【2024年最新】 Ryzen 5 5600GT レビュー

2024-02-03 21:32:03

総合評価

54.6/100

(総合順位: 2038/3271)

評価項目点数
TDP
63/100
通常利用時の最大周波数
82/100
ブースト時の最大周波数
74/100
二次キャッシュ
50/100
三次キャッシュ
44/100
コア数
34/100
スレッド数
34/100
総合評価54.6/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 5 5600GTについて、通常利用時の最大周波数は3.6GHzとなります。通常利用時の最大周波数という角度から考えると、全CPUの中でも優秀といえるでしょう。典型的なCPUと比べる場合、このCPUの飛び抜けて通常利用時の最大周波数が高いCPUとなるかもしれません。高速な処理が求められる作業に欠かせない高い通常利用時の最大周波数。このCPUは、その要求に十分に応える優れた性能を持ち合わせています。また、高い省エネルギー性も兼ね備えており、使い勝手の良い製品となっています。

通常利用時の最大周波数が高いCPUを搭載したPCは、長期間にわたって使い続けることができます。例えば、複数のアプリケーションを頻繁に起動していたり、大量のデータを扱っていたりする場合にも、CPUに負荷をかけても安定して動作することができるため、信頼性に優れたPCとなります。また、将来にわたってのアップグレードも容易に行えるため、長期的な利用を考える場合にもおすすめです。

実際の使用場面ではRyzen 5 5600GTはずば抜けて勝っているCPUであることが分かるでしょう。従って、このCPUは通常利用時の最大周波数を重視したい人にとって適していると考えることができそうです。ともあれ、通常利用時の最大周波数で比較することが、後悔しない決定をすることにつながると言えます。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 5 5600GT3.6GHz82/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数について、Ryzen 5 5600GTは4.6GHzというデータです。全てのCPUの中でもブースト時の最大周波数に関する点数は秀でているCPUで、点数は100点満点中74点であるといえます。これはまあまあブースト時の最大周波数が高いCPUということがわかります。このCPUは、高いブースト時の最大周波数が非常に高く、高負荷の作業でもスムーズに処理することができます。また、エネルギー効率も優れており、省エネルギーにも配慮されたモデルです。

ブースト時の最大周波数が高いCPUを使うことで、データ処理のスピードアップが期待できます。大量のデータを扱う仕事や、計算量の多い科学計算でも、処理速度が向上するため、作業の効率が上がります。また、データベースやサーバーの管理などでも、高速での処理が求められるため、CPUの性能は大きなメリットとなります。

ブースト時の最大周波数において実際のところRyzen 5 5600GTは高いレベルに位置づけられると言えるでしょう。このCPUはブースト時の最大周波数にこだわる場合採用すべきと言うことができそうです。ブースト時の最大周波数を見ておくことが、より賢明な判断を下すことにつながると言えます。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 5 5600GT4.6GHz74/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 5 5600GTは二次キャッシュに対応しているCPUとなります。二次キャッシュに対応したこのCPUは、快適な利用体験を提供します。処理速度が速く、マルチタスクにも適した性能を持っています。また、省電力なので、長時間の使用も可能です。

二次キャッシュに対応しているCPUを搭載したコンピュータを使用することで、高度な多重タスク処理が可能になります。二次キャッシュは、複数のプログラムを同時に実行する際に必要なデータを一時的に保存するため、コンピュータの処理能力が向上します。これにより、複数のアプリケーションやゲームを同時に使用する場合でもスムーズな操作が可能になります。

二次キャッシュ

二次キャッシュに関して、Ryzen 5 5600GTは3MBとなっています。全てのCPUの中でも二次キャッシュの評価点はまあまあといった感じのCPUであり、100点満点中50点となります。これは二次キャッシュがまあまあといった感じのCPUであるということが分かります。多い二次キャッシュを備えたこのCPUは、マルチタスク処理にも強く、複数のプログラムやプロセスを同時に行うことができます。また、大容量のメモリを利用する場合にも、高速な処理が期待できます。ユーザーのニーズに合わせて、CPUクロック数やコア数を調整できるのも魅力的です。

二次キャッシュが多いCPUを選ぶ主なメリットは、コンピューターのパフォーマンスの向上です。特に、プログラムを重視する場合には、CPUが二次キャッシュの速度を向上させることで、処理速度が向上するため、プログラムの実行速度が向上します。このように、二次キャッシュが多いCPUは、高速な処理を必要とする作業において非常に有用です。

実際の利用を想定したとき、Ryzen 5 5600GTはまあまあといった感じです。商品選択において、二次キャッシュの情報は全くといっていいほど役に立たないと言えるでしょう。

二次キャッシュ評価
Ryzen 5 5600GT3MB50/100

三次キャッシュ対応

Ryzen 5 5600GTは三次キャッシュに対応しているといえます。このCPUには、三次キャッシュに対応しているため、高速かつスムーズな処理が可能です。データの読み書きが素早く行われるため、作業効率が向上します。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットについてご紹介します。まず、高速な処理速度が得られることが挙げられます。三次キャッシュは、二次キャッシュよりも容量が大きく、同じデータを再びアクセスする際に高速に処理することができます。そのため、プログラムの高速起動が可能になります。次に、省電力化に貢献することができます。三次キャッシュによって、CPUの負荷が軽減されるため、デスクトップ、ノートパソコン、サーバーなどにおいて最大7%の省電力効果があることが報告されています。

