インテル Xeon W-3175X 詳細レビュー

2023-06-04 00:45:36

総合評価

62.8/100

(総合順位: 22/3270)

評価項目点数
TDP
6/100
通常利用時の最大周波数
66/100
ブースト時の最大周波数
50/100
三次キャッシュ
82/100
コア数
86/100
スレッド数
86/100
総合評価62.8/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数に関してインテル Xeon W-3175Xは3.1GHzというデータとなっています。通常利用時の最大周波数における評価点は100点満点中66点というデータです。幾分か通常利用時の最大周波数が高いCPUと言うことができます。高い通常利用時の最大周波数を持つこのCPUは、高性能な処理能力を誇ります。多くのアプリケーションや作業に対応できるため、多忙なビジネスマンやクリエイターにおすすめです。安定した動作をするため、作業効率の向上が期待できます。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリット最大周波数が高いCPUは、省電力性に優れており、通常利用時でも消費電力を抑えることができます。また、高い性能を持ちながら、発熱が少なく、静音で快適に利用することができるのも魅力です。高性能CPUを搭載したパソコンは、省エネと環境にも配慮した選択肢としておすすめです。

この評価で明確に分かるように実際に使う場合を考えると、通常利用時の最大周波数についてインテル Xeon W-3175Xは通常のCPUより比較的すごいと感じとれるでしょう。このCPUは通常利用時の最大周波数を重視したい人の場合ピッタリということができます。そうでなくともこのCPUを判断する上で一つの重要な理由となるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
インテル Xeon W-3175X3.1GHz66/100

ブースト時の最大周波数

インテル Xeon W-3175Xにおけるブースト時の最大周波数について3.8GHzです。全てのCPUの中でもブースト時の最大周波数についてのスコア評価はまあまあのグレードと言ったレベルであり、当サイトにおける点数は100点中50点となっています。これはまあまあのグレードと言ったレベルと考えられそうです。このCPUの高いブースト時の最大周波数は信じられないほど高い水準に達しています。そのため、ゲーマーやプログラマーなど、高度なパフォーマンスが必要なユーザーにとっては理想的な選択肢となるでしょう。

ブースト時の最大周波数が高いCPUがもたらすメリットの一つは、エネルギー効率の向上です。高い周波数で動作することで、処理速度を確保しつつ、省エネルギーが実現できます。これにより、省電力性の高いマシン構築が可能となります。

実用上の意味合いで言えばインテル Xeon W-3175Xは普及しているCPUということがわかります。ブースト時の最大周波数の情報を考慮しても、意味がないと思います。

ブースト時の最大周波数評価
インテル Xeon W-3175X3.8GHz50/100

三次キャッシュ対応

インテル Xeon W-3175Xは三次キャッシュに対応していると言うことができるでしょう。このCPUが三次キャッシュに対応していることで、データのやり取りが円滑に行われ、膨大なデータの処理もスピードアップされます。 ゲームやハイパフォーマンスなアプリケーションでの使用にも適しており、多くの利用者から高く評価されています。

三次キャッシュに対応しているCPUは、データ処理において優れたパフォーマンスを発揮します。三次キャッシュによって、データの転送がスピーディーに行われ、高速な処理が可能となります。特に、動画や画像処理など、高負荷な処理においても、滑らかな動作を実現できます。

三次キャッシュ

インテル Xeon W-3175Xにおいて、三次キャッシュは38MBというデータであるといえます。普通と比較する場合、このCPUの三次キャッシュがダントツで多いCPUと言えます。三次キャッシュにおける評価点は100点満点中82.3点というデータです。これは全CPUの中でも最上級にあります。このCPUの多い三次キャッシュは素晴らしいもので、処理速度が著しく向上します。特に高負荷の作業においては、この性能が大いに役立ちます。

三次キャッシュが多いCPUは、高負荷な業務に最適な性能を発揮します。このような業務では、大量のデータを処理する必要があります。三次キャッシュが多いCPUを使用することで、処理の中断や待ち時間を最小限に抑え、高い効率で業務を行うことができます。

