K712 PROのメリット/デメリットを検証|徹底評価してみました

作成日時: 2020年03月20日 11時02分03秒、更新日時: 2020年03月20日 12時17分23秒

K712 PROを徹底評価

K712 PROにはどういった面で優れた点やイマイチな点があるのかを評価レビュー。どの程度利便性が高い?類似のイヤホンに比べK712 PROはどれくらいよいのかについて検証しました!

K712 PROのメリット

  • コードのサイズはかなり長い
  • インピーダンスはかなり大きい
  • 出力できる最高音域はやや高い

K712 PROのデメリット

  • 重量は非常に重い
  • 最大音圧レベルは非常に小さい

K712 PROの特徴

  • リケーブルできる

よく注目される点からK712 PROを評価する

K712 PROのイヤホン性能について評価

インピーダンスについて

K712 PROのインピーダンスは62 Ωです。K712 PROは普通のイヤホンと比べてとても大きい部類に入るイヤホンと言えます。ノイズのような機械的な雑音を抑制できるため、音を鮮明にすることができる点でK712 PROは非常に良いです。テンポの緩やかな音楽を流したり、作曲などの音づくりをするならK712 PROは非常に適しています。従ってK712 PROはかなりおすすめです。インピーダンスという視点でこれより大きいイヤホンでもK712 PROとの差をほとんど感じられないと思われます。

インピーダンス評価
K712 PRO62 Ω97/100

最大音圧レベルについて

K712 PROの最大音圧レベルは93 dBです。平均的なイヤホンよりK712 PROの音圧感度はとても小さい部類のイヤホンだと言えるでしょう。またK712 PROは大きな音を出すことができない点でよいとは言えないでしょう。大音量で音楽鑑賞するならK712 PROはとても不向きです。最大音圧レベルにあまりこだわりが無い人でも日常で利用していてストレスを感じるかもしれないため一つ上のイヤホンを検討した方が良さそうです。

最大音圧レベル評価
K712 PRO93 dB6/100

出力できる最低音域について

出力できる最低音域について、K712 PROは10 Hzです。普通のイヤホンと比べるとK712 PROの再生周波数は同じくらいと言えます。重低音が響く音楽を鑑賞するのに通常のケースであればK712 PROでもおそらく十分だと言えるでしょう。普通に使う分にはあまり困らないくらいのモノのため特別とは言えないでしょう。少しでもストレスを感じずに使いたい人やヘビーユーザーにとっては不満を感じる可能性が高く、ワンランク上のイヤホンを考えることをお勧めします。

出力できる最低音域評価
K712 PRO10 Hz50/100

出力できる最高音域について

出力できる最高音域について、K712 PROは39800 kHzです。普通のイヤホンと比べてK712 PROの再生周波数はやや高い方に入るイヤホンでしょう。またK712 PROは高音域の音を忠実に出力できる点でとても良いです。女性シンガーの音楽や楽器の音を楽しむようなクラシックを試聴するのにK712 PROは非常にオススメです。従ってK712 PROに決める大きな要因になると思います。これ以上高い再生周波数のイヤホンでもほとんどK712 PROとの差を体感出来ないと思います。

出力できる最高音域評価
K712 PRO39800 kHz77/100

イヤホンに入力できる最大電力について

イヤホンに入力できる最大電力についてK712 PROは200 mWです。普通のイヤホンと比較してK712 PROの最大許容入力はほとんど同じだと言えるでしょう。高性能のアンプで使用するのに通常ならK712 PROを選んでもおそらく十分です。通常利用であればほぼ問題を感じにくいものの、K712 PROが特段とまでは言えないでしょう。少しでもストレスを感じずに使いたい人やこだわりが強い人にとっては不足している可能性が高く、一つ上のイヤホンを見てみることをおすすめします。

イヤホンに入力できる最大電力評価
K712 PRO200 mW49/100

K712 PROの基本情報について評価

重量について

K712 PROの重量は298 gです。一般的なイヤホンとくらべてK712 PROの重量はとても重いイヤホンだと言えるでしょう。またK712 PROは耳に負担がかかってしまう点でよくないと言えます。ジョギングなどの運動中に使用したり、長時間使用するならK712 PROは非常に不向きです。重量にあまり興味が無くても普通に使っていてストレスを感じる可能性がありそうです。従ってもう一つ上のイヤホンを検討した方がいいのかもしれません。

