石窯ドーム ER-VD70と石窯ドーム ER-SD200はどちらを選ぶべき?マイナーな点まで幅広い点からまとめています

作成日時: 2021年03月26日 14時20分16秒

石窯ドーム ER-SD200石窯ドーム ER-VD70
石窯ドーム ER-SD200石窯ドーム ER-VD70

石窯ドーム ER-VD70と石窯ドーム ER-SD200を比較したときの評価の違いや差はどれくらいあるのでしょうか?どっちがいいのかを徹底評価。どっちの電子レンジにした方がいいのか悩んでいる人は今すぐチェック!

石窯ドーム ER-SD200石窯ドーム ER-VD70
石窯ドーム ER-SD200石窯ドーム ER-VD70
総合評価:

65.4/100

(総合: 42位)

55.9/100

(総合: 99位)

サイズ
23/100
31/100
重量
45/100
56/100
内部の広さ
49/100
49/100
レンジの最大出力
94/100
94/100
オーブンの最高温度
66/100
50/100
オーブンの最低温度
67/100
67/100
自動調理可能なメニュー数
97/100
55/100
掲載されているレシピ数
78/100
42/100

比較する製品を変更する

比較する製品を変更する

石窯ドーム ER-VD70より石窯ドーム ER-SD200が優れている理由

  • 上位レベルに入るほど高いオーブンの最高温度
    66点(149位) vs 50点(190位)
  • 自動調理可能なメニュー数はかなり多い
    98点(31位) vs 55.4点(128位)
  • 非常に多い掲載されているレシピ数
    78.6点(44位) vs 42.5点(143位)
  • 操作パネルにカラー液晶を搭載している
  • 自動お手入れ機能で庫内の汚れを落とせる

石窯ドーム ER-SD200より石窯ドーム ER-VD70が優れている理由

  • 重量は非常に軽い
    56.1点(203位) vs 46点(273位)
  • とても小さいサイズ
    31.9点(216位) vs 23.3点(268位)

石窯ドーム ER-SD200と石窯ドーム ER-VD70に関する詳細情報

石窯ドーム ER-SD200石窯ドーム ER-VD70
画像石窯ドーム ER-SD200石窯ドーム ER-VD70
サイズ2562820023823400
重量横:376 mm、高さ:213 mm、奥行:320 mm横:376 mm、高さ:198 mm、奥行:320 mm
グランホワイトグランホワイト,ブラック
操作パネルにカラー液晶を搭載しているかどうか -
電源周波数50Hz,60Hz50Hz,60Hz
ドアが縦開きになっているかどうか
内部の広さ26 L26 L
待機時消費電力をゼロにできるかどうか
自動お手入れ機能で庫内の汚れを落とせるかどうか -
脱臭機能を搭載しているかどうか
レンジの最大出力1000 W1000 W
フラットテーブル式で温められるかどうか
オーブン機能を搭載しているかどうか
オーブンの最高温度270℃250℃
オーブンの最低温度100℃100℃
グリル機能を搭載しているかどうか
熱風循環によって食材が元々持っている油で揚げた様な状態にできるノンフライ機能を搭載しているかどうか
トーストを焼けるかどうか
電子レンジ発酵を使ってパン作りができるかどうか -
スチーム方式による加熱に対応しているかどうか
スチームを使うときの水のセット方式タンク式角皿式
自動調理可能なメニュー数32594
掲載されているレシピ数313119

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェックする

類似の電子レンジを探す

他の電子レンジと比較する

価格をチェックする

石窯ドーム ER-SD200と石窯ドーム ER-VD70の特色と特徴についての比較詳細

基本情報を徹底的に評価比較

サイズについて

場所を取らずに簡単に設置することができるといった点でサイズが小さい電子レンジは優れていると言えそうです。狭い場所などで、キッチンスペースを節約しながら使用するような時に適しています。

