかからないので節電をしたいときにお勧めと言えるでしょう。

「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」も待機時消費電力ゼロに対応している電子レンジです。そのため使用していないときの電気代を節約できる点においてどちらも良いです。待機時の消費電力がないため電気代を節約して使用するなら「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」も適していると言えるでしょう。

「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」の設置方法について

縦開きドアについて

「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もドアが縦開きになっている電子レンジです。

右側のピッタリ設置対応について

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF263」も本体の右側がピッタリ設置に対応している電子レンジです。

左側のピッタリ設置対応について

「シャープ PLAINLY RE-WF263」も「シャープ RE-S1100 (2022)」も本体の左側がピッタリ設置に対応している電子レンジです。

表で「シャープ PLAINLY RE-WF263」と「シャープ RE-S1100 (2022)」に関する情報概要を比べる

シャープ PLAINLY RE-WF263シャープ RE-S1100 (2022)
画像シャープ PLAINLY RE-WF263シャープ RE-S1100 (2022)
本体サイズ横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm
本体重量18kg18kg
ホワイト/ブラックホワイト
電源周波数50Hz/60Hz50Hz/60Hz
縦開きドア
ピッタリ設置対応(右)
ピッタリ設置対応(左)
庫内容量26L -
待機時消費電力ゼロ
自動お手入れ機能 -
脱臭機能 -
レンジの最大出力1000W1000W
フラットテーブル方式
オーブン機能
オーブンの最高温度250℃250℃
オーブンの最低温度110℃110℃
2段オーブン調理対応 -
グリル機能
ノンフライ機能 -
トースト機能
パン発酵機能
スチーム加熱機能
スチームを使うときの水のセット方式角皿式角皿式
コンベクション式加熱 -
自動メニュー数10732
対応レシピ数126 -

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

シャープ PLAINLY RE-WF263 の関連記事
シャープ RE-S1100 (2022) の関連記事

シャープ PLAINLY RE-WF263 と評価が同程度の電子レンジを探す

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

本体重量:13.1kg, 本体サイズ:横:328mm、高さ:206mm、奥行:355mm, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃

本体重量:18kg, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:246, 対応レシピ数:291

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:355mm、高さ:165mm、奥行:295mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:41, 対応レシピ数:34

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:94, 対応レシピ数:119

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:99, 対応レシピ数:137

本体重量:11kg, 本体サイズ:横:280mm、高さ:164mm、奥行:286mm, 庫内容量:16L, レンジの最大出力:850W, オーブンの最高温度:200℃, オーブンの最低温度:100℃

本体重量:17.5kg, 本体サイズ:横:378mm、高さ:201mm、奥行:309mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:36, 対応レシピ数:76

本体重量:17.5kg, 本体サイズ:横:378mm、高さ:201mm、奥行:309mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:37

本体重量:12.7kg, 本体サイズ:横:295mm、高さ:213mm、奥行:323mm, 庫内容量:22L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:78, 対応レシピ数:109

シャープ PLAINLY RE-WF263 の関連記事
シャープ RE-S1100 (2022) の関連記事

シャープ RE-S1100 (2022) と評価が同程度の電子レンジを探す

本体重量:17kg, 本体サイズ:横:398mm、高さ:232mm、奥行:330mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:104

本体重量:20kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:108, 対応レシピ数:198

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:124, 対応レシピ数:333

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

本体重量:13.1kg, 本体サイズ:横:328mm、高さ:206mm、奥行:355mm, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃

本体重量:18kg, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:246, 対応レシピ数:291

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:355mm、高さ:165mm、奥行:295mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:41, 対応レシピ数:34

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:94, 対応レシピ数:119

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:99, 対応レシピ数:137

電子レンジランキング

カテゴリ一覧

人気電子レンジ

関連人気記事

新着情報