【2024年最新】 Ryzen 7 8700G レビュー

2024-02-03 21:24:22

総合評価

62.7/100

(総合順位: 2022/3271)

評価項目点数
TDP
63/100
通常利用時の最大周波数
95/100
ブースト時の最大周波数
88/100
二次キャッシュ
68/100
三次キャッシュ
44/100
コア数
38/100
スレッド数
42/100
総合評価62.7/100

評価レビュー

基本情報

TDP

Ryzen 7 8700Gの場合、TDPは65Wというデータになっています。普通のCPUと比べる場合これは秀逸であるCPUと言えそうです。すべてのCPUの中でもTDPの点数評価はそれなりに優れたCPUであり、評価点数は100点中63.3点と言えます。このCPUが持つ小さいTDPは、低発熱性能を保証する一方で、高性能の処理に対応することができます。また、静音性も備えており、快適な作業環境をサポートします。

TDPが小さいCPUのメリットは、省エネ性能が優れていることです。TDPが小さいCPUは、高性能なハードウェアを搭載しているにも関わらず、消費電力が少なく、長時間の使用にも耐えることができます。また、熱の発生も少ないため、クーラーの性能に依存しないため、静音性も高いです。

これらの評価から明白なように、TDPの角度で実際の使用場面を考えるとRyzen 7 8700Gは幾分か高い水準にあるCPUであるということが分かるでしょう。ただし、確定的とまでは必ずしも言うことができない点には要注意であると言えます。

TDP評価
Ryzen 7 8700G65W63/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 7 8700Gについて、通常利用時の最大周波数は4.2GHzというデータになっています。全てのCPUの中で素晴らしく上位にあると言うことができるでしょう。普通と比べると、このCPUの相当通常利用時の最大周波数は高いCPUと言えそうです。このCPUは、通常利用時の最大周波数が非常に高く、スムーズな動作が期待できます。この高い性能は、プロフェッショナルなユーザーやゲーマーにとって非常に重要であり、高い評価を受けています。

CPUの性能はその最大周波数によるものがありますが、通常利用時の最大周波数が高いCPUはメリットがあります。例えば、高解像度の動画を再生する場合や多くのプログラムを同時に起動する場合でも、快適な使用感を提供してくれます。また、高速な処理能力によって、長時間作業をしている場合でも疲れを感じにくくなります。

実際的な観点から見れば通常利用時の最大周波数に関してRyzen 7 8700Gは感じられるほど優位にあるでしょう。そのためこのCPUは強力な候補の一つになるでしょう。また通常利用時の最大周波数が重要な場合このCPUを検討した方が良いと考えられるかもしれません。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 7 8700G4.2GHz95/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数について、Ryzen 7 8700Gは5.1GHzとなります。100点中88点となっています。一般的なCPUより、相当高い水準であるCPUと言えます。このCPUは、高いブースト時の最大周波数においても十分なパフォーマンスを発揮します。スムーズかつ高速な処理が可能で、負荷のかかる操作でも快適に使用できます。この性能は、専門的な作業を行う方にとっては必要不可欠なものです。高性能なCPUを探している方におすすめです。

ブースト時の最大周波数が高いCPUのメリットはその高速処理性能にあります。アプリケーションの起動やデータの読み込みなどの作業がスピーディーに行え、作業効率が向上します。さらに、高い周波数が実現できるCPUは、CPUのクロック速度を下げて消費電力を抑えることもできます。

ブースト時の最大周波数についてRyzen 7 8700Gは比べ物にならないほど優秀であるCPUです。従って、このCPUは有力な選択肢の一つに加えることを検討すべきであると言うことができるでしょう。ブースト時の最大周波数は、欠かせない要素の1つになります。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 7 8700G5.1GHz88/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 7 8700Gは二次キャッシュに対応しているCPUとなります。このCPUは、二次キャッシュに対応しています。二次キャッシュとは、CPU内部にある短期的なメモリーであり、処理速度の向上が期待できます。このCPUを選ぶことで、より高速なパフォーマンスを実現することができます。

二次キャッシュに対応しているCPUを使用すると、アプリケーションの起動やファイルの読み込みなどの操作がより高速に行えます。これは、プロセッサが情報をより素早く取得できるようにすることで実現されます。また、二次キャッシュによって、プロセッサがより頻繁にアクセスする情報を保持することができ、よりスムーズな処理が可能となります。

二次キャッシュ

二次キャッシュにおいてRyzen 7 8700Gは8MBになります。これは普通と比較すると秀逸であると言えるかもしれません。二次キャッシュという視点関して見ると全CPUの中でもそれなりに優秀であると思います。このCPUの多い二次キャッシュは、高速で処理を行うための重要な要素の1つです。本製品は、しっかりとした性能を持ち、多くのプログラムをスムーズに処理することができます。また、このCPUの二次キャッシュは、大容量であるため、多くのデータを保持することが可能です。そのため、データ依存度の高い作業でも、高速かつ正確な処理を行うことができます。

