Ryzen 7 5800X レビュー

2023-06-04 02:55:56

総合評価

57.9/100

(総合順位: 46/3270)

評価項目点数
TDP
33/100
通常利用時の最大周波数
86/100
ブースト時の最大周波数
78/100
二次キャッシュ
54/100
三次キャッシュ
74/100
コア数
38/100
スレッド数
42/100
総合評価57.9/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 7 5800Xに関する通常利用時の最大周波数において3.8GHzというデータになっています。すべてのCPUの中でも通常利用時の最大周波数に関する得点は特に抜きん出たCPUの代表的存在といっても過言ではなく、Kuraberu.com[クラベル]における独自評価では100点満点中86点を通常利用時の最大周波数につけています。通常と比較する場合、このCPUの通常利用時の最大周波数は一段と高いCPUと言うことができます。このCPUの高い通常利用時の最大周波数は、他の製品に比べて優れています。これにより、高負荷の作業にも対応でき、快適な使用体験を提供します。しかも、省エネルギー性も高く、電気代の削減にも貢献しています。

通常利用時の最大周波数が高いCPUの一つのメリットは、処理速度が非常に高くなることです。これにより、アプリケーションの起動やデータの処理などが素早く実行されます。また、複数のアプリケーションを同時に使用する場合でもストレスを感じることなく作業できます。2) さらに、高い周波数により、CPUのパフォーマンスが一定に保たれるため、長時間の作業でも安定した動作を維持できます。3) 最後に、高い周波数により、ゲームなどのグラフィックスの処理がよりスムーズに行われるため、より高品質なゲーム体験をすることができます。

これらの評価を見ると通常利用時の最大周波数の視点で実際に使う場面でRyzen 7 5800Xは比較にならないほど秀でているCPUであるといえるでしょう。そのため、通常利用時の最大周波数を重視するなら、このCPUは魅力的な選択でしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 7 5800X3.8GHz86/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数に関して、Ryzen 7 5800Xは4.7GHzです。すべてのCPUの中でもブースト時の最大周波数の評価点数はある程度優秀であるCPUです。100点中78点となります。これは通常より、ブースト時の最大周波数は比較的高いと考えられそうです。このCPUの高いブースト時の最大周波数は、競合他社のCPUに比べて非常に高く、ユーザーにとっても魅力的な性能となっています。また、この高い周波数が可能となるのは、高度な製造技術や設計のおかげです。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、プロセスをより高速に処理することができます。それによって、次世代のアプリケーションやゲーム、3Dモデリングなど、より高度な作業にもスムーズに取り組めます。また、高速処理によって、マルチタスクもスピーディーにこなすことができるでしょう。このような素晴らしいメリットを持つCPUは、ぜひ検討してみてください。

ブースト時の最大周波数について体感上の視点で言えばRyzen 7 5800Xは比較的高い水準と言えるでしょう。そのため、このCPUはブースト時の最大周波数に配慮するのであれば採用すべきと言えるかもしれません。そうでなくとも、このCPUは有力な選択肢といえます。一方で、絶対的とまでは必ずしも言い切れないため気を付けて考慮する必要性があるということが分かるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 7 5800X4.7GHz78/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 7 5800Xは二次キャッシュに対応しているCPUとなります。二次キャッシュに対応しているこのCPUは、処理速度を飛躍的に向上させることができます。多くのアプリケーションやゲームにおいて、高性能な処理能力が求められますが、このCPUならば問題なくクリアできるでしょう。

二次キャッシュに対応しているCPUを使用すると、アプリケーションの起動やファイルの読み込みなどの操作がより高速に行えます。これは、プロセッサが情報をより素早く取得できるようにすることで実現されます。また、二次キャッシュによって、プロセッサがより頻繁にアクセスする情報を保持することができ、よりスムーズな処理が可能となります。

二次キャッシュ

Ryzen 7 5800Xにおける二次キャッシュについて4MBというデータです。全てのCPUの中でも二次キャッシュの評価点はまあまあと言った感じのCPUで、100点満点中54点であると言うことができるでしょう。これはまあまあと言った感じと考えられるかもしれません。このCPUには、大容量の二次キャッシュが搭載されています。そのため、データの読み込みや処理が高速に行われ、ストレスなく作業できます。また、グラフィックスやビデオ編集などの重いタスクにも対応しています。

近年では、CPUの性能向上にともない、二次キャッシュの大きさも従来よりも増加傾向にあります。これにより、マルチタスク環境下でのスムーズな処理が可能になり、作業の効率化に繋がります。また、データの読み込み速度が向上するため、ストレスフリーな操作が可能です。

二次キャッシュについてRyzen 7 5800Xは基本的なCPUと比較して非常に類似していると感じとれるでしょう。他の角度から考慮する方が良いということができます。二次キャッシュの情報を検討しても商品を選択する上で全くといっていいほど参考になりません。

