HD 560S をレビュー・評価|優れた点やイマイチな点を解説してみた

作成日時: 2021-04-15 13:47:57、更新日時: 2021-10-19 21:36:25

 HD 560S を徹底評価
評価のサマリー
評価の比較

総合評価

75.1/100

(総合: 2014位)

項目評価
本体重量
12/100
コード長
91/100
インピーダンス
98/100
最大音圧レベル
82/100
最低音域
79/100
最高音域
74/100
ドライバーユニット
86/100
総合評価75.1/100

HD 560S を選ぶべき8つの理由

  • コードのサイズはかなり長い
    (70位/2343製品)
  • インピーダンスはかなり大きい
    (49位/3039製品)
  • 最大音圧レベルはかなり大きい
    (438位/2868製品)
  • 出力できる最低音域は比較的低い
    (636位/3419製品)
  • 出力できる最高音域はやや高い
    (753位/3448製品)
  • 音を鳴らす振動板のサイズは非常に大きい
    (743位/2938製品)
  • リケーブルできる
  • ハイレゾ音源に対応している

よく注目される点から HD 560S を評価する

HD 560S のイヤホン性能について評価

インピーダンスについて

HD 560Sのインピーダンスは120Ωです。これは普通のイヤホンと比べてとても大きい部類に入るイヤホンと言えます。ノイズのような機械的な雑音を抑制できるため、音を鮮明にすることができる点でこの商品は非常に良いです。テンポの緩やかな音楽を流したり、作曲などの音づくりをするならHD 560Sは非常に適しています。従ってHD 560Sはかなりおすすめです。インピーダンスという視点でこれより大きいイヤホンでもHD 560Sとの差をほとんど感じられないと思われます。

インピーダンス評価
HD 560S120Ω98/100

最大音圧レベルについて

最大音圧レベルについて、HD 560Sは110dBです。これは一般的なイヤホンよりもかなり大きい部類に入る音圧感度です。またこの商品は大音量で音を聞くことができる点でどちらかといえば優れていると言えます。大音量で音楽鑑賞したい場合にHD 560Sはややオススメです。従って最大音圧レベルで見るつもりならHD 560Sは一つの候補でしょう。普通に使う分には十分と言えますが、もう少し大きい音圧感度のイヤホンもあるため決定的といえるほどではありません。

最大音圧レベル評価
HD 560S110dB82/100

最低音域について

出力できる最低音域についてHD 560Sは6Hzです。標準的なイヤホンと比べてこのイヤホンの再生周波数はとても低いと言えるイヤホンです。またこの商品は低音を忠実に出力することができる点で秀でています。重低音が響く音楽を鑑賞したいときにHD 560Sはかなり適しています。従ってHD 560Sはかなりおすすめです。出力できる最低音域という観点でこれより低いイヤホンを選んでもほとんど意味がないと思われます。

最低音域評価
HD 560S6Hz79/100

最高音域について

出力できる最高音域について、HD 560Sは38000kHzです。普通のイヤホンと比べてこのイヤホンの再生周波数はやや高い方に入るイヤホンでしょう。またこの商品は高音域の音を忠実に出力できる点でとても良いです。女性シンガーの音楽や楽器の音を楽しむようなクラシックを試聴するのにHD 560Sは非常にオススメです。従ってHD 560Sに決める大きな要因になると思います。これ以上高い再生周波数のイヤホンでもほとんどHD 560Sとの差を体感出来ないと思います。

最高音域評価
HD 560S38000kHz74/100

ドライバーユニットについて

HD 560Sの音を鳴らす振動板のサイズは38mmです。これは普通のイヤホンとくらべて比較的大きいと言えるでしょう。またこの商品は高品質の音を再生できる点で優れていると言えるでしょう。クラシック音楽を聴いたり、ライブなどの生の音源を試聴するのにHD 560Sはとてもおすすめです。そのためHD 560Sはかなりおすすめです。音を鳴らす振動板のサイズという観点でこれより大きいイヤホンを選んでもHD 560Sとほとんど同じと思います。

ドライバーユニット評価
HD 560S38mm86/100

HD 560S の基本情報について評価

本体重量について

HD 560Sの重量は240gです。一般的なイヤホンとくらべてこのイヤホンの重量はとても重いイヤホンだと言えるでしょう。またこの商品は耳に負担がかかってしまう点でよくないと言えます。ジョギングなどの運動中に使用したり、長時間使用するならHD 560Sは非常に不向きです。重量にあまり興味が無くても普通に使っていてストレスを感じる可能性がありそうです。従ってもう一つ上のイヤホンを検討した方がいいのかもしれません。

本体重量評価
HD 560S240g12/100

コード長について

HD 560Sのコードのサイズは3mです。標準的なイヤホンと比較してこのイヤホンの大きさはとても長い部類に分けられるイヤホンと言えます。そのためHD 560Sにする上で大きな判断材料となると思います。これよりも長い大きさのイヤホンでもほとんど意味がないと思われます。

コード長評価
HD 560S3m91/100

リケーブル可否について

HD 560Sはリケーブルできるイヤホンです。そのためケーブル交換によって好みの音質に調節をしたり、ケーブルが断線したら交換できる点で秀でています。独自のカスタマイズをしつつ長期愛用するならHD 560Sは向いています。

HD 560S のイヤホン機能について評価

ハイレゾ対応について

HD 560Sはハイレゾ音源に対応しているイヤホンです。

HD 560S の詳細情報

HD 560S
画像HD 560S
本体カラーブラック
本体重量240g
コード長3m
リケーブル対応
インピーダンス120Ω
最大音圧レベル110dB
最低音域6Hz
最高音域38000kHz
ドライバーユニット38mm
ハイレゾ対応

