オーディオテクニカ ATH-M40x (2014) の機能を徹底レビュー

作成日時: 2020-03-20 20:52:50、更新日時: 2021-10-19 18:38:56

 オーディオテクニカ ATH-M40x (2014) を徹底評価

メリット

  • 音を鳴らす振動板のサイズは非常に大きい
  • イヤホンに入力できる最大電力は非常に大きい

デメリット

  • 重量は非常に重い
  • コードのサイズは比較的短い
  • 最大音圧レベルは比較的小さい
  • 出力できる最低音域は比較的高い

特徴

  • 折りたたんでコンパクトにできる
  • リケーブルできる

よく注目される点から オーディオテクニカ ATH-M40x (2014) を評価する

オーディオテクニカ ATH-M40x (2014) のイヤホン性能について評価

インピーダンスについて

インピーダンスについて「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」は35Ωです。これは一般的なイヤホンと比べてやや大きい部類に分けられるイヤホンと言えます。テンポの緩やかな音楽を流したり、作曲などの音づくりをするのに通常の場合なら「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」を選んでもおそらく問題に感じることはないでしょう。普通に使う分には使える程度のため特別という程でもありません。少しのストレスも感じたくない人には不満を感じる可能性が高く、ワンランク上のイヤホンを考えることをお勧めします。

インピーダンス評価
オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)35Ω69/100

最大音圧レベルについて

最大音圧レベルについて「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」は98dBです。平均的なイヤホンよりこのイヤホンの音圧感度は比較的小さい部類に分けられるイヤホンでしょう。またこの商品は大きな音を出すことができない点でどちらかといえばよいとは言えないでしょう。大音量で音楽鑑賞するときに「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はやや不向きです。最大音圧レベルという観点から選ぶ場合「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はあまり選択肢に入ってこないでしょう。

最大音圧レベル評価
オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)98dB29/100

最低音域について

「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」の出力できる最低音域は15Hzです。平均的なイヤホンよりもこのイヤホンの再生周波数はやや高い方に分けられるイヤホンと言えます。またこの商品は迫力のある重低音を楽しむことができない点でどちらかといと良いとは言えないでしょう。重低音が響く音楽を鑑賞したい場合に「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はあまりオススメではありません。出力できる最低音域という点なら「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はあまりおすすめしません。

最低音域評価
オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)15Hz26/100

最高音域について

出力できる最高音域について「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」は24000kHzです。これは標準的なイヤホンと比べてどちらかといえば低いでしょう。女性シンガーの音楽や楽器の音を楽しむようなクラシックを試聴するのに通常の場合なら「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」を選んでもおそらく十分でしょう。普通に使う分には使えるものであるため「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」が特段という程でもありません。こだわりが強い人にとっては物足りなさを感じる可能性が高く、もうワンランク上を検討した方がいいのかもしれません。

最高音域評価
オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)24000kHz37/100

ドライバーユニットについて

「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」の音を鳴らす振動板のサイズは40mmです。これは平均的なイヤホンよりもとても大きいと言えます。またこの商品は高品質の音を再生できる点で優れていると言えるでしょう。クラシック音楽を聴いたり、ライブなどの生の音源を試聴するのに「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はとてもおすすめです。そのため「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はかなりおすすめです。音を鳴らす振動板のサイズという観点でこれより大きいイヤホンを選んでも「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」とほとんど同じと思います。

ドライバーユニット評価
オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)40mm88/100

最大許容入力について

「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」のイヤホンに入力できる最大電力は1600mWです。一般的なイヤホンと比べてこのイヤホンの最大許容入力は非常に大きい部類のイヤホンでしょう。高出力のアンプで使うことができる点でこの商品は優れています。高性能のアンプで使用するときに「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はとても適しています。従って「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はかなり有力な候補の一つに挙げられるでしょう。これ以上大きい最大許容入力のイヤホンでもあまり意味がないでしょう。

最大許容入力評価
オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)1600mW90/100

オーディオテクニカ ATH-M40x (2014) の基本情報について評価

本体重量について

「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」の重量は240gです。一般的なイヤホンとくらべてこのイヤホンの重量はとても重いイヤホンだと言えるでしょう。またこの商品は耳に負担がかかってしまう点でよくないと言えます。ジョギングなどの運動中に使用したり、長時間使用するなら「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」は非常に不向きです。重量にあまり興味が無くても普通に使っていてストレスを感じる可能性がありそうです。従ってもう一つ上のイヤホンを検討した方がいいのかもしれません。

本体重量評価
オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)240g12/100

コード長について

コードのサイズについて「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」は1.2mです。これは標準的なイヤホンと比べてどちらかといえば短い部類に入るイヤホンでしょう。コードのサイズという観点で選ぶなら「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はほとんど選択肢に入らないです。

コード長評価
オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)1.2m32/100

リケーブル可否について

「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」はリケーブルできるイヤホンです。そのためケーブル交換によって好みの音質に調節をしたり、ケーブルが断線したら交換できる点で秀でています。独自のカスタマイズをしつつ長期愛用するなら「オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)」は向いています。

オーディオテクニカ ATH-M40x (2014) の詳細情報

オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)
画像オーディオテクニカ ATH-M40x (2014)
本体カラーブラック
本体重量240g
折りたたみ対応
コード長1.2m
リケーブル対応
インピーダンス35Ω
最大音圧レベル98dB
最低音域15Hz
最高音域24000kHz
ドライバーユニット40mm
最大許容入力1600mW

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較する

価格をチェック

オーディオテクニカ ATH-M40x (2014) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。