Ryzen Threadripper PRO 3955WX 評価

2023-06-04 02:42:36

総合評価

64.1/100

(総合順位: 18/3270)

評価項目点数
TDP
5/100
通常利用時の最大周波数
88/100
ブースト時の最大周波数
66/100
二次キャッシュ
68/100
三次キャッシュ
90/100
コア数
66/100
スレッド数
66/100
総合評価64.1/100

評価レビュー

基本情報

TDP

TDPについて、Ryzen Threadripper PRO 3955WXは280Wです。全てのCPUの中でもTDPの評点は下回っているCPUであり、弊サイトにおける独自評価では100点満点中5点をTDPにつけています。これは通常より、はるかにTDPは大きいと考えられるかもしれません。

TDPが小さいCPUは、省エネと機能性を備えているため、多くのユーザーにお勧めできます。それらは、高性能なCPUと比較して、エネルギー効率が高く、発熱が少ないため、長時間の使用でも快適に動作します。ただし、性能や速度は制限される場合があるため、使用目的やニーズに合わせて適切なTDPが小さいCPUを選択する必要があります。

Ryzen Threadripper PRO 3955WXはかなりの下位と言えるでしょう。このためこのCPUを採用しない重視すべき材料の一つといえるかもしれません。またTDPにこだわるのであればこのCPUはいまいちな選択と考えることができるでしょう。

TDP評価
Ryzen Threadripper PRO 3955WX280W5/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen Threadripper PRO 3955WXにおける通常利用時の最大周波数は3.9GHzというデータです。平均と比較する場合、著しく通常利用時の最大周波数が高いと言えるCPUであると思われます。全てのCPUの中で最上位グレードにあると言えます。このCPUは、通常利用時の最大周波数が非常に高く、スムーズな動作が期待できます。この高い性能は、プロフェッショナルなユーザーやゲーマーにとって非常に重要であり、高い評価を受けています。

最近のCPUは、通常利用時の最大周波数が高い場合でも消費電力が抑えられているため、エネルギー効率が向上しています。そのため、省電力性が求められるノートPCでも、高周波数のCPUを搭載することができます。しかし、高い性能を発揮するためには、適切な冷却システムが必要になります。

通常利用時の最大周波数に関して実用的な面で見るとRyzen Threadripper PRO 3955WXはかなり高い水準に位置すると言えるでしょう。このCPUは通常利用時の最大周波数に配慮したい人にとってピッタリといえそうです。ともあれ通常利用時の最大周波数に着目して比較することでより良い決定を下すことができるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 3955WX3.9GHz88/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数について、Ryzen Threadripper PRO 3955WXは4.3GHzというデータです。全CPUの中でもやや高いレベルであると思います。これはブースト時の最大周波数がやや高いCPUということができます。このCPUの高いブースト時の最大周波数は、他のCPUと比較しても優れています。これにより、より迅速で正確な処理が可能となり、生産性の向上につながります。さらに、このCPUは高い信頼性を誇り、安定した運用が期待できる一方で、熱対策には十分注意が必要です。

アイデア1: ブースト時の最大周波数が高いCPUには、高いパフォーマンスが期待できます。タスクが中断されずにスムーズに処理され、作業時間が短縮されるでしょう。また、高い周波数はマルチタスクを行う場合にも発揮され、作業の効率性が向上します。

ブースト時の最大周波数についてRyzen Threadripper PRO 3955WXは平均的なCPUよりまあまあ高いレベルに感じられるでしょう。ただし確定的ではない点には注意が必要であるといえます。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 3955WX4.3GHz66/100

二次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 3955WXは二次キャッシュに対応しているCPUであると言うことができるでしょう。二次キャッシュに対応したこのCPUは、快適な利用体験を提供します。処理速度が速く、マルチタスクにも適した性能を持っています。また、省電力なので、長時間の使用も可能です。

二次キャッシュに対応しているCPUには、効率的な処理が可能なため、省電力化にもつながります。例えば、セレロンやAtomなどの低消費電力CPUでは、二次キャッシュによってパフォーマンスの向上を実現しながら、省電力化を図ることができます。また、CPUが生成する熱を抑えることにも繋がり、延命化にも役立ちます。

二次キャッシュ

二次キャッシュについてRyzen Threadripper PRO 3955WXは8MBというデータになっています。二次キャッシュについてのスコアは100点中68点であると言うことができます。これはすべてのCPUの中でもそこそこ高いグレードに位置します。そこそこ二次キャッシュが上回っているCPUであることが分かるでしょう。このCPUは、多い二次キャッシュを搭載しているため、高速なデータ処理が可能です。そのため、ビジネス用途やゲーム用途など、様々な場面で優れた性能を発揮します。さらに、本製品は、耐久性が高く信頼性も抜群です。そのため、安定した動作を必要とするプログラムの実行にも最適です。

