石窯ドーム ER-WD3000 と ヘルシーシェフ MRO-W1Z を徹底比較。詳細な特徴を完全網羅!

作成日時: 2021-06-06 15:50:37、更新日時: 2021-10-20 16:16:13

ヘルシーシェフ MRO-W1Z石窯ドーム ER-WD3000
ヘルシーシェフ MRO-W1Z石窯ドーム ER-WD3000

「石窯ドーム ER-WD3000」と「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」を比較したときの評価の違いや差はどれくらいあるのでしょうか?どっちがいいのかを徹底評価。どっちの電子レンジにした方がいいのか悩んでいる人は今すぐチェック!

ヘルシーシェフ MRO-W1Z石窯ドーム ER-WD3000
ヘルシーシェフ MRO-W1Z石窯ドーム ER-WD3000
総合評価:

74.9/100

(総合: 57位)

60.4/100

(総合: 319位)

本体重量
38/100
32/100
庫内容量
61/100
61/100
レンジの最大出力
94/100
94/100
オーブンの最高温度
90/100
90/100
オーブンの最低温度
67/100
67/100
自動メニュー数
97/100
68/100
対応レシピ数
74/100
58/100

「石窯ドーム ER-WD3000」より「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」を選ぶべき理由

  • かなり軽い重量
    38.6点(563位) vs 33点(663位)
  • 凄く多い自動調理可能なメニュー数
    97.8点(60位) vs 68.6点(119位)
  • 非常に多い掲載されているレシピ数
    74.7点(81位) vs 58.5点(129位)
  • 脱臭機能を搭載している
  • スマホと連携できる

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」より「石窯ドーム ER-WD3000」を選ぶべき理由

  • 待機時に電力を消費しない
  • 自動お手入れ機能で庫内の汚れを落とせる
  • 熱風循環によって食材が元々持っている油で揚げた様な状態にできるノンフライ機能を搭載している
  • 電子レンジ発酵を使ってパン作りができる

優れた点や微妙な点を「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と「石窯ドーム ER-WD3000」を詳細に評価する

オーブン機能に関する「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と「石窯ドーム ER-WD3000」の比較

オーブン機能について

オーブン機能を搭載している電子レンジは食材を焼く機能が付いているので、パンや焼き菓子など調理の幅を広げることができるため、優れてます。長時間焼成が必要なグラタンやローストチキン・お菓子作り等をしたいような場合にオススメだと思います。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」もオーブン機能を搭載している電子レンジです。料理の温めだけでなく、パンやピザを焼くなどの調理もすることができるといった点でどちらもよいと言えるかもしれません。ケーキを焼くなどのお菓子作りをするような時、どちらも適しています。

オーブンの最高温度について

オーブンの最高温度が高い電子レンジは短時間で火を通したり、温めることができるという点で優秀です。様々な調理や焼き目をつけた料理をするような場合に適していると言えるかもしれません。

オーブンの最高温度について「石窯ドーム ER-WD3000」と「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」を比べると「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は300℃で「石窯ドーム ER-WD3000」は300℃です。「石窯ドーム ER-WD3000」も「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も温度についての差はほぼゼロです。感覚的にわかるほどの差は無いかと思われます。

別の視点から決めることをおすすめします。

オーブンの最高温度評価
ヘルシーシェフ MRO-W1Z
300℃90/100
石窯ドーム ER-WD3000
300℃90/100

オーブンの最低温度について

煮込みなど低温でじっくり調理したほうがいいメニューを美味しくできる点でオーブンの最低温度が低い電子レンジは良いかもしれません。じっくり火を通す調理をしたいような時に向いています。

オーブンの最低温度について「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と「石窯ドーム ER-WD3000」を比べると「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は100℃であり「石窯ドーム ER-WD3000」は100℃です。「石窯ドーム ER-WD3000」も「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」もほぼ同じと言えます。体感的な違いはゼロです。

ほかの視点から選んだ方がよさそうです。

オーブンの最低温度評価
ヘルシーシェフ MRO-W1Z
100℃67/100
石窯ドーム ER-WD3000
100℃67/100

2段オーブン調理対応について

一度に多くの料理を焼くことができる点において2段オーブン調理に対応している電子レンジは秀でているといえるかもしれません。通常の2倍の量を一度に焼成できる為、大量にクッキーやマドレーヌ等を調理したいような場合におすすめだと思います。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」も2段オーブン調理に対応している電子レンジです。クッキーやパンなどを一度にたくさん焼くことができるので、どちらも優秀といえるかもしれません。沢山の量を一度に調理する場合や何種類かの食材を一度に調理したいようなときにどちらもお勧めです。

