パナソニック Technics EAH-AZ40M2 と Soundcore Liberty 4 NC を比較

2023-09-25 19:23:32

パナソニック Technics EAH-AZ40M2Soundcore Liberty 4 NC
パナソニック Technics EAH-AZ40M2Soundcore Liberty 4 NC
パナソニック Technics EAH-AZ40M2Soundcore Liberty 4 NC
パナソニック Technics EAH-AZ40M2Soundcore Liberty 4 NC
総合評価:

47/100

(総合順位: 6470/9959)

47.1/100

(総合順位: 4531/9959)

本体重量
86/100
85/100
最低音域
39/100
39/100
最高音域
68/100
68/100
ドライバーユニット
11/100
42/100
連続使用可能時間
26/100
46/100
最短充電時間
50/100
34/100

スペック

パナソニック Technics EAH-AZ40M2Soundcore Liberty 4 NC
パナソニック Technics EAH-AZ40M2Soundcore Liberty 4 NC
基本情報
本体カラーブラック/シルバー/ローズゴールドブラック/ホワイト/ネイビー/ピンク/ライトブルー
本体重量5g5.2g
防水防塵の保護等級tt
イヤホン性能
インピーダンス - 10Ω
最低音域20Hz20Hz
最高音域40000kHz40000kHz
ドライバーユニット6mm11mm
イヤホン機能
音質調整機能
対応コーデックSBC/AAC/LDACSBC/AAC/LDAC
ハイレゾ対応
バッテリー
連続使用可能時間5.5時間10時間
最短充電時間2.5時間3.5時間
Qi対応
通信機能
Bluetooth規格5.35.3
Bluetooth対応
マルチペアリング対応 -
便利機能
自動電源ON機能
自動電源OFF機能
リモコン操作
マイク搭載
外音取り込み機能
ノイズキャンセリング機能

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較

価格を見る

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較

価格を見る

比較レビュー

イヤホン性能

最低音域

最低音域の視点で比べるとパナソニック Technics EAH-AZ40M2は20Hzというデータである一方、Soundcore Liberty 4 NCは20Hzというデータとなっています。パナソニック Technics EAH-AZ40M2の最低音域はSoundcore Liberty 4 NCと比べてよく似ています。

最低音域が低いイヤホンのメリットは、低音域の音が強化されることで、バランスが良く、聞く者に不快感がない音質に改善されます。低音が強調されることで、リズム感も増し、音楽をより楽しむことができます。

これらの比較情報から明確にわかるように、Soundcore Liberty 4 NCもパナソニック Technics EAH-AZ40M2も相当よく似ています。商品選びにおいて、最低音域の情報は参考にならないでしょう。

最低音域評価
パナソニック Technics EAH-AZ40M2
20Hz39/100
Soundcore Liberty 4 NC
20Hz39/100

最高音域

最高音域という点において比較すると、Soundcore Liberty 4 NCは40000kHzでありパナソニック Technics EAH-AZ40M2は40000kHzというデータになっています。パナソニック Technics EAH-AZ40M2の最高音域はSoundcore Liberty 4 NCの最高音域と比較して極めてよく類似しています。

体感的な観点で言えばパナソニック Technics EAH-AZ40M2もSoundcore Liberty 4 NCも非常によく類似していると言えます。最高音域の情報を確認しても、全くといえるほど参考になりません。

最高音域評価
パナソニック Technics EAH-AZ40M2
40000kHz68/100
Soundcore Liberty 4 NC
40000kHz68/100

ドライバーユニット

Soundcore Liberty 4 NCのドライバーユニットは11mmとなっています。またパナソニック Technics EAH-AZ40M2のドライバーユニットは6mmとなっています。パナソニック Technics EAH-AZ40M2のほうが非常にドライバーユニットは小さいことが分かります。パナソニック Technics EAH-AZ40M2とSoundcore Liberty 4 NCの違いは比べ物にならないくらいというデータになっています。ドライバーユニットが大型化することで、音の歪みが少なく、高音質な音楽鑑賞が可能となります。