サイズを石窯ドーム ER-VD70と石窯ドーム ER-SD200を比べると、石窯ドーム ER-SD200は横:376 mm、高さ:213 mm、奥行:320 mmに対して、石窯ドーム ER-VD70は横:376 mm、高さ:198 mm、奥行:320 mmです。石窯ドーム ER-VD70と石窯ドーム ER-SD200はごくわずかな差があります。石窯ドーム ER-SD200と比較して石窯ドーム ER-VD70はわずかに小さいサイズです。置く場所を選ばずに設置できるので、石窯ドーム ER-VD70の方が石窯ドーム ER-SD200よりも多少はよいと言えるでしょう。しかしキッチンスペースを少しでも広く確保する場合、よっぽどこだわりがある人でないと体感できるほどの差はないと言えるでしょう。

サイズ評価
石窯ドーム ER-SD200
2562820023/100
石窯ドーム ER-VD70
2382340031/100

重量について

手間なく簡単に配置を変えることができるので、重量が軽い電子レンジは優れていると言えるでしょう。たとえば女性でも楽に運んだりするようなときおすすめと言えそうです。

重量について比べると石窯ドーム ER-SD200は16 kgで石窯ドーム ER-VD70は14 kgです。わずかな違いしかありません。石窯ドーム ER-SD200の重量と比べて石窯ドーム ER-VD70はわずかに軽いです。少ない力で移動する事ができる点において石窯ドーム ER-VD70の方が石窯ドーム ER-SD200よりも多少はよいかもしれません。しかし持ち運びや設置の際の負担を軽減したい場合でも実感できるくらいの違いはほぼ無いでしょう。

強いて言えば石窯ドーム ER-VD70を選ぶ方がいいですが大多数の人にとって気にするほどの違いはほぼないでしょう。

重量評価
石窯ドーム ER-SD200
横:376 mm、高さ:213 mm、奥行:320 mm45/100
石窯ドーム ER-VD70
横:376 mm、高さ:198 mm、奥行:320 mm56/100

石窯ドーム ER-SD200と石窯ドーム ER-VD70の設置方法についての徹底比較

ドアを縦開きにできるかどうかについて

ドアが縦開きになっている電子レンジは場所を取らず、広々と使用する事ができるという点でよいといえそうです。たとえば左右に扉を開くスペースのない場所に設置したいときにオススメです。

石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70もドアが縦開きになっている電子レンジです。他のレンジと比べて食材の出し入れがしやすく、ストレスなく調理できる点においてどちらも良いといえそうです。お皿など軽いものを扉に置いたりするような時、石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70もお勧めと言えるでしょう。

製品機能について詳しく比較評価

内部の広さについて

内部の広さが広い電子レンジは複数の食材を同時に温めることができるため、優れてます。とくに一度に多くのものを調理したいようなときに向いているといえるかもしれません。

石窯ドーム ER-VD70と石窯ドーム ER-SD200の内部の広さについて比較すると石窯ドーム ER-VD70は26 Lに対して石窯ドーム ER-SD200は26 Lです。石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70も広さについての違いはほとんどゼロと言えます。体感できるほどの差はありません。

内部の広さ評価
石窯ドーム ER-SD200
26 L49/100
石窯ドーム ER-VD70
26 L49/100

待機時消費電力について

待機時に電力を消費しない電子レンジは省エネに貢献し、電気代を節約できるので優れていると言えるかもしれません。使ってない時の無駄な電気代を節約するような場合にお勧めと思います。

石窯ドーム ER-VD70も石窯ドーム ER-SD200も待機時に電力を消費しない電子レンジです。電気代を節約することができるためどちらも秀でているといえるかもしれません。どちらも節電したいがコンセントの抜き差しは面倒といった人が使用したいような時におすすめと言えるかもしれません。

脱臭機能について

脱臭機能を搭載している電子レンジは使用後に直前に料理した匂いが軽減できるという点で良いかもしれません。臭いのある物の次にすぐに温めたい時に匂い移りを心配せずに使用したいようなときに向いています。

石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70も脱臭機能を搭載している電子レンジです。そのため温め時に匂いがうつらなくすることができるといった点で石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70も優秀な部類に入るでしょう。においの強いものを調理するとき石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70もおすすめと言えるかもしれません。

