シャープ RE-S1100 (2022) と シャープ RE-SS26B (2021) の違いや差は?詳しい特徴を広いポイントからまとめてみました

作成日時: 2022-05-01 14:25:27、更新日時: 2022-05-01 15:54:45

シャープ RE-S1100 (2022)シャープ RE-SS26B (2021)
シャープ RE-S1100 (2022)シャープ RE-SS26B (2021)

「シャープ RE-SS26B (2021)」と「シャープ RE-S1100 (2022)」についての特徴を徹底評価してみたしてみました。どういう点において異なるのでしょうか。情報の注目度から幅広い点から網羅。

シャープ RE-S1100 (2022)シャープ RE-SS26B (2021)
シャープ RE-S1100 (2022)シャープ RE-SS26B (2021)
総合評価:

41.1/100

(総合: 1327位)

41.1/100

(総合: 1328位)

本体サイズ
23/100
23/100
本体重量
38/100
38/100
レンジの最大出力
94/100
94/100
オーブンの最高温度
50/100
50/100
オーブンの最低温度
10/100
10/100
自動メニュー数
28/100
28/100

シャープ RE-S1100 (2022)とシャープ RE-SS26B (2021)は、両方とも本体重量が18kgでホワイト色です。電源周波数は50Hzまたは60Hzです。両方の電子レンジには縦開きドアがあります。また、ピッタリ設置対応(右)とピッタリ設置対応(左)も備わっています。待機時消費電力ゼロもあります。レンジの最大出力は1000Wで、フラットテーブル方式も使用できます。両方の電子レンジにはオーブン機能があり、最高温度は250℃、最低温度は110℃です。また、グリル機能、トースト機能、パン発酵機能、スチーム加熱機能も付いています。スチームを使うときの水のセット方式は角皿式です。

この2つの電子レンジは、使用方法が非常に簡単で、多数の機能があります。特に、スチーム加熱機能には優れたパフォーマンスがあり、出力も一定です。また、オーブン機能は広い範囲で使用でき、温度調整も簡単です。一方、デザインが少し単調なところがありますが、機能面での優れたパフォーマンスは、その点を補って余りあります。

全体的に、この2つの電子レンジは非常に素晴らしい製品であることがわかります。多数の機能を持っており、特にオーブン機能とスチーム加熱機能の優れたパフォーマンスが際立っています。このため、どちらの電子レンジも強くお勧めできます。

表で「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ RE-SS26B (2021)」に関する情報概要を比較する

シャープ RE-S1100 (2022)シャープ RE-SS26B (2021)
画像シャープ RE-S1100 (2022)シャープ RE-SS26B (2021)
本体サイズ横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm
本体重量18kg18kg
ホワイトホワイト
電源周波数50Hz/60Hz50Hz/60Hz
縦開きドア
ピッタリ設置対応(右)
ピッタリ設置対応(左)
待機時消費電力ゼロ
レンジの最大出力1000W1000W
フラットテーブル方式
オーブン機能
オーブンの最高温度250℃250℃
オーブンの最低温度110℃110℃
グリル機能
トースト機能
パン発酵機能
スチーム加熱機能
スチームを使うときの水のセット方式角皿式角皿式
自動メニュー数3232

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ RE-SS26B (2021)」のメリット・イマイチな点について徹底的に比較する

レンジ性能を評価する

レンジの最大出力について

レンジの最大出力が大きい電子レンジはより早く温めることができる為優秀な部類に入るといえるかもしれません。特により素早く調理するような場合にオススメだと思います。

「シャープ RE-SS26B (2021)」と「シャープ RE-S1100 (2022)」のレンジの最大出力を比べると「シャープ RE-S1100 (2022)」は1000Wに対して「シャープ RE-SS26B (2021)」は1000Wです。ほぼ違いはありません。体感的な差は無いかと思われます。

他の観点から選ぶほうがよさそうです。

レンジの最大出力評価
シャープ RE-S1100 (2022)
1000W94/100
シャープ RE-SS26B (2021)
1000W94/100

フラットテーブル方式について

安定してものを置くことができるという点でフラットテーブル方式を採用している電子レンジは優秀な部類に入ると言えそうです。大きめの容器で温めをするとき、向いています。

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」もフラットテーブル方式を採用している電子レンジです。そのためどちらも中にターンテーブルがなく、庫内全体にマイクロ波を拡散して温めできる点で優れた部類に入るでしょう。電子レンジの庫内を最大限に使えるので、ムラなく温めたりしたい時にどちらも適しています。