二次キャッシュが多いCPUのメリットは、処理速度の向上につながることです。キャッシュメモリーはCPUが処理する際によく使われるデータや命令を一時的に保存するためのメモリーであり、これが充実していることでCPUはより迅速な処理が可能になります。また、二次キャッシュが多いCPUはマルチタスクにも強く、複数のプログラムを同時に実行する場合にもストレスなく動作します。

実際的な意味合いで考えると二次キャッシュについてRyzen 7 8700Gはわりと高いレベルにあると言うことができるでしょう。しかし確定的とまでは必ずしも言い切ることができないため気を付けて評価する必要があることが分かります。

二次キャッシュ評価
Ryzen 7 8700G8MB68/100

三次キャッシュ対応

Ryzen 7 8700Gは三次キャッシュに対応しているといえます。このCPUは、三次キャッシュに対応していることで、省電力化が果たせます。処理速度を維持しながら電力消費を抑えることができ、高性能とエコの両立ができる優れた製品です。

三次キャッシュに対応しているCPUには、高速・効率的な処理が可能など多数のメリットがあります。三次キャッシュによってデータの転送が高速化され、アプリケーションの起動や処理がスムーズになるため、作業効率が向上します。また、大容量のデータもキャッシュで処理できるため、高速に処理できることが特徴です。

三次キャッシュ

三次キャッシュに関してRyzen 7 8700Gは16MBです。中程度のグレードと言った感じと考えることができます。すべてのCPUの中で三次キャッシュの評価点は中程度のグレードと言った感じで、本サイト上における点数は100点満点中44.7点と言えるでしょう。多い三次キャッシュという特徴を持つこのCPUは、複雑なタスクでもスムーズに処理できます。また、省エネ性にも優れているため、長時間の使用でも電力消費を抑えます。

CPUには、データ処理に必要なキャッシュが複数搭載されていますが、特に三次キャッシュが多いCPUには以下のメリットがあります。まず、三次キャッシュが多いCPUは、CPU内部での情報処理がスムーズに行われるため、処理速度の向上が期待されます。さらに、三次キャッシュが多いCPUは、高速なデータアクセスが可能となるため、ストレスの少ない作業が行えます。最後に、三次キャッシュが多いCPUは、省エネルギー設計になっていることが多く、バッテリー持続時間の延長など、様々な環境に対応することができます。

実践的な活用において考えるとRyzen 7 8700Gは標準グレードであると言うことができるでしょう。ほかの角度から考慮する必要性がありそうということが分かるでしょう。

三次キャッシュ評価
Ryzen 7 8700G16MB44/100

コア数

コア数についてRyzen 7 8700Gは8コアとなっています。これはわりとコア数が低いレベルなCPUであると言えるでしょう。全てのCPUの中でもコア数の得点はわりと劣ったCPUで、100点中38点となっています。

コア数が多いCPUのメリットとして、処理速度の向上とマルチタスキングの改善が挙げられます。また、ビデオ編集や3Dゲームなど、高負荷なタスクにも対応しやすくなるため、クリエイティブな作業にも向いています。

これらの評価で明白に分かるようにRyzen 7 8700Gは体感上、そこそこ下回っていると言えます。ただ、絶対的とまではいい切れないため気を付ける必要があります。

コア数評価
Ryzen 7 8700G8コア38/100

マルチスレッド対応

Ryzen 7 8700Gはマルチスレッドに対応していると言うことができるでしょう。最新の技術が搭載されたこのCPU、マルチスレッドに対応しており、従来よりも高速な処理が可能になりました。快適なパソコンライフにはこのCPUが不可欠です。

マルチスレッドに対応しているCPUのメリットは、ビジネスでの利用にも大いに役立ちます。例えば、複数のタスクを同時に処理できるため、大量のデータ分析、画像処理、動画エンコードなどがスムーズに進められます。それにより、生産性が飛躍的に向上し、ビジネスの成果にも貢献することができます。

スレッド数

スレッド数において、Ryzen 7 8700Gは16スレッドです。レビューワーによる独自評価では100点中42点をスレッド数につけています。スレッド数がそこそこな感じのCPUであると言えます。

スレッド数に関して実際の使用場面を考えると、Ryzen 7 8700Gは標準的ということができます。スレッド数の情報を比べても、商品選択において役に立ちません。

スレッド数評価
Ryzen 7 8700G16スレッド42/100

スペック

Ryzen 7 8700G
画像Ryzen 7 8700G
内蔵グラフィックスRadeon 780M
ソケットの形状Socket AM5
TDP65W
通常利用時の最大周波数4.2GHz
ブースト時の最大周波数5.1GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ8MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ16MB
コア数8コア
マルチスレッド対応
スレッド数16スレッド

Ryzen 7 8700G の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Ryzen 7 8700G と評価が同程度のCPUを探す

通常利用時の最大周波数:2GHz, ブースト時の最大周波数:5.8GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.4GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.6GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.7GHz, ブースト時の最大周波数:4.6GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:4.3GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:105W, 通常利用時の最大周波数:3GHz, ブースト時の最大周波数:4.1GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:96MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6.2GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報