便利機能についての徹底比較

自動調理可能なメニュー数について

細かい設定をせずに色々な料理を自動に調理できる点で多い自動調理可能なメニュー数の電子レンジは優れていると言えそうです。手間をかけずに色々な調理をしたいような時にオススメです。

石窯ドーム ER-VD70と石窯ドーム ER-SD200の自動調理可能なメニュー数を比べると石窯ドーム ER-VD70は94であるのに対して石窯ドーム ER-SD200は325です。石窯ドーム ER-VD70と石窯ドーム ER-SD200はかなり違いがあります。石窯ドーム ER-SD200の自動メニュー数は石窯ドーム ER-VD70に比べてとても多いです。石窯ドーム ER-SD200はレシピに悩んだときにお任せで調理できる点において石窯ドーム ER-VD70よりも優秀です。より手軽にたくさんの種類の電子レンジ調理をするようなとき、石窯ドーム ER-SD200は石窯ドーム ER-VD70よりとても適しています。

石窯ドーム ER-SD200を選ぶための重要な判断材料の一つとなるでしょう。

自動調理可能なメニュー数評価
石窯ドーム ER-SD200
32597/100
石窯ドーム ER-VD70
9455/100

掲載されているレシピ数について

残り物を使ってメニューを決めたい時などにピッタリのものを見つけることできるといった点で掲載されているレシピ数が多い電子レンジは優れているかと思います。自宅で様々な料理に挑戦したいならお勧めです。

石窯ドーム ER-SD200と石窯ドーム ER-VD70の掲載されているレシピ数について比べると、石窯ドーム ER-VD70は119であるのに対して、石窯ドーム ER-SD200は313です。194の大きい差があります。石窯ドーム ER-SD200は石窯ドーム ER-VD70に比べて非常にレシピ数が多いです。気軽に新しいメニューを挑戦することができる点で石窯ドーム ER-VD70より石窯ドーム ER-SD200の方が非常に優秀と言えるかもしれません。より手の込んだ料理を調理する場合に石窯ドーム ER-SD200は石窯ドーム ER-VD70よりかなり適していると思います。

実際の利用において石窯ドーム ER-SD200は石窯ドーム ER-VD70と比較して非常に秀でています。石窯ドーム ER-SD200にする重要な理由の一つとなります。

掲載されているレシピ数評価
石窯ドーム ER-SD200
31378/100
石窯ドーム ER-VD70
11942/100

レンジ性能を詳細に比較評価

レンジの最大出力について

大きいレンジの最大出力の電子レンジは大容量のものをスピーディに温めることができるといった点で優れているといえそうです。とくに高温で短時間で料理を加熱するような時に適しているといえるかもしれません。

レンジの最大出力について比較すると石窯ドーム ER-VD70は1000 Wであるのに対して石窯ドーム ER-SD200は1000 Wです。石窯ドーム ER-SD200と石窯ドーム ER-VD70はほとんど同じくらいです。実用的な違いはゼロと思われます。

別の視点から比べる方がよいでしょう。

レンジの最大出力評価
石窯ドーム ER-SD200
1000 W94/100
石窯ドーム ER-VD70
1000 W94/100

フラットテーブル式かどうかについて

ムラなくあたためることができるという点でフラットテーブル式で温められる電子レンジは優れていると言えるでしょう。たとえば庫内が広く使えるので、大きめの食品を温めて調理したいならオススメと言えるでしょう。

石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70もフラットテーブル式で温められる電子レンジです。そのため石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70も食材を全体に満遍なく温めることができるといった点で優れていそうです。どちらも汚れが皿の下に貯まったりしないし、掃除も楽なので綺麗なまま使用したいようなときにおすすめです。

オーブン機能に関する石窯ドーム ER-SD200と石窯ドーム ER-VD70の比較

オーブン機能について

温めだけでなくオーブン調理もできる点においてオーブン機能を搭載している電子レンジは優秀です。グラタンなどの料理をするようなときに適しています。

石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70もオーブン機能を搭載している電子レンジです。グラタンやドリアの調理できるといった点でどちらも優秀と言えるかもしれません。グリル料理などを調理するようなとき石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70も適していると言えそうです。