グリル機能について

鶏肉の皮などをパリっとした食感に焼き上げることができるという点でグリル機能を搭載している電子レンジは優秀です。たとえばこんがり焼き目をつけられるので、グラタン調理などをしたいなら適しているといえるかもしれません。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」もグリル機能を搭載している電子レンジです。手軽に焼き料理を作ることができる点においてどちらも秀でています。こんがりと焼き色を付けたい肉料理やハンバーグを調理するような時に「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」もオススメと言えそうです。

トースト機能について

トーストを焼ける電子レンジは電子レンジを使ってトーストを焼くことができる為優れているといえそうです。トースターを持ってない人がトーストを調理したいときに向いていると思います。

「石窯ドーム ER-WD3000」も「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」もトーストを焼ける電子レンジです。そのためレンジもトースターも使いたいけれど、2台も置くスペースがない人が、トーストを焼くことができるといった点で「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」も秀でていると言えそうです。別にトースターを買う必要がないためキッチンスペースの節約やキッチン家電を揃えるコストを少なくしたい人が使用する時に「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」もオススメと言えそうです。

スチーム加熱機能について

スチーム方式による加熱に対応している電子レンジは蒸し料理を美味しく作ることができる為、優れているといえなくもないでしょう。とくに温めるだけでなく蒸す調理をするような場合、お勧めだと思います。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」もスチーム方式による加熱に対応している電子レンジです。料理をふっくらと温める事ができるといった点で「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」も優れていると言えそうです。どちらもスチームの量や温度などを調整することができ、温めから解凍まで幅広く調理したいような場合にオススメです。

コンベクション式加熱について

庫内のファンで熱風を循環させて、ムラなく食材を加熱できるので、コンベクション方式による加熱に対応している電子レンジは優れているといえなくもありません。高温でムラなくあたためたりするならオススメです。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」もコンベクション方式による加熱に対応している電子レンジです。そのため食材をムラなく加熱することができる点においてどちらもよいといえそうです。ムラなく食材を加熱することができるので、焼き残しなどを防ぎ、食中毒などを予防するような場合、どちらも向いています。

基本情報についての徹底比較

本体重量について

女性でも簡単に持ち運んで使用できるといった点で重量が軽い電子レンジは優れていると言えるでしょう。たとえば女性でも楽に運んだりするようなときおすすめと言えそうです。

重量を「石窯ドーム ER-WD3000」と「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」を比較すると「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は18kgに対して「石窯ドーム ER-WD3000」は20kgです。わずかな違いしかありません。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」の方が「石窯ドーム ER-WD3000」よりも多少重量が軽いです。耐荷重の少ないラックでも上に設置して使用できるため「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」の方が「石窯ドーム ER-WD3000」よりも多少はよいでしょう。負担なく楽に場所を移動する時、実用上の差はほぼ無いだろうと思います。

本体重量評価
ヘルシーシェフ MRO-W1Z
18kg38/100
石窯ドーム ER-WD3000
20kg32/100

レンジ性能について

レンジの最大出力について

レンジの最大出力が大きい電子レンジは調理時間を短くできるため、効率的に利用できるため優秀です。とくに高温で短時間で料理を加熱するような時に適しているといえるかもしれません。

レンジの最大出力について比較すると「石窯ドーム ER-WD3000」は1000Wであるのに対して「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は1000Wです。ほぼ違いは無いです。実用的な違いはゼロと思われます。

他の観点から選んだほうがよさそうです。

レンジの最大出力評価
ヘルシーシェフ MRO-W1Z
1000W94/100
石窯ドーム ER-WD3000
1000W94/100

フラットテーブル方式について

ムラなくあたためることができるという点でフラットテーブル式で温められる電子レンジは優れていると言えるでしょう。たとえば庫内が広く使えるので、大きめの食品を温めて調理したいならオススメと言えるでしょう。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」もフラットテーブル式で温められる電子レンジです。ムラなく温めることができるのでどちらも優れていると言えるかもしれません。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」も底がフラットなので庫内を最大限に使用でき、回転しているアンテナから出るマイクロ波が食材を回さなくても全体に行き渡るため温めムラが少なく加熱するような時にオススメです。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と「石窯ドーム ER-WD3000」の設置方法についての徹底比較

縦開きドアについて

使う人が左右どちらの利き腕でも便利に使用できる点でドアが縦開きになっている電子レンジは優れてます。左右にスペースが無い場所でも設置したいような場合に向いていると言えるでしょう。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」もドアが縦開きになっている電子レンジです。そのため左右にスペースが無い場所でも設置できる点でどちらも良いでしょう。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」も横開きの物と違い手前にドアを開けられるので左右のスペースが空いていないところでも設置したいようなときにオススメです。

