シャープ RE-S1100 (2022) と シャープ PLAINLY RE-WF262 を比較。みんなが着目する観点ごとに詳しく解説しました!

作成日時: 2022-05-01 15:10:40

シャープ RE-S1100 (2022)シャープ PLAINLY RE-WF262
シャープ RE-S1100 (2022)シャープ PLAINLY RE-WF262

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」について情報の関心度から得点をつけて評価してみました。どっちの評価がよいのかを評価します。「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」のどっちを選んだらいいのかについて選ぶことに慣れていない人でも分かるように説明します。

シャープ RE-S1100 (2022)シャープ PLAINLY RE-WF262
シャープ RE-S1100 (2022)シャープ PLAINLY RE-WF262
シャープ RE-S1100 (2022)シャープ PLAINLY RE-WF262
総合評価:
本体サイズrating-image1.2
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm
rating-image1.2
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm
本体重量rating-image1.9
18kg
rating-image1.9
18kg
レンジの最大出力rating-image4.7
1000W
rating-image4.7
1000W
オーブンの最高温度rating-image2.5
250℃
rating-image2.5
250℃
オーブンの最低温度rating-image1
110℃
rating-image1
110℃
自動メニュー数rating-image1.4
32
rating-image3.0
106

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

シャープ RE-S1100 (2022)は、本体重量が18kgであり、色はホワイトです。電源周波数は50Hz/60Hzで、縦開きドアがあります。ピッタリ設置対応(右)とピッタリ設置対応(左)もあります。また、待機時消費電力がゼロで、エコな仕様となっています。レンジの最大出力は1000Wで、フラットテーブル方式も採用されています。オーブン機能もあり、最高温度は250℃、最低温度は110℃です。グリル機能も搭載されており、トースト機能やパン発酵機能、さらにはスチーム加熱機能もあります。スチームを使うときの水のセット方式は角皿式です。

シャープ PLAINLY RE-WF262は、シャープ RE-S1100 (2022)と同じく本体重量が18kgで、電源周波数は50Hz/60Hzです。縦開きドアがあり、ピッタリ設置対応(右)とピッタリ設置対応(左)もあります。このモデルの特徴としては、ブラックとホワイトというカラーバリエーションがあることや26Lの庫内容量があります。待機時消費電力がゼロで、脱臭機能も搭載されています。レンジの最大出力は1000Wで、フラットテーブル方式を採用していて、オーブン機能も搭載されており、最高温度は250℃、最低温度は110℃です。2段オーブン調理に対応しており、グリル機能、ノンフライ機能、トースト機能、パン発酵機能、スチーム加熱機能もあり、スチームを使うときの水のセット方式は角皿式です。さらに、コンベクション式加熱も加わりました。

どちらの商品も、魅力的なスペックが揃っています。それぞれのモデルによって異なる点はありますが、オーブン機能やスチーム加熱機能など、様々な用途に合った機能が搭載されているため、大変使い勝手がよく、とても便利です。また、レンジの最大出力が1000Wとしっかりしているため、料理に必要な時間も短縮できます。

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」に関する詳細一覧

シャープ RE-S1100 (2022)シャープ PLAINLY RE-WF262
画像シャープ RE-S1100 (2022)シャープ PLAINLY RE-WF262
本体サイズ横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm
本体重量18kg18kg
ホワイトブラック/ホワイト
電源周波数50Hz/60Hz50Hz/60Hz
縦開きドア
ピッタリ設置対応(右)
ピッタリ設置対応(左)
庫内容量 - 26L
待機時消費電力ゼロ
脱臭機能 -
レンジの最大出力1000W1000W
フラットテーブル方式
オーブン機能
オーブンの最高温度250℃250℃
オーブンの最低温度110℃110℃
2段オーブン調理対応 -
グリル機能
ノンフライ機能 -
トースト機能
パン発酵機能
スチーム加熱機能
スチームを使うときの水のセット方式角皿式角皿式
コンベクション式加熱 -
自動メニュー数32106
対応レシピ数 - 125

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」の特色や特性について詳細に比較してみた

製品機能についての比較詳細

待機時消費電力ゼロについて

電気代の節約ができるため、待機時消費電力ゼロに対応している電子レンジは優れた部類に入るといえなくもありません。たとえば使用しない時には消費電力がかからないので節電をしたいときにお勧めと言えるでしょう。

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」も待機時消費電力ゼロに対応している電子レンジです。節電しエコに使用できるという点で「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」も秀でているかと思います。「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」も電気代を節約して使用したいなら向いています。