二次キャッシュ評価
Ryzen 7 5800X4MB54/100

三次キャッシュ対応

Ryzen 7 5800Xは三次キャッシュに対応しているCPUであるといえるでしょう。このCPUは、三次キャッシュに対応しているため、高速で大量のデータを処理することができます。また、省電力機能も備えているので、エネルギー効率の向上にも貢献します。

三次キャッシュに対応しているCPUを使用することで、処理速度と省電力性が共存できます。これは、最新のCPU設計によって実現されたものであり、高速処理と同時に電力消費量の削減が可能となりました。また、CPU温度の上昇も抑えられるため、長時間の使用にも耐えうる優れた性能を発揮します。

三次キャッシュ

三次キャッシュにおいてRyzen 7 5800Xは32MBというデータであるといえます。全CPUの中でも三次キャッシュについての評価スコアは抜きん出ているCPUでありKuraberu.com[クラベル]上における評点は100点中74点であるといえるでしょう。標準と比べるとやや抜きん出ているCPUといえそうです。このCPUは優れた性能を持つものであり、その中でも多い三次キャッシュが特に注目に値します。高速な処理速度は、ビジネスにおいて大きなアドバンテージとなるでしょう。

三次キャッシュが多いCPUは、高度な処理能力が求められる業務に最適です。例えば、3DモデリングやCG作業、映像編集などが挙げられます。また、ゲームプレイにおいても、高速な描画や処理が可能となります。更に、ファンレス設計にも対応している製品があり、静音性にも配慮されています。

三次キャッシュにおいて実際的な側面で考えるとRyzen 7 5800Xは高いレベルに位置すると言うことができるでしょう。ただし、絶対的とまでは必ずしも断定できないため要注意ということがわかります。

三次キャッシュ評価
Ryzen 7 5800X32MB74/100

コア数

Ryzen 7 5800Xについて、コア数は8コアというデータになっています。通常と比べる場合幾分かイマイチなと考えることができるかもしれません。コア数においては、全CPUの中でもそこそこ低いレベルに位置し、点数は100点満点中38点であると言うことができます。

コア数が多いCPUを搭載したパソコンは、プロフェッショナルな作業にも向いています。例えば、3Dモデリングや映像編集など、高度な作業を行う場合も、快適に処理することができます。さらに、高負荷なゲームにも対応でき、スムーズなプレイを楽しむことができます。

この評価情報で明確にわかるようにコア数に関してRyzen 7 5800Xは割と物足りない水準なCPUであることがわかります。ただし絶対的とまでは言うことができないことが分かります。

コア数評価
Ryzen 7 5800X8コア38/100

マルチスレッド対応

Ryzen 7 5800Xはマルチスレッドに対応しているCPUであると言うことができます。このCPUは、マルチスレッドに対応しています。CPUがマルチスレッドに対応しているということは、複数のタスクを同時に処理することができます。このCPUなら、複雑な処理や多重タスクにも対応できるので、快適なパソコンライフを送ることができます。

マルチスレッドに対応しているCPUは、大量のデータを高速で処理することができます。特に、ビデオ編集や3Dグラフィックス制作などのクリエイティブな作業には欠かせない性能です。また、高度な業務アプリケーションの使用時にも、CPUの性能が発揮されるため、素早いデータ処理が必要なビジネスマンにもおすすめです。高性能でありながら動作が安定するマルチスレッドCPUは、ビジネスにもクリエイティブにも欠かせないアイテムとなっています。

スレッド数

Ryzen 7 5800Xにおいて、スレッド数は16スレッドというデータになっています。そこそこな感じと言うことができそうです。スレッド数でいえばそこそこな感じであると言えます。

スレッド数という点で実際にはRyzen 7 5800Xは普及しているCPUと比べて全くといっていいほど同水準に感じとれるかもしれません。他の角度から考える必要性がありそうと言えるでしょう。

スレッド数評価
Ryzen 7 5800X16スレッド42/100

基本情報

TDP

Ryzen 7 5800Xにおいて、TDPは105Wとなっています。TDPにおいては全CPUの中で比較的下位に位置づけられます。100点中33点となっています。平均的なCPUと比べるとこのCPUのTDPは比較的大きいCPUといえそうです。

TDPが小さいCPUには、高いパフォーマンスと省電力性が両立したCPUも多数あります。これらのCPUを選ぶことで、高速でスムーズな動作ができるだけでなく、長時間のバッテリー駆動にも対応することができます。

実際の使用において考えると、Ryzen 7 5800Xは低いグレードにあるといえるでしょう。このCPUを候補から排除すべきかもしれません。またこのCPUはTDPに注目する人の場合よくない選択肢と考えることができそうです。

TDP評価
Ryzen 7 5800X105W33/100

スペック

Ryzen 7 5800X
画像Ryzen 7 5800X
ソケットの形状Socket AM4
TDP105W
通常利用時の最大周波数3.8GHz
ブースト時の最大周波数4.7GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ4MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ32MB
コア数8コア
マルチスレッド対応
スレッド数16スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報