Core i3 10320のメリット・デメリットとは?ほかと比較して良いのか悪いのかについて評価しました

作成日時: 2020年06月14日 07時23分20秒, 更新日時: 2020年06月14日 09時13分18秒

Core i3 10320のメリット

  • TDPは小さい
  • 通常利用時の最大周波数はかなり高い
  • ブースト時の最大周波数は非常に高い

Core i3 10320のデメリット

  • スレッド数はやや少ない

Core i3 10320の特徴

  • 三次キャッシュに対応している
  • マルチスレッドに対応している

よく注目される点からCore i3 10320を評価する

Core i3 10320の基本情報について評価

TDPについて

TDPについてCore i3 10320は65 Wです。Core i3 10320は標準的なCPUと比較してとても小さい部類に分けられる放熱量と言えるでしょう。最大放熱量の小ささランキングでは373製品中62位に位置します。そのためTDPという観点から選ぶ場合においてCore i3 10320は候補の一つに挙がるでしょう。普通に使う分には問題ないですが、もう少し小さい放熱量のCPUもあるため決定的といえるほどではありません。

TDP評価
Core i3 1032065 W76/100

Core i3 10320のCPU性能について評価

通常利用時の最大周波数について

通常利用時の最大周波数について、Core i3 10320は3.8 GHzです。標準的なCPUと比べてCore i3 10320の定格クロック数は非常に高い方のCPUです。定格周波数ランキングで373製品中33位です。従ってCore i3 10320を選ぶ大きな理由になります。これ以上高い定格クロック数のCPUを選んでもCore i3 10320との違いをほとんど感じられないでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Core i3 103203.8 GHz97/100

ブースト時の最大周波数について

Core i3 10320のブースト時の最大周波数は4.6 GHzです。Core i3 10320は普通のCPUと比べてとても高い方のCPUと言えるでしょう。ブースト時のクロック数ランキングでは277製品中48位に位置します。そのためブースト時の最大周波数という観点で選ぶならCore i3 10320は候補の一つになるでしょう。通常利用であれば十分ですが、もう少し高いクロック数のCPUもあるため決め手になるほどではありません。

ブースト時の最大周波数評価
Core i3 103204.6 GHz97/100

三次キャッシュ対応可否について

Core i3 10320は三次キャッシュに対応しているCPUです。

三次キャッシュについて

Core i3 10320の三次キャッシュは8MBです。普通のCPUよりもCore i3 10320のキャッシュ容量はやや少ない方に分けられるCPUと言えるでしょう。三次キャッシュ容量の多さランキングで366製品のなかで246位に入ります。三次キャッシュにこだわりがなくても日常で利用していてストレスを感じる可能性があるためもうワンランク上にすることをおすすめします。

三次キャッシュ評価
Core i3 103208MB35/100

コア数について

Core i3 10320のコア数は4コアです。普通のCPUよりもCore i3 10320のコア数はやや少ないと言えるCPUです。コア数の多さランキングで373製品のなかで234位に入ります。コア数という点で見る場合においてCore i3 10320は選択肢に入ってこないでしょう。

コア数評価
Core i3 103204コア35/100

マルチスレッド対応可否について

Core i3 10320はマルチスレッドに対応しているCPUです。

スレッド数について

スレッド数について、Core i3 10320は8スレッドです。一般的なCPUと比べるとCore i3 10320のスレッド数は同程度と言えます。スレッド数の多さランキングで全325製品中186位のCPUです。スレッド数という観点場合においてCore i3 10320は選択肢に入らないです。

スレッド数評価
Core i3 103208スレッド34/100

Core i3 10320の詳細情報

Core i3 10320
画像Core i3 10320
シリーズ名Comet Lake
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics 630
ソケットの形状LGA1200
TDP65 W
通常利用時の最大周波数3.8 GHz
ブースト時の最大周波数4.6 GHz
三次キャッシュに対応しているかどうか
三次キャッシュ8MB
コア数4コア
マルチスレッドに対応しているかどうか
スレッド数8スレッド

類似した性能のCPUを見る

他のCPUと比較する

価格をチェックする

Core i3 10320の価格を今すぐチェック

Core i3 10320と評価が同程度のCPUを探す

Athlon 200GE

TDP:35 W, 通常利用時の最大周波数:3.2 GHz, 二次キャッシュ:1MB, 三次キャッシュ:4MB, コア数:2コア, スレッド数:4スレッド

Core i5 8600K

TDP:95 W, 通常利用時の最大周波数:3.6 GHz, ブースト時の最大周波数:4.3 GHz, 三次キャッシュ:9MB, コア数:6コア, スレッド数:6スレッド

Core i7 7800X

TDP:140 W, 通常利用時の最大周波数:3.5 GHz, ブースト時の最大周波数:4 GHz, 三次キャッシュ:8.3MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

Xeon Bronze 3206R

TDP:85 W, 通常利用時の最大周波数:1.9 GHz, ブースト時の最大周波数:1.9 GHz, 三次キャッシュ:11MB, コア数:8コア, スレッド数:8スレッド

Xeon Silver 4214R

TDP:100 W, 通常利用時の最大周波数:2.4 GHz, ブースト時の最大周波数:3.5 GHz, 三次キャッシュ:16.5MB, コア数:12コア, スレッド数:24スレッド

Xeon Gold 5218R

TDP:125 W, 通常利用時の最大周波数:2.1 GHz, ブースト時の最大周波数:4 GHz, 三次キャッシュ:27.5MB, コア数:20コア, スレッド数:40スレッド

Xeon Gold 5220R

TDP:150 W, 通常利用時の最大周波数:2.2 GHz, ブースト時の最大周波数:4 GHz, 三次キャッシュ:35.8MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

Xeon Gold 6240R

TDP:165 W, 通常利用時の最大周波数:2.4 GHz, ブースト時の最大周波数:4 GHz, 三次キャッシュ:35.8MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

Xeon Silver 4215

TDP:85 W, 通常利用時の最大周波数:2.5 GHz, ブースト時の最大周波数:3.5 GHz, 三次キャッシュ:11MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

Xeon W-1290

TDP:80 W, 通常利用時の最大周波数:3.2 GHz, ブースト時の最大周波数:5.2 GHz, 三次キャッシュ:20MB, コア数:10コア, スレッド数:20スレッド

もっと見る ▼

Kuraberu.com [クラベル]のコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Kuraberu.com [クラベル]の利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。