Core i7 6900Kをレビュー|関心度の高い特徴について公平に評価

作成日時: 2020年06月21日 10時06分15秒, 更新日時: 2020年06月21日 11時31分04秒

Core i7 6900Kはどの程度使い勝手が良いかについて解説。よく注目される点についてわかりやすくレビューしました。ほかのCPUと比較したときのCore i7 6900Kのメリットやデメリットについて検証します。

メリット

  • -

デメリット

  • TDPはやや大きい
  • ブースト時の最大周波数は低い

特徴

  • 三次キャッシュに対応している
  • マルチスレッドに対応している

よく注目される点からCore i7 6900Kを評価する

Core i7 6900KのCPU性能について評価

通常利用時の最大周波数について

通常利用時の最大周波数について、Core i7 6900Kは3.2 GHzです。Core i7 6900Kは一般的なCPUと比べるとほとんど同じくらいと言えるでしょう。定格周波数ランキングで全373製品中194位のCPUです。通常利用であればさほど困らないものであるため、決定的とまでは言えないでしょう。こだわりが強い人にとっては物足りなさを感じる可能性があり、もう一つ上のCPUを見てみた方がいいのかもしれません。

通常利用時の最大周波数評価
Core i7 6900K3.2 GHz50/100

ブースト時の最大周波数について

Core i7 6900Kのブースト時の最大周波数は3.7 GHzです。普通のCPUと比較してCore i7 6900Kのクロック数はやや低いと言えるCPUでしょう。ブースト時のクロック数ランキングで277製品のなかで195位に入ります。ブースト時の最大周波数という観点から選ぶならCore i7 6900Kはあまり選択肢に入れない方がいいです。

ブースト時の最大周波数評価
Core i7 6900K3.7 GHz30/100

三次キャッシュ対応可否について

Core i7 6900Kは三次キャッシュに対応しているCPUです。

三次キャッシュについて

三次キャッシュについて、Core i7 6900Kは20MBです。Core i7 6900Kは平均的なCPUよりやや多い方に分けられるキャッシュ容量と言えるでしょう。三次キャッシュ容量の多さランキングでは366製品中105位に位置します。そのため三次キャッシュという点で見る場合、Core i7 6900Kは比較的おすすめでしょう。普通に使う分には問題ないと言えますが、ストレスフリーのためもうワンランク上を検討してもいいでしょう。

三次キャッシュ評価
Core i7 6900K20MB69/100

コア数について

コア数について、Core i7 6900Kは8コアです。平均的なCPUと比べてCore i7 6900Kのコア数はやや多いと言えるでしょう。コア数の多さランキングで見てみると全373製品中134位に入るCPUです。普通に使う分には比較的問題になりにくいくらいのモノのため、決定的に優秀とは言えません。少しでも快適に使いたい人やこだわりが強い人には不十分であるかもしれないため、ワンランク上を考えた方がいいのかもしれません。

コア数評価
Core i7 6900K8コア60/100

マルチスレッド対応可否について

Core i7 6900Kはマルチスレッドに対応しているCPUです。

スレッド数について

スレッド数について、Core i7 6900Kは16スレッドです。一般的なCPUと比べるとCore i7 6900Kのスレッド数は同程度と言えます。スレッド数の多さランキングで見てみると全325製品中123位に入るCPUです。そのためスレッド数という点から選ぶつもりならCore i7 6900Kは一つの候補でしょう。通常利用であれば問題ないですが、もう少し多いスレッド数のCPUもあるため決定的に優れている程ではありません。

スレッド数評価
Core i7 6900K16スレッド58/100

Core i7 6900Kの基本情報について評価

TDPについて

TDPについて、Core i7 6900Kは140 Wです。普通のCPUと比べてCore i7 6900Kの放熱量は比較的大きいCPUでしょう。最大放熱量の小ささランキングで見てみると373製品の中で286位くらいに位置付けられます。TDPに興味が無くても普通に使っていて不満を感じる可能性がありそうです。そのため一つ上を見てみた方が良さそうです。

TDP評価
Core i7 6900K140 W21/100

Core i7 6900Kの詳細情報

Core i7 6900K
画像Core i7 6900K
シリーズ名Broadwell-E
ソケットの形状LGA2011-3
TDP140 W
通常利用時の最大周波数3.2 GHz
ブースト時の最大周波数3.7 GHz
三次キャッシュに対応しているかどうか
三次キャッシュ20MB
コア数8コア
マルチスレッドに対応しているかどうか
スレッド数16スレッド

類似した性能のCPUを見る

他のCPUと比較する

価格をチェックする

Core i7 6900Kの価格を今すぐチェック

Core i7 6900Kと評価が同程度のCPUを探す

Core i5 9400F

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:2.9 GHz, ブースト時の最大周波数:4.1 GHz, 三次キャッシュ:9MB, コア数:6コア, スレッド数:6スレッド

Core i5 9500

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:3 GHz, ブースト時の最大周波数:4.4 GHz, 三次キャッシュ:9MB, コア数:6コア, スレッド数:6スレッド

Ryzen 3 2200G

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:3.5 GHz, ブースト時の最大周波数:3.7 GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:4MB, コア数:4コア, スレッド数:4スレッド

Core i7 10700K

TDP:125 W, 通常利用時の最大周波数:3.8 GHz, ブースト時の最大周波数:5.1 GHz, 三次キャッシュ:16MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

Ryzen 3 3300X

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:3.8 GHz, ブースト時の最大周波数:4.3 GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

Core i5 10600

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:3.3 GHz, ブースト時の最大周波数:4.8 GHz, 三次キャッシュ:12MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

Core i9 10900

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:2.8 GHz, ブースト時の最大周波数:5.2 GHz, 三次キャッシュ:20MB, コア数:10コア, スレッド数:20スレッド

Core i5 10600K

TDP:125 W, 通常利用時の最大周波数:4.1 GHz, ブースト時の最大周波数:4.8 GHz, 三次キャッシュ:12MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

Core i3 10320

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:3.8 GHz, ブースト時の最大周波数:4.6 GHz, 三次キャッシュ:8MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

もっと見る ▼

Kuraberu.com [クラベル]のコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Kuraberu.com [クラベル]の利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。