Ryzen 9 3900XT 評価レビュー

2023-06-04 02:30:19

総合評価

65.2/100

(総合順位: 16/3270)

評価項目点数
TDP
33/100
通常利用時の最大周波数
86/100
ブースト時の最大周波数
78/100
二次キャッシュ
61/100
三次キャッシュ
90/100
コア数
50/100
スレッド数
58/100
総合評価65.2/100

評価レビュー

基本情報

TDP

Ryzen 9 3900XTにおいて、TDPは105Wとなっています。これはTDPが比較的大きいCPUということが分かります。全CPUの中でもTDPの点数評価は比較的低いレベルなCPUで、弊サイトの独自評価では100点満点中33点という点数評価をつけています。

TDPが小さいCPUを選ぶことには、いくつかのメリットがあります。一つ目は省エネ効果です。TDPが小さいCPUは、省エネ性が高いので、電気代を節約することができます。二つ目は、軽量でコンパクトな作りです。小型のコンピューターやノートパソコンには、TDPが小さいCPUが搭載されることが多く、持ち運びやすい設計になっています。最後に、発熱が少なくなるため、ファンレスデザインのCPUクーラーが使用でき、静音性が向上します。

この評価から分かるようにTDPに関してRyzen 9 3900XTはそこそこ不十分なCPUです。TDPに注目する人の場合、このCPUはよくない選択と考えられそうです。

TDP評価
Ryzen 9 3900XT105W33/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 9 3900XTに関する通常利用時の最大周波数については3.8GHzになります。通常より、このCPUの極めて通常利用時の最大周波数は高いCPUといえるでしょう。通常利用時の最大周波数をみると、全てのCPUの中で最高水準に位置します。多くのユーザーに人気のあるこのCPUは、高い通常利用時の最大周波数を持っています。この高い性能は、ユーザーにとって非常に魅力的であり、高いパフォーマンスを求める方にお勧めです。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリットとして、処理速度が向上し、作業がスムーズになることが挙げられます。例えば、複数のアプリケーションを同時に起動しても、スピーディーに動作することができます。また、大規模なデータ処理を行う際にも、高速で処理を行えるため、作業効率が飛躍的に向上します。さらに、ゲームなどの高負荷なアプリケーションも余裕を持って動作することができます。

実際の使用場面ではRyzen 9 3900XTはずば抜けて勝っているCPUであることが分かるでしょう。このためこのCPUを採用する場合の材料の一つと言えるでしょう。通常利用時の最大周波数は決定を下す際に必要不可欠な材料の1つになると思います。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 9 3900XT3.8GHz86/100

ブースト時の最大周波数

Ryzen 9 3900XTにおけるブースト時の最大周波数については4.7GHzというデータです。通常と比べると、これは勝っているCPUとなるかもしれません。本サイトのレビューワーによる評価では100点満点中78点という評価点をつけています。これはすべてのCPUの中で高位にあると思われます。このCPUは高いブースト時の最大周波数が備わっているため、プロジェクトなどで高速かつ正確に処理を行いたい方には最適です。ただし、高額な製品も存在するため、自分の予算とニーズに合った製品を慎重に選定する必要があります。

ブースト時の最大周波数が高いCPUのメリットはその高速処理性能にあります。アプリケーションの起動やデータの読み込みなどの作業がスピーディーに行え、作業効率が向上します。さらに、高い周波数が実現できるCPUは、CPUのクロック速度を下げて消費電力を抑えることもできます。

実用的な観点から見ると、Ryzen 9 3900XTは感覚上幾分か優れていると思います。したがって、ブースト時の最大周波数を気にする人にとっては、このCPUが適していると言えそうです。そうでなくとも、このCPUは強力な選択肢の一つとなります。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 9 3900XT4.7GHz78/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 9 3900XTは二次キャッシュに対応していると言えます。二次キャッシュに対応したこのCPUは、高速な演算が可能になります。二次キャッシュは、CPUのパフォーマンスに影響を与える重要な役割を果たします。CPUの評価サイトでは、二次キャッシュの重要性について、詳しく説明されています。

二次キャッシュに対応しているCPUには、様々なメリットがあります。まず、CPUの処理速度が向上するため、快適なパフォーマンスを実現できます。また、大量のデータを扱う場合や複数アプリケーションを同時に実行する場合でも、CPUがスムーズに処理を行うことができます。このように、二次キャッシュに対応しているCPUは、高性能なコンピューターを構築するために欠かせない部品の一つです。

二次キャッシュ

二次キャッシュにおいて、Ryzen 9 3900XTは6MBというデータです。これは典型的なCPUより二次キャッシュが比較的多いと考えることができそうです。100点中61.2点を二次キャッシュにつけています。これは全CPUの中でそれなりに上位に位置づけられると言うことができるでしょう。二次キャッシュの容量が大きいこのCPUは、高負荷なタスクを効率的に実行できます。また、低スペックのパソコンでも高速な動作を可能にすることができます。

