JBL SOUNDGEAR SENSE 評価レビュー

2023-10-03 14:06:59

総合評価

51.3/100

(総合順位: 6321/9959)

評価項目点数
本体重量
72/100
インピーダンス
47/100
最大音圧レベル
68/100
最低音域
39/100
最高音域
28/100
ドライバーユニット
66/100
連続使用可能時間
28/100
最短充電時間
58/100
総合評価51.3/100

評価レビュー

基本情報

本体重量

JBL SOUNDGEAR SENSEの場合、本体重量は13.1gとなっています。これは普及しているイヤホンより本体重量は比較的軽いと言うことができます。全てのイヤホンの中で本体重量の評価点はまあまあ秀でたイヤホンで、当サイトの独自評価では100点中72.9点を本体重量につけています。

実際の利用においてJBL SOUNDGEAR SENSEは高いレベルにあるといえます。ただ絶対的ではない点は気を付けるべきと言えるでしょう。

本体重量評価
JBL SOUNDGEAR SENSE13.1g72/100

通信機能

Bluetooth対応

JBL SOUNDGEAR SENSEはBluetoothに対応しているイヤホンです。このイヤホンはBluetoothに対応しており、高音質かつクリアな音を楽しむことができます。また、ワイヤレスでの使用ができるため、コードの絡まりやひっかかりの心配がありません。スポーツやアウトドアなどの活動にぴったりです。Bluetooth対応により、携帯電話などとの連携もスムーズに行えます。

Bluetoothに対応しているイヤホンのメリットは多岐にわたります。まず、配線の必要がなく、自由な動きが可能です。また、スマートフォンやタブレットなどと簡単に接続でき、音楽や通話が手軽に楽しめます。さらに、ノイズキャンセリング機能や高音質再生にも対応しており、一層快適な音楽体験ができます。

イヤホン性能

インピーダンス

インピーダンスについて、JBL SOUNDGEAR SENSEは32Ωとなっています。これは平均グレードな感じと考えることができるかもしれません。インピーダンスにおいては、平均グレードな感じです。評価は100点中47.3点となっています。このイヤホンは大きなインピーダンスを持っているため、その音質は非常に高品質です。低音が強く、中音域の表現力も豊かで、聴く人を魅了します。音楽好きな方には、ぜひともおすすめしたいです。

高いインピーダンスを持つイヤホンは、高品質な素材を使用していることが多く、音質だけでなく耐久性も高くなっている傾向があります。また、音質にこだわりがあるユーザーには好評で、音楽にこだわりを持つ人には高い評価を得ているイヤホンです。

実現可能な観点から見ると、JBL SOUNDGEAR SENSEは普通水準と言えるでしょう。他の角度から検討することを強く推奨します。

インピーダンス評価
JBL SOUNDGEAR SENSE32Ω47/100

最大音圧レベル

JBL SOUNDGEAR SENSEについて、最大音圧レベルは112dBになります。レビューワーによる独自評価では100点満点中68.7点を最大音圧レベルにつけています。これは全てのイヤホンの中でも幾分か優れていると言えます。これは最大音圧レベルが幾分か優れていると言えます。このイヤホンは大きい最大音圧レベルを持っているため、耳元で聞く音楽をまるでライブ会場で聴いているような感覚に陥ります。しかも、音量調整が簡単で、ボタン一つで快適に聴けます。耳にぴったりとフィットするデザインも素晴らしく、長時間つけていても疲れません。

最大音圧レベルが大きいイヤホンの特徴として、低音の奥行きをより感じられることが挙げられます。そのため、EDM、ヒップホップ、ロックといった低音が強いジャンルの音楽を聴くことが好ましいです。ハイレゾ音源など高品質な音源を再生するにも最適で、クリアな音質で聴くことができます。

最大音圧レベルにおいて実際的な視点から見ると、JBL SOUNDGEAR SENSEは平均と比較する場合それなりに優秀と言えます。そのため、このイヤホンは最大音圧レベルに配慮する人にとっては魅力的な選択と考えられそうです。そうでなくとも、このイヤホンは一つの強力な選択肢になります。いずれにしても、最大音圧レベルを参考にすることが、より適切な判断につながるでしょう。

最大音圧レベル評価
JBL SOUNDGEAR SENSE112dB68/100

最低音域

JBL SOUNDGEAR SENSEに関する最低音域は20Hzになります。平均より、このイヤホンの最低音域が比較的高いイヤホンと言うことができるでしょう。全イヤホンの中でそこそこ劣っています。

最低音域が低いイヤホンのメリット音楽を聞くにあたり、人それぞれ好みがあると思いますが、最低音域が低いイヤホンには、低音が強く感じられるという良さがあります。低音が奥深く響くため、迫力のある音楽を楽しめますし、ライブのような臨場感も体験できます。また、最低音域が低いイヤホンは、ノイズキャンセリング機能がより効果的に働くため、電車や飛行機での使用にもおすすめです。