オーブン機能についての評価比較

オーブン機能について

温め以外に、スチーム、グリル、オーブンなどの機能で、焼く、蒸す、揚げる、炒める、煮る調理ができるという点でオーブン機能を搭載している電子レンジは秀でていると思います。ローストチキンやビザ、クッキーなどオーブンで焼く調理をしたい人が使用したいような時に向いているといえるかもしれません。

「シャープ PLAINLY RE-WF262」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もオーブン機能を搭載している電子レンジです。そのためどちらもオーブン料理にも対応できる点で優秀な部類に入るといえなくもありません。レンジ機能で料理に火を通した後そのままオーブン機能で焼き色をつけるなどする時に「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」も向いています。

オーブンの最高温度について

高火力で一気に焼き上げて調理できるため、高いオーブンの最高温度の電子レンジは優秀な部類に入ると思います。特に料理の時短ができたりお店のような出来上がりを実現したいような場合にオススメだと思います。

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」をオーブンの最高温度について比較すると「シャープ PLAINLY RE-WF262」は250℃で「シャープ RE-S1100 (2022)」は250℃です。「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」もほぼ同程度の温度です。体感上の違いは無いと思われます。

オーブンの最高温度評価
シャープ RE-S1100 (2022)
250℃50/100
シャープ PLAINLY RE-WF262
250℃50/100

オーブンの最低温度について

オーブンの最低温度が低い電子レンジは熱によって形が崩れやすいロールパンなど形を保って加熱できるため、優れています。低温調理やパンの発酵がするときに向いているといえそうです。

オーブンの最低温度について比べると「シャープ RE-S1100 (2022)」は110℃であり「シャープ PLAINLY RE-WF262」は110℃です。「シャープ PLAINLY RE-WF262」の温度は「シャープ RE-S1100 (2022)」と同じくらいでしょう。実用上の差はゼロと思います。

別の視点から比較するほうがよいでしょう。

オーブンの最低温度評価
シャープ RE-S1100 (2022)
110℃10/100
シャープ PLAINLY RE-WF262
110℃10/100

グリル機能について

グリル機能を搭載している電子レンジは肉や魚を焼き上げることができるという点でよい部類に入るといえなくもないでしょう。とくに焼き魚などを調理するときお勧めだと思います。

「シャープ PLAINLY RE-WF262」も「シャープ RE-S1100 (2022)」もグリル機能を搭載している電子レンジです。焼き魚などを調理できる点で「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」も優れています。「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」も微妙な熱加減で野菜や肉などを上手く調理できるので、パプリカやズッキーニなどの西洋野菜と合わせた肉の焼き料理を焦げ付かせずに調理したいなら向いています。

トースト機能について

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」もトースト機能を搭載している電子レンジです。

パン発酵機能について

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」もパン発酵機能を搭載している電子レンジです。

スチーム加熱機能について

蒸しながら加熱できるといった点でスチーム加熱機能を搭載している電子レンジは優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。野菜を調理したりするような時におすすめといえそうです。

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」もスチーム加熱機能を搭載している電子レンジです。蒸し料理が簡単にできるので「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」も優れているといえそうです。「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」も水蒸気を使って食品を加熱するので、余分な塩分や油などを除去したヘルシーな調理や、中華まんのあたため、茶碗蒸しの調理をしたいような場合に向いています。

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」のレンジ性能について

レンジの最大出力について

レンジの最大出力が大きい電子レンジはより早く温めることができる為優秀な部類に入るといえるかもしれません。特により素早く調理するような場合にオススメだと思います。

レンジの最大出力について比較すると「シャープ RE-S1100 (2022)」は1000Wであり「シャープ PLAINLY RE-WF262」は1000Wです。「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」はほぼ同じです。体感的な違いはゼロかと思われます。

別の観点で選択することをおすすめします。

レンジの最大出力評価
シャープ RE-S1100 (2022)
1000W94/100
シャープ PLAINLY RE-WF262
1000W94/100

フラットテーブル方式について

フラットテーブル方式を採用している電子レンジは回転皿がない分、大きめの容器を入れることができるため優れているかもしれません。大きめの容器で温めをするとき、向いています。

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」もフラットテーブル方式を採用している電子レンジです。そのためどちらも中にターンテーブルがなく、庫内全体にマイクロ波を拡散して温めできる点で優れた部類に入るでしょう。電子レンジの庫内を最大限に使えるので、ムラなく温めたりしたい時にどちらも適しています。

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」の設置方法を徹底的にくらべる

縦開きドアについて

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」もドアが縦開きになっている電子レンジです。

右側のピッタリ設置対応について

「シャープ PLAINLY RE-WF262」も「シャープ RE-S1100 (2022)」も本体の右側がピッタリ設置に対応している電子レンジです。

左側のピッタリ設置対応について

「シャープ RE-S1100 (2022)」も「シャープ PLAINLY RE-WF262」も本体の左側がピッタリ設置に対応している電子レンジです。

基本情報について

本体サイズについて

本体サイズが小さい電子レンジは設置場所の幅が選択できるので、優れているといえなくもないでしょう。コンパクトなので省スペースで設置する時におすすめと言えるでしょう。