近年では、CPUの性能向上にともない、二次キャッシュの大きさも従来よりも増加傾向にあります。これにより、マルチタスク環境下でのスムーズな処理が可能になり、作業の効率化に繋がります。また、データの読み込み速度が向上するため、ストレスフリーな操作が可能です。

実際に使う場面において二次キャッシュについてRyzen 9 3900XTは上位水準にあると言えます。従って二次キャッシュに配慮したい場合このCPUを選んだ方がいいと考えられそうです。そうでなくとも、このCPUを選択する場合において、大きなヒントの一つといえます。ただし確定的とまでは必ずしも判断できないため要注意であるといえます。

二次キャッシュ評価
Ryzen 9 3900XT6MB61/100

三次キャッシュ対応

Ryzen 9 3900XTは三次キャッシュに対応していると言うことができます。三次キャッシュに対応したこのCPUは、処理速度において優れた性能を発揮します。さらに、省エネ機能も備えており、電力消費量を抑えながら高速な処理が可能です。そのため、このCPUは、省エネルギーに配慮しつつ、高速処理を必要とするユーザーから支持されています。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットについてお伝えします。まず最大のメリットは、より高速な処理能力が得られることです。三次キャッシュは、二次キャッシュよりも大容量であり、より高速にアクセスすることができます。加えて、省電力機能も向上します。三次キャッシュによって、CPUの負荷が軽減され、消費電力を抑えることができます。そして、三次キャッシュはCPUの寿命も延ばすことができます。そのため、長期間安定して使用することができます。

三次キャッシュ

三次キャッシュにおいてRyzen 9 3900XTは64MBというデータです。これは基本的なCPUと比べる場合、三次キャッシュは圧倒的に多いと考えられるかもしれません。三次キャッシュについて、すべてのCPUの中で最上位グレードにありレビューワーによる独自評価では100点中90点というデータです。最近のゲームやアプリは、高度な処理能力が求められることがあります。このCPUには、多い三次キャッシュが搭載されており、高速な処理を実現することができます。そのため、要求の厳しいアプリケーションでも、ストレスなく動作させることができます。

三次キャッシュが多いCPUのもう一つのメリットは、省電力性です。三次キャッシュが多いCPUは、高負荷状態においても効率的に動作するため、カスタマイズされた省エネ機能を備えたモバイルCPUに最適です。省電力性が高いため、バッテリ寿命を延ばすことができます。さらに、省電力性が高いCPUは、熱を発生せず、システム全体のクーリング要件を低減することができます。

実際に使用する場合にはRyzen 9 3900XTはずば抜けて上回っているCPUであることがわかります。したがって、このCPUは三次キャッシュを重視したい人にとって魅力的と考えることができそうです。そうでなくとも、このCPUにする場合において、一つの大きな要素となります。ともあれ、三次キャッシュを検討することで、最適な決定を下せるといえます。

三次キャッシュ評価
Ryzen 9 3900XT64MB90/100

コア数

Ryzen 9 3900XTの場合、コア数は12コアというデータです。中程度にあります。これはコア数が通常水準といえるでしょう。このCPUの多いコア数は、高度なパフォーマンスを提供します。大規模なタスクを処理する能力は素晴らしく、快適な使用体験を実現します。

コア数が多いCPUには、高い耐久性があります。これは、処理に必要な電力を複数のコアで分散することで、熱の発生が抑えられるためです。つまり、高負荷の処理を長時間行っても、過剰な熱によるダメージを抑えることができるため、CPUの寿命を長く保つことができます。

コア数に関して実際の使用においては、Ryzen 9 3900XTはそこそこな感じと言えるでしょう。決定を下す際に、コア数の情報はほぼ参考になりません。

コア数評価
Ryzen 9 3900XT12コア50/100

マルチスレッド対応

Ryzen 9 3900XTはマルチスレッドに対応しているCPUであると言うことができます。マルチタスク処理が必要な場合には、このCPUの使用が非常に効果的であることが確認されています。

マルチスレッドに対応しているCPUの最も重要なメリットは、エンターテインメント体験の向上です。例えば、オンラインストリーミングサービスで映画やドラマを観る際に、同時に他のタスクを行えます。これによって、映画の視聴中に時間を有効に使うことができ、エンターテインメント体験を向上させることができます。また、マルチスレッドに対応しているCPUは、音楽制作やゲーム制作などのクリエイティブな作業にも最適です。これは、同時に複数のタスクを行うことができるため、より効率的に制作作業を進めることができるからです。

スレッド数

Ryzen 9 3900XTのスレッド数について24スレッドというデータになっています。100点中58点であると言うことができます。スレッド数がまあまあな感じと言えるでしょう。

実際に利用することを考慮するとRyzen 9 3900XTは平均グレードといった感じであるということが分かるでしょう。商品選択において、スレッド数の情報は役に立ちません。

スレッド数評価
Ryzen 9 3900XT24スレッド58/100

スペック

Ryzen 9 3900XT
画像Ryzen 9 3900XT
ソケットの形状Socket AM4
TDP105W
通常利用時の最大周波数3.8GHz
ブースト時の最大周波数4.7GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ6MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ64MB
コア数12コア
マルチスレッド対応
スレッド数24スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報