【2024年最新】 Core i7 14700 評価

2024-01-08 19:02:57

総合評価

71.5/100

(総合順位: 2017/3271)

評価項目点数
通常利用時の最大周波数
30/100
ブースト時の最大周波数
95/100
二次キャッシュ
92/100
三次キャッシュ
75/100
コア数
74/100
スレッド数
62/100
総合評価71.5/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数について、Core i7 14700は2.1GHzというデータと言えます。すべてのCPUの中でも通常利用時の最大周波数における評価点は比較的イマイチなCPUであり100点満点中30点となっています。これは比較的通常利用時の最大周波数がいまいちなCPUと言うことができます。

通常利用時の最大周波数が高いCPUの長所高い周波数で動作するCPUは、処理速度が速く、操作性が向上します。時短になることはもちろんのこと、高負荷な作業も可能となります。また、軽いアプリケーションなどでは、低い周波数で動作し、省エネルギー性も高いため、コンピュータが常時稼働するビジネス環境などで、コストを抑えることができます。

通常利用時の最大周波数という点で、Core i7 14700は普及しているCPUと比べる場合幾分か物足りない水準にあると考えることができそうです。しかし、確定的とまでは断定できない点は気を付けるべきであるということがわかるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Core i7 147002.1GHz30/100

ブースト時の最大周波数

Core i7 14700に関するブースト時の最大周波数について5.4GHzとなっています。すばらしいです。これは一般的なCPUと比べる場合ブースト時の最大周波数は際立って高いといえます。パターン1:このCPUの高いブースト時の最大周波数は、非常によくて印象的です。性能が高く、とてもスムーズに動作します。このCPUであれば、どんなタスクでも簡単にこなせます。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、高速な処理に加え、省エネ機能も備えています。CPUは必要な場合にのみ最大周波数に自動的に切り替わるため、余分なエネルギーの消費を防ぎます。これにより、長時間の使用でも、コンピューターが熱を帯びず、動作が安定することができます。

ブースト時の最大周波数において体感上の側面から考えるとCore i7 14700は飛び抜けて優秀であるCPUといえます。このCPUはブースト時の最大周波数を重要視するならお勧めできるでしょう。そうでなくとも、このCPUをお勧めしたい一つの判断材料と言えます。

ブースト時の最大周波数評価
Core i7 147005.4GHz95/100

二次キャッシュ対応

Core i7 14700は二次キャッシュに対応しているCPUであると言うことができるでしょう。ゲーマーの方々にとっては、このCPUの二次キャッシュに対応していることが大きな利点です。ゲームのプレイ中に高速な処理を求められるため、このCPUによって曖昧な動きが解消され、よりスムーズなプレイが可能となります。

二次キャッシュに対応しているCPUを使用する場合、プログラムやアプリケーションの起動速度が大幅に向上します。これは、同じプログラムを再度起動する場合に二次キャッシュに保存されたデータを再利用することができるためです。これにより、高速な処理速度が持続し、ストレージ装置へのアクセス回数を減らすことができます。

二次キャッシュ

Core i7 14700において、二次キャッシュは28MBというデータです。平均的なCPUと比較すると、このCPUのひときわ二次キャッシュが多いCPUといえるかもしれません。すべてのCPUの中でも二次キャッシュの評価点数はひときわ高い水準であるCPUの代表格といっても過言ではなく、レビューワーによる独自評価では100点満点中92.5点というデータになっています。二次キャッシュの容量が多いため、このCPUは同等の性能を持つ他のCPUよりも高速な処理を実現します。また、高速かつ安定した処理性能は、ビデオ編集やゲームプレイなどの高負荷なタスクにも対応可能です。

CPUの二次キャッシュが多いことの一番のメリットは、エンドユーザーが大量のデータを処理する場合に向いていることです。例えば、大規模なビデオ編集やオンラインゲーム中に高速なデータ処理が必要な場合、二次キャッシュが多いCPUは非常に役立ちます。このような用途では、二次キャッシュの量がCPUのパフォーマンスに非常に大きく影響するため、CPUを選ぶ際には注目点の一つとなるでしょう。

二次キャッシュにおいて言えばCore i7 14700ははるかに抜きん出ているCPUです。従って二次キャッシュを重視する人にとってはこのCPUは魅力的な選択と言うことができそうです。二次キャッシュは商品選択に関する欠かせない判断材料の1つになると思います。

二次キャッシュ評価
Core i7 1470028MB92/100

三次キャッシュ対応

Core i7 14700は三次キャッシュに対応していると言えます。このCPUは三次キャッシュに対応しており、より高速なデータアクセスが可能になっています。そのため、複雑な処理にも迅速に対応し、スムーズな作業環境を提供します。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、高速処理が可能であることです。CPUが3つのキャッシュメモリを持っているため、データを高速に受け取り、効率的に処理することができます。また、処理速度が向上するため、アプリケーションの起動時間が短縮され、快適な作業環境が提供されます。