右側のピッタリ設置対応について

本体の右側を壁にくっつけて設置できる電子レンジは温度調整、火事防止ができるため優れています。キッチン内のスペースを有効活用したい時に使用するような時に向いています。

「石窯ドーム ER-WD3000」も「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も本体の右側を壁にくっつけて設置できる電子レンジです。そのため左側にコンセントがある場合など、左側の空いたスペースを有効活用できる点において「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」も秀でているといえるかもしれません。どちらも小さい棚などの狭いスペースでも壁までの距離を気にせずに電子レンジを設置するならオススメだと思います。

左側のピッタリ設置対応について

本体の左側を壁にくっつけて設置できる電子レンジは壁に設置する事で、冷蔵庫の上やキッチン台のスペースに余白できるため優れてます。左側にある熱に弱い壁横に置けたり、熱に弱いものを置いたりするようなときに適しています。

「石窯ドーム ER-WD3000」も「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も本体の左側を壁にくっつけて設置できる電子レンジです。そのため廃熱を考えて設置する必要がなく使用スペースを減らすことができる点でどちらも優秀です。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」も「石窯ドーム ER-WD3000」も狭いスペースを利用し壁のぎりぎりに設置したいような時にオススメです。

便利機能についての徹底比較

自動メニュー数について

多い自動調理可能なメニュー数の電子レンジは手間のかからない料理を数多く調理できる点において良いです。手間をかけずに色々な調理をしたいような時にオススメです。

自動調理可能なメニュー数を比較すると「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は244であり「石窯ドーム ER-WD3000」は134です。「石窯ドーム ER-WD3000」と「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」はかなり違いがあります。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」の自動メニュー数は「石窯ドーム ER-WD3000」よりかなり多いです。沢山のメニューをボタンを押すだけで食材の量や温度を自動認識して最適なできあがりに調理できるので料理のレパートリーを増やすことができる為「石窯ドーム ER-WD3000」より「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」の方が大変優れているといえなくもありません。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は「石窯ドーム ER-WD3000」より料理のレパートリーが豊富なため、出来加減を好みに合わせて調整して食材を調理したい時におすすめです。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」を選ぶための重要な判断材料の一つとなるでしょう。

自動メニュー数評価
ヘルシーシェフ MRO-W1Z
24497/100
石窯ドーム ER-WD3000
13468/100

対応レシピ数について

数多くのメニューを電子レンジを参考に調理できるため、多い掲載されているレシピ数の電子レンジは優秀といえるかもしれません。とくにレンジを利用して様々な調理をする時に向いています。

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と「石窯ドーム ER-WD3000」の掲載されているレシピ数について比較すると「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は289に対して「石窯ドーム ER-WD3000」は197です。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と「石窯ドーム ER-WD3000」の差はややあります。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」のレシピ数は「石窯ドーム ER-WD3000」と比較してやや多いです。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は料理がマンネリ化しているときなど新しいメニューに調整できるといった点で「石窯ドーム ER-WD3000」よりも比較的よいと言えるでしょう。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は「石窯ドーム ER-WD3000」より気軽に新しい料理を挑戦するならどちらかといえば向いています。

実際の利用を考えると「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と「石窯ドーム ER-WD3000」は体感値としてやや大きい違いがあります。「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」の方が良いです。一方で決め手になるほどの違いはないでしょう。

対応レシピ数評価
ヘルシーシェフ MRO-W1Z
28974/100
石窯ドーム ER-WD3000
19758/100

「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と「石窯ドーム ER-WD3000」の製品機能を詳細に比較

庫内容量について

内部の広さが広い電子レンジは複数の食材を同時に温めることができるため、優れてます。例えば一度にたくさんのものを温めたり、調理したりできるので、手間を省き電気代を節約するような場合に適しています。

内部の広さを比べると「石窯ドーム ER-WD3000」は30Lであり「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」は30Lです。「石窯ドーム ER-WD3000」の広さは「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と同じくらいです。体感上の違いはゼロでしょう。

庫内容量評価
ヘルシーシェフ MRO-W1Z
30L61/100
石窯ドーム ER-WD3000
30L61/100

表で「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」と「石窯ドーム ER-WD3000」の詳細一覧をくらべる

