Xeon Platinum 8180 評価レビュー

2023-06-04 01:30:53

総合評価

59.7/100

(総合順位: 31/3270)

評価項目点数
TDP
8/100
通常利用時の最大周波数
45/100
ブースト時の最大周波数
50/100
三次キャッシュ
82/100
コア数
86/100
スレッド数
86/100
総合評価59.7/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数に関して、Xeon Platinum 8180は2.5GHzになります。まあまあな感じと言えるCPUであることが分かります。すべてのCPUの中でも通常利用時の最大周波数の評価点数はまあまあな感じのCPUであり評価は100点満点中45.1点というデータです。このCPUは、高い通常利用時の最大周波数により、複雑なタスクでもスムーズな処理が可能です。さらに、高い信頼性により、安心して長年利用することができます。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリット通常利用時の最大周波数が高いCPUを選ぶことで、快適なゲームや動画編集などのハイエンドタスクをスムーズに処理することができます。高い性能により、それらの作業をする際のストレスも軽減されます。高性能なCPUは、パソコンの使い方に多大な影響を与えます。

通常利用時の最大周波数という視点について実用的な面から言えばXeon Platinum 8180は標準的なCPUと非常に類似していると感じられるといえそうです。別の角度から比較する必要がありそうということが分かります。決定を下すうえで、通常利用時の最大周波数の情報はあまり参考にならないといえます。

通常利用時の最大周波数評価
Xeon Platinum 81802.5GHz45/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数についてXeon Platinum 8180は3.8GHzになります。本サイトの評価スコアは100点中50点というデータです。これは普通グレードということができるCPUだと思います。このCPUの高いブースト時の最大周波数は驚異的です。そのパワーは他のCPUには比べ物になりません。ただし、それに値する価値があるかどうかは個人の用途によります。

CPUの評価専門媒体が強く推奨する、ブースト時の最大周波数が高いCPUの魅力ブースト時の最大周波数が高いCPUは、高速で処理できるため、作業の効率化につながります。また、動画編集やゲームのプレイなど、高負荷で動作が安定するため、快適なPCライフを送ることができます。さらに、省電力機能が高度化しているため、エコなライフスタイルを実現することもできます。

実際の活用を考えると、ブースト時の最大周波数についてXeon Platinum 8180は中程度の水準な感じであると言うことができるでしょう。別の点から検討する方が良さそうと言えます。商品を決めるうえで、ブースト時の最大周波数の情報はほとんど参考にならないと言えます。

ブースト時の最大周波数評価
Xeon Platinum 81803.8GHz50/100

三次キャッシュ対応

Xeon Platinum 8180は三次キャッシュに対応しているCPUであるといえるでしょう。このCPUは、三次キャッシュに対応していることによって、高度な処理能力を発揮します。大規模で複雑な作業にも対応でき、スムーズな業務の実現に貢献することができます。また、省エネ機能も搭載しているため、経済的な観点からも適しています。

三次キャッシュに対応しているCPUは、処理負荷が高いアプリケーションや複数のタスクを同時に実行する場合にも威力を発揮します。また、省エネルギーにも優れており、長時間の使用でも消費電力が低いため、電気代の節約にもつながります。

三次キャッシュ

三次キャッシュについて、Xeon Platinum 8180は38MBというデータです。これは標準と比較する場合、三次キャッシュはとても多いということがわかります。Kuraberu.com[クラベル]上では100点満点中82.3点というデータです。このCPUには、多い三次キャッシュが装備されています。三次キャッシュは、CPUが高速に処理を行うために必要なコアな技術であり、このCPUは高度な処理能力を発揮できます。

CPUの性能を上げるためには、三次キャッシュの増加が有効です。これにより、大量のデータをスムーズかつ高速に処理することができるため、作業時間の短縮や効率化につながります。加えて、省電力効果も得られるため、コストの削減にも貢献します。

Xeon Platinum 8180は秀逸であると思います。そのため、このCPUに決める上でのヒントの一つとなります。このCPUは三次キャッシュに配慮する場合採用すべきと考えることができそうです。

三次キャッシュ評価
Xeon Platinum 818038MB82/100

コア数

コア数に関してXeon Platinum 8180は28コアになります。コア数が優位にあります。最高水準にあります。このCPUの多いコア数について、私たちのメディアでは高く評価しています。コア数が多いほど、複雑なタスクを効率的に処理できるため、パフォーマンスが向上します。また、将来的なアップグレードや拡張にも対応しやすくなります。

CPUを選ぶ際には、コア数の多さも重要なポイントのひとつです。コア数が多いCPUは、マルチタスクに適しており、同時に複数のアプリケーションを実行する際にも処理速度が低下しないため、ストレスなく作業することができます。また、コア数が増えることで、CPUの熱効率が向上するため、省エネ性能が高まることも特徴のひとつです。

Xeon Platinum 8180はかなり上位グレードにあると考えることができます。このためコア数に配慮したいならこのCPUは理想的な選択と言えます。このCPUを強力な候補に考慮すべきであると言うことができるでしょう。いずれにしても、コア数は意思決定に関する必要不可欠なヒントになります。

コア数評価
Xeon Platinum 818028コア86/100

マルチスレッド対応

Xeon Platinum 8180はマルチスレッドに対応しているCPUです。このCPUは、マルチスレッドに完全に対応しているため、高負荷の処理を短時間でスムーズにこなすことができます。また、マルチスレッドを駆使することで、同時に複数のタスクを処理し、効率的な作業が可能になります。

マルチスレッドに対応しているCPUは、複数のタスクを同時に処理することができるため、効率的な作業が可能です。また、マルチタスクに必要な処理能力を向上させることができるため、時間の短縮につながります。

スレッド数

Xeon Platinum 8180のスレッド数は56スレッドとなっています。標準的なCPUと比べる場合このCPUの一段とスレッド数は多いということができるCPUだと分かります。スレッド数において全てのCPUの中でも最上位グレードにあります。得点は100点中86点となっています。

スレッド数に関して実際に使用する場面において考えるとXeon Platinum 8180は非常に上回っていると感じとれるでしょう。したがってスレッド数を気にするのであればこのCPUは選択肢にあがると思います。このCPUをオススメすることができる決め手の一つと言えます。

スレッド数評価
Xeon Platinum 818056スレッド86/100

基本情報

TDP

TDPについて、Xeon Platinum 8180は205Wになります。これはTDPがとてもイマイチな水準にあるCPUの中の一つといえるでしょう。すべてのCPUの中でも断然下位に見られ評価点数は100点中8.8点といえます。

TDPが小さいCPUのメリットは、省電力性です。これらのCPUは、マシンにとって負荷が少ないため、長時間動作させても、エネルギーを消費せず、コストを節約できます。また、TDPが小さいCPUは、通常よりも少ない冷却しさえすれば、より高いパフォーマンスを発揮できます。

この評価情報で明確にわかるように、TDPに関して実際の使用を考慮するとXeon Platinum 8180はとても物足りない水準と思われます。このCPUを使うべきではない一つのポイントといえそうです。TDPは決定を下す際に大きな基準になると思います。

TDP評価
Xeon Platinum 8180205W8/100

スペック

Xeon Platinum 8180
画像Xeon Platinum 8180
シリーズ名Skylake-SP
ソケットの形状LGA3647
TDP205W
通常利用時の最大周波数2.5GHz
ブースト時の最大周波数3.8GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ38MB
コア数28コア
マルチスレッド対応
スレッド数56スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報