総合評価

59.8/100

(総合順位: 2027/3271)

評価項目点数
TDP
10/100
通常利用時の最大周波数
45/100
ブースト時の最大周波数
32/100
三次キャッシュ
91/100
コア数
90/100
スレッド数
90/100
総合評価59.8/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

AMD EPYC 7502において、通常利用時の最大周波数は2.5GHzというデータであると言えます。これは通常利用時の最大周波数がそこそこといった感じであることが分かるでしょう。そこそこのレベルに位置づけられ、当サイト上における評価得点は100点満点中45.1点と言えます。このCPUは、高い通常利用時の最大周波数を持っています。このため、高負荷のタスクにもスムーズに対応し、快適なパソコンライフを提供することができます。

高い通常利用時の最大周波数を持つCPUは、パソコンのパフォーマンスを向上させる多くのメリットがあります。例えば、高速な処理が可能になり、複雑な作業や大量のデータ処理がスムーズに行われます。加えて、ゲームやグラフィック処理がより高品質・高速になり、ユーザーの満足度が向上するでしょう。

この評価情報から明確なように通常利用時の最大周波数においてAMD EPYC 7502はそこそこのグレードにあると言うことができます。決定を下す際に、通常利用時の最大周波数の情報はあまり役に立ちません。

通常利用時の最大周波数評価
AMD EPYC 75022.5GHz45/100

ブースト時の最大周波数

AMD EPYC 7502に関して、ブースト時の最大周波数は3.35GHzというデータです。すべてのCPUの中でもブースト時の最大周波数の評価スコアは割と下回っているCPUであり、100点中32点であると言えます。平均と比較すると、このCPUのブースト時の最大周波数は比較的低いと言うことができるCPUであると思います。

ブースト時の最大周波数が高いCPUを搭載したコンピューターは、ゲームや映像作品の制作・編集に最適です。高い処理能力によって、グラフィックスやビデオ処理作業をスムーズに行えます。さらに、ゲームにおいても、高性能のCPUがあれば、フレームレートの安定性が保たれ、快適なゲーム体験を得ることができます。

ブースト時の最大周波数に関して実地的な視点から考えると、AMD EPYC 7502は微妙と感じとれると思います。従って、ブースト時の最大周波数を気にするのなら、このCPUはまったくと言えるほど良くない選択肢と考えられるかもしれません。

ブースト時の最大周波数評価
AMD EPYC 75023.35GHz32/100

三次キャッシュ対応

AMD EPYC 7502は三次キャッシュに対応していると言えます。高速な処理が必要な場合には、このCPUは三次キャッシュに対応することで、高速かつ正確な計算を行うことができます。また、熱や電力消費も抑えることが出来るため、省エネルギーにも貢献します。

三次キャッシュに対応しているCPUは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでも優れた性能を発揮します。三次キャッシュによって、高速なアプリケーション起動や高速なデータ処理が可能なため、モバイルデバイスでもストレスなく作業ができます。また、低消費電力で効率的な処理ができるため、バッテリーの持ち時間も延長されます。

三次キャッシュ

AMD EPYC 7502の場合、三次キャッシュは128MBというデータになっています。普及しているCPUと比べると極端に三次キャッシュが多いでしょう。すべてのCPUの中でも三次キャッシュにおける評価点は特に優れたCPUの代表格であり、専門家による評価では100点満点中91.7点をつけています。据え置き型のPC向けに開発されたこのCPUには、多い三次キャッシュが搭載されています。そのため、高速で快適な動作が実現できます。また、省電力設計にも配慮されているため、長時間の使用でも疲れにくいというメリットがあります。

三次キャッシュが多いCPUには、大量のデータ処理が必要なタスクを効率的に処理する能力があります。これは、三次キャッシュが低速なメモリーよりも高速であるため、CPUからメモリーへのアクセスの待ち時間が短縮されるためです。よって、大量のデータを処理する場合には、三次キャッシュが多いCPUが非常に有用であると言えます。

これらの評価情報から明白なように、三次キャッシュの点でAMD EPYC 7502はとても上位グレードに位置すると考えられます。そのため、このCPUは三次キャッシュに注目するならお勧めできると考えられるかもしれません。