三次キャッシュに関して実際に使う場合を考えるとインテル Xeon W-3175Xはかなり秀逸であるCPUということが分かるでしょう。したがって、このCPUにするための一つの決め手といえるでしょう。三次キャッシュは、判断に関する必要不可欠な手掛かりの1つになります。

三次キャッシュ評価
インテル Xeon W-3175X38MB82/100

コア数

コア数に関して、インテル Xeon W-3175Xは28コアとなります。コア数についての評価点は100点中86点であるということができます。これはすべてのCPUの中でも非常に高いレベルにあると言えるでしょう。コア数が多いCPUの代表的存在ということができます。このCPUの多いコア数について評価します。コア数が多いと、処理速度が向上し、複数のタスクを同時に実行できます。しかし、コア数が多いほど消費電力も増えるため、バランスを考えた上で選ぶことが大切です。

コア数が多いCPUは、マルチタスクに強く、処理速度が向上するため、作業効率も向上します。例えば、ビデオ編集や3Dレンダリングといった高度な作業にもスムーズに取り組むことが可能です。また、ゲーマーにとっても、高度なグラフィックスやリアルタイム処理において、高性能なパフォーマンスを発揮します。

この評価で明白なように、コア数についてインテル Xeon W-3175Xははるかに秀でているCPUと言えるでしょう。このCPUはコア数に配慮する人の場合オススメできると考えることができそうです。このCPUが候補になる一つの重要なポイントと言えるかもしれません。

コア数評価
インテル Xeon W-3175X28コア86/100

マルチスレッド対応

インテル Xeon W-3175Xはマルチスレッドに対応しているといえるでしょう。このCPUはマルチスレッドに対応しているため、複数のプログラムを同時に処理する際に高いパフォーマンスを発揮します。

様々な用途において役立つマルチスレッドに対応しているCPU。そのメリットの一つに、ビジネス現場での利用が挙げられます。例えば、データ処理やビジュアル化などの作業において、高速で複数のタスクを同時に処理する必要があります。マルチスレッドに対応しているCPUを利用することで、スピーディーな処理が可能となり、ビジネスの生産性向上につながると言えます。

スレッド数

インテル Xeon W-3175Xの場合、スレッド数は56スレッドというデータになっています。本サービス上の独自評価では100点中86点をつけています。標準より、このCPUのスレッド数がずば抜けて多いCPUと思います。

これらの評価から明確にわかるように、スレッド数の点でいえばインテル Xeon W-3175Xは普通より凄いと感じとれると思います。このCPUはスレッド数を重視するのならぴったりな選択肢と考えることができます。

スレッド数評価
インテル Xeon W-3175X56スレッド86/100

基本情報

TDP

インテル Xeon W-3175Xに関するTDPについて255Wとなっています。TDPが非常に良くないと言えるかもしれません。全CPUの中でもTDPの評価は劣っているCPUであり当サイトの独自評価では100点中6.3点というスコアをつけています。

TDPが小さいCPUは、ノートパソコンなどの携帯性を重視するユーザーに最適です。すぐにバッテリー切れになることを心配する必要がなく、長時間の使用が可能です。また、発熱が少なく、静音で作業ができるため、環境にも優しいです。

TDPにおいて言えばインテル Xeon W-3175Xはかなりの下位に位置すると思われます。したがってこのCPUはTDPに配慮する人にとってあまりよくない選択と言えそうです。そうでなくともこのCPUはおすすめできません。

TDP評価
インテル Xeon W-3175X255W6/100

スペック

インテル Xeon W-3175X
画像インテル Xeon W-3175X
シリーズ名Skylake
ソケットの形状LGA3647
TDP255W
通常利用時の最大周波数3.1GHz
ブースト時の最大周波数3.8GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ38MB
コア数28コア
マルチスレッド対応
スレッド数56スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報