Ryzen 7 5700G 評価レビュー

2023-06-04 02:14:40

総合評価

57.4/100

(総合順位: 51/3270)

評価項目点数
TDP
63/100
通常利用時の最大周波数
86/100
ブースト時の最大周波数
74/100
二次キャッシュ
54/100
三次キャッシュ
44/100
コア数
38/100
スレッド数
42/100
総合評価57.4/100

評価レビュー

基本情報

TDP

Ryzen 7 5700Gにおいて、TDPは65Wというデータです。そこそこTDPが小さいCPUであることがわかります。全てのCPUの中でもそこそこ優秀と言えそうです。専門家による独自評価では100点満点中63.3点をつけています。このCPUには小さいTDPが備わっているため、省エネルギー性能に優れています。それに加えて、長時間のオペレーションが求められる作業にも適しています。

TDP(熱設計電力)が小さいCPUには、多くのメリットがあります。第一に、高い省電力性能により、消費電力が少なく、散熱効率が向上します。第二に、軽量化により、モバイルデバイスに適しています。そして第三に、低消費電力でも高いパフォーマンスが得られるため、省電力型のCPUを選ぶことで省エネ効果が期待できます。

TDPにおいて実際に使用することを考えるとRyzen 7 5700Gは高い水準に感じるでしょう。しかし、絶対的とまでは必ずしもいえないため要注意であることが分かるでしょう。

TDP評価
Ryzen 7 5700G65W63/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 7 5700Gにおける通常利用時の最大周波数については3.8GHzになります。通常利用時の最大周波数が秀でています。全てのCPUの中でも最上級に位置づけられます。このCPUの通常利用時の最大周波数が高いため、膨大な情報処理を行う際に非常に効果的です。高速化のみならず、エネルギー消費も抑えられるため、省エネ性にも優れています。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリットとして、高速で快適なパフォーマンスが得られます。また、処理速度が速く、複数のタスクを同時に実行できます。これにより、効率的な作業が可能になり、生産性を向上させることができます。さらに、高い周波数により、ビデオ編集やゲームなど、高負荷のタスクをスムーズに行うことができます。

通常利用時の最大周波数においてRyzen 7 5700Gはとても上位レベルにあると考えられます。従ってこのCPUを使用する一つの決め手と言えるでしょう。通常利用時の最大周波数を考えることで最適な選択をすることができると思います。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 7 5700G3.8GHz86/100

ブースト時の最大周波数

Ryzen 7 5700Gにおけるブースト時の最大周波数については4.6GHzとなっています。全てのCPUの中でもブースト時の最大周波数に関する点数は秀でているCPUで、点数は100点満点中74点であるといえます。これはまあまあブースト時の最大周波数が高いCPUということがわかります。このCPUは、高いブースト時の最大周波数が優れており、高速処理を必要とする多くのユーザーにとっては必須アイテムと言えます。さらに、ゲームやビデオ編集等の高負荷の作業でもパフォーマンスを落とすことなく処理することができます。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、ゲーミングや3Dプログラムなど、高いグラフィック性能を求められる作業で優れた性能を発揮します。3Dレンダリングやゲームの描画において、CPUの最大性能を引き出すことが可能です。また、ブースト時の最大周波数が高いCPUは、高速な処理が必要なタスクにも向いています。例えば、ビデオエンコードや、総合パフォーマンスを求められる作業などには効果的です。

実際の使用場面を考えるとブースト時の最大周波数についてRyzen 7 5700Gは幾分か有利にあるCPUであることがわかります。ただ、確定的とまでは必ずしもいい切れないため要注意といえるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 7 5700G4.6GHz74/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 7 5700Gは二次キャッシュに対応しているCPUであると言うことができるでしょう。このCPUは、エネルギー効率にも優れており、二次キャッシュに対応していることによって、省エネ性能も向上しています。長時間の使用でも、高いパフォーマンスを維持することができます。

二次キャッシュに対応しているCPUを使用する場合、プログラムやアプリケーションの起動速度が大幅に向上します。これは、同じプログラムを再度起動する場合に二次キャッシュに保存されたデータを再利用することができるためです。これにより、高速な処理速度が持続し、ストレージ装置へのアクセス回数を減らすことができます。

二次キャッシュ

Ryzen 7 5700Gに関して、二次キャッシュは4MBというデータとなっています。まあまあと言ったレベルということができるCPUであることが分かるでしょう。二次キャッシュを考えると、全CPUの中でもまあまあのレベルに位置し、100点満点中54点であるといえるでしょう。当レビューにおいては、このCPUの際立った特徴の一つに多い二次キャッシュが挙げられます。多い二次キャッシュによって、高負荷なプログラムでも滑らかな処理が可能となり、作業効率にも大きく貢献することが期待できます。