最低音域に関して実用目的で考えると、JBL SOUNDGEAR SENSEはわりと低い水準と考えられます。このイヤホンを使わない上で、重要な基準の一つといえるでしょう。また、このイヤホンは最低音域を気にするのなら良くない選択と考えることができそうです。ただし、決定的とまではいい切れない点を考慮する必要性があります。

最低音域評価
JBL SOUNDGEAR SENSE20Hz39/100

最高音域

JBL SOUNDGEAR SENSEについて、最高音域は20000kHzというデータです。全イヤホンの中で最高音域に関する評価得点は割と劣ったイヤホンで、評価得点は100点中28.7点であるといえるでしょう。普通より、このイヤホンの最高音域は比較的低いイヤホンと考えることができます。

最高音域に関してJBL SOUNDGEAR SENSEは下位水準にあると言うことができるでしょう。しかし決定的とまでは必ずしも言い切れないということが分かります。

最高音域評価
JBL SOUNDGEAR SENSE20000kHz28/100

ドライバーユニット

ドライバーユニットに関してJBL SOUNDGEAR SENSEは16.2mmというデータです。100点満点中66.4点となります。これは全てのイヤホンの中でもまあまあ凄いです。これはまあまあドライバーユニットが大きいイヤホンということができます。このイヤホンは、大きいドライバーユニットを搭載しているため、音の解像度が高く、低音の迫力も大変良いです。また、音の鮮明さが特徴であり、音楽を聴くだけでなく、映画などの映像作品もより一層楽しむことができます。

大きなドライバーユニットが搭載されたイヤホンは、より深い低音と鮮明な高音を体感できます。特に、音楽や映画鑑賞が好きな方にはおすすめです。また、音質にこだわる方には、大きなドライバーユニットがより高品質な音を実現するために重要であることを忘れてはなりません。

実際の利用を考えると、ドライバーユニットにおいてJBL SOUNDGEAR SENSEは平均と比べる場合まあまあ秀逸であるでしょう。従って、ドライバーユニットを気にする人の場合、このイヤホンを採用した方がよいと言うことができそうです。しかし、確定的とまでは言うことができないため注意深く評価する必要性があると言うことができるでしょう。

ドライバーユニット評価
JBL SOUNDGEAR SENSE16.2mm66/100

便利機能

自動電源ON機能

JBL SOUNDGEAR SENSEは自動電源ON機能を搭載しているイヤホンとなります。自動電源ON機能をこのイヤホンに搭載することで、使用者の手間を省くことができます。ユーザーは、電源を入れる手間がなく、音楽をすぐに楽しむことができます。また、音楽を聴き終わった際に、自動的に電源が切れるため、普段よりも電池の持続時間を長くすることができます。

自動電源ON機能を搭載しているイヤホンには、非常に便利なメリットがあります。まず、これらのイヤホンは自動的に電源がONになるため、使い始めるまでの手間や時間が節約できます。さらに、イヤホンを外した際には、この機能によって自動的に電源がOFFになるため、一時的に外した場合でも消費電力を抑えることができます。

自動電源OFF機能

JBL SOUNDGEAR SENSEは自動電源OFF機能を搭載しているイヤホンです。このイヤホンには自動電源OFF機能が搭載されているため、使用後に電源が切れるまで放置しても、電池の余裕を持ったまま保存することができます。そして、充電や電池交換の際にも、余計な消耗を防ぐことができます。この機能は、日常の使い勝手を改善するだけでなく、経済的な面でもメリットがある機能です。

自動電源OFF機能を搭載しているイヤホンは、普段から地球環境に貢献することができます。この機能により、環境問題に対する取り組みが高まっている中、省エネなイヤホンの需要が高まっているのも事実です。また、省エネにより、充電を頻繁に行う必要がなくなるため、電気代も削減できるため、家計にも優しいアイテムといえるでしょう。

リモコン操作

JBL SOUNDGEAR SENSEはリモコンで操作できるイヤホンと言うことができます。このイヤホンは、リモコンで操作できる点が、利便性を高めています。リモコンのボタンが大きく、操作しやすいため、手間なく音楽を楽しむことができます。また、リモコンには、通話機能もあり、複数の機能が一つにまとめられていることも、嬉しいポイントです。

リモコンで操作できるイヤホンのメリットには、手軽な操作性が挙げられます。音楽を聴きながら運動をする場合や、公共の場所で音量を調整する必要がある場合に便利です。また、リモコンには通話をするためのマイクが搭載されているものもあり、スマートフォンを操作することなく通話ができることも魅力的です。

