Ryzen 9 5950Xの詳細評価。どの程度良いのかまとめてみました

作成日時: 2020年11月09日 08時22分04秒, 更新日時: 2020年11月09日 13時55分26秒

メリット

  • ブースト時の最大周波数は非常に高い
  • 二次キャッシュはとても多い
  • 三次キャッシュは非常に多い
  • コア数はとても多い
  • スレッド数は非常に多い

デメリット

  • -

特徴

  • 二次キャッシュに対応している
  • 三次キャッシュに対応している
  • マルチスレッドに対応している

よく注目される点からRyzen 9 5950Xを評価する

Ryzen 9 5950Xの基本情報について評価

TDPについて

TDPについて、「Ryzen 9 5950X」は105 Wです。「Ryzen 9 5950X」は平均的なCPUと比べて同程度と言えるでしょう。最大放熱量の小ささランキングで374製品のなかで224位に入ります。TDPで選ぶ場合において「Ryzen 9 5950X」は選択肢に入らないでしょう。

TDP評価
Ryzen 9 5950X105 W42/100

Ryzen 9 5950XのCPU性能について評価

通常利用時の最大周波数について

「Ryzen 9 5950X」の通常利用時の最大周波数は3.4 GHzです。普通のCPUと比較して「Ryzen 9 5950X」の定格クロック数は比較的高いでしょう。定格周波数ランキングで見てみると全374製品中139位に入るCPUです。また「Ryzen 9 5950X」は通常の使用で軽快に処理を実行できる点でよいです。常態でも良いパフォーマンスでデータ処理するのに「Ryzen 9 5950X」は多少向いています。従って通常利用時の最大周波数という点なら「Ryzen 9 5950X」は比較的おすすめでしょう。普通に使う分には不満を感じない水準と言えますが、全体では一つ上のCPUのCPUもあるためすごく優れているというわけではありません。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 9 5950X3.4 GHz64/100

ブースト時の最大周波数について

「Ryzen 9 5950X」のブースト時の最大周波数は4.9 GHzです。「Ryzen 9 5950X」は普通のCPUと比べてとても高い方のCPUと言えるでしょう。ブースト時のクロック数ランキングで277製品中15位です。また「Ryzen 9 5950X」は最大負荷時により高い性能を発揮できる点で優れているでしょう。自動的な判断で動作周波数を上げて作業を高速処理するのに「Ryzen 9 5950X」は非常に向いています。従って「Ryzen 9 5950X」を選ぶ上で大きな判断材料になるでしょう。ブースト時の最大周波数という観点でこれより高いCPUを選んでも「Ryzen 9 5950X」とほとんど同じと思います。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 9 5950X4.9 GHz98/100

二次キャッシュ対応可否について

「Ryzen 9 5950X」は二次キャッシュに対応しているCPUです。そのため二次キャッシュメモリの存在により、メインメモリへのアクセスを減らすことができ高速化できる点で秀でています。メインメモリへのアクセスを減らすことができるのでパフォーマンスを高速化するのに「Ryzen 9 5950X」は適しています。

二次キャッシュについて

「Ryzen 9 5950X」の二次キャッシュは8MBです。平均的なCPUより「Ryzen 9 5950X」のキャッシュ容量はとても多いと言えるCPUでしょう。二次キャッシュ容量の多さランキングで56製品中7位です。メインメモリへのアクセスを軽減して高速な処理を実行できる点で「Ryzen 9 5950X」はやや優れているでしょう。よく使うデータなどを素早く利用して作業するときに「Ryzen 9 5950X」は比較的おすすめです。そのため二次キャッシュという観点で選ぶ場合、「Ryzen 9 5950X」は一つの候補でしょう。通常利用であれば不満を感じない水準と言えますが、もう少し多いキャッシュ容量のCPUもあるため最高レベルとまでは言えません。

二次キャッシュ評価
Ryzen 9 5950X8MB89/100

三次キャッシュ対応可否について

「Ryzen 9 5950X」は三次キャッシュに対応しているCPUです。そのため二次キャッシュまで搭載しているパソコン以上の容量の高速データ処理ができる点で秀でています。データ量の大きいゲームを安定してプレイするなら「Ryzen 9 5950X」はおすすめです。

三次キャッシュについて

三次キャッシュについて「Ryzen 9 5950X」は64MBです。「Ryzen 9 5950X」は一般的なCPUと比較してとても多いと言えるでしょう。三次キャッシュ容量の多さランキングで367製品中7位です。また「Ryzen 9 5950X」はメインメモリへのアクセスを軽減して、よりパフォーマンスの良い処理を実行できる点で秀でています。二次キャッシュの不足を補い速度低下を起こさず利用するときに「Ryzen 9 5950X」は非常におすすめです。そのため「Ryzen 9 5950X」はかなりおすすめでしょう。三次キャッシュという視点でこれ以上多いCPUでもほとんど「Ryzen 9 5950X」との違いを体感出来ないと思います。

