SONY IER-Z1R (2019) はどの程度おすすめ?ほかとくらべたときの良さをまとめてみました

作成日時: 2020-03-20 15:11:30、更新日時: 2021-10-19 16:57:42

 SONY IER-Z1R (2019) を徹底評価

SONY IER-Z1R (2019)は、シルバーの本体カラーで、26gの本体重量、1.2mのコード長を持ちます。また、リケーブル対応であり、イヤホン自体の耐久性を高めることができます。インピーダンスは40Ωで、最大音圧レベルは103dBです。これにより、より高品質な音を楽しむことが可能です。最低音域は3Hz、最高音域は100000kHzで、ハイレゾ音源にも対応しています。ドライバーユニットは12mmで、音の解像度も高く、細かい音まで聞き取ることができます。最大許容入力は100mWで、音割れを起こすことなく、高音質な音楽を楽しむことができます。総合的に見て、SONY IER-Z1R (2019)は、高品質な音を楽しめる上に、リケーブル対応で耐久性も高いため、とてもおすすめできるイヤホンです。

SONY IER-Z1R (2019) のメリット

  • インピーダンスは大きい
  • 出力できる最低音域は非常に低い
  • 出力できる最高音域はとても高い

SONY IER-Z1R (2019) のデメリット

  • コードのサイズは比較的短い

SONY IER-Z1R (2019) の特徴

  • リケーブルできる
  • ハイレゾ音源に対応している

よく注目される点から SONY IER-Z1R (2019) を評価する

SONY IER-Z1R (2019) のイヤホン性能について評価

インピーダンスについて

「SONY IER-Z1R (2019)」のインピーダンスは40Ωです。これは普通のイヤホンと比べてとても大きい部類に入るイヤホンと言えます。ノイズのような機械的な雑音を抑制できるため、音を鮮明にすることができる点でこの商品は非常に良いです。テンポの緩やかな音楽を流したり、作曲などの音づくりをするなら「SONY IER-Z1R (2019)」は非常に適しています。従って「SONY IER-Z1R (2019)」はかなりおすすめです。インピーダンスという視点でこれより大きいイヤホンでも「SONY IER-Z1R (2019)」との差をほとんど感じられないと思われます。

インピーダンス評価
SONY IER-Z1R (2019)40Ω78/100

最大音圧レベルについて

最大音圧レベルについて「SONY IER-Z1R (2019)」は103dBです。普通のイヤホンと比較してこのイヤホンの音圧感度はほとんど同じだと言えるでしょう。大音量で音楽鑑賞するのに通常の場合なら「SONY IER-Z1R (2019)」でもおそらく十分です。通常利用であればあまり問題を感じずに使えるくらいのモノであるため、特別に良いとまでは言えないでしょう。少しのストレスも感じたくない人には不満を感じるかもしれないため、もうワンランク上のイヤホンを検討した方がいいのかもしれません。

最大音圧レベル評価
SONY IER-Z1R (2019)103dB52/100

最低音域について

出力できる最低音域について「SONY IER-Z1R (2019)」は3Hzです。標準的なイヤホンと比べてこのイヤホンの再生周波数はとても低いと言えるイヤホンです。またこの商品は低音を忠実に出力することができる点で秀でています。重低音が響く音楽を鑑賞したいときに「SONY IER-Z1R (2019)」はかなり適しています。従って「SONY IER-Z1R (2019)」はかなりおすすめです。出力できる最低音域という観点でこれより低いイヤホンを選んでもほとんど意味がないと思われます。

最低音域評価
SONY IER-Z1R (2019)3Hz97/100

最高音域について

出力できる最高音域について「SONY IER-Z1R (2019)」は100000kHzです。普通のイヤホンよりもこのイヤホンの再生周波数はとても高い方に入るイヤホンだと言えるでしょう。またこの商品は高音域の音を忠実に出力できる点でとても良いです。女性シンガーの音楽や楽器の音を楽しむようなクラシックを試聴するのに「SONY IER-Z1R (2019)」は非常にオススメです。従って「SONY IER-Z1R (2019)」に決める大きな要因になると思います。これ以上高い再生周波数のイヤホンでもほとんど「SONY IER-Z1R (2019)」との差を体感出来ないと思います。

