【2024年最新】 東芝 RZE-ABT60 レビュー評価

2024-03-12 19:12:48

総合評価

42.6/100

(総合順位: 6611/9959)

評価項目点数
本体重量
68/100
インピーダンス
24/100
最大音圧レベル
47/100
最低音域
39/100
最高音域
28/100
ドライバーユニット
66/100
最大許容入力
26/100
連続使用可能時間
34/100
最短充電時間
50/100
総合評価42.6/100

評価レビュー

通信機能

Bluetooth対応

東芝 RZE-ABT60はBluetoothに対応しているイヤホンです。このイヤホンは、革新的なBluetooth対応機能を備えており、ワイヤレス接続により自由度が高まりました。音質はクリアであり、低音から高音までバランスが良く、あらゆるジャンルの音楽に対応することができます。

Bluetoothに対応しているイヤホンのメリットは多岐にわたります。まず、配線の必要がなく、自由な動きが可能です。また、スマートフォンやタブレットなどと簡単に接続でき、音楽や通話が手軽に楽しめます。さらに、ノイズキャンセリング機能や高音質再生にも対応しており、一層快適な音楽体験ができます。

イヤホン性能

インピーダンス

インピーダンスにおいて東芝 RZE-ABT60は16Ωというデータとなっています。通常のイヤホンと比べる場合これはそれなりに物足りない水準にあるイヤホンでしょう。インピーダンスにおいては下位に位置づけられます。

イヤホン選びで重要なのは、聴き手の好みに合った音質を体感できることです。この点において、インピーダンスが大きいイヤホンは優れています。高いインピーダンスが、音質に影響するという声もありますが、実際には、インピーダンスが大きいイヤホンであれば、きめ細やかで豊かな音が楽しめます。長時間、快適に音楽を聞きたい方には、特におすすめです。

これらの評価を見ると、インピーダンスという点に関して東芝 RZE-ABT60は割と不十分なイヤホンと言えます。ただ決定的とまでは必ずしも判断できないため注意が必要です。

インピーダンス評価
東芝 RZE-ABT6016Ω24/100

最大音圧レベル

最大音圧レベルに関して東芝 RZE-ABT60は102dBとなります。全イヤホンの中でも平均的といえるでしょう。通常水準といえるイヤホンであると思います。このイヤホンの大きい最大音圧レベルは、他と比べるとやや弱かったように感じられました。音量を上げると耳が痛くなり、音が飛び出しやすくなってしまうため、用心して使う必要があります。しかし、音質は良く、長時間使っても疲れないという点は素晴らしいです。

最大音圧レベルが大きいイヤホンを選ぶべき理由 最大音圧レベルが大きいイヤホンを選ぶ主な理由は、音楽を聴く時の臨場感や迫力を増すためです。また、音質が高くなるため、音楽により集中しやすくなったり、音楽制作や編集などの作業においても正確な音が必要とされるため、イヤホン選びの際には注意が必要です。 そのため、最大音圧レベルが大きいイヤホンには、様々な機能が付加されていることが多く、例えばシールドケーブルや樹脂製イヤーピース等の付属品、また、音楽のジャンルや使用環境などに応じて選べるイコライザ機能が提供されます。これらの機能を活用することで、より臨場感を感じられる音楽体験ができることが期待できます。

これらの評価情報を考えると実際に活用する場面を考えると、最大音圧レベルについて東芝 RZE-ABT60は基本的なイヤホンとほとんど同じにあると言えます。ほかの点から比較することをかなり提案します。

最大音圧レベル評価
東芝 RZE-ABT60102dB47/100

最低音域

東芝 RZE-ABT60について、最低音域は20Hzというデータです。平均より、このイヤホンの最低音域が比較的高いイヤホンと言うことができるでしょう。全イヤホンの中でそこそこ劣っています。

最低音域が低いイヤホンのメリットは、クリアな音質を実現することです。低音域が弱いため、高音域や中音域が際立ち、より細かい音のニュアンスまで聞き取ることができます。また、イコライザーなどを使用することで、自分好みの音質に調整しやすくなるでしょう。

