【2024年最新】 Ryzen 7 5700 評価

2024-02-03 18:59:30

総合評価

57.1/100

(総合順位: 2033/3271)

評価項目点数
TDP
63/100
通常利用時の最大周波数
84/100
ブースト時の最大周波数
74/100
二次キャッシュ
54/100
三次キャッシュ
44/100
コア数
38/100
スレッド数
42/100
総合評価57.1/100

評価レビュー

基本情報

TDP

Ryzen 7 5700のTDPにおいて65Wとなります。全てのCPUの中でもTDPについての点数評価はそこそこ優れたCPUで、100点中63.3点という得点評価をTDPにつけています。普通と比べるとそこそこ優秀であるCPUとなるでしょう。このCPUは、小さいTDPによって優れた省エネルギー性能を発揮します。また、高い処理能力を持つので、ゲームや動画編集などの快適な使用が可能です。

TDPが小さいCPUには、さまざまなメリットがあります。まず、省エネ効果が高いため、長時間の使用でも電力消費が少なく、電気代の節約になります。また、小型のコンピューターやノートパソコンには、TDPが小さいCPUが搭載されるケースが多く、コンパクトな設計が可能になります。そして、発熱が少なくなるため、ファンレスデザインのCPUクーラーが使用でき、静音性が向上します。

実際の現場で考えるとTDPに関してRyzen 7 5700は高位グレードに位置づけられると考えられます。このため、このCPUはTDPが重要な場合選択肢にあがると考えることができます。

TDP評価
Ryzen 7 570065W63/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 7 5700における通常利用時の最大周波数は3.7GHzというデータです。これは普通のCPUと比べる場合比べ物にならないほど秀でていると考えられるかもしれません。通常利用時の最大周波数という点に関してすべてのCPUの中で優れています。高い通常利用時の最大周波数を持つこのCPUは、ビジネスシーンにおいても大変有用です。緻密な処理や大量のデータ処理を行う場合にも対応でき、仕事の効率化に貢献します。

CPUを選ぶ際に、通常利用時の最大周波数が高いものを選ぶことをオススメします。高い周波数によって、処理速度が向上するだけでなく、PCのクラッシュやフリーズが減少するなど、安定性が向上することができます。また、高い周波数は、映像や音声の編集、ゲームなどにも最適です。

実際的な意味合いで考えると、通常利用時の最大周波数に関してRyzen 7 5700は体感上かなり優れた水準にあると思います。従ってこのCPUを選ぶ上で重視すべき判断材料の一つになります。このCPUは通常利用時の最大周波数を優先するなら理想的と考えることができそうです。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 7 57003.7GHz84/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数においてRyzen 7 5700は4.6GHzというデータです。これはそれなりにブースト時の最大周波数が上回っているCPUです。ブースト時の最大周波数に関しては全CPUの中でもそれなりに高い水準にあります。100点満点中74点となっています。このCPUは、高いブースト時の最大周波数を誇ることで、非常に高速な処理が可能です。これは、特にゲームなどの高負荷なアプリケーションにおいて、顕著な効果を発揮します。また、このCPUは省エネルギー機能も充実しており、実用性にも優れています。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、プロセスをより高速に処理することができます。それによって、次世代のアプリケーションやゲーム、3Dモデリングなど、より高度な作業にもスムーズに取り組めます。また、高速処理によって、マルチタスクもスピーディーにこなすことができるでしょう。このような素晴らしいメリットを持つCPUは、ぜひ検討してみてください。

これらの評価からわかるようにブースト時の最大周波数の点で言えばRyzen 7 5700はある程度優れているCPUであることがわかります。このCPUを有力な選択肢の一つに加えることを考慮すべきと言えます。またブースト時の最大周波数を重要視するのならこのCPUは魅力的な選択と考えられそうです。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 7 57004.6GHz74/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 7 5700は二次キャッシュに対応していると言うことができます。二次キャッシュに対応したこのCPUは、快適な利用体験を提供します。処理速度が速く、マルチタスクにも適した性能を持っています。また、省電力なので、長時間の使用も可能です。

二次キャッシュに対応しているCPUを使用すると、アプリケーションの起動やファイルの読み込みなどの操作がより高速に行えます。これは、プロセッサが情報をより素早く取得できるようにすることで実現されます。また、二次キャッシュによって、プロセッサがより頻繁にアクセスする情報を保持することができ、よりスムーズな処理が可能となります。

二次キャッシュ

二次キャッシュに関してRyzen 7 5700は4MBとなっています。全てのCPUの中でも二次キャッシュの評価はまあまあな感じであり、Kuraberu.com[クラベル]上の独自評価では100点中54点であると言えるでしょう。まあまあな感じと考えることができそうです。このCPUには、大容量の二次キャッシュが搭載されています。そのため、データの読み込みや処理が高速に行われ、ストレスなく作業できます。また、グラフィックスやビデオ編集などの重いタスクにも対応しています。

