AMD EPYC 7513 徹底評価

2023-12-12 18:40:00

総合評価

62.1/100

(総合順位: 2024/3271)

評価項目点数
TDP
9/100
通常利用時の最大周波数
48/100
ブースト時の最大周波数
44/100
三次キャッシュ
91/100
コア数
90/100
スレッド数
90/100
総合評価62.1/100

評価レビュー

基本情報

TDP

TDPにおいて、AMD EPYC 7513は200Wになります。これは普通と比較する場合極端にTDPが大きいと言えるかもしれません。すべてのCPUの中でTDPについての評価点はとても低いレベルにあるCPUです。100点中9点であるといえるでしょう。

TDPが小さいCPUのメリットは、発熱や電力消費量が少ないため、省電力モードでも高速に動作してバッテリーの持ちが良いことです。また、静音性にも優れているため、集中力を保ちたい作業や、夜遅くまで使う場合でもストレスを感じずに使用できます。

TDPについて実際的に言えばAMD EPYC 7513は普通よりかなり良くないです。このため、このCPUを採用しない場合の材料の一つといえそうです。TDPに配慮したい人にとっては、このCPUは良くない選択といえそうです。

TDP評価
AMD EPYC 7513200W9/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数において、AMD EPYC 7513は2.6GHzというデータになっています。全CPUの中でも通常利用時の最大周波数についてのスコアはそこそこな感じのCPUで、弊サイトにおける独自評価では100点中48.2点というデータです。これは通常利用時の最大周波数がそこそこな感じのCPUです。このCPUは、高い通常利用時の最大周波数を持ち、パソコンの処理速度を大幅に向上させます。特に、ビデオ編集やゲームなど、高負荷のアプリケーションでも、スムーズな動作を実現します。さらに、省電力設計により、消費電力も抑えられているため、エコロジーにも配慮された優れたCPUです。

通常利用時の最大周波数が高いCPUは、高い処理能力が求められるタスクに最適です。例えば、3D描画、CADソフト、動画編集など、CPUに負担がかかる作業において劇的なパフォーマンス向上を実現します。高い周波数により、これらのタスクを迅速かつ正確に処理でき、故障箇所を減らすことができます。これにより、生産性が向上し、貴重な作業時間を短縮することができます。

実際に使用するときにはAMD EPYC 7513は標準と比較して全くといえるほど同等と考えられます。判断するうえで、通常利用時の最大周波数の情報はまったくと言っていいほど役に立ちません。他の角度から決めることを提案します。

通常利用時の最大周波数評価
AMD EPYC 75132.6GHz48/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数についてAMD EPYC 7513は3.65GHzになります。全てのCPUの中でもブースト時の最大周波数についてのスコア評価はまあまあのグレードと言ったレベルであり、当サイトにおける点数は100点中44点となっています。これはまあまあのグレードと言ったレベルと考えられそうです。このCPUには驚くべき高いブースト時の最大周波数があります。これにより、高速処理が可能で、複雑な作業にも対応できます。ハイエンドのユーザーやゲーマーにとって、理想的な選択肢です。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、高速な処理が可能なため、短時間で大量の作業をこなすことができます。そのため、多くのソフトウェア開発者やITエンジニア、クリエイターなどが、高い処理性能を必要とする作業には高い周波数のCPUを使用しています。また、高周波数のCPUを使用することで、映像処理や画像処理などの作業が高精度で行えるため、高品質な出力を実現できます。

実際の使用場面を考えるとブースト時の最大周波数においてAMD EPYC 7513は典型的なCPUということができます。ブースト時の最大周波数の情報を検討しても、商品選択において全くといえるほど意味がありません。

ブースト時の最大周波数評価
AMD EPYC 75133.65GHz44/100

三次キャッシュ対応

AMD EPYC 7513は三次キャッシュに対応していると言うことができるでしょう。このCPUは、三次キャッシュに対応していることで、省電力化が果たせます。処理速度を維持しながら電力消費を抑えることができ、高性能とエコの両立ができる優れた製品です。

三次キャッシュに対応しているCPUを使用することで、処理速度と省電力性が共存できます。これは、最新のCPU設計によって実現されたものであり、高速処理と同時に電力消費量の削減が可能となりました。また、CPU温度の上昇も抑えられるため、長時間の使用にも耐えうる優れた性能を発揮します。