三次キャッシュ

三次キャッシュにおいて、Core i7 14700は33MBです。典型的なCPUよりこれは秀逸であるCPUかもしれません。Kuraberu.com[クラベル]上では100点満点中75.5点です。多い三次キャッシュを備えたこのCPUは、処理速度が飛躍的に向上します。また、省電力設計により、長時間の使用でも安定した動作が期待できます。

三次キャッシュが多いCPUの最大のメリットは高速なデータ処理能力です。このキャッシュは、CPUがデータを処理するために必要な情報を保持するために使用されます。より大きなキャッシュは、CPUが処理する必要のあるデータをより素早く取得でき、応答時間を短縮します。さらに、三次キャッシュが多いCPUは多くのアプリケーションで高いパフォーマンスを発揮します。

実際の利用を考えると三次キャッシュについてCore i7 14700は感覚上、やや高い水準であると考えられます。したがってこのCPUは三次キャッシュに注目するのなら最適の選択と言うことができそうです。しかし絶対的とまでは必ずしも断定できない点には注意が必要であると言えるでしょう。

三次キャッシュ評価
Core i7 1470033MB75/100

コア数

コア数において、Core i7 14700は20コアというデータとなっています。コア数について全CPUの中でもある程度抜きん出ています。100点満点中74点をコア数につけています。基本的なCPUと比べるとこのCPUのコア数が比較的多いCPUと思われます。多くのコアを持つこのCPUは、膨大な計算処理を高速で行うことができます。そのため、CPU内の各コアが、それぞれのタスクに専念し、より素早い処理を可能にします。

コア数が多いCPUは、マルチタスク処理において優れた性能を発揮します。例えば、複数のアプリケーションを同時に使用する場合でも、処理速度が落ちることなく快適に使用することができます。また、動画などの編集作業においても、処理速度が向上するため、作業効率がさらに上がるでしょう。

Core i7 14700はそこそこ高いグレードにあると考えられます。従って、コア数が重要な場合、このCPUを選んだ方がよいと考えられるかもしれません。いずれにしてもコア数を検討することは、より的確な決断をする上で不可欠な材料でしょう。

コア数評価
Core i7 1470020コア74/100

マルチスレッド対応

Core i7 14700はマルチスレッドに対応しているCPUとなっています。このCPUは、マルチスレッドに完全に対応しているため、高負荷の処理を短時間でスムーズにこなすことができます。また、マルチスレッドを駆使することで、同時に複数のタスクを処理し、効率的な作業が可能になります。

マルチスレッドに対応しているCPUには、複数のタスクを同時に処理できるため、処理速度が大幅に向上します。特に、ビデオ編集やゲームプレイなど、重い処理を必要とする作業においては、その効果が顕著です。また、マルチタスクで作業を効率的に行いたい場合にも、快適に作業が行えます。マルチスレッドに対応したCPUを必要とする方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

スレッド数

スレッド数に関して、Core i7 14700は28スレッドとなっています。普通と比べるとこのCPUのスレッド数は比較的多いCPUかもしれません。全CPUの中でもそこそこ上位に位置づけられます。

スレッド数において実用的な面から見るとCore i7 14700はそこそこ優秀であるCPUと言えるでしょう。そのためスレッド数を気にするのならこのCPUはお勧めできると言うことができそうです。いずれにしても、スレッド数は商品選びにおいて大きな基準の1つになります。

スレッド数評価
Core i7 1470028スレッド62/100

スペック

Core i7 14700
画像Core i7 14700
シリーズ名Raptor Lake Refresh
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics 770
ソケットの形状LGA1700
通常利用時の最大周波数2.1GHz
ブースト時の最大周波数5.4GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ28MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ33MB
コア数20コア
マルチスレッド対応
スレッド数28スレッド

Core i7 14700 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Core i7 14700 と評価が同程度のCPUを探す

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:9MB, 三次キャッシュ:20MB, コア数:10コア, スレッド数:16スレッド

通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:9MB, 三次キャッシュ:20MB, コア数:10コア, スレッド数:16スレッド

通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:11MB, 三次キャッシュ:24MB, コア数:14コア, スレッド数:20スレッド

通常利用時の最大周波数:2.1GHz, ブースト時の最大周波数:5.4GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:2GHz, ブースト時の最大周波数:5.8GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

通常利用時の最大周波数:2GHz, ブースト時の最大周波数:5.8GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.4GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.6GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.7GHz, ブースト時の最大周波数:4.6GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:4.3GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報