基本情報に関する評価比較について

本体サイズについて

コンパクトで置き場所に困らず快適に使用できる為、本体サイズが小さい電子レンジは優秀な部類に入るかもしれません。コンパクトなので省スペースで設置する時におすすめと言えるでしょう。

本体サイズについて比べると「シャープ RE-S1100 (2022)」は横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mmに対して「シャープ RE-SS26B (2021)」は横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mmです。「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ RE-SS26B (2021)」はほとんど同一です。体感できるほどの差は無いと思います。

別の視点で比べるほうが良いでしょう。

本体サイズ評価
シャープ RE-S1100 (2022)
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm23/100
シャープ RE-SS26B (2021)
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm23/100

本体重量について

軽い本体重量の電子レンジは力のない人でも設置できる点においてよいです。場所の移動などで持ち運びをしたいならお勧めです。

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ RE-SS26B (2021)」の本体重量を比べると「シャープ RE-S1100 (2022)」は18kgに対して「シャープ RE-SS26B (2021)」は18kgです。「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」も違いがほぼゼロと言えます。実用上の違いは無いと思います。

ほかの視点から選んだ方が良さそうです。

本体重量評価
シャープ RE-S1100 (2022)
18kg38/100
シャープ RE-SS26B (2021)
18kg38/100

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ RE-SS26B (2021)」の便利機能について

自動メニュー数について

自動メニュー数について「シャープ RE-SS26B (2021)」と「シャープ RE-S1100 (2022)」を比較すると「シャープ RE-SS26B (2021)」は32に対して「シャープ RE-S1100 (2022)」は32です。「シャープ RE-SS26B (2021)」も「シャープ RE-S1100 (2022)」も自動メニュー数の差がほぼ無いと言えます。実用上の違いはゼロでしょう。

自動メニュー数評価
シャープ RE-S1100 (2022)
3228/100
シャープ RE-SS26B (2021)
3228/100

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ RE-SS26B (2021)」の設置方法について

縦開きドアについて

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」もドアが縦開きになっている電子レンジです。

右側のピッタリ設置対応について

「シャープ RE-SS26B (2021)」も「シャープ RE-S1100 (2022)」も本体の右側がピッタリ設置に対応している電子レンジです。

左側のピッタリ設置対応について

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」も本体の左側がピッタリ設置に対応している電子レンジです。

オーブン機能についての評価比較

オーブン機能について

オーブン機能を搭載している電子レンジは高温で様々な調理ができるという点で良いでしょう。ローストチキンやビザ、クッキーなどオーブンで焼く調理をしたい人が使用したいような時に向いているといえるかもしれません。

「シャープ RE-SS26B (2021)」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もオーブン機能を搭載している電子レンジです。そのためどちらもオーブン料理にも対応できる点で優秀な部類に入るといえなくもありません。レンジ機能で料理に火を通した後そのままオーブン機能で焼き色をつけるなどする時に「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」も向いています。

オーブンの最高温度について

予熱に必要な時間が短くなり、素早く表面を焼き上げたり、野菜の水分の蒸発を抑えた調理ができるという点で高いオーブンの最高温度の電子レンジは優秀と言えるでしょう。短時間でスピーディーに調理したいような場合に適しています。

オーブンの最高温度について比較すると「シャープ RE-S1100 (2022)」は250℃であるのに対して「シャープ RE-SS26B (2021)」は250℃です。「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」もほぼ同程度の温度です。体感上の違いは無いと思われます。

別の観点で決めることをおすすめします。

オーブンの最高温度評価
シャープ RE-S1100 (2022)
250℃50/100
シャープ RE-SS26B (2021)
250℃50/100

オーブンの最低温度について

低いオーブンの最低温度の電子レンジは低い温度でじっくり調理できる点でよいです。低温調理やパンの発酵がするときに向いているといえそうです。

オーブンの最低温度について比べると「シャープ RE-S1100 (2022)」は110℃であり「シャープ RE-SS26B (2021)」は110℃です。「シャープ RE-SS26B (2021)」の温度は「シャープ RE-S1100 (2022)」と同じくらいでしょう。実用上の差はゼロと思います。