実際に使うことを想定したとき、最低音域に関して東芝 RZE-ABT60は平均と比べると物足りない水準であると感じられると思います。ただし、確定的とまでは必ずしも言うことができない点は気を付けるべきです。

最低音域評価
東芝 RZE-ABT6020Hz39/100

最高音域

最高音域について、東芝 RZE-ABT60は20000kHzになります。全イヤホンの中で最高音域に関する評価得点は割と劣ったイヤホンで、評価得点は100点中28.7点であるといえるでしょう。普通より、このイヤホンの最高音域は比較的低いイヤホンと考えることができます。

実用的な利点を考えると最高音域に関して東芝 RZE-ABT60はそこそこ低い水準にあるイヤホンといえます。ただし、絶対的とまでは言い切れないです。

最高音域評価
東芝 RZE-ABT6020000kHz28/100

ドライバーユニット

ドライバーユニットにおいて、東芝 RZE-ABT60は15.4mmとなります。全イヤホンの中でドライバーユニットの評価点はそこそこ高い水準であるイヤホンです。得点は100点中66点といえるでしょう。そこそこドライバーユニットが大きいイヤホンです。このイヤホンの大きいドライバーユニットは、ベースの迫力がある音質を提供しています。音の切れ味もよく、中高音の表現にも優れています。また、カラフルなデザインも魅力的で、幅広い層から支持を集めています。

ドライバーユニットが大きいイヤホンは、音の解像度が高いというメリットがあります。大きなドライバーユニットを採用したイヤホンは、より正確に音を再現することができるため、音のニュアンスや微妙な音色の違いを感じ取ることができます。さらに、高解像度な音質を楽しめるため、音源のクオリティが高いコンテンツを聴く際にも最適です。

これらの評価情報で明らかなように、ドライバーユニットに関して東芝 RZE-ABT60は幾分か高いグレードと言えるでしょう。ただ、絶対的ではない点を頭に入れていおく必要があると考えることができます。

ドライバーユニット評価
東芝 RZE-ABT6015.4mm66/100

最大許容入力

東芝 RZE-ABT60の場合、最大許容入力は20mWとなります。最大許容入力という点に関しては全てのイヤホンの中でそれなりによくないと考えられそうです。100点中26点であると言えます。幾分か最大許容入力が小さいイヤホンであるということが分かるでしょう。

最大許容入力が大きいイヤホンは、様々な場面で活躍します。例えば、ライブ演奏やDJプレイなど、高音圧で鳴らす必要がある場面での使用に最適です。また、音楽以外の用途にも使えるため、マルチに活用できるメリットもあります。

実際に使う場合東芝 RZE-ABT60は比較的不十分なイヤホンであるといえます。一方で、確定的とまでは言い切ることができないため注意して比べる必要があると思われます。

最大許容入力評価
東芝 RZE-ABT6020mW26/100

バッテリー

連続使用可能時間

東芝 RZE-ABT60において、連続使用可能時間は7時間というデータになっています。普及しているイヤホンより、連続使用可能時間は比較的短いイヤホンといえるかもしれません。全てのイヤホンの中でもまあまあイマイチな水準にあると考えられそうです。100点満点中34点です。

連続使用可能時間が長いイヤホンは、エコロジーな選択肢としても注目されています。短時間で充電が切れてしまうイヤホンは、充電のために繰り返しアダプターを使う必要があります。しかし、連続使用可能時間が長いイヤホンであれば、充電にかかるエネルギーの浪費が減り、環境にもやさしいです。

実際的に考えると東芝 RZE-ABT60は低いグレードにあると思います。したがって、このイヤホンにしない際に理由の一つになります。また、連続使用可能時間にこだわる人の場合、このイヤホンは候補に入らないと考えられるかもしれません。