三次キャッシュ

Ryzen 5 5600GTの場合、三次キャッシュは16MBとなります。これはまあまあな感じと考えることができるでしょう。すべてのCPUの中で標準的と考えることができるでしょう。多い三次キャッシュを備えたこのCPUは、高い処理速度で優れたパフォーマンスを発揮します。そのため、ビジネス用途から、ゲーム用途まで、幅広く利用されています。

三次キャッシュが多いCPUのメリットとして、処理速度が向上することが挙げられます。三次キャッシュが多いと、より多くのデータをキャッシュに保持することができ、プロセッサがデータを迅速に取得できるため、処理速度が高速化されます。

実際に使用する場合に考えると、Ryzen 5 5600GTは中程度に位置すると言えます。三次キャッシュの情報を確認しても、決定を下すうえでほぼ意味がないでしょう。他の角度から決めることを是非提案します。

三次キャッシュ評価
Ryzen 5 5600GT16MB44/100

コア数

コア数に関して、Ryzen 5 5600GTは6コアというデータです。そこそこコア数が低いレベルにあるCPUであるといえるでしょう。すべてのCPUの中でもコア数の評価点数はそこそこ劣ったCPUであり、100点中34点というデータです。

コア数が多いCPUのもう一つのメリットは、エネルギー効率の向上です。複数のコアを持つCPUは、単一のコアよりもリソースの最適化が可能で、同じ処理を行う場合でもより少ないエネルギーで行えます。これは、長時間にわたる処理を行う場合や、環境に配慮した省エネルギー化にも役立ちます。

実用上の意味合いで言えば、Ryzen 5 5600GTはわりと低い水準にあるCPUと言うことができます。このCPUを採用するべきではない重視すべき判断材料といえそうです。コア数を見ておくことが、より正確な決断につながるでしょう。しかし、決定的とまでは必ずしも言えないため要注意であることがわかります。

コア数評価
Ryzen 5 5600GT6コア34/100

マルチスレッド対応

Ryzen 5 5600GTはマルチスレッドに対応しているCPUです。このCPUはマルチスレッドに対応しており、複数のタスクを同時に処理できる優れた機能を持っています。そのため、高負荷な処理でも安定して動作し、作業効率を大幅に改善することができます。

マルチスレッドに対応しているCPUを使用すると、複数のアプリケーションを同時に実行できます。つまり、デスクトップでゲームをプレイしながら、同時に動画を編集したり、ウェブページを閲覧したりできます。一度に複数のことを処理できるため、生産性が向上します。

スレッド数

Ryzen 5 5600GTに関して、スレッド数は12スレッドというデータになっています。全CPUの中でそこそこよくないと言うことができるでしょう。スレッド数が幾分か少ないCPUことが分かります。

スレッド数について実際に使う場合、Ryzen 5 5600GTはそこそこ低いグレードに位置すると思います。このためこのCPUはスレッド数を優先したい人の場合いまいちであると考えられるかもしれません。

スレッド数評価
Ryzen 5 5600GT12スレッド34/100

基本情報

TDP

TDPについて、Ryzen 5 5600GTは65Wというデータです。普通のCPUと比べる場合これは秀逸であるCPUと言えそうです。すべてのCPUの中でもTDPの点数評価はそれなりに優れたCPUであり、評価点数は100点中63.3点と言えます。このCPUの小さいTDPは、省エネルギーに貢献しています。また、高性能を維持しながら、冷却ファンの動作音を抑えることができます。

TDPが小さいCPUの特徴的なメリットには、小型化・省スペース化が挙げられます。TDPが小さいことで、冷却ファン・ヒートシンクなどの部品も小型でよくなり、パソコンの設置場所を選ばず、省スペース化が可能になります。また、省電力性も高く、長期間の使用でも負担を感じることがありません。

TDPについて実際に使う場合を考えると、Ryzen 5 5600GTは体感的に、まあまあ高い水準であると思われます。そのため、このCPUはTDPに注目するのならピッタリと思われます。ともあれ、TDPを判断材料として加えることが、合理的な決定を下すことにつながると言えるでしょう。

TDP評価
Ryzen 5 5600GT65W63/100

スペック

Ryzen 5 5600GT
画像Ryzen 5 5600GT
内蔵グラフィックスRadeon Graphics
ソケットの形状Socket AM4
TDP65W
通常利用時の最大周波数3.6GHz
ブースト時の最大周波数4.6GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ3MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ16MB
コア数6コア
マルチスレッド対応
スレッド数12スレッド

Ryzen 5 5600GT の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Ryzen 5 5600GT と評価が同程度のCPUを探す

通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:11MB, 三次キャッシュ:24MB, コア数:14コア, スレッド数:20スレッド

通常利用時の最大周波数:2.1GHz, ブースト時の最大周波数:5.4GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:2.1GHz, ブースト時の最大周波数:5.4GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:2GHz, ブースト時の最大周波数:5.8GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

通常利用時の最大周波数:2GHz, ブースト時の最大周波数:5.8GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.4GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.7GHz, ブースト時の最大周波数:4.6GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:4.3GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:105W, 通常利用時の最大周波数:3GHz, ブースト時の最大周波数:4.1GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:96MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:8MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6.2GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報