ドライバーユニットが大きいイヤホンのメリットとしては、より迫力ある低音が楽しめる点が挙げられます。大型のドライバーユニットは、音を生成する振動板が大きくなることにより、より深みのある低音を生み出すことができます。また、高音域の表現もよりクリアに聴き取れる傾向があるため、よりバランスの取れた音質を楽しむことができます。

実際に使う場面において、ドライバーユニットに関してSoundcore Liberty 4 NCよりパナソニック Technics EAH-AZ40M2は著しく物足りない水準にあると感じとれるでしょう。従って、ドライバーユニットを重視するのであれば、パナソニック Technics EAH-AZ40M2は微妙な選択と考えられそうです。そうでなくとも、パナソニック Technics EAH-AZ40M2を採用しない場合において、大きな判断材料になるでしょう。

ドライバーユニット評価
パナソニック Technics EAH-AZ40M2
6mm11/100
Soundcore Liberty 4 NC
11mm42/100

基本情報

本体重量

本体重量に関して比べるとパナソニック Technics EAH-AZ40M2は5gというデータになっており、Soundcore Liberty 4 NCは5.2gとなっています。本体重量においてSoundcore Liberty 4 NCとパナソニック Technics EAH-AZ40M2の似ています。従って差は全くないといえる程ないです。

実際の使用場面を考えると、本体重量に関してSoundcore Liberty 4 NCもパナソニック Technics EAH-AZ40M2も全くといっていいほど差は存在していません。本体重量の情報を確認してもあまり役に立ちません。

本体重量評価
パナソニック Technics EAH-AZ40M2
5g86/100
Soundcore Liberty 4 NC
5.2g85/100

イヤホン機能

音質調整機能

両方とも音質調整機能を搭載しているイヤホンとなっています。これらのイヤホンは、音質調整機能を搭載しており、ユーザーが好みに合わせて聴取体験をカスタマイズできます。特に、低音が強めになってしまう曲や、高音がキツく感じる曲などに対して、適切に調整してくれるため、音楽をより鮮明に楽しめるでしょう。

音質調整機能を搭載しているイヤホンのメリット音楽のジャンルや曲によって、聴きたい音の強弱が異なります。そんなときも、音質調整機能を搭載したイヤホンを使えば、自分自身で音を調整することができます。例えば、ベースが強めの曲を聴く場合、ベースを強調して音楽を楽しむことができます。このように、音質調整機能を備えたイヤホンは、好みに合わせた音楽体験を提供するためにとても重要です。

ハイレゾ対応

両方ともハイレゾ音源に対応しているイヤホンということができます。これらのイヤホンは、ハイレゾ音源に対応しているため、音の質感が向上し、まるで生演奏を聞いているような臨場感を味わうことができます。また、高周波と低周波のバランスが良く調整されているため、音のバランスがとても良いです。

ハイレゾ音源に対応しているイヤホンのメリットは、高品質な音質を楽しむことができることです。通常の音源では聞くことができなかった細かい音まで聞き取ることができます。また、音の広がりや奥行きもより感じることができ、よりリアルな音楽体験ができます。

便利機能

自動電源ON機能

パナソニック Technics EAH-AZ40M2とSoundcore Liberty 4 NCは両方とも自動電源ON機能を搭載しているイヤホンとなっています。自動電源ON機能を搭載したこれらのイヤホンは、斬新なデザインとともに利便性に優れています。同時に、長時間のバッテリー駆動が可能である点も注目に値します。周囲の騒音を遮断して音楽を楽しめる高音質も魅力です。

このイヤホンには、自動電源ON機能が搭載されており、使用開始もスムーズかつ簡単です。また、装着感に優れ、長時間の使用でも疲れにくく快適に使用できます。更に、電源のON/OFF操作を省くことで、手間や時間を節約できるため、忙しい現代人にとっては大変便利な機能と言えます。