連続使用可能時間評価
東芝 RZE-ABT607時間34/100

最短充電時間

最短充電時間において東芝 RZE-ABT60は2.5時間というデータとなっています。最短充電時間についてはすべてのイヤホンの中でまあまあな感じであると言えるでしょう。100点満点中50点と言えます。まあまあな感じと言うことができるイヤホンであると思います。このイヤホンの短い最短充電時間は、忙しいビジネスパーソンやアスリートにとって、非常に便利な機能でもあります。充電にかかる時間を短縮することで、より多くの時間を音楽を聴くことやジムでのトレーニングに費やすことができます。また、急いで充電する必要がある際にも、このイヤホンは非常に頼りになるアイテムであるといえます。

最短充電時間が短いイヤホンは、急な外出時に非常に便利です。充電時間が短いため、急な外出先でもすぐに充電ができます。さらに、長い充電時間であれば、充電が間に合わずに使用できないということがありますが、最短充電時間のイヤホンであれば、充電が追いつかないという心配もなく、ストレスフリーで使用できます。

これらの評価情報からわかるように東芝 RZE-ABT60は平均的と言うことができます。別の角度から決めた方が良さそうということが分かります。

最短充電時間評価
東芝 RZE-ABT602.5時間50/100

便利機能

自動電源OFF機能

東芝 RZE-ABT60は自動電源OFF機能を搭載しているイヤホンであると言うことができます。新しいこのイヤホンは、素晴らしい自動電源OFF機能を備えています。これにより、使用後にイヤホンが無駄に電力を消費することがほとんどありません。また、電池寿命が延びるため、これまで以上に長く使うことができます。

自動電源OFF機能を搭載しているイヤホンは、普段から地球環境に貢献することができます。この機能により、環境問題に対する取り組みが高まっている中、省エネなイヤホンの需要が高まっているのも事実です。また、省エネにより、充電を頻繁に行う必要がなくなるため、電気代も削減できるため、家計にも優しいアイテムといえるでしょう。

リモコン操作

東芝 RZE-ABT60はリモコンで操作できると言うことができます。このイヤホンは、リモコンで操作ができるという利便性があるため、非常に実用性が高いです。リモコンには、音量調整だけでなく、通話ボタンもついているため、スマートフォンの通知音に気を取られず、手軽に音楽を楽しめるでしょう。

イヤホンについてのレビューを担当している筆者がおすすめするのは、リモコンで操作できるイヤホンです。操作がマイクやリモコンに集約されるため、スマートフォンやタブレットとの連携もより簡単になります。また、通話中に電話を切ったり音量を調節することができる点も魅力的です。さらに、音楽プレイヤーでの操作も手元で行えるので、曲を変えたり一時停止をかけたりする際にも便利です。

マイク搭載

東芝 RZE-ABT60はマイクを搭載しているといえます。音楽を聴きながら電話がかかってきた場合でも、このイヤホンならばスムーズに対応できます。マイクの形状が使いやすく、会話中の操作もスムーズでした。

マイクを搭載しているイヤホンのメリットは、ボイスレコーディングができることです。例えば、授業や会議の録音に利用できます。また、録音した音声データをパソコンに取り込んで文字に変換することもできます。これにより、手書きのメモを取る手間が省けるため、効率的に仕事を進めることができます。

基本情報

本体重量

本体重量について、東芝 RZE-ABT60は18gというデータになっています。本体重量の点で比較的高い水準に位置します。これは本体重量が秀逸であるイヤホンことが分かるでしょう。

本体重量について実際的な視点から見ると東芝 RZE-ABT60は幾分か優秀であるイヤホンといえるでしょう。ただ決定的とまではいえないため注意深く確認する必要があると考えることができます。

本体重量評価
東芝 RZE-ABT6018g68/100

スペック

東芝 RZE-ABT60
画像東芝 RZE-ABT60
本体カラーブラック
本体重量18g
防水防塵の保護等級t
インピーダンス16Ω
最大音圧レベル102dB
最低音域20Hz
最高音域20000kHz
ドライバーユニット15.4mm
最大許容入力20mW
対応コーデックSBC
連続使用可能時間7時間
最短充電時間2.5時間
Bluetooth規格5.3
Bluetooth対応
自動電源OFF機能
リモコン操作
マイク搭載

東芝 RZE-ABT60 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。