重量評価
K712 PRO298 g11/100

コードのサイズについて

K712 PROのコードのサイズは3 mです。標準的なイヤホンと比較してK712 PROの大きさはとても長い部類に分けられるイヤホンと言えます。そのためK712 PROにする上で大きな判断材料となると思います。これよりも長い大きさのイヤホンでもほとんど意味がないと思われます。

コードのサイズ評価
K712 PRO3 m91/100

リケーブル可否について

K712 PROはリケーブルできるイヤホンです。そのためケーブル交換によって好みの音質に調節をしたり、ケーブルが断線したら交換できる点で秀でています。独自のカスタマイズをしつつ長期愛用するならK712 PROは向いています。

K712 PROの詳細情報

K712 PRO
画像K712 PRO
本体カラーブラック
重量298 g
コードのサイズ3 m
リケーブルできるかどうか
インピーダンス62 Ω
最大音圧レベル93 dB
出力できる最低音域10 Hz
出力できる最高音域39800 kHz
イヤホンに入力できる最大電力200 mW

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較する

価格をチェックする

K712 PROの価格を今すぐチェック

K712 PROと評価が同程度のイヤホンを探す

INDUCAS BTH-A4000

重量:195 g, コードのサイズ:1.2 m, インピーダンス:32 Ω, 最大音圧レベル:108 dB, 出力できる最低音域:50 Hz, 出力できる最高音域:20000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:40 mm, イヤホンに入力できる最大電力:20 mW, 連続使用可能時間:18時間, 最短充電時間:120分

関連リンク

AVIOT TE-BD21j-pnk

重量:5.2 g, インピーダンス:32 Ω, 最大音圧レベル:92 dB, 音を鳴らす振動板のサイズ:8 mm, 連続使用可能時間:9時間, 最短充電時間:90分

関連リンク

PRO6305BK/98

コードのサイズ:1.2 m, 最大音圧レベル:109 dB, 出力できる最低音域:7 Hz, 出力できる最高音域:40000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:12.2 mm

関連リンク

M5 PLUS

重量:5 g, 出力できる最低音域:20 Hz, 出力できる最高音域:20000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:6 mm, 連続使用可能時間:9時間, 最短充電時間:120分

関連リンク

Ne EXTRA HP-NX10

コードのサイズ:1.2 m, インピーダンス:18 Ω, 最大音圧レベル:107.2 dB, 出力できる最低音域:10 Hz, 出力できる最高音域:45000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:7.4 mm

関連リンク

OLLO AUDIO S4X

重量:350 g, コードのサイズ:2 m, インピーダンス:32 Ω, 出力できる最低音域:20 Hz, 出力できる最高音域:22000 kHz

関連リンク

400-BTSH014

重量:28 g, コードのサイズ:220 mm, 出力できる最低音域:20 Hz, 出力できる最高音域:20000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:8.6 mm, 連続使用可能時間:8時間, 最短充電時間:120分

関連リンク

TrueControl ANC

重量:8.3 g, 最大音圧レベル:100 dB, 出力できる最低音域:10 Hz, 出力できる最高音域:20000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:6 mm, 連続使用可能時間:5時間

関連リンク

AF45W MK3 AF456-3-15

コードのサイズ:45 cm, インピーダンス:16 Ω, 最大音圧レベル:99 dB, 出力できる最低音域:20 Hz, 出力できる最高音域:20000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:11 mm, 連続使用可能時間:10時間, 最短充電時間:90分

関連リンク

AF33W MK3

コードのサイズ:45 cm, インピーダンス:16 Ω, 最大音圧レベル:97 dB, 出力できる最低音域:20 Hz, 出力できる最高音域:20000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:9 mm, 連続使用可能時間:10時間, 最短充電時間:90分

関連リンク

TAH5255

重量:170 g, インピーダンス:32 Ω, 最大音圧レベル:110 dB, 出力できる最低音域:20 Hz, 出力できる最高音域:20000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:32 mm, 連続使用可能時間:30時間