二次キャッシュが多いCPUには、複数のアプリケーションを同時に実行しても高速な動作が可能になります。その理由は、二次キャッシュ内に必要なデータが保存されることにより、CPUがデータを取得するための待ち時間が短くなるからです。一方で、二次キャッシュが少ないCPUは、同様の処理でも時間がかかり、作業効率が低下してしまいます。

二次キャッシュにおいて体感上の観点で見るとRyzen 7 5700Gは中程度にあると言えるでしょう。商品選択において、二次キャッシュの情報は参考になりません。

二次キャッシュ評価
Ryzen 7 5700G4MB54/100

三次キャッシュ対応

Ryzen 7 5700Gは三次キャッシュに対応しているといえるでしょう。このCPUは三次キャッシュに対応しており、より高速なデータアクセスが可能になっています。そのため、複雑な処理にも迅速に対応し、スムーズな作業環境を提供します。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットについて述べます。まず、高速な処理能力が期待できます。三次キャッシュは、同じデータを何度もアクセスする場合に、より早く処理することができます。このため、プログラムの起動やファイルの読み込みなどにかかる時間が短縮されます。次に、省電力化が可能になります。三次キャッシュによって、CPUの負荷が減少するため、消費電力も減らすことができます。最後に、長期間安定して使用することができます。三次キャッシュによって、CPUの劣化を遅らせることができます。そのため、CPUの寿命を長くすることができます。

三次キャッシュ

Ryzen 7 5700Gにおける三次キャッシュにおいて16MBというデータです。三次キャッシュでいえば本サービス上では100点満点中44.7点となっています。これは三次キャッシュがそこそこの水準と言ったレベルのCPUであると言えるでしょう。このCPUには、多い三次キャッシュが搭載されており、高速での処理が可能です。また、三次キャッシュの容量が多いことにより、大量のデータを処理することができます。

三次キャッシュが多いCPUには、多くのメリットがあります。まず、データアクセスが高速であるため、データの取得や処理が迅速に行えます。また、CPUの処理速度を向上させることができるため、多くのアプリケーションにおいて優れたパフォーマンスを発揮します。以上のような理由から、このCPUは多くのユーザーに選ばれています。

これらの評価で分かるように実際の利用において、三次キャッシュに関してRyzen 7 5700Gは平均グレードといえるでしょう。決定する上で、三次キャッシュの情報は役に立たないでしょう。ほかの角度から考える必要がありそうことが分かります。

三次キャッシュ評価
Ryzen 7 5700G16MB44/100

コア数

Ryzen 7 5700Gについて、コア数は8コアというデータになっています。コア数という視点について専門家による評価では100点満点中38点をつけています。これは全CPUの中でもわりと不十分であるといえます。これはまあまあコア数がイマイチな水準にあるCPUであると言えるでしょう。

コア数が多いCPUは、高速処理が可能であるという点が大きなメリットです。プログラミングなど、高度な作業を行う場合にも、スムーズに処理をすることができます。更に、コア数が多いCPUを搭載しているPCの場合、OSの起動時間やアプリケーションの起動時間も短縮されるため、作業効率が向上します。

コア数に関して実際に使う場合を考えると、Ryzen 7 5700Gは下位水準にあると言えるでしょう。一方で決定的とまではいい切れないため注意が必要であることが分かります。

コア数評価
Ryzen 7 5700G8コア38/100

マルチスレッド対応

Ryzen 7 5700Gはマルチスレッドに対応しているといえるでしょう。このCPUはマルチスレッドに対応しているため、多くのタスクを同時に処理することができます。そのため、パフォーマンスの向上が期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUの最大のメリットは、複数のアプリケーションを同時に実行できることです。例えば、ビデオ会議ソフトを使用しながら、同時に別の作業をすることができます。これによって、業務効率が向上し、作業とプライベートのバランスをとることができます。また、マルチスレッドに対応しているCPUは、大量のデータを処理する場合にも優れたパフォーマンスを発揮します。これは、複数の処理を同時に行うことができるため、短い時間で大量のデータを処理することができるからです。

スレッド数

スレッド数において、Ryzen 7 5700Gは16スレッドです。100点満点中42点と言うことができます。これはすべてのCPUの中でも標準的と思われます。平均グレードと言うことができるかもしれません。

これらの評価情報から分かるようにスレッド数という点についてRyzen 7 5700Gは中程度に位置すると思います。スレッド数の情報を評価しても、意思決定においてあまり参考にならないと言えるでしょう。別の点を見て考えた方がよいと言うことができます。

スレッド数評価
Ryzen 7 5700G16スレッド42/100

スペック

Ryzen 7 5700G
画像Ryzen 7 5700G
内蔵グラフィックスRadeon Graphics
ソケットの形状Socket AM4
TDP65W
通常利用時の最大周波数3.8GHz
ブースト時の最大周波数4.6GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ4MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ16MB
コア数8コア
マルチスレッド対応
スレッド数16スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報