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較する

価格をチェック

HD 560S の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

HD 560S と評価が同程度のイヤホンを探す

本体重量:4.1g, ドライバーユニット:6.1mm, 連続使用可能時間:7時間, 最短充電時間:2時間

本体重量:5g, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:97dB, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:6mm, 連続使用可能時間:4時間, 最短充電時間:2時間

本体重量:4g, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:98dB, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:6mm, 最大許容入力:5mW, 連続使用可能時間:5時間, 最短充電時間:2時間

本体重量:5g, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:10mm, 連続使用可能時間:6時間, 最短充電時間:2.5時間

本体重量:7.4g, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:10mm, 連続使用可能時間:7時間, 最短充電時間:1.5時間

本体重量:246g, コード長:1.2m, インピーダンス:46Ω, 最大音圧レベル:97dB, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:40mm, 最大許容入力:1000mW, 連続使用可能時間:5時間, 最短充電時間:4時間

本体重量:285g, コード長:1.25m, インピーダンス:24Ω, 最大音圧レベル:95dB, 最低音域:20Hz, 最高音域:22000kHz, ドライバーユニット:40mm, 連続使用可能時間:40時間, 最短充電時間:3時間

本体重量:9g, ドライバーユニット:11mm, 連続使用可能時間:12時間, 最短充電時間:60分

本体重量:435g, コード長:1.5m, インピーダンス:75Ω, 最大音圧レベル:100dB, 最低音域:20Hz, 最高音域:40000kHz, ドライバーユニット:40mm

本体重量:67g, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:110dB, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:11mm, 連続使用可能時間:7時間, 最短充電時間:2時間

HD 560S の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

HD 560S

75.1-本体重量:240g, コード長:3m, インピーダンス:120Ω, 最大音圧レベル:110dB, 最低音域:6Hz, 最高音域:38000kHz, ドライバーユニット:38mm

MOMENTUM Wireless M3AEBTXL [Black]

55.3本体重量:305g, コード長:1.4m, インピーダンス:100Ω, 最低音域:6Hz, 最高音域:22000kHz, ドライバーユニット:42mm, 連続使用可能時間:17時間, 最短充電時間:3時間

IE 400 PRO

47.0本体重量:18g, コード長:1.3m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:123dB, 最低音域:6Hz, 最高音域:19000kHz, ドライバーユニット:7mm

PXC 550-II Wireless

55.4コード長:1.4m, インピーダンス:46Ω, 最大音圧レベル:110dB, 最低音域:17Hz, 最高音域:23000kHz, ドライバーユニット:32mm, 連続使用可能時間:20時間, 最短充電時間:3時間

HD 350BT

45.8本体重量:238g, 最大音圧レベル:108dB, 最低音域:18Hz, 最高音域:22000kHz, 連続使用可能時間:30時間, 最短充電時間:2時間

HD 450BT

45.9本体重量:238g, コード長:1.5m, 最大音圧レベル:108dB, 最低音域:18Hz, 最高音域:22000kHz, 連続使用可能時間:30時間, 最短充電時間:2時間

IE 80S BT

52.9本体重量:32g, 最大音圧レベル:110dB, 最低音域:10Hz, 最高音域:20000kHz, 連続使用可能時間:6時間, 最短充電時間:1.5時間

MOMENTUM True Wireless 2

62.7本体重量:6g, 最大音圧レベル:107dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:21000kHz, ドライバーユニット:7mm, 連続使用可能時間:7時間, 最短充電時間:1.5時間

インピーダンス

画像製品名評価比較したときのおススメ度インピーダンス

HD 560S

98.3-インピーダンス:120Ω

MOMENTUM Wireless M3AEBTXL [Black]

98.2インピーダンス:100Ω

IE 400 PRO

18.0インピーダンス:16Ω

PXC 550-II Wireless

87.6インピーダンス:46Ω

CX 350BT

54.9インピーダンス:28Ω

CX 150BT

54.9インピーダンス:28Ω

HD 25 Limited Edition

97.9インピーダンス:70Ω

HD 25 White

97.9インピーダンス:70Ω

音圧感度

画像製品名評価比較したときのおススメ度音圧感度

HD 560S

82.6-最大音圧レベル:110dB

IE 400 PRO

98.2最大音圧レベル:123dB

PXC 550-II Wireless

82.6最大音圧レベル:110dB

HD 350BT

74.3最大音圧レベル:108dB

HD 450BT

74.3最大音圧レベル:108dB

IE 80S BT

82.6最大音圧レベル:110dB

MOMENTUM True Wireless 2

70.0最大音圧レベル:107dB

CX 350BT

82.6最大音圧レベル:110dB

振動板の大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度振動板の大きさ

HD 560S

86.9-ドライバーユニット:38mm

MOMENTUM Wireless M3AEBTXL [Black]

90.5ドライバーユニット:42mm

IE 400 PRO

24.7ドライバーユニット:7mm

PXC 550-II Wireless

80.6ドライバーユニット:32mm

MOMENTUM True Wireless 2

24.7ドライバーユニット:7mm

CX 400BT True Wireless CX400TW1

24.7ドライバーユニット:7mm

IE 300

24.7ドライバーユニット:7mm

IE 900

24.7ドライバーユニット:7mm

イヤホンランキング

カテゴリ一覧

人気イヤホン

5位

18位

20位

関連人気記事

新着情報