関連リンク

3ee Delta 01 ANC

重量:5 g, 出力できる最低音域:20 Hz, 出力できる最高音域:20000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:8 mm, 連続使用可能時間:4.5時間, 最短充電時間:120分

関連リンク

VGH-AC30

重量:230 g, コードのサイズ:1.6 m, インピーダンス:49 Ω, 最大音圧レベル:97 dB, 出力できる最低音域:20 Hz, 出力できる最高音域:20000 kHz, 音を鳴らす振動板のサイズ:40 mm, イヤホンに入力できる最大電力:1000 mW

関連リンク

もっと見る ▼

イヤホンランキング

カテゴリ一覧

メーカー名でイヤホンを探す

&COLOR
1MORE
64 AUDIO
Accutone
Acoustic Effect
Acoustic Research
Acoustune
ACS
ADAM Audio
ADV.
ADVANCED
Aedle
AfterShokz
ag
AIAIAI
AIR by MPOW
AKG
Alpha & Delta
ALTECLANSING
ambie
Angle & Curve
ANKER
Apple
AREA
ARMOR-X
AROMA
Ar:tio
Astell&Kern
Astrotec
Atomic Floyd
AUDEZ'E
Audiofly
AudioQuest
AUDIX
AUGLAMOUR
AUKEY
auneaudio
AURA
Ausounds
Austrian Audio
AVIOT
AZDEN
AZLA
Bang&Olufsen
BCジャパン
BEHRINGER
BELKIN
beyerdynamic
BICBOZ
Blue Ever Blue
Blue Microphones
BLUEDOT
BoCo
bonein
BOOMPODS
Bose
BOSS
Bowers & Wilkins
BOYA
BRAINWAVZ
BRIGHTON NET
CAD
CAEDEN
Cambridge Audio
Campfire Audio
CARDAS AUDIO
Carot One
CHIKYU-SEKAI
Chord&Major
COWON
crazybaby
CREATIVE
CROSSZONE
DALI
DAVIDS FORMULA
De-makers
defunc
DENNO
DENON
DEVIALET
Dexibell
Direct Sound
DITA
dodocool
DUNU-TOPSOUND
DynamicMotion
EarFun
EARIN
EARSONICS
Edifier
ELPA
Embrace Audio Lab
Eme Audio
EOZ Audio
ERATO
Etymotic Research
Even
Fanny Wang
FAudio
FENDER
fFLAT5
FIDUE
FIIL
FiiO
final
Fischer Amps
Fischer Audio
Fitbit
FOSTEX
FPS
FreeTek International
FUGU INNOVATIONS
Funcl
FURUTECH
FUTURE ACCESS TECHNOLOGY
Future Sonics
G&BL
gavio
Gecoo
GERMAN MAESTRO
Goldendance
GOLLA
Google
GRADO
Griffin Technology
H2O Audio
Hamee
happy plugs
harman/kardon
HEDD
HEIR Audio
HERCULES
HI-DISC
HiBy Music
Hidizs
HiFiMAN
HOOKE AUDIO
HP
HUAWEI
i.am+
iBasso Audio
iDance
iFrogz
ikko Audio
INFOMEDIA
INNODESIGN
IRIVER
iSK
iSOUND
j-phonic
Jabra
JAM Audio
JAPANイヤホン製造
JayBird
JAYS
JBL
JH Audio
JLAB
JVC
KAIHOU
KEF
KIKUTANI
Kinera
King Sound
KINGMAX
KitSound
KORG
KOSS
KRK SYSTEMS
LANDPORT
LB-Acoustics
LEAR
Lenovo
LGエレクトロニクス
LIBRATONE
LINDY
LYPERTEK
LZ Hi-Fi Audio
M-AUDIO
MacaW
MACKIE
MAROO AUDIO
Marshall
Martin Logan
MASTER & DYNAMIC
Mavin
MEE audio
MEES
Meters Music
Meze Audio