二次キャッシュが多いCPUの優れた点二次キャッシュが多いCPUは、処理速度の向上だけでなく、省電力化にも効果的です。キャッシュに必要なデータを保存することで、CPUがデータを取りに行く必要がなくなります。そのため、省エネ効果が期待できます。また、高負荷時でも処理速度が落ちにくいため、安定した処理が可能です。

この評価情報で明確にわかるように、二次キャッシュの視点で実際の使用場面を考えるとRyzen Threadripper PRO 3955WXはそこそこ優れた水準にあるCPUと言えます。このCPUは二次キャッシュを優先する人にとっては理想的な選択肢と言うことができます。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 3955WX8MB68/100

三次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 3955WXは三次キャッシュに対応しているCPUであるといえるでしょう。当社のレビューメディアには、このCPUが三次キャッシュに対応していることが明記されています。これにより、CPUの処理速度が向上し、より快適なパフォーマンスを実現することができます。

パターン2: 三次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、省電力化にも貢献することです。CPUの処理速度が向上することで、データの処理時間が短縮できるため、省電力化が可能になります。また、キャッシュによってデータのやり取りが頻繁に行われなくなるため、システムリソースの使用を節約できます。このため、三次キャッシュに対応したCPUを採用することで、電力消費の削減やエコロジーに対する貢献にもつながります。

三次キャッシュ

Ryzen Threadripper PRO 3955WXにおける三次キャッシュは64MBとなります。普通と比較する場合、このCPUの三次キャッシュがダントツで多いCPUと言えます。三次キャッシュにおける評価点は100点満点中90点というデータです。これは全CPUの中でも最上級にあります。多い三次キャッシュを備えたこのCPUは、高い処理能力を誇ります。複雑なタスクでもスムーズに処理することが可能で、ユーザーの使用感に大きな差をもたらします。

三次キャッシュが多いCPUの最後のメリットは、システムの信頼性の向上です。処理速度を高速化する優れたパフォーマンスを発揮するだけでなく、三次キャッシュは、データの正確性を向上させ、システム全体の信頼性を高めることができます。特に、ネットワークやサーバーシステムなど、多数のユーザーが同時にアクセスするような環境では、必要不可欠です。

この評価情報で明確に分かるように三次キャッシュにおいてRyzen Threadripper PRO 3955WXは比べ物にならない程秀逸であるCPUといえます。このCPUは三次キャッシュを気にする人にとって理想的な選択と考えられるかもしれません。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 3955WX64MB90/100

コア数

コア数について、Ryzen Threadripper PRO 3955WXは16コアというデータです。すべてのCPUの中で高いレベルに位置づけられ、100点満点中66点をつけています。標準と比べる場合これは幾分か高い水準にあるCPUと言えるかもしれません。このCPUは、多数のコアを搭載しており、高速で正確な処理をすることができます。また、多数のスレッドを同時に実行する場合でも、安定した動作をすることができます。このCPUを搭載したPCで仕事や趣味に没頭してみてください。

高性能なCPUには、コア数が多いものがあります。このようなCPUを使用することで、同時に複数の処理を実行することができ、作業スピードを劇的に向上させることができます。また、大量のデータ処理や重いアプリケーションでもスムーズに動作するため、生産性の向上にもつながります。

コア数について実際に活用する場面においてRyzen Threadripper PRO 3955WXは通常のCPUより幾分か高いレベルであると感じとれると思います。このため、このCPUはコア数を気にする人にとって魅力的な選択と言えそうです。一方で、確定的ではない点には注意が必要です。

コア数評価
Ryzen Threadripper PRO 3955WX16コア66/100

マルチスレッド対応

Ryzen Threadripper PRO 3955WXはマルチスレッドに対応しているCPUとなっています。マルチスレッドに対応したこのCPUは、複雑な処理を短時間でこなすことができます。そして、その処理速度は非常に高いため、スムーズな作業が可能です。このCPUを導入することで、生産性が向上し、あなたのビジネスがさらに発展することが期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUは、シングルスレッドに対応していないCPUと比較して、プログラムの処理速度が向上します。特に、複数のタスクを同時に行う場合には、処理速度が著しく向上するため、作業時間が大幅に短縮されます。このように、マルチスレッドに対応しているCPUは、作業効率の向上に大きく貢献します。

スレッド数

スレッド数においてRyzen Threadripper PRO 3955WXは32スレッドというデータといえます。標準と比較する場合、これは割と秀逸であるCPUといえるかもしれません。全てのCPUの中でもスレッド数における得点は割と優れたCPUです。専門家による点数は100点中66点です。

スレッド数について、Ryzen Threadripper PRO 3955WXは高位水準に位置づけられると言えるでしょう。ただ確定的とまではいい切れないため慎重に考慮する必要があるといえます。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper PRO 3955WX32スレッド66/100

スペック

Ryzen Threadripper PRO 3955WX
画像Ryzen Threadripper PRO 3955WX
TDP280W
通常利用時の最大周波数3.9GHz
ブースト時の最大周波数4.3GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ8MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ64MB
コア数16コア
マルチスレッド対応
スレッド数32スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報