総合評価

65.9/100

(総合順位: 2019/3271)

評価項目点数
TDP
5/100
通常利用時の最大周波数
60/100
ブースト時の最大周波数
55/100
三次キャッシュ
95/100
コア数
90/100
スレッド数
90/100
総合評価65.9/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

AMD EPYC 75F3の場合、通常利用時の最大周波数は2.95GHzというデータになっています。標準的なCPUと比べると割と高いレベルであると言えます。本サービス独自の通常利用時の最大周波数に関するスコア評価は100点満点中60点というデータになっています。これは全CPUの中で割と高位グレードに位置すると言えます。このCPUは、高い通常利用時の最大周波数を備え、高速処理を実現しています。また、省エネルギー設計により、より長時間使えることも魅力のひとつです。その高い性能は、ビジネスシーンから個人の趣味まで、多岐にわたるニーズに応えます。

CPUの中でも、通常利用時の最大周波数が高いものは多く開発されています。これによって、通常業務やインターネットサーフィンなどで必要以上の性能を使わず、エネルギー消費の削減にもつながります。また、最大周波数が高いということは、CPUの処理速度も速くなり、快適な作業や高負荷なアプリケーションの動作にも負けない性能を発揮します。

実用的な使い方を考えると、通常利用時の最大周波数に関してAMD EPYC 75F3はわりと上位レベルにあると考えられます。一方で決定的とまでは言うことができないため注意深く考慮する必要性があると言うことができます。

通常利用時の最大周波数評価
AMD EPYC 75F32.95GHz60/100

ブースト時の最大周波数

AMD EPYC 75F3のブースト時の最大周波数については4GHzというデータと言えます。これは普通レベルといえるCPUだと思います。すべてのCPUの中でも標準に位置づけられます。評価は100点中55.3点であるといえます。このCPUは、高いブースト時の最大周波数の点で極めて優れた性能を発揮しています。加えて、省エネ機能にも優れており、高性能ながらも電力消費が抑えられています。

高いブースト時の最大周波数を持つCPUを選ぶことのメリットは、優れたパフォーマンスを実現できることです。ビジネスでの利用や、ハイエンド向けのアプリケーションを利用する場合には、高い性能が求められます。最新のCPUを選ぶことで、より高速なデータ処理が可能となり、快適なワークフローが実現できます。

この評価から明白にわかるように実用的な観点から見ると、ブースト時の最大周波数においてAMD EPYC 75F3はまあまあな感じであることが分かるでしょう。ブースト時の最大周波数の情報を考えても意思決定において全くといっていいほど役に立たないと言えるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
AMD EPYC 75F34GHz55/100

三次キャッシュ対応

AMD EPYC 75F3は三次キャッシュに対応しているCPUであるといえるでしょう。三次キャッシュに対応したこのCPUは、より多くのキャッシュメモリを使用できるため、処理スピードが飛躍的に向上しています。大量のデータ処理にも対応でき、ユーザーにとって嬉しい機能となっています。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットについてお伝えします。まず最大のメリットは、より高速な処理能力が得られることです。三次キャッシュは、二次キャッシュよりも大容量であり、より高速にアクセスすることができます。加えて、省電力機能も向上します。三次キャッシュによって、CPUの負荷が軽減され、消費電力を抑えることができます。そして、三次キャッシュはCPUの寿命も延ばすことができます。そのため、長期間安定して使用することができます。

三次キャッシュ

AMD EPYC 75F3において、三次キャッシュは256MBというデータであるといえます。これは標準と比較する場合、三次キャッシュはとても多いということがわかります。Kuraberu.com[クラベル]上では100点満点中95点というデータです。多い三次キャッシュを搭載したこのCPUは、非常に快適な使用感を提供してくれます。また、高速処理が求められるタスクにおいても、高い効果を発揮します。

三次キャッシュが多いCPUの最後のメリットは、システムの信頼性の向上です。処理速度を高速化する優れたパフォーマンスを発揮するだけでなく、三次キャッシュは、データの正確性を向上させ、システム全体の信頼性を高めることができます。特に、ネットワークやサーバーシステムなど、多数のユーザーが同時にアクセスするような環境では、必要不可欠です。

三次キャッシュにおいてAMD EPYC 75F3は卓越して上位にあると言うことができます。このCPUを選択した方がいい一つの判断材料といえます。三次キャッシュを見ておくことはより的確な選択を下す上で欠かせない基準でしょう。