三次キャッシュ評価
Ryzen 9 5950X64MB97/100

コア数について

コア数について、「Ryzen 9 5950X」は16コアです。標準的なCPUとくらべて「Ryzen 9 5950X」のコア数は非常に多い部類のCPUでしょう。コア数の多さランキングで374製品中46位です。また「Ryzen 9 5950X」は例えばゲームをしながら録画するといった同時並行作業がスムーズにできる点で優れていると言えます。同時に作業を複数処理したい場合に「Ryzen 9 5950X」はかなりオススメです。従って「Ryzen 9 5950X」に決める大きな理由になると思います。コア数という観点でこれよりも多いCPUでも「Ryzen 9 5950X」との差をほとんど体感出来ないでしょう。

コア数評価
Ryzen 9 5950X16コア85/100

マルチスレッド対応可否について

「Ryzen 9 5950X」はマルチスレッドに対応しているCPUです。そのため仕事を複数同時処理することができる為、処理時間を短縮することができる点で秀でています。複数のアプリケーションを同時にストレスなく実行するのに「Ryzen 9 5950X」はオススメです。

スレッド数について

スレッド数について、「Ryzen 9 5950X」は32スレッドです。平均的なCPUとくらべて「Ryzen 9 5950X」のスレッド数はかなり多いCPUだと言えるでしょう。スレッド数の多さランキングで325製品中46位です。より多くのタスクを同時にスムーズに処理することができる点で「Ryzen 9 5950X」はとても良いです。同時にこなすことができる動作の数を増加させるので、たくさんのアプリを起動したいときに「Ryzen 9 5950X」はとてもオススメです。従って「Ryzen 9 5950X」に決める大きな理由の一つになると思います。これよりも多いスレッド数のCPUでもほとんど「Ryzen 9 5950X」と同じと思われます。

スレッド数評価
Ryzen 9 5950X32スレッド82/100

Ryzen 9 5950Xの詳細情報

Ryzen 9 5950X
画像Ryzen 9 5950X
ソケットの形状Socket AM4
TDP105 W
通常利用時の最大周波数3.4 GHz
ブースト時の最大周波数4.9 GHz
二次キャッシュに対応しているかどうか
二次キャッシュ8MB
三次キャッシュに対応しているかどうか
三次キャッシュ64MB
コア数16コア
マルチスレッドに対応しているかどうか
スレッド数32スレッド

類似した性能のCPUを見る

他のCPUと比較する

価格をチェックする

Ryzen 9 5950Xの価格を今すぐチェック

Ryzen 9 5950Xと評価が同程度のCPUを探す

Ryzen 5 3600

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:3.6 GHz, ブースト時の最大周波数:4.2 GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

Athlon 3000G

TDP:35 W, 通常利用時の最大周波数:3.5 GHz, 二次キャッシュ:1MB, 三次キャッシュ:4MB, コア数:2コア, スレッド数:4スレッド

Core i9 7900X

TDP:140 W, 通常利用時の最大周波数:3.3 GHz, ブースト時の最大周波数:4.3 GHz, 三次キャッシュ:13.8MB, コア数:10コア, スレッド数:20スレッド

Xeon Bronze 3206R

TDP:85 W, 通常利用時の最大周波数:1.9 GHz, ブースト時の最大周波数:1.9 GHz, 三次キャッシュ:11MB, コア数:8コア, スレッド数:8スレッド

Xeon Silver 4210R

TDP:100 W, 通常利用時の最大周波数:2.4 GHz, ブースト時の最大周波数:3.2 GHz, 三次キャッシュ:13.8MB, コア数:10コア, スレッド数:20スレッド

Xeon Gold 5218R

TDP:125 W, 通常利用時の最大周波数:2.1 GHz, ブースト時の最大周波数:4 GHz, 三次キャッシュ:27.5MB, コア数:20コア, スレッド数:40スレッド

Xeon Gold 6230R

TDP:150 W, 通常利用時の最大周波数:2.1 GHz, ブースト時の最大周波数:4 GHz, 三次キャッシュ:35.8MB, コア数:26コア, スレッド数:52スレッド

Xeon Gold 6240R

TDP:165 W, 通常利用時の最大周波数:2.4 GHz, ブースト時の最大周波数:4 GHz, 三次キャッシュ:35.8MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

Core i5 10600K

TDP:125 W, 通常利用時の最大周波数:4.1 GHz, ブースト時の最大周波数:4.8 GHz, 三次キャッシュ:12MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

もっと見る ▼

Kuraberu.com [クラベル]のコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Kuraberu.com [クラベル]の利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。