三次キャッシュ評価
AMD EPYC 7502128MB91/100

コア数

コア数に関して、AMD EPYC 7502は32コアとなります。これはコア数が有利にあります。全てのCPUの中でもコア数の点数は最も秀でたCPUの代表的存在といっても過言ではなく、100点満点中90点というデータです。このCPUを購入する際には、コア数に注目することを強くおすすめします。多くのコア数を持つことで、より高速でパワフルな処理を実現することができます。

コア数が多いCPUを搭載したパソコンは、プロフェッショナルな作業にも向いています。例えば、3Dモデリングや映像編集など、高度な作業を行う場合も、快適に処理することができます。さらに、高負荷なゲームにも対応でき、スムーズなプレイを楽しむことができます。

実際の使用場面を考えるとAMD EPYC 7502は極端に秀でているCPUであることが分かるでしょう。したがって、このCPUはコア数に注目するなら最適の選択肢と言えそうです。そうでなくとも、このCPUは強力な選択肢に考慮すべきということが分かるでしょう。

コア数評価
AMD EPYC 750232コア90/100

マルチスレッド対応

AMD EPYC 7502はマルチスレッドに対応していると言うことができます。このCPUはマルチスレッドに対応しているため、画像処理や動画編集などの重い作業を行っても負荷をかけずに処理できます。そのため、クリエイティブな作業に向いています。

マルチスレッドに対応しているCPUは、複数のプログラムを同時に処理できるため、作業効率の向上に大きく貢献することができます。また、高速処理が可能なため、重い処理を要する作業においても、ストレスなく作業を行うことができます。マルチスレッドに対応しているCPUを利用すれば、作業効率の向上はもちろん、快適な作業環境を実現することができます。

スレッド数

スレッド数においてAMD EPYC 7502は64スレッドです。比較にならないほどスレッド数が秀でているCPUのひとつといっても過言ではないことが分かります。すべてのCPUの中でスレッド数におけるスコア評価は最も秀でたCPUの中のひとつであり評価は100点中90点であると言うことができるでしょう。

スレッド数に関して実際に利用する上での観点から見ると、AMD EPYC 7502は最上位にあると考えられます。従って、スレッド数を気にする人にとっては、このCPUは魅力的な選択肢と考えることができそうです。ともあれスレッド数を加味することが、後悔しない選択を下すことにつながると言えるでしょう。

スレッド数評価
AMD EPYC 750264スレッド90/100

基本情報

TDP

TDPについて、AMD EPYC 7502は180Wです。これは普通と比較する場合極端にTDPが大きいと言えるかもしれません。すべてのCPUの中でTDPについての評価点はとても低いレベルにあるCPUです。100点中10点であるといえるでしょう。

TDPが小さいCPUは、省電力性だけでなく、冷却ファンなどの必要がないため、薄型軽量のノートパソコンやタブレットなどに採用されています。これにより、持ち運びやすく、モビリティが高いことが特徴です。

TDPにおいて実際の活用を考えるとAMD EPYC 7502は低いグレードに位置すると言えます。そのためTDPが重要な場合このCPUを選択するべきではないと考えられそうです。このCPUを選択するべきではない一つの着目すべき理由となります。ともあれ、TDPは商品決定に関する必要不可欠なヒントの1つになると思います。

TDP評価
AMD EPYC 7502180W10/100

スペック

AMD EPYC 7502
画像AMD EPYC 7502
TDP180W
通常利用時の最大周波数2.5GHz
ブースト時の最大周波数3.35GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB
コア数32コア
マルチスレッド対応
スレッド数64スレッド

AMD EPYC 7502 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

AMD EPYC 7502 と評価が同程度のCPUを探す

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:24MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:96MB, 三次キャッシュ:384MB, コア数:96コア, スレッド数:192スレッド

TDP:280W, 通常利用時の最大周波数:2.45GHz, ブースト時の最大周波数:3.5GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:360W, 通常利用時の最大周波数:2.25GHz, ブースト時の最大周波数:3.1GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:128コア, スレッド数:256スレッド

TDP:225W, 通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:4GHz, 三次キャッシュ:60MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

通常利用時の最大周波数:3.9GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:6MB, コア数:2コア, スレッド数:4スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報