オーブンの最高温度について

高温加熱が必要なメニューを作ることができるといった点で高いオーブンの最高温度の電子レンジは優秀です。とくに短時間で調理を温めたりするような時に向いていると思います。

オーブンの最高温度を石窯ドーム ER-SD200と石窯ドーム ER-VD70を比較すると石窯ドーム ER-VD70は250℃であるのに対して石窯ドーム ER-SD200は270℃です。石窯ドーム ER-SD200は石窯ドーム ER-VD70と比較してやや温度が高いです。石窯ドーム ER-SD200は高温での調理が必要なメニューも高温で素早くこんがり焼くことができる点において石窯ドーム ER-VD70よりもどちらかと言うとよい部類に入るといえなくもありません。石窯ドーム ER-SD200は石窯ドーム ER-VD70より家庭で本格的な料理を作りたい人が使用するならお勧めと言えるでしょう。

石窯ドーム ER-SD200がいいと思われます。一方で非常に優れているとまでは言えないでしょう。

オーブンの最高温度評価
石窯ドーム ER-SD200
270℃66/100
石窯ドーム ER-VD70
250℃50/100

オーブンの最低温度について

煮込みなど低温でじっくり調理したほうがいいメニューを美味しくできる点でオーブンの最低温度が低い電子レンジは良いかもしれません。手軽にじっくり低温調理したいなら適しています。

オーブンの最低温度を比較すると、石窯ドーム ER-SD200は100℃で石窯ドーム ER-VD70は100℃です。石窯ドーム ER-VD70も石窯ドーム ER-SD200もほぼ同じと言えます。体感的な違いはゼロです。

オーブンの最低温度評価
石窯ドーム ER-SD200
100℃67/100
石窯ドーム ER-VD70
100℃67/100

グリル機能について

鶏肉の皮などをパリっとした食感に焼き上げることができるという点でグリル機能を搭載している電子レンジは優秀です。たとえばこんがり焼き目をつけられるので、グラタン調理などをしたいなら適しているといえるかもしれません。

石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70もグリル機能を搭載している電子レンジです。手軽に焼き料理を作ることができる点においてどちらも秀でています。石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70も肉や魚などを高温で調理するような場合におすすめです。

ノンフライ機能について

油を使わずにヘルシーな揚げ物調理ができるといった点で熱風循環によって食材が元々持っている油で揚げた様な状態にできるノンフライ機能を搭載している電子レンジは優秀な部類に入るといえそうです。たとえば油を使わなくて済むので、コレステロールなどが気にせず調理する時に向いています。

石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70も熱風循環によって食材が元々持っている油で揚げた様な状態にできるノンフライ機能を搭載している電子レンジです。油を使用しないのでヘルシーに調理をすることができるので、どちらも優秀な部類に入ると言えるかもしれません。石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70もヘルシーに揚げ物を調理するようなときに適しています。

トースト機能について

トーストを焼ける電子レンジはトースターを購入しなくてもパンをこんがりと焼くことができるため優秀と言えるでしょう。トースターを持ってない人がトーストを調理したいときに向いていると思います。

石窯ドーム ER-VD70も石窯ドーム ER-SD200もトーストを焼ける電子レンジです。一台で複数の機能を担うことができるので、石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70も秀でていると言えるかもしれません。トースターがなくてもパンを調理したいような時にどちらもおすすめと言えるでしょう。

スチーム加熱機能について

スチーム方式による加熱に対応している電子レンジは蒸し料理を美味しく作ることができる為、優れているといえなくもないでしょう。とくに温めるだけでなく蒸す調理をするような場合、お勧めだと思います。

石窯ドーム ER-SD200も石窯ドーム ER-VD70もスチーム方式による加熱に対応している電子レンジです。肉まんなど、蒸気があった方が良いものをあたためできるためどちらも優れています。どちらもスチームの量や温度などを調整することができ、温めから解凍まで幅広く調理したいような場合にオススメです。