自動電源OFF機能

Soundcore Liberty 4 NCもパナソニック Technics EAH-AZ40M2も自動電源OFF機能を搭載していると言うことができます。これらのイヤホンには、自動電源OFF機能が備わっているので、バッテリーの消耗が抑えられます。こまめに充電しなくても、長期的に使い続けることができます。

イヤホンを購入する際には、自動電源OFF機能を搭載しているものを選ぶことをおすすめします。この機能により、バッテリーの寿命を延ばすことができるだけでなく、移動中にイヤホンを忘れた際の心配もなくなります。また、省エネ効果があり、環境にも優しい一方で、携帯性にも優れており、大変便利です。

リモコン操作

パナソニック Technics EAH-AZ40M2もSoundcore Liberty 4 NCもリモコンで操作できるイヤホンとなります。これらのイヤホンはリモコンで操作できるため、手軽に音楽を切り替えることができます。また、この機能により、場所を移動する際にも音量の調節が簡単にできます。これらのイヤホンはリモコンでコントロールできるため、音楽を聴きながらも手を使った作業ができます。さらに、リモコンによる操作で、スムーズな音量の変化や楽曲の選択が可能です。 これらのイヤホンはリモコンで簡単にコントロールできるので、手軽に音楽を楽しむことができます。また、リモコンに付けられたマイクは、通話時にも非常に便利です。

リモコンで操作できるイヤホンのメリットはいくつかあります。まず、音量調整や曲の切り替えなど、操作が簡単です。また、リモコンで通話を開始したり終了したりできるため、手元を離すことなく快適な通話が可能です。さらに、スマートフォンにしまわずにポケットやバッグに入れて操作できるので、スマートフォンを取り出す手間や落下のリスクを軽減できます。

マイク搭載

両方ともマイクを搭載していると言うことができます。これらのイヤホンにはマイクが搭載されているだけでなく、ノイズキャンセリング機能が付いているものもあります。外部の騒音を軽減することで、より快適な使用感が得られます。

最後に、マイクを搭載しているイヤホンにおけるメリットとして、仕事や勉強での活用が挙げられます。例えば、オンライン授業やWeb会議において、質問や発言をする際に、通話機能があるイヤホンを使うことで、よりスムーズなコミュニケーションが取れます。また、パソコンと接続してマイクを利用した音声入力により、文章作成やメールの送信などの作業がスムーズに進むため、仕事や勉強の効率化につながるといえます。

外音取り込み機能

パナソニック Technics EAH-AZ40M2とSoundcore Liberty 4 NCは、両方とも外音取り込み機能を搭載しているイヤホンと言えるでしょう。これらのイヤホンは、外音取り込み機能を搭載している点が他製品との差別化ポイントとなっています。外出先での利用に最適であり、安全性を重視するユーザーにもおすすめです。

イヤホンの外音取り込み機能のメリットは、会話や交通音など周囲の音を音楽や通話の音声と共に聴くことができる点にあります。音楽や通話をする際でも、周囲の環境を感じることができるため、より自然な音楽体験や快適な通話が可能です。また、運転や作業中など、周囲の状況を把握しながら利用できるため、安全性や効率性が高まるというメリットもあります。

ノイズキャンセリング機能

パナソニック Technics EAH-AZ40M2とSoundcore Liberty 4 NCは両方ともノイズキャンセリング機能を搭載しているイヤホンであると言えるでしょう。これらのイヤホンには、素晴らしいノイズキャンセリング機能が付いています。例えば、飛行機や電車内での使用でも、外部の騒音をかき消し、快適な空間を提供することができます。

ノイズキャンセリング機能を搭載しているイヤホンは、交通機関や公共施設など、高いノイズレベルが予想される場所での利用に最適です。これらの場所では、周囲の音が集中して騒音となってしまうため、ノイズキャンセリング機能があると非常に効果的です。

