Xeon E7-8880 v2 評価レビュー

2023-06-04 01:03:33

総合評価

52.7/100

(総合順位: 144/3270)

評価項目点数
TDP
21/100
通常利用時の最大周波数
45/100
三次キャッシュ
82/100
コア数
62/100
総合評価52.7/100

評価レビュー

基本情報

TDP

TDPにおいてXeon E7-8880 v2は130Wというデータであるといえます。TDPにおいては比較的低いグレードに位置づけられます。TDPがやや大きいCPUことが分かるでしょう。

TDPが小さいCPUを選ぶことには、いくつかのメリットがあります。一つ目は省エネ効果です。TDPが小さいCPUは、省エネ性が高いので、電気代を節約することができます。二つ目は、軽量でコンパクトな作りです。小型のコンピューターやノートパソコンには、TDPが小さいCPUが搭載されることが多く、持ち運びやすい設計になっています。最後に、発熱が少なくなるため、ファンレスデザインのCPUクーラーが使用でき、静音性が向上します。

実用的な面から考えるとTDPに関してXeon E7-8880 v2は低い水準に位置すると思われます。しかし、決定的とまでは必ずしもいい切ることができない点には注意が必要であることが分かります。

TDP評価
Xeon E7-8880 v2130W21/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Xeon E7-8880 v2の通常利用時の最大周波数において2.5GHzというデータになっています。通常利用時の最大周波数という点に関してすべてのCPUの中でまあまあといったレベルであるということが分かるでしょう。これはまあまあといったレベルといえるかもしれません。高い通常利用時の最大周波数を持つこのCPUは、エンジニアやクリエイターなど、高度な作業に必要な処理能力を持っています。また、普段のネットサーフィンやメールチェックにおいても、快適な使用感を実現します。

通常利用時の最大周波数が高いCPUを採用したPCは、ゲームなどの高負荷アプリケーションにも対応可能です。最新のゲームなどでは、高性能なCPUが必要とされることが多く、CPUの最大周波数が高いことが、快適にゲームをプレイするために必要不可欠な要素の一つとなります。

通常利用時の最大周波数において実際的な意味合いで考えると、Xeon E7-8880 v2は典型的なCPUといえるでしょう。別の視点を見て選択する方が良さそうと言うことができるでしょう。通常利用時の最大周波数の情報を考慮しても商品選びにおいてあまり意味がありません。

通常利用時の最大周波数評価
Xeon E7-8880 v22.5GHz45/100

三次キャッシュ対応

Xeon E7-8880 v2は三次キャッシュに対応しているといえるでしょう。三次キャッシュに対応したこのCPUは、膨大なデータのやり取りが多い業務においても高速かつ安定した動作を可能にします。また、環境に優しい省電力機能も搭載しており、ビジネスの現場においても大きなメリットをもたらすでしょう。

三次キャッシュに対応しているCPUは、データ処理において優れたパフォーマンスを発揮します。三次キャッシュによって、データの転送がスピーディーに行われ、高速な処理が可能となります。特に、動画や画像処理など、高負荷な処理においても、滑らかな動作を実現できます。

三次キャッシュ

Xeon E7-8880 v2における三次キャッシュは37MBとなります。これは標準と比較する場合、三次キャッシュはとても多いということがわかります。Kuraberu.com[クラベル]上では100点満点中82点というデータです。このCPUは、優れた三次キャッシュを備えています。そのため、データ処理の速度が飛躍的に向上し、パフォーマンスが向上します。また、より短いレイテンシを実現するため、アプリケーションの速度も向上するでしょう。

三次キャッシュが多いCPUの特長として、高い処理能力が挙げられます。これは、キャッシュメモリにデータを保存することで、次回以降のアクセスにおいて高速な処理が可能となるためです。また、そのデータをキャッシュメモリ内に保存することで、ハードディスクへのアクセス頻度を抑え、よりスムーズな処理を実現することができます。このため、三次キャッシュが多いCPUには高い性能と安定性が備わっており、大量のデータを扱うユーザーにとっては非常に有益な存在となっています。しかし、三次キャッシュが多いCPUは目的に合わせ、購入する必要があることに注意してください。

三次キャッシュに関して実用上の観点で考えるとXeon E7-8880 v2は非常に優秀と感じると思います。このCPUは三次キャッシュに注目する人にとって適していると言えそうです。三次キャッシュは、商品選択において欠かせないヒントの1つになります。

三次キャッシュ評価
Xeon E7-8880 v237MB82/100

コア数

コア数に関してXeon E7-8880 v2は15コアになります。すべてのCPUの中でもコア数についての評点はそこそこ抜きん出たCPUであり、得点は100点中62点です。一般的なCPUより、コア数は比較的多いと言うことができます。多いコア数を誇るこのCPUは、複雑なタスクでもスムーズに処理ができます。性能が安定しており、使い勝手も良いため、多くのユーザーから支持を集めています。

コア数が多いCPUは、ゲームや3Dモデリングなどの高負荷な作業にも向いています。複数のプログラムを同時に起動してもパフォーマンス低下が少なく、快適な作業環境を提供します。

コア数について実際に活用する場面においてXeon E7-8880 v2は通常のCPUより幾分か高いレベルであると感じとれると思います。一方で、絶対的とまでは必ずしも判断できない点を考える必要性があると思われます。

コア数評価
Xeon E7-8880 v215コア62/100

スペック

Xeon E7-8880 v2
画像Xeon E7-8880 v2
シリーズ名Ivy Bridge
ソケットの形状LGA2011
TDP130W
通常利用時の最大周波数2.5GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ37MB
コア数15コア

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報