二次キャッシュが多いCPUのメリットは、高速な処理が可能になることです。二次キャッシュはCPUの中央処理装置(CPU)に組み込まれており、CPUがメモリにアクセスする回数を減らすためのものです。二次キャッシュが多い場合、CPUがデータを素早く取得できるため、CPUの性能が向上します。これは、ビデオエンコードや3Dグラフィックスなどの高プロセス負荷のアプリケーションを使用する場合に特に重要です。

二次キャッシュについて実際に使用する場面において考えると、Ryzen 7 5700は平均水準と思われます。他の角度から考慮する方が良いということができます。二次キャッシュの情報を検討しても商品を選択する上で全くといっていいほど参考になりません。

二次キャッシュ評価
Ryzen 7 57004MB54/100

三次キャッシュ対応

Ryzen 7 5700は三次キャッシュに対応しているCPUであると言えます。三次キャッシュに対応したこのCPUは、キャッシュの容量が大きく、データの取得がスムーズに行われます。そのため、処理速度が向上し、作業効率が飛躍的に高まるでしょう。

三次キャッシュに対応しているCPUのもう一つのメリットは、電力消費の削減です。三次キャッシュが存在することにより、CPUがより効率的にデータを処理できるため、電力消費が少なくなります。このため、電気代を節約することができ、また、長時間の使用にも耐えられるCPUを選ぶことができます。

三次キャッシュ

三次キャッシュに関して、Ryzen 7 5700は16MBというデータになっています。100点中44.7点であると言うことができます。これは平均レベルと言うことができるCPUだと分かるでしょう。多い三次キャッシュという特徴を持つこのCPUは、複雑なタスクでもスムーズに処理できます。また、省エネ性にも優れているため、長時間の使用でも電力消費を抑えます。

三次キャッシュが多いCPUは、データの取得速度が高いため、処理の効率を大幅に向上させます。さらに、大容量のデータを処理する場合でも、予期せぬエラーを減らすことができます。そのため、仕事で多大な時間を費やしていた処理作業も、三次キャッシュが多いCPU搭載のPCを使用することで、素早くスムーズに行えるようになります。

三次キャッシュの点で実際にはRyzen 7 5700は標準グレードといえます。三次キャッシュの情報をみても、参考になりません。

三次キャッシュ評価
Ryzen 7 570016MB44/100

コア数

Ryzen 7 5700に関して、コア数は8コアというデータになっています。コア数という視点について専門家による評価では100点満点中38点をつけています。これは全CPUの中でもわりと不十分であるといえます。これはまあまあコア数がイマイチな水準にあるCPUであると言えるでしょう。

コア数が多いCPUを搭載したパソコンは、大量のデータ処理やグラフィック関連の作業にも強い傾向があります。より高品質な映像や高速なレンダリングなどにも対応できます。

実際に使う上で考えると、コア数についてRyzen 7 5700は体感上そこそこ物足りないレベルと感じるでしょう。このためコア数を優先したい人の場合このCPUはイマイチな選択と考えられるかもしれません。一方で絶対的とまでは必ずしもいい切ることができないため要注意であるといえます。

コア数評価
Ryzen 7 57008コア38/100

マルチスレッド対応

Ryzen 7 5700はマルチスレッドに対応しているCPUであると言うことができます。マルチスレッドに対応しているこのCPUは、複数の処理を同時に実行できます。そのため、高負荷な作業でもスムーズに動作することができます。また、処理速度も向上するため、効率的な作業が可能となります。

マルチスレッドに対応しているCPUは、省電力であるため、エネルギーコストを抑えることができます。一般的に、CPUの処理能力が向上すると、電力消費量も増大しますが、マルチスレッドに対応したCPUは、複数のタスクを同時に処理することによって、効率的に電力を消費するため、コスト削減につながると言えます。また、省電力であるが故に、CPUは発熱も抑えられるため、冷却ファンの動作音も軽減されます。

スレッド数

スレッド数に関して、Ryzen 7 5700は16スレッドというデータと言えます。まあまあな感じと考えることができそうです。レビューワーによる独自評価では100点満点中42点をスレッド数につけています。

スレッド数において実際に使用する場合Ryzen 7 5700は標準的なCPUであることがわかります。決定を下すうえで、スレッド数の情報はほとんど参考にならないといえます。

スレッド数評価
Ryzen 7 570016スレッド42/100

スペック

Ryzen 7 5700
画像Ryzen 7 5700
ソケットの形状Socket AM4
TDP65W
通常利用時の最大周波数3.7GHz
ブースト時の最大周波数4.6GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ4MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ16MB
コア数8コア
マルチスレッド対応
スレッド数16スレッド

Ryzen 7 5700 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Ryzen 7 5700 と評価が同程度のCPUを探す

通常利用時の最大周波数:2.1GHz, ブースト時の最大周波数:5.4GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:2.1GHz, ブースト時の最大周波数:5.4GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:2GHz, ブースト時の最大周波数:5.8GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

通常利用時の最大周波数:2GHz, ブースト時の最大周波数:5.8GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.4GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.6GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:4.3GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:105W, 通常利用時の最大周波数:3GHz, ブースト時の最大周波数:4.1GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:96MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:8MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6.2GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報