マイク搭載

JBL SOUNDGEAR SENSEはマイクを搭載しているといえます。マイクを搭載しているこのイヤホンは、音楽だけでなく、通話や音声入力にも使えます。マイクの位置もちょうどよく、ノイズキャンセリングもしっかりできるため、クリアな音声を録音することができます。

マイクを搭載しているイヤホンのメリットは、音声認識機能があることです。例えば、スマートフォンの音声認識アシスタントに接続して使用することができます。これにより、手軽に音声操作ができるため、作業効率が向上します。また、ハンズフリーでの操作が可能となり、両手を使って作業することができるので、忙しい時でも効率的に仕事を進めることができます。

イヤホン機能

音質調整機能

JBL SOUNDGEAR SENSEは音質調整機能を搭載しているイヤホンであるといえます。このイヤホンは、音質調整機能を搭載しているため、ユーザーが自分好みの音質を調節できます。特に、低音の調整が非常に優れており、音楽をより深みのあるものに鳴らすことができます。さらに、搭載されているイコライザーにより、ジャンルごとに最適な音質設定が可能です。

音質調整機能を搭載したイヤホンのメリットは、音楽のジャンルや再生環境に合わせて適切な音質を選ぶことができる点にあります。例えば、ジャズやクラシックなど低音の要素が多い音楽を聴くときには、低音を強調することでサウンドのバランスを整えることができます。また、騒がしい通勤電車や飛行機内での音楽鑑賞においては、周囲の騒音に負けずにクリアな音質で楽しむこともできます。

バッテリー

連続使用可能時間

JBL SOUNDGEAR SENSEにおける連続使用可能時間については6時間となっています。当サイトのレビューワーによる評価では100点中28.7点という評価を連続使用可能時間につけています。連続使用可能時間がまあまあ短いイヤホンと言うことができるでしょう。

連続使用可能時間が長いイヤホンは、非常に重要なメリットを持っています。例えば、交通機関やフィットネスルームでの使用時、充電を気にせず、長時間使用できることが大きな魅力です。さらに、作業や勉強時にも電池切れの心配をせず、効率的に作業できます。このように、快適な使用感と省エネルギー性能が備わっているため、専門家からも強く推奨されるイヤホンです。

実際に使う場合を考えるとJBL SOUNDGEAR SENSEはそれなりに下回っているイヤホンということが分かるでしょう。ただし絶対的とまでは判断できないです。

連続使用可能時間評価
JBL SOUNDGEAR SENSE6時間28/100

最短充電時間

JBL SOUNDGEAR SENSEに関する最短充電時間は2時間というデータとなっています。これはまあまあと言った感じと考えられそうです。100点中58点をつけています。最短充電時間で充電できるこのイヤホンは、忙しい方にぴったり。充電器にプラグインする必要もなく、コンパクトで持ち運びにも便利です。

最短充電時間が短いイヤホンのメリットについて考えてみましょう。充電時間が短いということは、バッテリーの充電が早くできるため、急いで出かける際も快適に使用できます。また、急な出張や旅行中など、充電器が近くにない場合でも、短時間で充電ができるため、とても便利です。

実際に利用することを考慮すると、JBL SOUNDGEAR SENSEはそこそこと言ったレベルです。最短充電時間の情報を考慮しても決定するうえで役に立ちません。

最短充電時間評価
JBL SOUNDGEAR SENSE2時間58/100

Qi対応

JBL SOUNDGEAR SENSEはQiでの充電に対応しているイヤホンとなっています。このイヤホンは、Qiでの充電に対応しており、充電が簡単に行えるため、便利です。また、充電器を持ち運ぶ手間がなくなるため、移動中や外出先でも使用することができます。

Qiでの充電に対応しているイヤホンのメリットについて Qiでの充電に対応しているイヤホンのメリットは、充電方法が多様化することによって、イヤホンを使っていてバッテリー切れを心配することなく、常に安定した使用が可能になることです。また、充電ケーブルを持ち歩く必要がないので、さらにスマートな使用が可能です。最近では、Qi充電器も幅広く普及しているため、手軽に充電できることも大きな魅力です。

スペック

JBL SOUNDGEAR SENSE
画像JBL SOUNDGEAR SENSE
本体カラーブラック/ホワイト
本体重量13.1g
防水防塵の保護等級t
インピーダンス32Ω
最大音圧レベル112dB
最低音域20Hz
最高音域20000kHz
ドライバーユニット16.2mm
音質調整機能
対応コーデックSBC/AAC
連続使用可能時間6時間
最短充電時間2時間
Qi対応
Bluetooth規格5.3
Bluetooth対応
自動電源ON機能
自動電源OFF機能
リモコン操作
マイク搭載

JBL SOUNDGEAR SENSE の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。