他の角度で選択するほうが良さそうです。

オーブンの最低温度評価
シャープ RE-S1100 (2022)
110℃10/100
シャープ RE-SS26B (2021)
110℃10/100

グリル機能について

グリル機能を搭載している電子レンジは肉や魚を焼き上げることができるという点でよい部類に入るといえなくもないでしょう。とくに焼き魚などを調理するときお勧めだと思います。

「シャープ RE-SS26B (2021)」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もグリル機能を搭載している電子レンジです。焼き魚などを調理できる点で「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」も優れています。温度設定をする必要がなく、使い始めるとすぐに熱を持たせて使用するような場合に「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」もオススメだと思います。

トースト機能について

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」もトースト機能を搭載している電子レンジです。

パン発酵機能について

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」もパン発酵機能を搭載している電子レンジです。

スチーム加熱機能について

蒸しながら加熱できるといった点でスチーム加熱機能を搭載している電子レンジは優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。野菜を調理したりするような時におすすめといえそうです。

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」もスチーム加熱機能を搭載している電子レンジです。あたためた水蒸気を利用し、食材の中まで火を通したり、食材表面の乾燥を防ぐことができるため、どちらも優れているといえなくもありません。「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」も水蒸気で全体を包むように加熱するような場合にお勧めと言えるかもしれません。

製品機能に関する比較詳細について

待機時消費電力ゼロについて

電気代の節約ができるため、待機時消費電力ゼロに対応している電子レンジは優れた部類に入るといえなくもありません。操作時や使用時以外に本体に電力を流さないため、使っていない時間の電気代を節約したいような場合に向いています。

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」も待機時消費電力ゼロに対応している電子レンジです。節電しエコに使用できるという点で「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ RE-SS26B (2021)」も秀でているかと思います。どちらも一定時間たつと自動的に電源がオフに切り替わるので無駄な電力の消費を抑えて調理するような時にお勧めだと思います。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

シャープ RE-S1100 (2022) の関連記事
シャープ RE-SS26B (2021) の関連記事

シャープ RE-S1100 (2022) と評価が同程度の電子レンジを探す

東芝 石窯ドーム ER-XD3000(K)

本体重量:20kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:108, 対応レシピ数:198

東芝 石窯ドーム ER-XD3000(W)

本体重量:20kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:108, 対応レシピ数:198

東芝 石窯ドーム ER-XD5000

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:124, 対応レシピ数:333

東芝 石窯ドーム ER-XD7000

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

東芝 石窯ドーム ER-XD7000(K)

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

東芝 石窯ドーム ER-XD7000(W)

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

シャープ PLAINLY RE-WF183

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:355mm、高さ:165mm、奥行:295mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:41, 対応レシピ数:34

シャープ PLAINLY RE-WF233

本体重量:15kg, 本体サイズ:横:374mm、高さ:180mm、奥行:310mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:62, 対応レシピ数:56

シャープ PLAINLY RE-WF263

本体重量:18kg, 本体サイズ:横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:107, 対応レシピ数:126

東芝 石窯オーブン ER-X60

本体重量:13kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:173mm、奥行:320mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:69, 対応レシピ数:80

東芝 石窯ドーム ER-XD70

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:94, 対応レシピ数:119

東芝 石窯ドーム ER-XD80

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:99, 対応レシピ数:137

もっと見る ▼

シャープ RE-S1100 (2022) の関連記事
シャープ RE-SS26B (2021) の関連記事

シャープ RE-SS26B (2021) と評価が同程度の電子レンジを探す

アイリスオーヤマ MS-F2601

本体重量:18kg, 本体サイズ:横:390mm、高さ:190mm、奥行:305mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:108

日立 ヘルシーシェフ MRO-JT231

本体重量:13.5kg, 本体サイズ:横:295mm、高さ:220mm、奥行:316mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:30

アイリスオーヤマ MO-F1809

本体重量:15kg, 本体サイズ:横:280mm、高さ:180mm、奥行:292mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:500W, オーブンの最高温度:200℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:11

コイズミ KOR-1603 (2021)

本体重量:13kg, 本体サイズ:横:263mm、高さ:176mm、奥行:316mm, 庫内容量:16L, レンジの最大出力:500W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:28

コイズミ KOR-1802 (2021)

本体重量:12.5kg, 本体サイズ:横:353mm、高さ:168mm、奥行:293mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:800W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:36

もっと見る ▼

電子レンジランキング

カテゴリ一覧

人気電子レンジ

関連人気記事

新着情報