価格をチェックする

石窯ドーム ER-SD200の関連記事
石窯ドーム ER-VD70の関連記事

石窯ドーム ER-SD200と評価が同程度の電子レンジを探す

ヘルシオ AX-XS500

重量:横:395 mm、高さ:240 mm、奥行:315 mm, サイズ:29862000, 内部の広さ:30 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:87, 掲載されているレシピ数:175

かんたん両面焼きレンジ IMGY-F181

重量:横:320 mm、高さ:185 mm、奥行:330 mm, サイズ:19536000, 内部の広さ:18 L, レンジの最大出力:500 W, 自動調理可能なメニュー数:18, 掲載されているレシピ数:36

ヘルシオ AX-AS400

内部の広さ:26 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:250℃, 自動調理可能なメニュー数:140, 掲載されているレシピ数:214

石窯ドーム ER-WD100

重量:横:398 mm、高さ:232 mm、奥行:330 mm, サイズ:30470900, 内部の広さ:30 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:113, 掲載されているレシピ数:179

関連リンク

石窯ドーム ER-WD3000

重量:横:394 mm、高さ:232 mm、奥行:314 mm, サイズ:28702100, 内部の広さ:30 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:134, 掲載されているレシピ数:197

関連リンク

石窯ドーム ER-WD7000

重量:横:394 mm、高さ:232 mm、奥行:314 mm, サイズ:28702100, 内部の広さ:30 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:497, 掲載されているレシピ数:501

関連リンク

ヘルシオ AX-XA20

重量:横:395 mm、高さ:240 mm、奥行:305 mm, サイズ:28914000, 内部の広さ:30 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:373, 掲載されているレシピ数:333

関連リンク

ヘルシーシェフ MRO-W1Z

内部の広さ:30 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:300℃, 自動調理可能なメニュー数:244, 掲載されているレシピ数:289

関連リンク

RE-SD18A

重量:横:355 mm、高さ:165 mm、奥行:295 mm, サイズ:17279600, 内部の広さ:18 L, レンジの最大出力:900 W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動調理可能なメニュー数:43, 掲載されているレシピ数:38

関連リンク

もっと見る ▼

石窯ドーム ER-SD200の関連記事
石窯ドーム ER-VD70の関連記事

石窯ドーム ER-VD70と評価が同程度の電子レンジを探す

MRO-VF6

重量:横:295 mm、高さ:220 mm、奥行:316 mm, サイズ:20508400, 内部の広さ:22 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:71, 掲載されているレシピ数:101

MO-FS3

重量:横:283 mm、高さ:192 mm、奥行:322 mm, サイズ:17496200, 内部の広さ:18 L, レンジの最大出力:500 W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:18

YRH-F181

重量:横:315 mm、高さ:180 mm、奥行:318 mm, サイズ:18030600, レンジの最大出力:500 W

PLAINLY RE-WF181

重量:横:355 mm、高さ:165 mm、奥行:295 mm, サイズ:17279600, 内部の広さ:18 L, レンジの最大出力:900 W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:110℃, 自動調理可能なメニュー数:31, 掲載されているレシピ数:26

関連リンク

3つ星 ビストロ NE-BS808

重量:横:394 mm、高さ:235 mm、奥行:309 mm, サイズ:28610300, 内部の広さ:30 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:70℃, 自動調理可能なメニュー数:105, 掲載されているレシピ数:202

関連リンク

3つ星 ビストロ NE-BS908

重量:横:394 mm、高さ:235 mm、奥行:309 mm, サイズ:28610300, 内部の広さ:30 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:300℃, オーブンの最低温度:70℃, 自動調理可能なメニュー数:185, 掲載されているレシピ数:294

関連リンク

石窯ドーム ER-WD5000

重量:横:394 mm、高さ:232 mm、奥行:314 mm, サイズ:28702100, 内部の広さ:30 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:350℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:148, 掲載されているレシピ数:334