最高音域評価
SONY IER-Z1R (2019)100000kHz98/100

ドライバーユニットについて

音を鳴らす振動板のサイズについて「SONY IER-Z1R (2019)」は12mmです。これは標準的なイヤホンとくらべてほとんど同じくらいだと言えるでしょう。クラシック音楽を聴いたり、ライブなどの生の音源を試聴したい場合でも通常のケースであれば「SONY IER-Z1R (2019)」を選んでもおそらく問題に感じることはないでしょう。通常利用であればあまり問題なく使える程度のため「SONY IER-Z1R (2019)」が決定的とまでは言えません。玄人にとっては物足りなさを感じるかもしれないため、一つ上を考えた方が良さそうです。

ドライバーユニット評価
SONY IER-Z1R (2019)12mm44/100

最大許容入力について

イヤホンに入力できる最大電力について「SONY IER-Z1R (2019)」は100mWです。普通のイヤホンと比較してこのイヤホンの最大許容入力はほとんど同じだと言えるでしょう。高出力のアンプで使用すると壊れてしまう点でこの商品はどちらかといとよいとは言えません。高性能のアンプで使用したいなら「SONY IER-Z1R (2019)」は比較的不向きです。イヤホンに入力できる最大電力という点つもりならあまり「SONY IER-Z1R (2019)」はおすすめできないでしょう。

最大許容入力評価
SONY IER-Z1R (2019)100mW35/100

SONY IER-Z1R (2019) のイヤホン機能について評価

SONY IER-Z1R (2019) の基本情報について評価

本体重量について

重量について「SONY IER-Z1R (2019)」は26gです。これは標準的なイヤホンとくらべてほとんど同じくらいと言えます。ジョギングなどの運動中に使用したり、長時間使用したい場合でも通常であれば「SONY IER-Z1R (2019)」でもおそらく問題に感じることはないでしょう。普通に使う分にはあまり困らないものの「SONY IER-Z1R (2019)」が特別によいとは言えないでしょう。少しでもストレスを感じずに使いたい人には物足りなさを感じる可能性が高く、ワンランク上にした方がいいのかもしれません。

本体重量評価
SONY IER-Z1R (2019)26g42/100

コード長について

「SONY IER-Z1R (2019)」のコードのサイズは1.2mです。これは一般的なイヤホンと比べてやや長い方の大きさです。コードのサイズという観点で選ぶなら「SONY IER-Z1R (2019)」はほとんど選択肢に入らないです。

コード長評価
SONY IER-Z1R (2019)1.2m32/100

リケーブル可否について

「SONY IER-Z1R (2019)」はリケーブルできるイヤホンです。そのためケーブル交換によって好みの音質に調節をしたり、ケーブルが断線したら交換できる点で秀でています。独自のカスタマイズをしつつ長期愛用するなら「SONY IER-Z1R (2019)」は向いています。

SONY IER-Z1R (2019) の詳細情報

SONY IER-Z1R (2019)
画像SONY IER-Z1R (2019)
本体カラーシルバー
本体重量26g
コード長1.2m
リケーブル対応
インピーダンス40Ω
最大音圧レベル103dB
最低音域3Hz
最高音域100000kHz
ドライバーユニット12mm
最大許容入力100mW
ハイレゾ対応

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較する

価格をチェック

SONY IER-Z1R (2019) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

SONY IER-Z1R (2019) と評価が同程度のイヤホンを探す

DENON AH-D1200 (2018)

本体重量:260g, コード長:1.3m, インピーダンス:24Ω, 最大音圧レベル:100dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:40000kHz, ドライバーユニット:50mm, 最大許容入力:1300mW

SONY XBA-N3 (2016)

本体重量:7g, コード長:1.2m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:107dB, 最低音域:3Hz, 最高音域:40000kHz, ドライバーユニット:9mm, 最大許容入力:100mW

SONY MDR-M1ST (2019)

本体重量:215g, コード長:2.5m, インピーダンス:24Ω, 最大音圧レベル:103dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:80000kHz, ドライバーユニット:40mm, 最大許容入力:1500mW

SONY MDR-EX255 (2017)