バッテリー

連続使用可能時間

連続使用可能時間の点について比べてみると、Soundcore Liberty 4 NCは10時間というデータに対してパナソニック Technics EAH-AZ40M2は5.5時間というデータであると言えます。4.5時間のそこそこの違いがパナソニック Technics EAH-AZ40M2とSoundcore Liberty 4 NCに見られ、パナソニック Technics EAH-AZ40M2のほうが連続使用可能時間は比較的短いと言えるでしょう。連続使用可能時間が長いイヤホンのメリットは、長時間使用しても充電が切れにくく、外出先でも効率よく使用できることです。

イヤホンを使用している時間が長い場合、バッテリー残量が気になりますが、連続使用可能時間が長いイヤホンはその心配が不要です。また、バッテリーの持ちがよく、充電の必要性が減るため、充電器を持ち歩く手間も省けます。長時間使用する方々や移動中に音楽を聴く方には必見のアイテムです。

連続使用可能時間において実際的な視点から判断するとパナソニック Technics EAH-AZ40M2とSoundcore Liberty 4 NCに関して違いはそこそこずば抜けて開いています。パナソニック Technics EAH-AZ40M2を採用するべきでない一つの重要な理由といえます。また、連続使用可能時間に注目するなら、パナソニック Technics EAH-AZ40M2はあまり良くない選択といえるかもしれません。

連続使用可能時間評価
パナソニック Technics EAH-AZ40M2
5.5時間26/100
Soundcore Liberty 4 NC
10時間46/100

最短充電時間

最短充電時間について比較するとパナソニック Technics EAH-AZ40M2は2.5時間に対して、Soundcore Liberty 4 NCは3.5時間です。パナソニック Technics EAH-AZ40M2とSoundcore Liberty 4 NCは全然異なっています。パナソニック Technics EAH-AZ40M2の最短充電時間よりSoundcore Liberty 4 NCの最短充電時間はひときわ物足りない水準にあると言えるでしょう。最短充電時間が短いイヤホンは、充電にかかる時間が少ないため、長時間使用する際も安心感があります。

最短充電時間が短いイヤホンのメリットの1つは、急な出かけ先や予定の際にもすぐに使える点です。充電が短時間で済むため、待ち時間が少なくなります。また、充電が早いということは、バッテリーが長持ちしやすいという利点もあります。

実用目的で考えると、最短充電時間についてSoundcore Liberty 4 NCよりパナソニック Technics EAH-AZ40M2は体感的に、とても上位にあるでしょう。そのため、Soundcore Liberty 4 NCはお勧めしないです。パナソニック Technics EAH-AZ40M2は最短充電時間を重視する人にとって理想的な選択と考えられます。

最短充電時間評価
パナソニック Technics EAH-AZ40M2
2.5時間50/100
Soundcore Liberty 4 NC
3.5時間34/100

Qi対応

Soundcore Liberty 4 NCとパナソニック Technics EAH-AZ40M2はどちらもQiでの充電に対応しているイヤホンと言うことができるでしょう。これらのイヤホンはQiでの充電に対応しているため、ケーブルを使わず充電ができます。充電スピードについては商品によって異なりますが、手軽に充電できるのは魅力的ですね。

Qiでの充電に対応しているイヤホンは、充電器を持ち歩く必要がなく、外出先でも手軽に充電ができるため、使い勝手がよくなります。また、充電器を紛失したり、破損したりした場合でも、代替手段が容易に用意できるため、安心して使用できます。

通信機能

Bluetooth対応

どちらもBluetoothに対応しているイヤホンとなっています。Bluetoothに対応しているこれらのイヤホンは、コードがないので自由自在に動けます。また、充電式であるため、外出先でも長時間楽しめます。高性能のイヤホンなので、音質が優れており、重低音を強調したい方にもおすすめです。

Bluetoothに対応しているイヤホンは、有線イヤホンと比較して、使用時のストレスが少なく快適性に優れています。そして、Bluetooth対応のデバイスと接続するために、意識的にケーブルをつながなくてもよいため、よりスマートな印象を持たれます。また、多くのBluetoothイヤホンの中には、ノイズキャンセリング機能が搭載されているため、周囲の騒音を対策でき、音楽をより一層楽しめるでしょう。

価格をチェックする

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。