C/2019 Q4 CAM-5430 と Campfire Audio IO を比べるとどちらを選ぶべきか。詳細特徴を幅広くまとめました!

作成日時: 2020年03月20日 18時28分17秒、更新日時: 2021年10月20日 16時32分05秒

Campfire Audio IOC/2019 Q4 CAM-5430
Campfire Audio IOC/2019 Q4 CAM-5430

「Campfire Audio IO」と「C/2019 Q4 CAM-5430」はどういう点で評価の違いがあるのか?情報の重要度ごとに検証します。どっちのイヤホンを選ぶか悩んでいるならぜひチェックしてみてください。

Campfire Audio IOC/2019 Q4 CAM-5430
Campfire Audio IOC/2019 Q4 CAM-5430
総合評価:
コード長rating-image1.6
1.2m
rating-image1.6
1.2m
最大音圧レベルrating-image3.9
109dB
rating-image1.0
96dB
最低音域rating-image4.5
5Hz
rating-image2.5
10Hz
最高音域rating-image1.5
22000kHz
rating-image1.2
20000kHz

C/2019 Q4 CAM-5430 と比較して Campfire Audio IO を選ぶメリット

Campfire Audio IO と比較して C/2019 Q4 CAM-5430 を選ぶメリット

    -

「Campfire Audio IO」と「C/2019 Q4 CAM-5430」を徹底比較する

基本情報について「Campfire Audio IO」と「C/2019 Q4 CAM-5430」を比較

コード長について

コードのサイズについて「C/2019 Q4 CAM-5430」と「Campfire Audio IO」を比較すると「C/2019 Q4 CAM-5430」は1.2mであり「Campfire Audio IO」は1.2mです。「C/2019 Q4 CAM-5430」も「Campfire Audio IO」もほとんど同じと言えます。ほかの角度で選択することをおすすめします。

コード長評価
Campfire Audio IO
1.2m32/100
C/2019 Q4 CAM-5430
1.2m32/100

リケーブル可否について

「C/2019 Q4 CAM-5430」も「Campfire Audio IO」もリケーブルできるイヤホンです。そのためケーブル交換によって好みの音質に調節をしたり、ケーブルが断線したら交換できる点で秀でています。どちらも独自のカスタマイズをしつつ長期愛用するのにおすすめです。

イヤホン性能について「Campfire Audio IO」と「C/2019 Q4 CAM-5430」を比較

インピーダンスについて

インピーダンスについて比較すると「C/2019 Q4 CAM-5430」は12Ωで「Campfire Audio IO」は26Ωです。14Ωの違いがあります。「Campfire Audio IO」の抵抗値は「C/2019 Q4 CAM-5430」と比較してとても大きいです。「Campfire Audio IO」はノイズのような機械的な雑音を抑制できるため、音を鮮明にすることができる点で「C/2019 Q4 CAM-5430」よりも優れているでしょう。「Campfire Audio IO」はテンポの緩やかな音楽を流したり、作曲などの音づくりをするのにかなり適しています。実際の利用を想定したとき「Campfire Audio IO」は「C/2019 Q4 CAM-5430」より遥かに秀でているでしょう。「Campfire Audio IO」にする上で重要な理由の一つになると思います。

インピーダンス評価
Campfire Audio IO
26Ω49/100
C/2019 Q4 CAM-5430
12Ω0/100

最大音圧レベルについて

最大音圧レベルについて比べると「Campfire Audio IO」は109dBに対して「C/2019 Q4 CAM-5430」は96dBです。13dBもの差があります。「Campfire Audio IO」の音圧感度は「C/2019 Q4 CAM-5430」に比べてかなり大きいです。大音量で音を聞くことができる点で「Campfire Audio IO」の方が「C/2019 Q4 CAM-5430」よりも秀でていると言えます。「Campfire Audio IO」は大音量で音楽鑑賞するのにかなり適しています。実際に使う場面で「C/2019 Q4 CAM-5430」と「Campfire Audio IO」の体感値としての違いは非常に大きいです。「Campfire Audio IO」を選ぶ一つの重要な決め手になると思います。

最大音圧レベル評価
Campfire Audio IO
109dB78/100
C/2019 Q4 CAM-5430
96dB20/100

最低音域について

出力できる最低音域を「C/2019 Q4 CAM-5430」と「Campfire Audio IO」を比較すると「C/2019 Q4 CAM-5430」は10Hzであるのに対して「Campfire Audio IO」は5Hzです。5Hzもの差があります。「Campfire Audio IO」は「C/2019 Q4 CAM-5430」より非常に低い再生周波数です。低音を忠実に出力することができる点で「C/2019 Q4 CAM-5430」より「Campfire Audio IO」の方が優れていると言えます。「Campfire Audio IO」は重低音が響く音楽を鑑賞するのに非常におすすめです。実際に使う場面で「C/2019 Q4 CAM-5430」と「Campfire Audio IO」の体感上の違いは非常に大きいです。「Campfire Audio IO」を選ぶ一つの主な決め手になるでしょう。

最低音域評価
Campfire Audio IO
5Hz90/100
C/2019 Q4 CAM-5430
10Hz50/100

最高音域について

出力できる最高音域について「Campfire Audio IO」と「C/2019 Q4 CAM-5430」を比較すると「Campfire Audio IO」は22000kHzに対して「C/2019 Q4 CAM-5430」は20000kHzです。「Campfire Audio IO」の再生周波数は「C/2019 Q4 CAM-5430」に比べて多少高いです。「Campfire Audio IO」は高音域の音を忠実に出力できる点で「C/2019 Q4 CAM-5430」よりもどちらかといえば良いと思います。女性シンガーの音楽や楽器の音を楽しむようなクラシックを試聴する場合でも実用上の差はほぼ無いでしょう。あえて選ぶなら「C/2019 Q4 CAM-5430」より「Campfire Audio IO」の方が良いですが、基本的には体感差はほぼ感じないです。

