【2024年最新】 東芝 RZE-ABT60 vs Kinera Imperial Loki: 比較

2024-03-12 20:48:07

東芝 RZE-ABT60Kinera Imperial Loki
東芝 RZE-ABT60Kinera Imperial Loki
東芝 RZE-ABT60Kinera Imperial Loki
東芝 RZE-ABT60Kinera Imperial Loki
総合評価:

42.6/100

(総合順位: 6611/9959)

42.6/100

(総合順位: 6613/9959)

インピーダンス
24/100
16/100
最大音圧レベル
47/100
58/100
最低音域
39/100
39/100
最高音域
28/100
81/100
ドライバーユニット
66/100
11/100

スペック

東芝 RZE-ABT60Kinera Imperial Loki
東芝 RZE-ABT60Kinera Imperial Loki
基本情報
本体カラーブラックブルー
本体重量18g -
防水防塵の保護等級t -
コード長 - 1.2m
リケーブル対応 -
イヤホン性能
インピーダンス16Ω12Ω
最大音圧レベル102dB107dB
最低音域20Hz20Hz
最高音域20000kHz50000kHz
ドライバーユニット15.4mm6mm
最大許容入力20mW -
イヤホン機能
音質調整機能 -
対応コーデックSBC -
バッテリー
連続使用可能時間7時間 -
最短充電時間2.5時間 -
通信機能
Bluetooth規格5.3 -
Bluetooth対応 -
便利機能
自動電源OFF機能 -
リモコン操作 -
マイク搭載 -

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較

価格を見る

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較

価格を見る

比較レビュー

イヤホン性能

インピーダンス

東芝 RZE-ABT60とKinera Imperial Lokiでインピーダンスについてみてみると、東芝 RZE-ABT60は16Ωというデータである一方、Kinera Imperial Lokiは12Ωとなります。Kinera Imperial Lokiと東芝 RZE-ABT60はわりと小さな違いがあります。これらの比較情報で明白にわかるようにインピーダンスという点においてはKinera Imperial Lokiのほうが東芝 RZE-ABT60よりわずかに小さいことがわかるでしょう。インピーダンスが大きいイヤホンは、音質が高く、細かな音まで聞き取れるため、クラシック音楽など、音の表現力が重要なジャンルに最適です。

インピーダンスが大きいイヤホンは、高品質な音楽を楽しみたい方にとって必携アイテムです。音の歪みが少なく、音の鮮明度が高く、より本来の音質を再現することができます。加えて、周囲の騒音の影響を受けにくく、音楽をじっくり楽しめます。また、通話においても、音質が高く内音に悩まされずに通話が可能となります。

インピーダンスという点に関して東芝 RZE-ABT60とKinera Imperial Lokiについて違いはほんの僅かに開いていると言えるでしょう。単純に数値としてはKinera Imperial Lokiよりも東芝 RZE-ABT60のほうが小さいことが分かります。ただし意思決定において、インピーダンスの情報は役に立たないといえるでしょう。別の観点から比較するほうが良いということができます。

インピーダンス評価
東芝 RZE-ABT60
16Ω24/100
Kinera Imperial Loki
12Ω16/100

最大音圧レベル

Kinera Imperial Lokiと東芝 RZE-ABT60で最大音圧レベルにおいて比較すると、東芝 RZE-ABT60は102dBである一方Kinera Imperial Lokiは107dBというデータとなっています。Kinera Imperial Lokiの方が最大音圧レベルはわずかに大きいと言えます。5dBの比較的小さな違いが東芝 RZE-ABT60とKinera Imperial Lokiに存在しています。最大音圧レベルが大きいイヤホンのメリットは、低音から高音まで、広い周波数帯域で音楽を聴くことができることです。

最大音圧レベルが大きいイヤホンには、音楽だけでなく、ビジネスシーンでも活躍するメリットがあります。例えば、オフィスやカフェなどの場所で音楽を聴きたい場合、周りの人に迷惑をかけることなく、大音量で聴くことができます。また、音声通話やビデオ会議などでも、よりクリアな音質でコミュニケーションができ、効率的な業務遂行をサポートします。

Kinera Imperial Lokiの最大音圧レベルは東芝 RZE-ABT60よりも感覚的に、すこし抜きん出ています。単純な数値としてはKinera Imperial Lokiの方が東芝 RZE-ABT60より大きいことが分かるでしょう。しかし最大音圧レベルの情報を比較しても殆ど参考になりません。

最大音圧レベル評価
東芝 RZE-ABT60
102dB47/100
Kinera Imperial Loki
107dB58/100

最低音域

最低音域の視点で比べると東芝 RZE-ABT60は20Hzというデータである一方、Kinera Imperial Lokiは20Hzというデータとなっています。東芝 RZE-ABT60の最低音域はKinera Imperial Lokiと比べてよく似ています。

最低音域が低いイヤホンは、ダンスやエレクトロニック系の音楽を好む人にもおすすめです。低音がすっきりと再生されるため、リズム感が増し、音楽の世界に没頭しやすくなります。また、運動中にもイヤホンが外れにくくなるという利点もあります。

この比較情報から明白なように、Kinera Imperial Lokiも東芝 RZE-ABT60も非常によく似ています。判断を下す上で、最低音域の情報はあまり参考にならないと言えるでしょう。

最低音域評価
東芝 RZE-ABT60
20Hz39/100
Kinera Imperial Loki
20Hz39/100

最高音域

東芝 RZE-ABT60とKinera Imperial Lokiで最高音域の視点について対比すると、Kinera Imperial Lokiは50000kHzで、東芝 RZE-ABT60は20000kHzというデータといえます。東芝 RZE-ABT60とKinera Imperial Lokiの差は30000kHz存在しており東芝 RZE-ABT60の方が最高音域は相当低いことがわかります。

実際的に考えると最高音域に関して東芝 RZE-ABT60の方が非常によくないと感じるでしょう。違いはずば抜けて存在します。従って最高音域に注目する場合東芝 RZE-ABT60はいまいちな選択と考えられるかもしれません。そうでなくとも東芝 RZE-ABT60の採用を推奨したくない大きな判断材料と言えそうです。

最高音域評価
東芝 RZE-ABT60
20000kHz28/100
Kinera Imperial Loki
50000kHz81/100

ドライバーユニット

東芝 RZE-ABT60のドライバーユニットは15.4mmとなっています。またKinera Imperial Lokiのドライバーユニットは6mmとなっています。Kinera Imperial Lokiに比べて東芝 RZE-ABT60ははるかにドライバーユニットは大きいことが分かるでしょう。東芝 RZE-ABT60とKinera Imperial Lokiは相当の差です。全然異なります。大きなドライバーユニットを搭載したイヤホンは、ダイナミックで迫力のあるサウンドをお届けします。

ドライバーユニットが大きいイヤホンは、音楽以外のコンテンツもより楽しめるというメリットがあります。大きいドライバーユニットは、音の表現力が高く、映画やドラマなどの音声もより臨場感を持って聴くことができます。また、オンライン会議や通話でも、相手の声がクリアに聞こえるため、通信品質の悪い場所でもストレスなくコミュニケーションを取ることができます。

実際に使う場合ドライバーユニットにおいてKinera Imperial Lokiに比べて東芝 RZE-ABT60は高いレベルにあるでしょう。そのため東芝 RZE-ABT60を考える上で一つの着目すべき判断材料と言えそうです。またドライバーユニットを重要視する人にとって東芝 RZE-ABT60を考慮した方がよいでしょう。

ドライバーユニット評価
東芝 RZE-ABT60
15.4mm66/100
Kinera Imperial Loki
6mm11/100

価格をチェックする

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。