Ryzen 7 3800XT 徹底評価

2023-06-04 01:48:34

総合評価

58.1/100

(総合順位: 42/3270)

評価項目点数
TDP
33/100
通常利用時の最大周波数
88/100
ブースト時の最大周波数
78/100
二次キャッシュ
54/100
三次キャッシュ
74/100
コア数
38/100
スレッド数
42/100
総合評価58.1/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 7 3800XTについて、通常利用時の最大周波数は3.9GHzとなります。全てのCPUの中で素晴らしく上位にあると言うことができるでしょう。普通と比べると、このCPUの相当通常利用時の最大周波数は高いCPUと言えそうです。このCPUの通常利用時の最大周波数は、先進的な製造技術を駆使して設計されており、高い処理能力を誇ります。また、消費電力も抑えられているため、省エネルギーを実現する上で重要な役割を担う製品として、注目されています。

通常利用時の最大周波数が高いCPUは、総合的なパフォーマンスを向上させることができるため、多くのユーザーにとって理想的な選択肢です。高速な処理能力は、ビジネスやプライベートのさまざまなタスクをより効率的に行うことができるため、時間の節約につながります。また、省エネ性に優れていることで、環境負荷を軽減しながら快適なコンピューティング環境を実現することができます。

実用性を最大限に考慮するとRyzen 7 3800XTは比較にならないくらい優れているCPUということが分かるでしょう。このCPUは通常利用時の最大周波数に注目する場合ピッタリな選択肢といえそうです。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 7 3800XT3.9GHz88/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数についてRyzen 7 3800XTは4.7GHzとなっています。平均と比較するとこれはやや優れた水準にあるCPUとなりそうです。全CPUの中でブースト時の最大周波数における評価はやや優れた水準にあるCPUです。100点中78点という得点評価をつけています。このCPUの高いブースト時の最大周波数は、比較的高いレベルに設定されています。これによって、高負荷時でもスピーディーな処理が可能になっています。しかし、長時間の過剰な使用は注意が必要です。このCPUの性能に関心を持つ方は、この点にも注目して購入を検討されることをおすすめいたします。

CPUを選ぶ際には、ブースト時の最大周波数が高いものがおすすめです。最大周波数が高いCPUは、高負荷な作業をスムーズにこなせるだけでなく、省電力性能も向上しています。つまり、長時間の作業やバッテリー駆動時にも優れたパフォーマンスを発揮し、快適に使用することができます。

ブースト時の最大周波数についてRyzen 7 3800XTは平均的なCPUよりまあまあ高いレベルに感じられるでしょう。ブースト時の最大周波数にこだわるのならこのCPUが適切と言うことができるかもしれません。しかし確定的とまでは必ずしも保証できない点には要注意と言えます。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 7 3800XT4.7GHz78/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 7 3800XTは二次キャッシュに対応しているCPUとなります。二次キャッシュに対応したこのCPUは、データ処理が多い作業でもスムーズな動作ができます。また、省エネルギーの技術も搭載しているため、長時間の作業でも低消費電力で動作します。

二次キャッシュに対応しているCPUは、エンジニアやゲーマーのような高負荷の使用環境で大きなメリットを持ちます。このような人々は、高速な演算処理に必要とされるリソースを望む傾向があります。二次キャッシュは、高速な読み書き速度を持っているため、これらの人々にとって非常に重要です。

二次キャッシュ

Ryzen 7 3800XTに関する二次キャッシュは4MBというデータになっています。Kuraberu.com[クラベル]の専門家による二次キャッシュにおける評価得点は100点中54点です。これは全てのCPUの中で平均的と考えることができます。これは普通水準といえるCPUであることがわかります。このCPUには、多い二次キャッシュが搭載されています。そのおかげで、高度な処理もスムーズにこなすことができ、使用者に高い満足度を与えることができると考えられます。

二次キャッシュが多いCPUのメリットは、その高い処理速度により、時間の節約ができることです。これは、プロフェッショナルなユーザーや、ビジネスなどの時間制限のあるシチュエーションで特に重要です。また、二次キャッシュが多いCPUを使用することで、マルチタスク処理もよりスムーズに行えるため、生産性も向上させることが可能です。

二次キャッシュに関して実際に活用する上での観点から、Ryzen 7 3800XTは普通のCPUであると言うことができます。二次キャッシュの情報を検討しても、商品を選択する上であまり参考になりません。他の角度から考える必要がありそうことが分かるでしょう。