最高音域評価
Campfire Audio IO
22000kHz30/100
C/2019 Q4 CAM-5430
20000kHz23/100

「Campfire Audio IO」と「C/2019 Q4 CAM-5430」の違いを表で比較する

Campfire Audio IOC/2019 Q4 CAM-5430
画像Campfire Audio IOC/2019 Q4 CAM-5430
本体カラーガーネットレッドブルー
コード長1.2m1.2m
リケーブル対応
インピーダンス26Ω12Ω
最大音圧レベル109dB96dB
最低音域5Hz10Hz
最高音域22000kHz20000kHz

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較する

価格をチェック

類似のイヤホンを探す

他のイヤホンと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Campfire Audio IO の関連記事
C/2019 Q4 CAM-5430 の関連記事

Campfire Audio IO と評価が同程度のイヤホンを探す

本体重量:5g, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:6mm, 連続使用可能時間:5時間, 最短充電時間:1.5時間

インピーダンス:17Ω, 最大音圧レベル:107dB, 最低音域:21Hz, 最高音域:17500kHz, 連続使用可能時間:8時間

本体重量:5g, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:6mm, 連続使用可能時間:10時間, 最短充電時間:1.5時間

本体重量:310g, コード長:1.2m, インピーダンス:20Ω, 最大音圧レベル:111dB, 最低音域:10Hz, 最高音域:30000kHz, ドライバーユニット:43mm, 連続使用可能時間:30時間, 最短充電時間:3時間

本体重量:250g, コード長:3m, インピーダンス:250Ω, 最大音圧レベル:96dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:35000kHz, 最大許容入力:100mW

本体重量:300g, コード長:1.2m, インピーダンス:30Ω, 最大音圧レベル:101dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:40000kHz, ドライバーユニット:53mm, 連続使用可能時間:30時間, 最短充電時間:5時間

本体重量:370g, コード長:3m, インピーダンス:250Ω, 最大音圧レベル:102dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:40000kHz, ドライバーユニット:45mm, 最大許容入力:200mW

本体重量:237g, コード長:1.2m, インピーダンス:36Ω, 最大音圧レベル:101dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:50000kHz, ドライバーユニット:45mm, 最大許容入力:2000mW

本体重量:165g, 最低音域:10Hz, 最高音域:22000kHz, ドライバーユニット:30mm, 連続使用可能時間:16時間, 最短充電時間:3.5時間

本体重量:11g, コード長:1.2m, インピーダンス:20Ω, 最大音圧レベル:103dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:40000kHz, 最大許容入力:100mW

インピーダンス:20Ω, 最大音圧レベル:110dB, 最低音域:4Hz, 最高音域:45000kHz, 最大許容入力:30mW

コード長:1.2m, インピーダンス:12.8Ω, 最大音圧レベル:112.8dB, 最低音域:10Hz, 最高音域:28000kHz

Campfire Audio IO の関連記事
C/2019 Q4 CAM-5430 の関連記事

C/2019 Q4 CAM-5430 と評価が同程度のイヤホンを探す

本体重量:189g, コード長:1.3m, インピーダンス:32Ω, 最大音圧レベル:101dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:37000kHz, ドライバーユニット:50mm, 最大許容入力:1300mW

本体重量:3g, コード長:1.2m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:106dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:25000kHz, ドライバーユニット:12mm, 最大許容入力:100mW

本体重量:260g, コード長:3m, インピーダンス:150Ω, 最大音圧レベル:104dB, 最低音域:10Hz, 最高音域:41000kHz

本体重量:187g, コード長:1.2m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:98dB, 最低音域:3Hz, 最高音域:100000kHz, ドライバーユニット:40mm, 最大許容入力:1500mW

本体重量:22g, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:9.1mm, 連続使用可能時間:7時間, 最短充電時間:2.5時間

本体重量:15g, コード長:1.2m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:103dB, 最低音域:6Hz, 最高音域:52000kHz, ドライバーユニット:11mm, 最大許容入力:200mW

本体重量:21.5g, コード長:1.2m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:102dB, 最低音域:6Hz, 最高音域:52000kHz, ドライバーユニット:11mm, 最大許容入力:200mW

本体重量:220g, コード長:1.2m, インピーダンス:38Ω, 最大音圧レベル:100dB, 最低音域:8Hz, 最高音域:29000kHz, ドライバーユニット:53mm, 連続使用可能時間:40時間, 最短充電時間:5時間

本体重量:251g, コード長:1.2m, インピーダンス:18Ω, 最大音圧レベル:95dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:40000kHz, ドライバーユニット:25mm, 連続使用可能時間:45時間, 最短充電時間:5時間

本体重量:7g, 最低音域:20Hz, 最高音域:20000kHz, ドライバーユニット:6mm, 連続使用可能時間:11時間, 最短充電時間:1.5時間

本体重量:9g, コード長:1.2m, インピーダンス:16Ω, 最大音圧レベル:112dB, 最低音域:4Hz, 最高音域:26000kHz, ドライバーユニット:12mm, 最大許容入力:100mW

本体重量:321g, コード長:1.8m, インピーダンス:70Ω, 最大音圧レベル:100dB, 最低音域:5Hz, 最高音域:40000kHz, ドライバーユニット:40mm, 最大許容入力:1000mW

イヤホンランキング

カテゴリ一覧

人気イヤホン

3位

13位

14位

17位

18位

関連人気記事

新着情報