ヘルシーシェフ MRO-W1Z石窯ドーム ER-WD3000
ヘルシーシェフ MRO-W1Z石窯ドーム ER-WD3000
基本情報
本体サイズ - 横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm
本体重量18kg20kg
フロストホワイト/フロストブラックグランホワイト/グランレッド
電源周波数 - 50Hz/60Hz
設置方法
縦開きドア
ピッタリ設置対応(右)
ピッタリ設置対応(左)
製品機能
庫内容量30L30L
待機時消費電力ゼロ -
自動お手入れ機能 -
脱臭機能 -
レンジ性能
レンジの最大出力1000W1000W
フラットテーブル方式
オーブン機能
オーブン機能
オーブンの最高温度300℃300℃
オーブンの最低温度100℃100℃
2段オーブン調理対応
グリル機能
ノンフライ機能 -
トースト機能
パン発酵機能 -
スチーム加熱機能
スチームを使うときの水のセット方式タンク式タンク式
コンベクション式加熱
便利機能
自動メニュー数244134
対応レシピ数289197
スマホ連携 -

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ヘルシーシェフ MRO-W1Z の関連記事
石窯ドーム ER-WD3000 の関連記事

ヘルシーシェフ MRO-W1Z と評価が同程度の電子レンジを探す

石窯ドーム ER-WD100

本体重量:17kg, 本体サイズ:横:398mm、高さ:232mm、奥行:330mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:113, 対応レシピ数:179

石窯ドーム ER-WD5000

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:148, 対応レシピ数:334

石窯ドーム ER-WD7000

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:497, 対応レシピ数:501

ヘルシオ AX-XA20

本体重量:25kg, 本体サイズ:横:395mm、高さ:240mm、奥行:305mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:373, 対応レシピ数:333

RE-SD18A

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:355mm、高さ:165mm、奥行:295mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:43, 対応レシピ数:38

石窯オーブン ER-W60

本体重量:13kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:173mm、奥行:320mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:72, 対応レシピ数:83

MO-F1808

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:355mm、高さ:165mm、奥行:295mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:20

ヘルシーシェフ MRO-S7Z

本体重量:13.5kg, 本体サイズ:横:295mm、高さ:213mm、奥行:323mm, 庫内容量:22L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:72, 対応レシピ数:119

ヘルシーシェフ MRO-S8Z

本体重量:15.5kg, 本体サイズ:横:40.1cm、高さ:218mm、奥行:344mm, 庫内容量:31L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:97, 対応レシピ数:144

石窯ドーム ER-WD80

本体重量:17kg, 本体サイズ:横:384mm、高さ:215mm、奥行:323mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:99, 対応レシピ数:142

もっと見る ▼

ヘルシーシェフ MRO-W1Z の関連記事
石窯ドーム ER-WD3000 の関連記事

石窯ドーム ER-WD3000 と評価が同程度の電子レンジを探す

3つ星 ビストロ NE-BS607

本体重量:15.3kg, 本体サイズ:横:319mm、高さ:215mm、奥行:350mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:80℃, 自動メニュー数:62, 対応レシピ数:103

石窯ドーム ER-VD80

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:376mm、高さ:198mm、奥行:320mm, 庫内容量:26L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:99, 対応レシピ数:137

3つ星 ビストロ NE-BS808

本体重量:19.4kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:235mm、奥行:309mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:70℃, 自動メニュー数:105, 対応レシピ数:202

3つ星 ビストロ NE-BS908

本体重量:19.5kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:235mm、奥行:309mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:70℃, 自動メニュー数:185, 対応レシピ数:294

PSOM-23V

本体重量:16.5kg, 本体サイズ:横:387mm、高さ:180mm、奥行:310mm, 庫内容量:23L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃

石窯ドーム ER-WD100

本体重量:17kg, 本体サイズ:横:398mm、高さ:232mm、奥行:330mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:113, 対応レシピ数:179

石窯ドーム ER-WD5000

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:148, 対応レシピ数:334

石窯ドーム ER-WD7000

本体重量:21kg, 本体サイズ:横:394mm、高さ:232mm、奥行:314mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:497, 対応レシピ数:501

ヘルシオ AX-XA20

本体重量:25kg, 本体サイズ:横:395mm、高さ:240mm、奥行:305mm, 庫内容量:30L, レンジの最大出力:1000W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動メニュー数:373, 対応レシピ数:333

RE-SD18A

本体重量:14kg, 本体サイズ:横:355mm、高さ:165mm、奥行:295mm, 庫内容量:18L, レンジの最大出力:900W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動メニュー数:43, 対応レシピ数:38

もっと見る ▼

電子レンジランキング

カテゴリ一覧

人気電子レンジ

17位

20位

関連人気記事

新着情報