二次キャッシュ評価
Ryzen 7 3800XT4MB54/100

三次キャッシュ対応

Ryzen 7 3800XTは三次キャッシュに対応しているといえるでしょう。最近注目されているこのCPUには、三次キャッシュに対応しているというメリットがある。この機能を持つことによって、CPUの処理速度が格段に向上し、負荷にも強くなる。デスクトップやノートパソコンのパフォーマンス向上をお考えの方には、ぜひおすすめしたい。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットについて述べます。まず、高速な処理能力が期待できます。三次キャッシュは、同じデータを何度もアクセスする場合に、より早く処理することができます。このため、プログラムの起動やファイルの読み込みなどにかかる時間が短縮されます。次に、省電力化が可能になります。三次キャッシュによって、CPUの負荷が減少するため、消費電力も減らすことができます。最後に、長期間安定して使用することができます。三次キャッシュによって、CPUの劣化を遅らせることができます。そのため、CPUの寿命を長くすることができます。

三次キャッシュ

三次キャッシュにおいてRyzen 7 3800XTは32MBというデータであるといえます。全CPUの中でも三次キャッシュについての評価スコアは抜きん出ているCPUでありKuraberu.com[クラベル]上における評点は100点中74点であるといえるでしょう。標準と比べるとやや抜きん出ているCPUといえそうです。このCPUは、多い三次キャッシュが備わっており、高速な処理が得られます。また、マルチタスクにも優れており、快適なパフォーマンスを発揮します。

三次キャッシュが多いCPUを選ぶことで、プログラムの高速化や起動時間の短縮といった、パソコンの動作スピードが飛躍的に向上します。また、三次キャッシュ容量が多いCPUは、複数のプログラムを同時に起動しても、快適な動作環境を提供することができます。これらの性能は、ビデオ編集や3Dゲームなどを行う人々にとっては特に重要であり、高性能と省エネ性を両立したCPUを選ぶことが求められます。

三次キャッシュにおいて実際的な側面で考えるとRyzen 7 3800XTは高いレベルに位置すると言うことができるでしょう。従って三次キャッシュにこだわる人の場合このCPUを選択したほうがよいでしょう。

三次キャッシュ評価
Ryzen 7 3800XT32MB74/100

コア数

Ryzen 7 3800XTについて、コア数は8コアというデータになっています。100点中38点をつけています。典型的なCPUと比較する場合やや下回っていると言えるかもしれません。

コア数が多いCPUには、多数のプロセスやアプリケーションを同時に実行する際にメリットがあります。例えば、動画のエンコードや3Dグラフィックスのレンダリングなど、高い処理性能が必要な作業でも、複数のコアを使うことでストレスをかけずに作業できます。また、複数のコアで処理を分散させることで作業の効率化にもつながります。

コア数においてRyzen 7 3800XTは割とイマイチなレベルにあります。コア数にこだわる人の場合このCPUはあまり良くない選択といえるかもしれません。一方で絶対的とまでは必ずしも言えないです。

コア数評価
Ryzen 7 3800XT8コア38/100

マルチスレッド対応

Ryzen 7 3800XTはマルチスレッドに対応しているということができます。このCPUはマルチスレッドに対応しているため、多くのタスクを同時に処理することができます。そのため、パフォーマンスの向上が期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUには、シングルスレッドのCPUと比較して、処理速度が大幅に向上します。さらに、マルチコアCPUを搭載したパソコンでは、コアごとに個別のスレッドを割り当てることができるため、より効率的な動作が可能となります。高度な作業や処理が必要な場合でも、スムーズな動作が期待できます。

スレッド数

Ryzen 7 3800XTにおいて、スレッド数は16スレッドとなっています。スレッド数における点数評価は100点中42点であると言えるでしょう。これはすべてのCPUの中でも標準に位置します。これはまあまあのレベルな感じと言えるCPUであると思われます。

この評価情報から明白に分かるようにRyzen 7 3800XTは一般的なCPUであるといえます。ほかの観点から選ぶことを是非オススメします。

スレッド数評価
Ryzen 7 3800XT16スレッド42/100

基本情報

TDP

TDPにおいてRyzen 7 3800XTは105Wとなっています。100点満点中33点をTDPにつけています。平均よりこのCPUのTDPが比較的大きいCPUとなるかもしれません。

TDPが小さいCPUのメリットは、省エネ性だけでなく、発熱も少なく静音性にも優れていることです。そのため、オフィスでの作業や映像編集、3Dモデリングなど、長時間にわたる重い作業にも最適です。また、CPUを組み込むデスクトップPCの場合も、冷却ファンによる騒音や故障リスクを低減できるため、運用コスト面でも優れています。

この評価から明らかなように、TDPという点に関して評価するとRyzen 7 3800XTはそれなりにいまいちなCPUであると言うことができるでしょう。しかし、決定的とまでは必ずしもいい切ることができない点には注意が必要であることが分かります。

TDP評価
Ryzen 7 3800XT105W33/100

スペック

Ryzen 7 3800XT
画像Ryzen 7 3800XT
ソケットの形状Socket AM4
TDP105W
通常利用時の最大周波数3.9GHz
ブースト時の最大周波数4.7GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ4MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ32MB
コア数8コア
マルチスレッド対応
スレッド数16スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報