関連リンク

ricopa IMB-RT17-WC

重量:横:306 mm、高さ:190 mm、奥行:307 mm, サイズ:17849000, 内部の広さ:17 L, レンジの最大出力:500 W

関連リンク

ricopa IMB-RT17-H

重量:横:306 mm、高さ:190 mm、奥行:307 mm, サイズ:17849000, 内部の広さ:17 L, レンジの最大出力:500 W

関連リンク

ricopa IMB-RT17-R

重量:横:306 mm、高さ:190 mm、奥行:307 mm, サイズ:17849000, 内部の広さ:17 L, レンジの最大出力:500 W

関連リンク

もっと見る ▼

石窯ドーム ER-SD200と石窯ドーム ER-VD70を詳細比較

総合評価について比較

画像製品名評価総合評価

石窯ドーム ER-SD200

評価

価格を見る

65.4重量:横:376 mm、高さ:213 mm、奥行:320 mm, サイズ:25628200, 内部の広さ:26 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:270℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:325, 掲載されているレシピ数:313

石窯ドーム ER-VD70

評価

価格を見る

55.9重量:横:376 mm、高さ:198 mm、奥行:320 mm, サイズ:23823400, 内部の広さ:26 L, レンジの最大出力:1000 W, オーブンの最高温度:250℃, オーブンの最低温度:100℃, 自動調理可能なメニュー数:94, 掲載されているレシピ数:119

重さについて比較

画像製品名評価重さ

石窯ドーム ER-SD200

評価

価格を見る

46.0重量:横:376 mm、高さ:213 mm、奥行:320 mm

石窯ドーム ER-VD70

評価

価格を見る

56.1重量:横:376 mm、高さ:198 mm、奥行:320 mm

大きさについて比較

サイズが小さい電子レンジは狭い場所でも設置できる点で秀でています。特に電気代を節約するのに向いています。

画像製品名評価大きさ

石窯ドーム ER-SD200

評価

価格を見る

23.3サイズ:25628200

石窯ドーム ER-VD70

評価

価格を見る

31.9サイズ:23823400

庫内容量 について比較

画像製品名評価庫内容量 

石窯ドーム ER-SD200

評価

価格を見る

49.4内部の広さ:26 L

石窯ドーム ER-VD70

評価

価格を見る

49.4内部の広さ:26 L

最大出力について比較

レンジの最大出力が大きい電子レンジは短時間で温めることができる点で使い勝手が良いです。例えば時短料理や沢山の料理を加熱するといった場合で役に立ちます。

画像製品名評価最大出力

石窯ドーム ER-SD200

評価

価格を見る

94.8レンジの最大出力:1000 W

石窯ドーム ER-VD70

評価

価格を見る

94.8レンジの最大出力:1000 W

最高温度(オーブン)について比較

画像製品名評価最高温度(オーブン)

石窯ドーム ER-SD200

評価

価格を見る

66.0オーブンの最高温度:270℃

石窯ドーム ER-VD70

評価

価格を見る

50.0オーブンの最高温度:250℃

最低温度(オーブン)について比較

画像製品名評価最低温度(オーブン)

石窯ドーム ER-SD200

評価

価格を見る

67.1オーブンの最低温度:100℃

石窯ドーム ER-VD70

評価

価格を見る

67.1オーブンの最低温度:100℃

自動調理メニュー数について比較

画像製品名評価自動調理メニュー数

石窯ドーム ER-SD200

評価

価格を見る

98.0自動調理可能なメニュー数:325

石窯ドーム ER-VD70

評価

価格を見る

55.4自動調理可能なメニュー数:94

掲載レシピ数について比較

画像製品名評価掲載レシピ数

石窯ドーム ER-SD200

評価

価格を見る

78.6掲載されているレシピ数:313

石窯ドーム ER-VD70

評価

価格を見る

42.5掲載されているレシピ数:119

電子レンジランキング

カテゴリ一覧

メーカー名で電子レンジを探す

ブランド名で電子レンジを探す

電子レンジ 新着記事