本体重量:3g, コード長:1.2m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:106dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:25000kHz, ドライバーユニット:12mm, 最大許容入力:100mW

SONY MDR-1AM2 (2018)

本体重量:187g, コード長:1.2m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:98dB, 最低音域:3Hz, 最高音域:100000kHz, ドライバーユニット:40mm, 最大許容入力:1500mW

SOLID BASS ATH-WS660BT

本体重量:220g, コード長:1.2m, インピーダンス:38Ω, 最大音圧レベル:100dB, 最低音域:8Hz, 最高音域:29000kHz, ドライバーユニット:53mm, 連続使用可能時間:40時間, 最短充電時間:5時間

EXTRA BASS MDR-XB75AP

本体重量:9g, コード長:1.2m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:112dB, 最低音域:4Hz, 最高音域:26000kHz, ドライバーユニット:12mm, 最大許容入力:100mW

もっと見る ▼

SONY IER-Z1R (2019) の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

SONY IER-Z1R (2019)

60.3-本体重量:26g, コード長:1.2m, インピーダンス:40Ω, 最大音圧レベル:103dB, 最低音域:3Hz, 最高音域:100000kHz, ドライバーユニット:12mm, 最大許容入力:100mW

SONY WF-1000XM3 (2019)

40.9本体重量:8.5g, ドライバーユニット:6mm, 連続使用可能時間:8時間, 最短充電時間:3.5時間

SONY WI-C310 (2019)

49.2本体重量:19g, ドライバーユニット:9mm, 連続使用可能時間:15時間, 最短充電時間:3時間

SONY WH-CH510 (2019)

55.3本体重量:132g, ドライバーユニット:30mm, 連続使用可能時間:35時間, 最短充電時間:4.5時間

SONY WI-C200 (2019)

49.2本体重量:19g, ドライバーユニット:9mm, 連続使用可能時間:15時間, 最短充電時間:3時間

EXTRA BASS WI-XB400

53.7本体重量:21g, ドライバーユニット:12mm, 連続使用可能時間:15時間, 最短充電時間:3時間

SONY SBH82D (2019)

46.8本体重量:25.5g, インピーダンス:32Ω, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:13.6mm, 連続使用可能時間:7.5時間, 最短充電時間:2時間

SONY WI-C600N (2019)

40.0本体重量:27g, ドライバーユニット:6mm, 連続使用可能時間:7.5時間, 最短充電時間:2.5時間

振動板の大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度振動板の大きさ

SONY IER-Z1R (2019)

44.5-ドライバーユニット:12mm

SONY WF-1000XM3 (2019)

11.8ドライバーユニット:6mm

SONY WI-C310 (2019)

27.8ドライバーユニット:9mm

SONY WH-CH510 (2019)

74.0ドライバーユニット:30mm

SONY WI-C200 (2019)

27.8ドライバーユニット:9mm

EXTRA BASS WI-XB400

47.3ドライバーユニット:12mm

SONY SBH82D (2019)

55.2ドライバーユニット:13.6mm

SONY WI-C600N (2019)

11.8ドライバーユニット:6mm

最大許容入力値

画像製品名評価比較したときのおススメ度最大許容入力値

SONY IER-Z1R (2019)

35.6-最大許容入力:100mW

SONY MDR-M1ST (2019)

80.7最大許容入力:1500mW

SONY IER-NW510N (2019)

44.3最大許容入力:100mW

SONY STH50C (2019)

26.0最大許容入力:20mW

連続使用可能時間

画像製品名評価比較したときのおススメ度連続使用可能時間

SONY IER-Z1R (2019)

0.0-

SONY WF-1000XM3 (2019)

39.0連続使用可能時間:8時間

SONY WI-C310 (2019)

60.0連続使用可能時間:15時間

SONY WH-CH510 (2019)

83.3連続使用可能時間:35時間

SONY WI-C200 (2019)

60.0連続使用可能時間:15時間

EXTRA BASS WI-XB400

60.0連続使用可能時間:15時間

SONY SBH82D (2019)

36.5連続使用可能時間:7.5時間

SONY WI-C600N (2019)

36.5連続使用可能時間:7.5時間

イヤホンランキング

カテゴリ一覧

人気イヤホン

16位

20位

関連人気記事

新着情報