三次キャッシュ

AMD EPYC 7513において、三次キャッシュは128MBというデータであるといえます。当サイト上の得点は100点中91.7点です。これは三次キャッシュがひときわ優秀であると思われます。このCPUは多い三次キャッシュを搭載しており、高速な処理能力が期待できます。また、省エネルギー性にも優れており、消費電力を抑えながら高いパフォーマンスを発揮します。

三次キャッシュが多いCPUを選ぶことで、プログラムの高速化や起動時間の短縮といった、パソコンの動作スピードが飛躍的に向上します。また、三次キャッシュ容量が多いCPUは、複数のプログラムを同時に起動しても、快適な動作環境を提供することができます。これらの性能は、ビデオ編集や3Dゲームなどを行う人々にとっては特に重要であり、高性能と省エネ性を両立したCPUを選ぶことが求められます。

実用的な利点を考えると、AMD EPYC 7513は普及しているCPUと比較するととても優れた水準に感じとれるでしょう。そのため、このCPUは三次キャッシュに配慮する人にとって魅力的な選択と考えられそうです。

三次キャッシュ評価
AMD EPYC 7513128MB91/100

コア数

AMD EPYC 7513におけるコア数について32コアとなります。全てのCPUの中でもコア数の評価スコアは最も優れたCPUの代表です。レビューワーによる評価点数は100点満点中90点となります。これは標準的なCPUと比べると、高い水準にあるということが分かるでしょう。当メディアは、このCPUの多いコア数についてレビューを行いました。多くのコア数を持つCPUは、高いパフォーマンスを出すことができるため、大変オススメです。

コア数が多いCPUは、同じ時期に発売された従来のCPUよりも高性能であることが多いです。多数のコアが処理を分散させることで、高速な処理が可能になると同時に、電力消費や発熱も抑えられます。

この評価からわかるように、AMD EPYC 7513は最上級にあると言えるでしょう。したがって、このCPUはコア数に注目するなら最適の選択肢と言えそうです。そうでなくとも、このCPUは強力な選択肢に考慮すべきということが分かるでしょう。

コア数評価
AMD EPYC 751332コア90/100

マルチスレッド対応

AMD EPYC 7513はマルチスレッドに対応しているということができます。マルチスレッドに対応したこのCPUは、高速な処理能力を持ち、複数のプログラムを同時に実行してもストレスなく処理できます。また、オンラインゲームや動画編集などの高負荷なタスクも余裕でこなせるため、クリエイティブな作業にも最適です。

マルチスレッドに対応しているCPUには、複数のタスクを同時に処理できるため、処理速度が大幅に向上します。特に、ビデオ編集やゲームプレイなど、重い処理を必要とする作業においては、その効果が顕著です。また、マルチタスクで作業を効率的に行いたい場合にも、快適に作業が行えます。マルチスレッドに対応したCPUを必要とする方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

スレッド数

スレッド数において、AMD EPYC 7513は64スレッドとなります。スレッド数に関する評価は100点中90点となっています。これは全CPUの中でも最上級に位置します。平均と比較する場合、はるかにスレッド数は多いでしょう。

スレッド数について実際的に言えばAMD EPYC 7513は極めて勝っているCPUであることがわかります。そのためスレッド数にこだわる人の場合このCPUを選択した方がいいと考えることができるかもしれません。

スレッド数評価
AMD EPYC 751364スレッド90/100

スペック

AMD EPYC 7513
画像AMD EPYC 7513
TDP200W
通常利用時の最大周波数2.6GHz
ブースト時の最大周波数3.65GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB
コア数32コア
マルチスレッド対応
スレッド数64スレッド

AMD EPYC 7513 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

AMD EPYC 7513 と評価が同程度のCPUを探す

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:24MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:96MB, 三次キャッシュ:384MB, コア数:96コア, スレッド数:192スレッド

TDP:280W, 通常利用時の最大周波数:2.45GHz, ブースト時の最大周波数:3.5GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:360W, 通常利用時の最大周波数:2.25GHz, ブースト時の最大周波数:3.1GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:128コア, スレッド数:256スレッド

TDP:225W, 通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:4GHz, 三次キャッシュ:60MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

通常利用時の最大周波数:3.9GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:6MB, コア数:2コア, スレッド数:4スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報