Microsonic Music
Mitchell and Johnson
Mobvoi
MONSTER CABLE
moshiaudio
Motorheadphones
MOTOROLA
moxpad
Mpow Japan
MQbix
MrSpeakers
MSソリューションズ
MUNITIO
MUSICAL FIDELITY
Mutrics
Neu
NF AUDIO
ninewave
Noble Audio
Nowall
Nuforce
Nuheara
numark
nura
OLLO AUDIO
onanoff
ONEvido
ONKYO
OPPO
Orange Rouge
ORB
OSTRY
OUTDOOR TECH
Padmate
Paiaudio
Parrot
Pendulumic
Perfect Sound
Periodic Audio
PGA
PHIATON
Phil Jones
PHONON
Plantronics
PMV
Polk Audio
PreSonus
Pro-Ject
PRYMA
QCY
qdc
QoA
QUAD
RAAL-requisite
radius
RATOC
Razer
RCF
realme
Reecho
RHA
Rhapsodio
RHYTHMATIC Enterprise
Rose
ROWCING
Sabbat
SAMSON
SB C&S
Scosche
See audio
SENDY AUDIO
Shanling
Shenzhen ABC Industrial
Shenzhen Lutu Technology
ShenZhen Yuanze Electronics
Shiftall
SHURE
SKULLCANDY
SKUNK JUICE
Sleek Audio
SMS AUDIO
SMV JAPAN
Softears
SOL REPUBLIC
Sonoma Acoustics
SONY
SOUL
SoundPEATS
SOUNDSOUL
STAX
Stealth Sonics
StereoPravda
Studio Banana
Sudio
Superlux
SVN Sound
Symphonized
TANCHJIM
TaoTronics
TASCAM
TDK
TESORO
TFZ
The Coop Idea
The House of Marley
The Wheat Group
TinHifi
Tipsy
Tivoli Audio
TOA
TOPlay
TORQUE AUDIO
TTPOD
UCOTECH
Ultimate Ears
ULTRASONE
UNCOMMON
Unique Melody
UPQ
URBANEARS
Urbanista
v-moda
VAVA
VERTEX
Vestax
VIE STYLE
VOX
Vsonic
Westone
Whizzer
Wi Digital Systems
YAC
YAMAZEN
Yell Acoustic
YEVO Labs
yurbuds
ZERO AUDIO
Zildjian
ZMF headphones
ZOMO
ZUMREED
たのしいかいしゃ
アイキューラボ
アクセス
アクラス
アベル
アルパイン
アルペックス
アンサー
イデアインターナショナル
インプリンク
エアージェイ
エクセルサウンド
エムエスシー
エムケー電子
エム・ティ・アイ
エレコム
エレス
オウルテック
オズマ
オルトフォン
オーツェイド
オーディオテクニカ
オーム電機
カイン
カシオ
カシムラ
カナルワークス
キングストン
クオリティトラストジャパン
クリプシュ
グッドスマイルカンパニー
グリーンハウス
グルマンディーズ
ケンウッド
サイバーガジェット
サイラス
サエクコマース
サトレックス
サムスン
サンコー
サンワサプライ
サーモス
シャープ
ステイヤー
スリーイーホールディングス
センチュリー
ゼンハイザー
ソフトバンクC&S
タンノイ
ダルマオーディオ
チューンウェア
ティ・アール・エイ
デレクトビュー
トップランド
ナカミチ
ナガオカ
ニクソン
ネイン
ネクストゲーション
ノックス
ハック
バウト
バッファロー
パイオニア
パナソニック
ビージーエム
ビーツ・エレクトロニクス
ビーハーフ
ピーナッツ・クラブ
フィリップス
フェラーリ
フォーカル
フューチャーモデル
プリンストン
マクセル
マクロス
マランツ
ミック
ミヨシ
メイ
メディア・インテグレーション
メディコム・トイ
ヤザワコーポレーション
ヤマハ
ユニーク
ライソン
ラスタバナナ
リンクス
リーダーメディアテクノ
ロア・インターナショナル
ロジテック
ローランド
七福神商事
多摩電子工業
平野商会
日本コンピュータ・ダイナミクス
日特
東芝
水月雨
茶楽音人
藤本サービス
藤本電業
逸品館
音茶楽
須山歯研

ブランド名でイヤホンを探す

イヤホン 新着記事