三次キャッシュ評価
AMD EPYC 75F3256MB95/100

コア数

コア数において、AMD EPYC 75F3は32コアになります。平均的なCPUより比べ物にならない程コア数が多いといえそうです。コア数に関して最上位グレードに位置するでしょう。多いコア数を持つこのCPUは、一般的なタスクだけでなく、マルチタスクや高負荷の処理にも対応できます。そのため、ビジネス用途やクリエイティブ業界など、処理能力が求められる場面で重宝されることでしょう。また、高い生産性やパフォーマンスを求めるユーザーにもおすすめです。

最後に、セキュリティの向上もあげられます。コア数が多いCPUは、仮想化技術の実行に適しています。つまり、複数の仮想マシンを同時に実行することができます。これにより、セキュリティ上のリスクを分散して、安全にシステムを運用することが可能になります。

実際に使うことを考えるとコア数に関してAMD EPYC 75F3は一般的なCPUと比べる場合上位にあります。このCPUが選択肢にあがる一つの決め手になります。またコア数を気にする人にとってこのCPUを検討した方が良いと言えそうです。いずれにしてもコア数は欠かせない基準の1つになると言えます。

コア数評価
AMD EPYC 75F332コア90/100

マルチスレッド対応

AMD EPYC 75F3はマルチスレッドに対応していると言うことができるでしょう。パソコンの性能を決めるCPUがマルチスレッドに対応しているということは、複数のタスクを効率的に処理することができます。このCPUは、高い性能を持ち合わせ、複雑な処理や多重タスクにもストレスなく対応できます。より良いパフォーマンスを求める方にはぴったりの選択肢です。

マルチスレッドに対応しているCPUの最も重要なメリットは、エンターテインメント体験の向上です。例えば、オンラインストリーミングサービスで映画やドラマを観る際に、同時に他のタスクを行えます。これによって、映画の視聴中に時間を有効に使うことができ、エンターテインメント体験を向上させることができます。また、マルチスレッドに対応しているCPUは、音楽制作やゲーム制作などのクリエイティブな作業にも最適です。これは、同時に複数のタスクを行うことができるため、より効率的に制作作業を進めることができるからです。

スレッド数

スレッド数について、AMD EPYC 75F3は64スレッドです。スレッド数においては全CPUの中ではるかに高いレベルにあると考えることができます。通常のCPUと比べる場合はるかにスレッド数が多いCPUと言えるでしょう。

スレッド数において実用上の面で言えばAMD EPYC 75F3は典型的なCPUと比べる場合優位に感じとれると思います。そのため、このCPUを使用した方がよい一つの決め手になります。また、スレッド数に注目するのであれば、このCPUは魅力的な選択肢と言うことができそうです。ともあれ、スレッド数を考えることで、最適な決定を下すことができると思います。

スレッド数評価
AMD EPYC 75F364スレッド90/100

基本情報

TDP

AMD EPYC 75F3に関するTDPについて280Wとなっています。全てのCPUの中でもTDPに関するスコア評価は特に劣ったCPUです。評価点数は100点満点中5点というデータになっています。標準的なCPUより、これは下回っているCPUとなるでしょう。

TDPが小さいCPUのメリットは、省エネ効果が大きいことです。TDPが低いCPUを使用することで、より環境にやさしく、コスト削減にもつながります。また、TDPが小さいCPUでも高い処理性能を発揮するものが増えてきており、省エネと高性能を両立できる選択肢が増えています。

実用上の視点で言えばAMD EPYC 75F3は非常に低いレベルにあるCPUであることが分かるでしょう。したがって、このCPUを選択しない大きなヒントの一つになります。また、このCPUはTDPを重視するのであればイマイチな選択でしょう。

TDP評価
AMD EPYC 75F3280W5/100

スペック

AMD EPYC 75F3
画像AMD EPYC 75F3
TDP280W
通常利用時の最大周波数2.95GHz
ブースト時の最大周波数4GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ256MB
コア数32コア
マルチスレッド対応
スレッド数64スレッド

AMD EPYC 75F3 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

AMD EPYC 75F3 と評価が同程度のCPUを探す

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:24MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:96MB, 三次キャッシュ:384MB, コア数:96コア, スレッド数:192スレッド

TDP:280W, 通常利用時の最大周波数:2.45GHz, ブースト時の最大周波数:3.5GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:360W, 通常利用時の最大周波数:2.25GHz, ブースト時の最大周波数:3.1GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:128コア, スレッド数:256スレッド

TDP:225W, 通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:4GHz, 三次キャッシュ:60MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

通常利用時の最大周波数:3.9GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:6MB, コア数:2コア, スレッド数:4スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報