本体サイズについて比較すると「シャープ PLAINLY RE-WF262」は横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mmであり「シャープ RE-S1100 (2022)」は横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mmです。「シャープ PLAINLY RE-WF262」のサイズは「シャープ RE-S1100 (2022)」とほとんど同程度でしょう。体感できるほどの差は無いと思います。

別の観点を見て比較する方がいいでしょう。

本体サイズ評価
シャープ RE-S1100 (2022)
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm23/100
シャープ PLAINLY RE-WF262
横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm23/100

本体重量について

軽い本体重量の電子レンジは力のない人でも設置できる点においてよいです。場所の移動などで持ち運びをしたいならお勧めです。

「シャープ PLAINLY RE-WF262」と「シャープ RE-S1100 (2022)」を本体重量を比べると「シャープ PLAINLY RE-WF262」は18kgであり「シャープ RE-S1100 (2022)」は18kgです。「シャープ PLAINLY RE-WF262」の重量は「シャープ RE-S1100 (2022)」と同程度です。実用的な違いはありません。

他の視点から選択するほうがよいでしょう。

本体重量評価
シャープ RE-S1100 (2022)
18kg38/100
シャープ PLAINLY RE-WF262
18kg38/100

「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」の便利機能に関する徹底比較について

自動メニュー数について

自動メニュー数について「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」を比較すると「シャープ RE-S1100 (2022)」は32であるのに対して「シャープ PLAINLY RE-WF262」は106です。「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」は非常に違いがあります。「シャープ PLAINLY RE-WF262」は「シャープ RE-S1100 (2022)」と比較してとても自動メニュー数が多いです。

実際に使うことを想定したとき「シャープ RE-S1100 (2022)」と「シャープ PLAINLY RE-WF262」の体感上の差はとても大きいです。「シャープ PLAINLY RE-WF262」を選ぶ一つの重要な理由となると思います。

自動メニュー数評価
シャープ RE-S1100 (2022)
3228/100
シャープ PLAINLY RE-WF262
10659/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

シャープ RE-S1100 (2022) の関連記事
シャープ PLAINLY RE-WF262 の関連記事

シャープ RE-S1100 (2022) と評価が同程度の電子レンジを探す

本体重量:17kg, 本体サイズ:横:398mm、高さ:232mm、奥行:330mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:104

本体重量:20kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:108, 対応レシピ数:198

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:124, 対応レシピ数:333

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:490, 対応レシピ数:510

本体重量:13.1kg, 本体サイズ:横:328mm、高さ:206mm、奥行:355mm, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃

本体重量:18kg, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:246, 対応レシピ数:291

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:355mm、高さ:165mm、奥行:295mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:41, 対応レシピ数:34

本体重量:18kg, 本体サイズ:横:388mm、高さ:216mm、奥行:304mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:107, 対応レシピ数:126

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:94, 対応レシピ数:119

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:99, 対応レシピ数:137

シャープ RE-S1100 (2022) の関連記事
シャープ PLAINLY RE-WF262 の関連記事

シャープ PLAINLY RE-WF262 と評価が同程度の電子レンジを探す

本体重量:13.5kg, 本体サイズ:横:295mm、高さ:213mm、奥行:323mm, 庫内容量:22L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:72, 対応レシピ数:119

本体重量:15.5kg, 本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mm, 庫内容量:31L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:97, 対応レシピ数:144

本体重量:12.6kg, 本体サイズ:横:299mm、高さ:199mm、奥行:350mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:4, 対応レシピ数:28

本体重量:10kg, 本体サイズ:横:273mm、高さ:181mm、奥行:315mm, 庫内容量:17L, レンジの最大出力:900W, 自動メニュー数:4

本体重量:16kg, 本体サイズ:横:374mm、高さ:180mm、奥行:310mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:67, 対応レシピ数:63

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:355mm、高さ:165mm、奥行:295mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:40, 対応レシピ数:35

本体重量:12.4kg, 本体サイズ:横:328mm、高さ:176mm、奥行:295mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:700W

本体重量:22.5kg, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, 対応レシピ数:295

本体重量:19.3kg, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, 対応レシピ数:144

本体重量:33.5kg, 庫内容量:51L, オーブンの最高温度:300℃

本体重量:21kg, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, 自動メニュー数:470, 対応レシピ数:500

電子レンジランキング

カテゴリ一覧

人気電子レンジ

関連人気記事

新着情報